独居老人の生活を支える見守りセンサー

少子高齢化が進む日本では、独居老人の数も増え、見守りセンサーなどの安否確認サービスが欠かせないものとなっています。

独居老人の孤独死件数も年々増加し、安否確認がこまめに取れない状況は、様々な不安を抱え生活することにつながってしまいます。しかし、現実問題、老人との共同生活は容易ではありません。金銭的問題、仕事との両立、子育てなど、各家庭環境の様々な事情により共に生活することはできず、独居生活を余儀なくされている老人が多いのも確かです。

そこで普及するようになったのが見守りセンサーです。
それでは見守りセンサーを取り付けることによってどのようなメリットがあるのでしょうか。具体的なサービス内容と共に検討していきましょう。

おすすめの見守りサービス

独居老人用見守りセンサーとは

見守りセンサーは、音や光、赤外線や超音波などを使用し、独居老人の安否確認をします。見守りセンサーが一定期間反応しないなど、異変を感知した場合は、家族に通知が届くようになっています。

最近は、人感センサーと呼ばれる人感知機能が発達し、より正確に動きを把握できるようになりました。通知機能は、アプリなどの開発が進み、スマホなどで簡単に確認することができるようになっています。アプリの中でも、監視用のソフトが活用され一括で様子を確認でき、細かい動きの工程を把握することができるようなものもあります。

設置方法も生活の中心となる場所や動線となるような場所へ設置するだけと簡単で、高齢者が自らスイッチを押すなどの操作は全く必要ありません。電子機器が苦手な方も置いてと頼まれた場所に置いておくだけで済むので、見守る家族も利用する独居老人も手軽に取り入れることができます。

例えば、Panasonic KX-HJS200-W

この見守りセンサーは、赤外線や超音波などを使用する人感センサーによって、動きを検知することができます。感知した反応はスマホへ通知、こまめに様子を確認することができます。また、通知機能はセンサーに反応した時だけでなく、一定期間無反応の場合も利用することができます。期間は毎日7時~15時までに反応がなかった場合には通知など細かく設定することができます。

見守りセンサーはPanasonicだけでなく、様々な会社が機器を提供しています。機能や予算を元に購入する機器を検討していきましょう。

また、見守りセンサーには、ライフサポートサービスが付属していたり、駆けつけサービスと連携していたりと付属するサービスも多様化しています。付属するサービスを元に生活環境や独居老人の健康状態に最適なものを選ぶのも良いでしょう。

独居老人が見守りセンサーを使うメリットとは

見守りセンサーの一番の魅力は、高齢者がいつも通り生活するだけで安否確認をすることができるという点です。安否確認の電話や訪問に応対する必要もなく、見守りケータイを操作したり、見守りgpsを身につけたりする必要もありません。

独居老人の見守りサービスには、訪問型や宅配型、電話型などコミュニケーションを重視するサービスもあります。しかし、独居生活を送る老人の中には、自力で生活したいという意思が強い方や見知らぬ人とコミュニケーションをとることが苦手な方もいます。

見守りセンサーなら、今まで通りに生活をするだけなので、自力で生活したいという意思を尊重することができますし、見守りサービスを受けることでストレスを感じることもありません。比較的取り入れやすい方法で安否確認ができるので無理をさせることなく安心して使用することができます。

また、見守りセンサーであれば24時間365日見守りをすることができます。訪問型や宅配型、電話型などは安否確認ができる日数や時間に限りがあります。常に家族が様子を見守りことができるので、緊急時など異変があった場合はすぐに気がつき、早期の対応をすることができます。

独居生活が長い老人の中には、見守りセンサーを取り入れることによって監視されているような気がして嫌悪感を抱くという方もいます。そういった場合は、センサー付き電球などもあるので、相手に違和感を与えない方法で安否確認を行うようにしましょう。

例えば、ペイイースト株式会社のMiima

電球ソケットに設置するだけで利用することができる見守りセンサーです。電球の点灯情報を家族や保護者に通知することで状況確認を行うことができます。

例えば、トイレの電球をMiimaの見守りセンサー電球に変えることで、24時間トイレの電気が付いていない、1時間以上もトイレの電気がついているなど、設定されたタイミングで通知をすることができます。

電球の見守りセンサーは、見守り機器に違和感を感じる独居老人だけに限らず、室内でペットを飼っている方にもオススメです。例えば、熱を感知して細かい動きを感知する人感センサーの見守り機器にペットが反応してしまう場合など人感センサーでの見守りが難しい生活環境でも問題なく安否確認を行うことができます。

