見守りサービスを活用して老人の独居生活をサポートしよう

独居老人の孤独死が深刻な社会問題となっている今、少しでも問題を解決するため様々な見守りサービスが発達し、生活をサポートするシステムがつくられるようになりました。

このような見守りサービスは、老人の独居生活を支えるだけでなく、高齢化した両親との共同生活にも役立ちます。

例えば、高齢者が一番活動的になる日中は、仕事で忙しく面倒を見てあげることができないなど、ともに生活していてもサポートが行き届かないことがあります。仕事中にもしものことがあっても、すぐに対応できるよう見守りサービスを活用する方もいるでしょう。

それでは具体的に、見守りサービスではどのようなことが可能になるのでしょうか。サービスのタイプや内容を元に、見守りサービスのメリットを把握していきましょう。

おすすめの見守りサービス

老人の独居生活をサポートする見守りサービスとは

65歳以上で一人暮らしをする高齢者は年々増加しています。独居老人が引き起こす孤独死や認知症の進行などの問題は深刻化しており、離れて独居生活を送る高齢者には見守りサービスが欠かせないものとなってきているのが現状です。

見守りサービスの内容は様々で、安否確認の他、しっかりと食事は取れているかなどの日常生活確認をはじめ、転倒などで怪我をしていないか、持病がひどくなっていないか、と健康状態を把握することにも役立っています。
健康状態に問題がなく、元気に生活をしている方には、詐欺などのトラブルに巻き込まれないよう防犯対策としても見守りサービスが取り入れられています。

見守りサービスは主にセキュリティ会社がサービスを提供していますが、中には郵便局や各自治体が実施している見守りサービスを活用している方もいます。
見守りサービスは、介護レベルが高くなく、自立して独居生活を送る老人に向けて、多く取り入れられている傾向があります。

見守りサービスには様々なタイプが存在します。
例えば、訪問型。郵便局などで取り入れられ毎月決まった日程で一人暮らしの老人宅へ訪問をします。センサー型やカメラ型は、セキュリティ会社でよく取り入れられており、安否確認や緊急時の駆けつけ、対応などに役立ちます。

その他、オート電話やオートメール型、宅配型、地域密着型など、高齢者の生活環境や地域、健康状態に応じて見守りサービスを選択することができます。

それでは具体的に、各サービスによってどのような違いがあるのでしょうか。
サービスごとに内容を紹介していきたいと思います。

独居老人向け訪問型見守りサービスとは

訪問型見守りサービスは、定期的に独居老人宅を訪れ、担当スタッフが安否確認や健康状態、不安や心配事はないかなどヒアリングを行ってくれるサービスです。訪問先での会話内容はその日の記録として残るので、家族はその記録を元に心身の健康状態を把握することができます。

訪問型見守りサービスは地域密着型の企業や同じ地域に住む介護スタッフがサポートしてくれる場合が多く、安心してサービスを利用することができます。普段から同じエリアを仕事で巡回している郵便局や電気、水道などの会社の土地勘に強いスタッフが訪問することで、地域情報の提供や犯罪防止といった相乗効果も期待することができます。

訪問見守りサービスの最大のメリットは、独居老人の安否を確認するためだけでなく、直接人と会ってコミュニケーションをとることです。一人暮らしの寂しい思いを緩和したり、認知症の進行を防止したり、不便であることや悩みを聞くことでサポートしたり、問題解決をすることができます。

費用の相場は、月1回30分の訪問で月額1,980円、月1回60分の訪問で月額2,480円程度です。

また、訪問して会話をするだけでなく、食材や生活用品を届けてくれるサービスを提供している企業もあります。これらのサービスは、在宅状況や次回の注文を聞く他、異変を感じた場合は家族へメール通知をするなどの、安否確認にも対応しています。

このサービスの魅力は、週に5回の食事宅配時に配達員が高齢者の健康チェックをすることだけでなく、食事内容も柔らかく食べやすいもの、栄養バランスが取れているものと、健康に配慮がされている部分です。

独居老人の生活では、なかなかバランスのとれた食事をとることが難しく、1人で食事の準備をすること自体にとても労力を使ってしまう方もいます。人とコミュニケージョンをとる機会も増え、安心できる食事が取れるということは心身ともに健康へ導いてくれます。

