サービスを活用して高齢者の安否確認をしよう

少子高齢化が進む日本では近年、高齢者に向けて様々な安否確認サービスが提供されるようになりました。

多くの安否確認サービスが提供されているものの、「離れて暮らす実家の両親も高齢になったので見守りサービスを利用したいが、どれを選べばいいかわからない」という方が多く、なかなか普及率が上がらないというのが現状です。中には、家族は進めているが利用する高齢者本人にメリットが伝わらず使ってもらえない場合もあります。

近所付き合いも少なくなってきた現代では、孤独死の件数も年々増加しており、高齢者の健康確認に限らず安否確認は欠かせないものとなりつつあります。高齢者だけの問題と思わず、誰にとっても身近なこととして検討していかなければなりません。

それではどのような安否確認サービスがあるのでしょうか。
具体的なメリットと合わせてお話していきたいと思います。

おすすめの見守りサービス

高齢者の安否確認サービスのメリットとは

まずは具体的なメリットについて把握していきましょう。
高齢者の安否確認サービスのメリットは、機器によって異なります。

例えば、大手セキュリティ会社が高齢者に向けて提供しているサービスのような、警備駆け付け型の安否確認は、24時間緊急時に対応することができるというメリットがあります。
家族が連絡を取ることができない仕事中や夜間に体調を崩したり、怪我をしても第三者が異変を確認し駆けつけるので対応が遅れてしまう心配がありません。

しかし、警備駆け付け型は、比較的月額費用の負担が大きく、ホームセキュリティーなどあらかじめ警備システムを活用している家庭がオプションでサービスを利用する形でないと取り入れづらいと感じる方もいるようです。

利用する高齢者の方も、少し体調が悪いくらいでは緊急ボタンを押さない場合が多く、日常的に些細な体調変化に気がつくのは難しいサービスであることも確かです。

中には、些細な変化に気がつけるよう、カメラ型の安否確認サービスを取り入れる方もいます。室内に置くだけと手軽に設置できるものが多く、リアルタイムでの確認はもちろん、録画データをもとに過去の行動も確認することができるので、高齢者の状態を細かく把握するのに役立ちます。目で見て確認でき音もわかるので、見守る家族は安心感を強く感じる場合が多いようです。

しかし、カメラ型は、利用する高齢者にとってはあまり良い印象を与えていないのが現状です。「監視されているような気がする」「見られていると思うと普段通り生活できなくて疲れる」などマイナスな印象を持つ方が多く、途中で利用をやめてしまったり、利用を拒否されてしまう場合があります。

プライバシーを配慮したいという方にはセンサー型の安否確認サービスが向いています。

センサー型は、利用する高齢者が生活リズムを変えることなく安否確認が行えるので比較的取り入れやすく、カメラ型のように違和感を感じる人も少ないようです。見守る家族は、安否確認だけでなく、高齢者の生活習慣を把握することができるため、些細な異変に気がつきやすくなる点も大きなメリットといえるでしょう。

しかし、センサー型はあくまでも機械を活用した安否確認となるので、心のケアまですることはできません。いつも通り生活していても、声のトーンが暗い、食欲がない、などの内面的な異変を確認することはできません。家族が定期的に連絡を取るようにしたり、訪問型の安否確認サービスを合わせて活用したりするなど、人と直接話すことで安否確認をする必要もあります。

それぞれのメリットを上手に生かして、利用者に最適な安否確認サービスを選択していきましょう。

コミュニケーションを活用した高齢者の安否確認

会社を定年退職したり、外出の機会が減ったりと、高齢になるとどうしても人とコミュニケーションをとる機会が減少してしまいます。
安否確認サービスを活用して、日常的に健康状態を確認することも大切ですが、人と関わる機械を持つことも同じように欠かせません。

安否確認サービスの中には、コミュニケーションを中心としているものもあります。例えば、「つながりプラス」
このサービスでは、担当コミュニケーターが毎週定期的に電話をかけ、会話型の安否確認を行います。担当者は毎回同じ方なので、高齢者も安心してサービスを受けることができます。