様々な見守りセンサーの特徴を活用して、負担をかけることなく、独居老人の生活を支えていきましょう。

独居老人の生活に馴染む見守りセンサー

独居老人の生活環境によっては、日中は陽の光がよく入るので電気をつける習慣がない場合もあります。できるかぎり違和感を感じないよう、生活に馴染む見守りセンサーを取り入れたいが電球は安否確認の時間帯が限られてしまう、という場合は日々の生活でよく使う家電に見守りセンサーを取り入れると良いでしょう。

例えばWi-Fi-Plug
タコ足プラグのような形状をしており、このプラグにコンセントを差し込むと、接続した家電の消費電力のデータを送信することができます。

例えば、このプラグにテレビを接続すると、テレビの消費電力をリアルタイムでモニタリングすることができ、それを元に安否確認をすることができます。スマホの専用アプリで過去のデータも確認することができます。

ただし、このWi-Fi-Plugは常に電源が入っているもの、例えば冷蔵庫やパソコンなどは、消費電力のデータが明確でないのであまり見守り効果は期待できません。

その他、インターネットやスマホ連帯機能を搭載した冷蔵庫なども独居老人の見守りに役立ちます。
例えば日立の冷蔵庫「ぴったりセレクトR-KX57K」は、離れた場所からドアの開閉回数を確認できるので安否確認に役立てることができます。

また、専用のアプリを使用するとドアの閉め忘れを通知したり、温度設定を変えたり、食材の経過日数を管理することができます。冷蔵庫の食材が少なくなっていたら一緒に買い物へ出かけたり、消費期限が近い食材がある場合は連絡を入れたりと、見守りをするだけでなく、老人の独居生活ではなかなか行き届かない冷蔵庫の食材管理をサポートすることができます。

自力で生活したいという意思が強い独居老人にとっても、暮らしやすい生活環境を整えてあげることは大切です。見守りセンサーの安否確認だけにこだわらず、様々な手段を活用して独居老人の生活をサポートしていきましょう。

独居老人向け警備会社の見守りセンサーとは

様々な種類がある見守りセンサー、細かいニーズに合わせて機器を選ぶことができるとても柔軟なアイテムではありますが、見守りセンサーだけでは緊急時の対応が不十分となってしまうこともあります。

見守りセンサーは異変を感知するとすぐに通知を送り家族に情報を提供することはできますが、自動的に誰かが駆けつけてくれるわけではありません。持病を持っており、緊急時は早急な対応が必要な高齢者の場合は、見守りサービスだけでは不安が残るのも確かです。

離れて暮らしていると、家族が救急隊を手配し現地へ駆けつけるまでにどうしてもタイムラグが出てしまいます。独居生活を送る老人が遠方に住んでいる場合は、警備会社の駆けつけサービスが付属した見守りセンサーを利用するなど、緊急時の対応も含め迅速な対応をするシステムが必要でしょう。

例えば警備会社ALSOKの見守り情報配信サービスは、見守りセンサーを設置しALSOKが24時間見守りを行います。家族や保護者とはメールで状況を共有、配信のタイミングは生活リズムに合わせて設定することができます。緊急時はALSOKのガードマンが駆けつけ、必要に応じて救急隊に連絡を入れます。本人からのSOSにも即時に対応しています。

SOSの呼び方は非常ボタンを押すだけと簡単で、体調の異変の他、独居老人を狙った悪質なセールスなどに困った時なども駆けつけをお願いすることができます。

家族が仕事などで忙しく、こまめに見守りセンサーの情報を把握できない場合も、ALSOK見守りサービスを利用すれば、24時間の安否確認をお願いすることができるので安心です。

独居老人の生活環境だけでなく、見守る家族の状況も考慮し見守りセンサーやサービスを活用していきましょう。

おわりに

独居老人の見守りには様々な手段があります。本人の希望や見守る家族の状況に合わせて見守りセンサーやサービスを検討していきましょう。

ポイントは以下の4つです。
見守りセンサーは人感センサーなどを活用して独居老人の安否確認をする
見守りセンサーは独居老人が普段通り生活するだけで安否確認が可能
見守り機器に違和感を感じる独居老人には生活に馴染むセンサーを使用
遠方に住む独居老人には見守りセンサーと駆けつけサービスを併用する

独居生活を送る老人をサポートするには、本人や家族に負担がかかりすぎないよう見守り機器を活用することが大切です。安否確認だけにとらわれず、安心して暮らしていけることに重点を置くようにしましょう。

見守りの最新記事8件

  • ホーム・セキュリティ業界No.1のセコム~その特徴を紹介!

