平均を元に老人ホームにかかる費用を把握しよう

平均的に老人ホームにかかる費用は高いとされていますが、どのくらいかかるのでしょうか。

老人ホームが高いという先入観が強い方は多く、具体的にかかる費用や施設ごとの違いをあまり知らないという方もいます。

老人ホームには、介護施設のほか、介護付き有料老人ホーム、特別養護老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅など、様々な種類があります。各老人ホームに役割が異なり、介護度による入居制限があるところもあります。
費用を元に老人ホームを検討したが、入居希望者が多く数年先まで待たなければ入居できないということもあります。

老人ホームを検討するには、幅広く特徴を知った上で費用を検討していかなければいけません。まずは、老人ホームにかかる具体的な平均費用を元に検討していきましょう。

おすすめの見守りサービス

老人ホームの施設別平均費用

老人ホームの平均費用は各施設によって異なります。

民間老人ホームの場合の平均費用
介護付き有料老人ホーム 入居一時金/0~数億円 月額料金/15〜35万円
住宅型有料老人ホーム  入居一時金/0~数千万円 月額料金/15〜35万円
サービス付き高齢者住宅 入居一時金/0~数十万円 月額料金/10〜30万円
グループホーム     入居一時金/0~数百万円 月額料金/15〜30万円

公的老人ホームの場合の平均費用
特別養護老人ホーム 入居一時金/0円 月額料金/6〜15万円
ケアハウス 入居一時金/数十万~数百万 月額料金/15~30万円

老人ホームの費用が高いとされる一番の理由は、入居一時金の金額にあるようです。月額料金は民間施設と公的施設にさほど差がないことがわかります。

老人ホームの平均費用は、比較的地方の方が安く、都心部の方が高額になるイメージがありますが実際のところ、東京都の平均入居一時金が一番高額というわけではありません。老人ホームの入居一時金平均費用が一番高額なのは茨城県の1,575万円、次に兵庫県の1,044万円、東京都は810万円で3番目に入居一時金平均費用が高いとされています。

入居一時金の平均費用に対し、月額費用の平均は東京都が一番高く26.9万円、次に兵庫県の24.5万円、神奈川県の23.1万円となっています。4位から10位は平均して20万前後と大きな差はありません。

このような結果になるのは、都心部に老人ホームなどの施設が増え、種類が豊富であるからと考えることができます。
冒頭で表示しましたが、入居一時金は0円である老人ホームも増えてきています。

地方ごとの月額平均費用を見ても、大きな差は見られず、老人ホームの費用を検討するには入居一時金の違いを把握することが先決と考えることができます。
老人ホームにかかる費用を抑えていくには、住んでいる地域にどの程度老人ホームがあり、予算に合った選択肢があるのか把握する必要があるでしょう。

老人ホームの平均月額費用の内訳を把握しよう

気になるのは、やはり在宅介護に対し老人ホームはどのくらい費用がかかるのかという部分だと思います。
具体的な予算を検討していくために、まずは老人ホームの平均月額費用の内訳を把握していきましょう。

老人ホームの月額平均費用は、1ヶ月あたりにかかる費用の総額となっています。
施設介護サービス費用や住居費のほか、食費、個人で使用する日用品や消耗品の購入費なども含まれています。

例えば、要介護3の方が特別養護老人ホームへ入居した場合、介護サービス費用(保険適用した場合の自己負担額)23,340円、居住費59,100円、食費41.760円、合計124,200円の月額費用がかかります。
ここに、個人の健康状態や生活状況により医療費や日常生活費が加わっていく形となります。

在宅介護の費用と比較していくには、住んでいる環境の家賃や固定資産税、ローンの分割料金、デイケアサービスなど必要介護サービスの費用、光熱費、食費、そのほか生活費など、細かい内訳も含めて違いを検討していく必要があります。総合的な月額費用を元に老人ホームの月額費用とどの程度違いが出るのか考えていきましょう。

賃貸物件に住んでいる高齢者は、老人ホームなどの施設に入居した方が返って月額料金を抑えることができる場合もあります。
ただし、入居一時金や月額費用が安い施設は、受けることができる介護サービスが少ない場合が多く、介護度によっては追加の介護サービス料金が発生することがあるので、あらかじめ介護度と必要サービスを把握しておきましょう。