費用の相場は、食事代1食につき500円前後、1日2食で考えると月額20,000円程度の費用がかかり、配達の頻度や食事の回数は希望に合わせて選択することができます。

これらの訪問型見守りサービスは各企業によって細かいサービス内容や金額が異なるので、住んでいる地域などを元に企業を検討し、直接料金や内容を問い合わせるようにしましょう。

独居老人向けセンサー型見守りサービスとは

センサー型見守りサービスは日常生活の中で取り入れやすく、独居老人の毎日の動きを把握することができます。

トイレや冷蔵庫など、日常生活な中でよく使用する場所にセンサー機器を取り付け、安否を確認します。センサーが感知すると家族のスマホなどに通知が届きます。一定時間センサーが反応しないと、家族の元へ異常感知の通知が届き、緊急時にはスタッフが駆けつけるなどの連携を取ることができます。

センサー機器は、一箇所だけでなく部屋ごとに設置するなど複数設置する方が有効的です。センサー型見守りサービスを提供する企業は電機メーカーやガス会社、セキュリティ会社など幅広く、料金プランなども様々な選択肢があります。

生活動線にセンサーシステムを取り付ける他、最近は電話や電子ポットなど家電製品自体にセンサーが内蔵されているものもあり、自然な生活環境の中で取り入れることができるようになりました。

センサー型見守りサービスを利用する場合は、機器代の他、初回契約料、月額利用料などが発生することが大半です。
機器代金は平均50,000〜80,000円、初回契約料は平均15,000円、月額利用料が平均3,000円かかります。

会社によっては、見守りサービスと合わせて火災監視やガス漏れ監視なども導入しているところもあり、独居老人の生活をサポートしてくれます。

独居老人向けカメラ型見守りサービスとは

センサー型見守りサービスは、設置台数が複数必要になるなど、予算をオーバーしてしまうこともあります。
そういった場合はカメラ型見守りサービスがオススメです。

カメラ型見守りサービスは、1台のカメラで独居老人の生活を見守ることができ、緊急時には駆けつけにも対応しています。使用するカメラは、配線工事が不要の置き型タイプなど、簡単に設置することができます。リアルタイムの見守りはもちろん、カメラの録画機能を利用して過去の行動も把握することができます。

仕事で忙しかった日中に、異変はなかったかなど、見逃しの確認をすることができるので便利です。映像はスマホやタブレット、PCなどで手軽に確認することができます。

自分でカメラを設置し、スマホのアプリなどで映像確認をするなど、比較的低コストで簡易的なタイプもあれば、セキュリティ会社が主体となり緊急時の対応や24時間の監視サービスをしてくれるところもあります。

このような駆けつけサービスを併用することで、家族が様子を見守ることができない深夜帯に老人が転倒してしまうなどの、気が付きにくい緊急時も24時間体制でスタッフが見守りをしているため、迅速な対応をしてもらうことができます。

駆けつけサービスはカメラ型見守りサービス以外に、センサー型見守りサービスや訪問型見守りサービスと併用することもできます。詳しい内容を把握したい場合は、検討中のセキュリティ会社などに、どのような見守りサービスの組み合わせがあるか問い合わせてみると良いでしょう。

このような見守りサービスを利用し、安否確認をするだけでなく緊急時の対応もしていけると安心です。少しでも快適な毎日を過ごしていけるように、見守りサービスを活用して独居老人の生活をサポートしていきましょう。

おわりに


極力多くの独居老人に見守りサービスが行き渡るよう、最近はオート電話やオートメールなどの見守りサービスも普及しています。
比較的安価な費用で容易にサービスを利用することができます。まずは、簡易的なものから見守りサービスを取り入れて、安否確認を生活になじませていくのも一つの手段です。

利用者の希望に合わせて、見守りサービス内容を検討していきましょう。

ポイントは以下の4つです。
見守りサービスの導入で独居老人の孤独死や認知症進行を防止する
訪問型見守りサービスを利用して老人の独居生活に対する寂しさを緩和
センサー型見守りサービスで独居老人の生活に馴染んだ安否確認をする
カメラ型見守りサービスと緊急時の駆けつけで独居老人の生活を支える