「みまもりシステムSmyline」
こちらの安否確認サービスは、スマイライン専用端末を設置して、センサー機能で生活リズムを把握する見守りシステムとなっていますが、脳トレやキャラクターの育成ゲームなどのお楽しみ機能が搭載されています。家族の元へ「連絡が欲しい」と通知を送ったり、自分で撮った写真を送ることもできます。

操作はボタンを押すだけと、とても簡単にできており、安否確認機器をコミュニケーションツールとして活用することができます。ただセンサー機器を取り入れるだけでなく、こうしたコミュニケーション機能がついたものを取り入れ家族のコミュニケーション機会を増やしていくのもいい機会となります。

その他、コミュニケーション機会を提供できる安否確認サービスには訪問型のタイプもあります。毎月決められた回数の安否確認になってしまいますが、直接会って会話をしながら健康状態を聞くことができるので、機器では判断できない内面的な悩みなども聞くことができます。

家族には心配かけたくないと相談を遠慮してしまう高齢者には、第三者の力を借りて安否確認をすることで、家族には伝わらない悩みを知ることもできます。
コミュニケーションの機会を与えるためにも安否確認サービスを活用することができます。利用者の性格を考慮し、利用するサービスを選んでいきましょう。

緊急時に対応した高齢者の安否確認サービス

センサー機器を使ったり、電話や訪問で健康状態を聞いたりして安否確認をしていても、これらのサービスが緊急手当をしてくれるわけではありません。緊急時に迅速な対応ができないというのは、家族にとって一番不安を感じる要素となります。

持病がある高齢者や一人暮らしの高齢者には、緊急時にも対応している安否確認を重視して検討していきましょう。

例えば、「見守りハピネス」
セントラル警備保障株式会社が提供しているサービスで月額2,940円~利用することができます。24時間365日対応しており、専用機器の緊急ボタンを押すとスタッフが駆けつけるシステムになっています。センサー機器と併用することも可能なので、日常的な見守りをしながら緊急時の対策をすることができます。

東急セキュリティ株式会社の「シニアセキュリティ緊急通報サービス」は、緊急ペンダントを軽く握るだけで助けを呼ぶことができます。足が不自由であったり、緊急ボタンを押しに行くことが困難な高齢者の方は、どこでも助けを呼ぶことができるので安心です。駆けつけると、応急手当てや救急車の要請などをしてもらうことができます。月額2,980円~提供されています。

緊急時に対応した安否確認サービスの中には、直接看護師や医師につながるものもあります。例えば、大阪ガス株式会社の「緊急通報サービス おまもりコール」は、緊急ボタンを押すとナースコールセンターにつながり、24時間直通電話でアドバイスを受けることができます。ペンダント型の非常ボタンを提供してもらうことができるので、体を動かすことができない時も対応できます。

健康状態が心配な場合や持病がある高齢者の見守りをする際は、日常的な安否確認と緊急時対応サービスを併用していきましょう。

総合的に高齢者の安否確認を行うサービス

前章で日常的な安否確認と緊急時対応サービスを併用することをすすめましたが、複数の安否確認サービスを利用すると費用がかさみ、利用者の負担となってしまうこともあります。

日常的な見守りと緊急時の対応、両方考慮したいができる限り安否確認にかける費用を抑えたいという方は、総合的に安否確認を行うサービスを検討しましょう。

例えば、「絆-ONE」月額1,950円~
このサービスは人感センサーによる安否確認と専用機器の緊急ボタンによる通報がセットで提供されています。専用機器の「挨拶ボタン」は、プッシュするだけで家族に挨拶メールが送信され、コミュニケーションツールとしても活用することができます。

オプションには、食事の宅配や日常生活支援サービスなどもあります。必要に応じてサービス内容を組み合わせて利用すると便利です。

その他、駆けつけを中心としているアルソックやセコムといった警備会社でもセンサー機器を提供しています。日常的な見守りをしながら、もしもの時は警備会社のスタッフが駆けつけてくれるので安心です。

高齢になる程、周囲のサポートが必要となります。複数のサービスを活用するとどうしても費用はかさんでしまいます。初めは簡易的な安否確認で良かったが後から追加したいサービスが増えてきたという場合は、総合的なサポートを行っている会社のサービスに変更するなど、費用が負担とならない工夫をしていきましょう。