老人ホームの居住費用の平均金額

老人ホームの住居費用とは、いわゆる家賃に当たる費用のことをいいます。老人ホームでは、多床室、個室、ユニット型など施設によって費用は異なりますが、月々の居住費用は一律となるよう法律で定められています。よって、角部屋や方角など部屋の位置によって料金の違いが発生することはありません。

平均居住費用は、多床室は月額25,000円〜30,000円、個室は月額50,000円程、ユニット型は月額60,000円程かかるとされています。

民間の老人ホームでは、管理費がかかるところも多く、平均より少し高くなることが想定されます。特別養護老人ホームのような公的な施設は必要最低限の居住費で入居することができるため、民間の老人ホームより比較的安い費用ですみます。
ただし、特別養護老人ホームのような公的な施設は、在宅での生活が困難になった要介護3以上の高齢者が対象となります。比較的症状が重い人が対象となっていますが、感染症を持つなど集団生活が難しいと判断されると入居は非常に困難となってしまいます。

また、特別養護老人ホームは、看護師の24時間配置は義務付けられていません。持病を抱える方や介護サービスを多く必要とする方は、不安を感じる環境となってしまうのも確かです。

入居一時金はなく、居住費用も比較的安く提供されているので、平均費用の面で検討すると、公的施設の方がいいと感じる方は多いと思います。そのため施設によっては入居待機者がいてすぐ特別養護老人ホームに入ることができないことがあります。また、夜間のたん吸引など医療依存度の高い高齢者は入居できないこともあります。

入居する老人ホームを決めるには、居住費用の平均金額だけでなく、必要サービスにかかる平均費用も把握するなどトータル的に検討する必要があるでしょう。

老人ホームの介護サービスを受ける場合の平均自己負担費用

老人ホームの費用を検討する際は、介護サービスにかかる費用を把握する必要があります。それでは老人ホームで提供される介護サービスを受ける場合の平均自己負担額はどのくらいなのでしょうか。介護度別に平均費用をみていきましょう。

介護保険が適応され1割の自己負担であった場合の平均費用
(要支援1) 5,430円 (要支援2)9,300円
(要介護1)16,080円 (要介護2)18,060円 (要介護3)20,130円
(要介護4)22,050円 (要介護5)24,120円
となっています。

合計所得金額が160万円以上の方は、自己負担額が2割、もしくは3割となるので、介護サービスにかかる費用は高くなります。

また、入居する老人ホームによって提供されている介護サービスが異なります。平均月額料金が比較的安い老人ホームは、介護サービスが少ない場合が多く、介護度が重く施設で提供されるものだけでは不十分な場合は追加で費用がかかります。

老人ホームによっては介護サービス費用に加え、設備、人員体制の強化に応じてサービス加算として費用が上がることがあります。追加で介護サービスを利用する必要がないよう、介護付き有料老人ホームなどの施設に入居を検討する方もいますが、介護付き有料老人ホームにも上乗せ介護費が発生することがあります。

上乗せ介護費とは、介護保険法により指定された人員配置を超えて、介護職員を多く配置した場合に発生する費用です。上乗せの費用は各老人ホームによって異なるので、入居を検討する際に必ず確認をしておくようにしましょう。

ちなみに、理美容や買い物代行などのサービスは、介護保険の対象とならないので全額自己負担となります。月額費用を検討する際に、その他雑費としてプラスでかかる費用として検討しましょう。

おわりに

老人ホームでかかる各費用の平均を元に予算を検討することはできたでしょうか。老人ホームは費用がかかると懸念されてしまうこともありますが、施設によっては入居一時金が不要なところもあるなど、費用を抑えていく選択肢はあります。

経済的に困窮していると認められた利用者の場合は介護費用の負担を25%削減することができる、利用者負担軽減措置などの社会福祉法人の制度もあります。
制度を活用しながら無理なく老人ホームを活用するのも一つの手段です。