    セコムはホーム・セキュリティ業界のトップ企業です。日本では近年、犯罪の巧妙化や個人情報問題、一人暮らしの高齢者の安否確認問題など今までなかった問題が起こっています。家庭や企業において、セキュリティ会社の存在は年々重要になってきていました。生活の中で必要不可欠となってきているホーム・セキュリティ会社。そのホーム・セキュリティの業界でNo.1の業績を誇るセコムとはどのような会社なのでしょうか。その業績…

  • セキュリティ業界No.1のシェアを誇るセコム!その料金は?

    セコムの料金はどのようになっているのでしょうか。安全だと言われていた日本でも最近は犯罪が凶悪化・巧妙化しています。自宅や会社において、セキュリティの強化が重要になってきました。ホームセキュリティを考える時にまず思い浮かぶ会社名の一つがセコムではないでしょうか。セコムは日本のセキュリティ業界のトップ企業です。セコムはどのような面でセキュリティ業界No.1なのか、またプランの料金はどうなっているのか、…

  • ホーム・セキュリティのトップ5社を比較!どこにすればいい?

    ホーム・セキュリティ会社はどのように選べば良いのでしょうか。日本の犯罪は年を追うごとに凶悪化、そして巧妙になってきています。企業の個人情報は狙われ、放火や空き巣の手口も悪質になってきています。それに従い、ホーム・セキュリティ会社に加入する人や会社も増えてきました。ホーム・セキュリティ会社に加入する時にまず迷うのは会社選びではないでしょうか。普段はあまり気にする事もないセキュリティ会社のサービス。何…

  • スマホをウィルスから守る~ドコモの安心セキュリティとは?

    ドコモの安心セキュリティとはどのようなサービスなのでしょうか。PCにウィルスソフトを入れる事は常識となっていますが、近年はスマホのセキュリティも重視されてきています。スマホのセキュリティ対策をしようと思いながらも先延ばしにしている人は多いのではないでしょうか。ドコモでウィルスなどの脅威からスマホを守るサービスが安心セキュリティです。安心セキュリティとはどのようなサービスなのか、果たして入るべきなの…

  • 高齢者の安否確認サービスとは?各社を比較!

    高齢者の安否確認サービスとは一体どのようなものなのでしょうか。日本社会の中で近年需要が高まっている業者サービスが安否確認サービスです。現在注目されている高齢者の安否確認サービスの内容、そしてその実例を紹介しましょう。 おすすめの見守りサービス

  • 屋外用の監視カメラ選びはどうする?取付け方法や注意点も説明!

    屋外用の監視カメラはどう選べば良いのでしょうか。近年、空き巣や覗き、放火といった犯罪は巧妙化しています。また個人情報保護法の制定により、企業はセキュリティ対策の強化を余儀なくされました。個人宅においても会社においてもセキュリティの強化は重要なテーマとなっています。自宅や会社のセキュリティを守る機器である監視カメラ。監視カメラは、屋内用と屋外用で大きく区別されます。特に屋外用の監視カメラは機器選びに…

  • 老人ホームはどこが良い?高齢者施設の種類と特徴を解説!

    高齢者施設はどのように選べば良いのでしょうか。現代の日本社会が抱えている大きな問題の一つに高齢化があります。家族と離れて暮らす高齢者や要介護の高齢者であれは、高齢者施設に入居するケースも出てきます。高齢者施設を選ぶ場合、何を基準に選んで良いのか分からない事も多いでしょう。この記事では高齢者施設の種類とその選び方について解説します。 おすすめの見守りサービス

  • サービス付きが人気!高齢者住宅の種類とは?

    高齢者住宅という言葉を最近良く耳にします。高齢者住宅とは一体何なのでしょうか。高齢化は日本社会の大きな傾向となりつつあります。日本では男女ともに晩婚化が進んでいます。生涯結婚をしない人の割合も増加傾向に。これらの傾向が生み出すのが新生児の数の減少。その結果として日本社会は高齢化しています。また高齢者の親と子供の家族が同居する三世代住宅の割合も減りつつあります。代わって高齢者の親と離れて住む核家族、…

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。