高齢者の健康状態は変化しやすく、常に見守りサポートしてあげる必要があります。

遠く離れて暮らしている為なかなか顔をあわせることができなかったり、仕事が忙しくて生活をサポートする時間が取れなかったりと個人の力ではサポートしきれない部分が出てきてしまうこともあります。そういった場合は、このような見守りサービスを取り入れ、独居老人の生活を支えていきましょう。

小さな工夫1つでも、高齢者が心身ともに健康でいることの大切なポイントにつながります。住んでいる地域で見守りサービスを実施している企業を探すのも良いですし、利用者と相談をしながら、できることから始めていくことも大切です。

見守りの最新記事8件

  • 高齢者や子供の外出をGPSで管理!GPSの居場所検索機能についても徹底解説

    GPSと聞けば映画などで相手の位置情報を探るなどといったイメージがあると思いますが、このGPSの居場所検索機能というのは現実世界にも応用されています。様々な用途で使われてますが、今回はその中でも一般人に向けた用途である高齢者や子供の外出時を見守る見守り機能としてのGPSを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • GPSの居場所検索サービスとは?メリットデメリットを徹底解説!

    GPSの居場所検索サービスというのはGPSを使って特定の人の居場所を検索するというものです。多くの場合は見守りサービスとして高齢者や子供見守り際に使用されますが、最近では待ち合わせや浮気防止などにも使用されるようになってきました。今回はそんなGPSの居場所検索サービスとは一体何なのか、そのメリットやデメリットなどを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 外出時の見守りGPSとは?特徴を徹底解説

    最近では多くの家庭で見守りサービスを利用していますが、そのほとんどが家庭内で行う見守りサービスであり外出中の見守りサービスを利用している家庭はまだまだ少ないです。 しかし見守りGPSを利用すれば外出中であっても見守りを行うことができます。 今回はそんな見守りGPSとはいったい何なのかを徹底的に解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 見守り用GPSとは?その特徴や端末別の価格を徹底比較!

    最近では子供の習い事や高齢者の散歩などにGPSを利用する家庭が増えてきました。GPSを利用することで子供や高齢者がどこにいるのかなどがすぐにわかるため非常に重宝されています。 今回はそんなGPS端末を価格別にメリットデメリットやその特徴などを紹介していきます。 おすすめの見守りサービス

  • GPSで認知症対処?徘徊に使えるサービスとは?

    認知症対策として様々なグッズやアイテム、見守りサービスなどがありますが、GPSを見守りサービスの一覧として使用している方はまだまだ少ないです。しかしGPSは認知症などで夜間徘徊をしてしまう高齢者への対策として非常に有効です。 今回はそんなGPSと認知症の関係、種類いなどを解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 外出時の見守り?老人用のGPSとは

    老人用のGPSと言うのは、主に外出時に高齢者が危険な目にあっていないか、事故などにあって動けないでいるのではないか、といった状況に対応することができます。 GPSと聞くとあまり一般的ではないイメージがありますが、現在ではほとんどのスマホにGPS機能が取り付けられていたり、高齢者専用のGPSが開発されていたり、見守りによく利用されているアイテムの1つです。 おすすめの見守りサービス

  • キッズケータイで外出時の見守りも?内蔵GPSとは?!

    小学生の子供でもスマートフォンを使用しているのが当たり前の時代になってきました。しかしさすがに小学生にスマホ持たせるのは早すぎると考えている保護者の方も多く、学校で自分だけスマホ持てないという子供も一定数存在します。しかしスマホにはGPSが内蔵されているものがほとんどで、子供が外出時にどこへ行ってるのか、どのようなルートを通っているのかというのが簡単に管理することができます。今回はそんなGPSを内…

  • スマホ一つで私生活が丸わかり?!「行動履歴」とは?

    最近ではコンビニへ行くだけでも、すまほー持ち歩く人が多くなってきました。スマホと言うのはそれだけ私たちの生活に密着して、肌身離さず持つ存在となりましたが、そんなスマホが私たちの生活を全て記録しているといった事実は、多くの人が知りません。 今回は、スマホが行っている行動履歴とは一体何なのかを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。