費用の面ばかりをみて在宅介護に負担をかけすぎてしまうことがないよう、幅広い視野を持って検討していきましょう。

ポイントは以下の4つです。
平均費用は老人ホームによって異なり、地方が一概に安くなるわけではない
老人ホームの月額平均費用は1ヶ月の生活にかかる総合的な費用となる
老人ホームの居住平均費用は、部屋の位置や方角で金額が異なることはない
老人ホームの介護サービス費用は月額平均ではなく保険適応率で検討する

平均的に在宅介護より老人ホームの方が費用がかかるとされていますが、老人ホームも施設によって大きくかかる費用が異なります。大まかな予算が決まったら、まずは住んでいる地域にどのような老人ホームがあるか知るところから始めましょう。

予算に見合った入居一時金の施設を決め、そこから施設の設備内容に合わせて細かい月額料金の内訳を検討していくとスムーズです。

見守りの最新記事8件

  • 高齢者や子供の外出をGPSで管理!GPSの居場所検索機能についても徹底解説

    GPSと聞けば映画などで相手の位置情報を探るなどといったイメージがあると思いますが、このGPSの居場所検索機能というのは現実世界にも応用されています。様々な用途で使われてますが、今回はその中でも一般人に向けた用途である高齢者や子供の外出時を見守る見守り機能としてのGPSを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • GPSの居場所検索サービスとは?メリットデメリットを徹底解説!

    GPSの居場所検索サービスというのはGPSを使って特定の人の居場所を検索するというものです。多くの場合は見守りサービスとして高齢者や子供見守り際に使用されますが、最近では待ち合わせや浮気防止などにも使用されるようになってきました。今回はそんなGPSの居場所検索サービスとは一体何なのか、そのメリットやデメリットなどを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 外出時の見守りGPSとは?特徴を徹底解説

    最近では多くの家庭で見守りサービスを利用していますが、そのほとんどが家庭内で行う見守りサービスであり外出中の見守りサービスを利用している家庭はまだまだ少ないです。 しかし見守りGPSを利用すれば外出中であっても見守りを行うことができます。 今回はそんな見守りGPSとはいったい何なのかを徹底的に解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 見守り用GPSとは?その特徴や端末別の価格を徹底比較!

    最近では子供の習い事や高齢者の散歩などにGPSを利用する家庭が増えてきました。GPSを利用することで子供や高齢者がどこにいるのかなどがすぐにわかるため非常に重宝されています。 今回はそんなGPS端末を価格別にメリットデメリットやその特徴などを紹介していきます。 おすすめの見守りサービス

  • GPSで認知症対処?徘徊に使えるサービスとは?

    認知症対策として様々なグッズやアイテム、見守りサービスなどがありますが、GPSを見守りサービスの一覧として使用している方はまだまだ少ないです。しかしGPSは認知症などで夜間徘徊をしてしまう高齢者への対策として非常に有効です。 今回はそんなGPSと認知症の関係、種類いなどを解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 外出時の見守り?老人用のGPSとは

    老人用のGPSと言うのは、主に外出時に高齢者が危険な目にあっていないか、事故などにあって動けないでいるのではないか、といった状況に対応することができます。 GPSと聞くとあまり一般的ではないイメージがありますが、現在ではほとんどのスマホにGPS機能が取り付けられていたり、高齢者専用のGPSが開発されていたり、見守りによく利用されているアイテムの1つです。 おすすめの見守りサービス

  • キッズケータイで外出時の見守りも?内蔵GPSとは?!

    小学生の子供でもスマートフォンを使用しているのが当たり前の時代になってきました。しかしさすがに小学生にスマホ持たせるのは早すぎると考えている保護者の方も多く、学校で自分だけスマホ持てないという子供も一定数存在します。しかしスマホにはGPSが内蔵されているものがほとんどで、子供が外出時にどこへ行ってるのか、どのようなルートを通っているのかというのが簡単に管理することができます。今回はそんなGPSを内…

  • スマホ一つで私生活が丸わかり?!「行動履歴」とは?

    最近ではコンビニへ行くだけでも、すまほー持ち歩く人が多くなってきました。スマホと言うのはそれだけ私たちの生活に密着して、肌身離さず持つ存在となりましたが、そんなスマホが私たちの生活を全て記録しているといった事実は、多くの人が知りません。 今回は、スマホが行っている行動履歴とは一体何なのかを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。