おわりに

高齢者の安否確認サービスは様々なものがあります。高齢者の生活スタイルや性格、健康状態、予算などを考慮し柔軟に安否確認サービスを取り入れていきましょう。

ポイントは以下の4つです。
サービスによって異なるメリットを考慮して高齢者の安否確認を行う
高齢者がコミュニケーションをとる機会を得るために安否確認を活用する
持病がある高齢者には緊急時に対応した安否確認サービスを利用する
複数のサポートが必要な高齢者は総合的な安否確認を行うサービスにする

離れて暮らしていても、安否確認サービスを上手に活用して高齢者の生活を支えていきましょう。負担をかけすぎず、お互いを思いやることが大切です。

見守りの最新記事8件

  • 高齢者や子供の外出をGPSで管理!GPSの居場所検索機能についても徹底解説

    GPSと聞けば映画などで相手の位置情報を探るなどといったイメージがあると思いますが、このGPSの居場所検索機能というのは現実世界にも応用されています。様々な用途で使われてますが、今回はその中でも一般人に向けた用途である高齢者や子供の外出時を見守る見守り機能としてのGPSを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • GPSの居場所検索サービスとは?メリットデメリットを徹底解説!

    GPSの居場所検索サービスというのはGPSを使って特定の人の居場所を検索するというものです。多くの場合は見守りサービスとして高齢者や子供見守り際に使用されますが、最近では待ち合わせや浮気防止などにも使用されるようになってきました。今回はそんなGPSの居場所検索サービスとは一体何なのか、そのメリットやデメリットなどを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 外出時の見守りGPSとは?特徴を徹底解説

    最近では多くの家庭で見守りサービスを利用していますが、そのほとんどが家庭内で行う見守りサービスであり外出中の見守りサービスを利用している家庭はまだまだ少ないです。 しかし見守りGPSを利用すれば外出中であっても見守りを行うことができます。 今回はそんな見守りGPSとはいったい何なのかを徹底的に解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 見守り用GPSとは?その特徴や端末別の価格を徹底比較!

    最近では子供の習い事や高齢者の散歩などにGPSを利用する家庭が増えてきました。GPSを利用することで子供や高齢者がどこにいるのかなどがすぐにわかるため非常に重宝されています。 今回はそんなGPS端末を価格別にメリットデメリットやその特徴などを紹介していきます。 おすすめの見守りサービス

  • GPSで認知症対処?徘徊に使えるサービスとは?

    認知症対策として様々なグッズやアイテム、見守りサービスなどがありますが、GPSを見守りサービスの一覧として使用している方はまだまだ少ないです。しかしGPSは認知症などで夜間徘徊をしてしまう高齢者への対策として非常に有効です。 今回はそんなGPSと認知症の関係、種類いなどを解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 外出時の見守り?老人用のGPSとは

    老人用のGPSと言うのは、主に外出時に高齢者が危険な目にあっていないか、事故などにあって動けないでいるのではないか、といった状況に対応することができます。 GPSと聞くとあまり一般的ではないイメージがありますが、現在ではほとんどのスマホにGPS機能が取り付けられていたり、高齢者専用のGPSが開発されていたり、見守りによく利用されているアイテムの1つです。 おすすめの見守りサービス

  • キッズケータイで外出時の見守りも?内蔵GPSとは?!

    小学生の子供でもスマートフォンを使用しているのが当たり前の時代になってきました。しかしさすがに小学生にスマホ持たせるのは早すぎると考えている保護者の方も多く、学校で自分だけスマホ持てないという子供も一定数存在します。しかしスマホにはGPSが内蔵されているものがほとんどで、子供が外出時にどこへ行ってるのか、どのようなルートを通っているのかというのが簡単に管理することができます。今回はそんなGPSを内…

  • スマホ一つで私生活が丸わかり?!「行動履歴」とは?

    最近ではコンビニへ行くだけでも、すまほー持ち歩く人が多くなってきました。スマホと言うのはそれだけ私たちの生活に密着して、肌身離さず持つ存在となりましたが、そんなスマホが私たちの生活を全て記録しているといった事実は、多くの人が知りません。 今回は、スマホが行っている行動履歴とは一体何なのかを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。