家族で見守りgpsを活用しよう

gpsとは地球上の現在位置を、人工衛星からの電波で測り、把握することができる全地球測位システムのことをいいます。近年ではこのgpsを地図アプリの他、見守り機能として様々な場面で活用されるようになりました。使用される年齢層は子供から高齢者までと幅広く、多くの場面で役立てられています。

近年は共働きの両親が増え、子育てや介護と仕事を両立することが難しい場面が多々増えました。仕事をしているとなかなか行き届かない日中も、gpsの見守り機能を使用すれば子供や高齢者の様子を把握することができるので安心です。

gpsを取り入れたアプリや機器の開発が進み、現在見守りgpsの機器は、ケータイ電話を活用したものから、キーホルダーのような小型で手軽に使用できるものまで様々種類が提供されています。価格も比較的安価なものが多く、取り入れやすい機器となっています。子供や高齢者の見守りに不便を感じている方は、ぜひ一度gps機器を活用してみるのも良いでしょう。

それでは具体的にどのような見守りgpsがあるのでしょうか。
具体的なメリットと合わせて項目ごとに紹介していきたいと思います。

おすすめの見守りサービス

見守りgpsのメリット

gps機器は、ただ居場所を把握できるだけでなく、子供の誘拐や認知症の行方不明など、不慮の事故を防ぐためにも活用することができます。

警視庁のデータによると、日本全体の年間行方不明者数は平成26年から30年の4年間で81,111人から87,962人と増加しています。
中でも、9歳以下の子供と80歳以上の高齢者の行方不明者数は多く、増加傾向にあります。

また、日本には厳格なプライバシー保護法があります。海外と比較して失踪した人を探し当てるのは、非常に困難であることも確かです。

自殺の可能性がある場合や誘拐など事件に関連する失踪者に関しては、警察に捜索願を出して捜索を依頼することができますが、明らかな状況証拠がない場合は大掛かりな捜索をすることができず、早期発見が難しくなってしまいます。

民間の調査会社に依頼して捜索をしたとしても、民間の調査会社では防犯カメラや位置情報にアクセスする権限は与えられていないのが現状です。

見守りgpsは、大切な家族の居場所を把握するだけではなく、事件に巻き込まれた際は大切な状況証拠になります。

見守りgpsは、比較的安価で購入することができ、取り入れやすいものとなっています。大切な家族の安全を守るため、緊急事態にも迅速な対応をできるようにするため、欠かせないアイテムということができるでしょう。

それでは具体的に、どのような見守りgpsがあるのでしょうか。まずは、価格が安いものから紹介していきたいと思います。

キンセイの格安見守りgps

キンセイの見守りgps端末は、税込8,800円で購入することができます。この価格は1年分の通信費も含まれており、合わせて使用する見守りアプリは無料でダウンロードすることができます。費用は買い切りで、月額利用料や解約金も一切かかりません。

キンセイgpsが使用するネットワークSigfoxは、世界70カ国、国内人口カバー率95%と低価格でも安心して使用できる通信システムとなっています。

端末は持ち歩くだけで操作は不要、子供にケータイ電話を持たせることを懸念している方やケータイ電話を操作することができない高齢者に使用を検討している方も、これなら安心して居場所を確認することがでます。面倒な初期設定をする必要もありません。

電源ボタンやブザーボタンもないので、誤作動や電源が入っていないため居場所が確認できないという問題も起こりません。止まっている時は節電されるので、充電は1週間に1回程度と長持ちします。電池が少なくなっているときは、LEDランプで知らせるので、気づかないうちに充電がなくなっていたということもありません。

端末と連動する見守りアプリは、リアルタイムで居場所を確認できるだけでなく、最大100件まで居場所履歴を確認することができます。位置情報検索の回数制限や追加料金は一切なく、無料でサービスを使用することができます。

さらに、見守りユーザーを複数追加することができ、家族間で位置情報をシェアすることも可能です。見守りアプリには通知機能があり、さらにMAP上で地点指定をし、エリアの出入りを通知することもできます。忙しくて常に居場所を見ておくことができない場合でも動きがあった時のみ確認するなど、手軽に確認をすることが可能です。

初期設定など細かい設定をすることなく購入後届いたらすぐ使用することができます。購入費以外一切料金がかからないので、知らない間に追加料金が発生していたなどの心配もいりません。比較的扱いやすい端末なので、電子機器の扱いに慣れていない方や初めてgps端末を使い見守りをするという方にもオススメです。

携帯電話を使わない見守りgps

ケータイ会社というと、キッズケータイや高齢者向けの操作が簡単な携帯電話端末を使ってgps機能を使用するイメージが強くありますが、携帯会社でも見守りを専用とするgps端末のみを販売しています。

例えば、ソフトバンクの「どこかなgps」
標準価格は12,000円+税で月額料金不要の2年間使い放題となっています。
約34gのコンパクトかつシンプルな端末を持ち歩くだけで保護者が居場所を確認することができます。

どこかなgpsは、一定の間隔で端末の場所を自動測位しているため、スマホなどで専用アプリを開くとすぐに最新の位置情報が表示されます。

アプリを立ち上げ、わざわざ位置情報を検索する必要がないので、迅速に様子を把握することができます。また、このアプリでは最大4台までgps端末を登録することができます。子供の見守りと合わせて高齢者の安否確認もするなど、家族の環境に合わせて使用すると良いでしょう。

測位した位置情報は最大3日分の移動ルートを保存することができるので、リアルタイムで動きを把握することができなかった場合は、過去を遡って行動範囲を把握することができます。測位間隔は個別に設定することができるので、細かく情報を把握したい場合は短く、バッテリーを節約したい場合は長くするなど自由に設定をすることができます。

また、アプリを開いて一検索をしなくても、あらかじめエリアを登録しておくと、到着や出発を検知しメールで自動通知が届きます。エリアは最大5箇所まで登録することができるので、外出の目的ごとに設定し通知することが可能です。

どこかなgpsの本体中央のボタンを押すと、スマホに現在情報が届きます。子供が帰るときにはボタンを押す、高齢者が体調不良を起こした場合はボタンを押すなど、家族間でルールを決めておけば、簡易的な連絡手段や安否確認としても役立てることができます。

使用している携帯電話がソフトバンクの方は、このようなgps端末を活用して家族の安全を見守るのも良いでしょう。

家族で使う見守りgps

見守りgpsのメリットや多様性を知ると家族全員で使いたいと思う方も多いでしょう。
家族使いにはFamilyDotがオススメです。

この端末は契約いらずで、端末を購入するだけですぐに使用することができます。標準価格は2年間使い放題で14,880円+税、月額料金は発生しません。

gps端末は通信キャリアに依存しないネットワークを使用しているので、居場所を確認するスマホはどのキャリアでも使用することができます。

gps端末は操作不要で電源を入れる必要もありません。音や振動も一切ないので子供が授業中に警報を鳴らしてしまったり、見せびらかして遊んでしまったりなど、子供の邪魔をすることがありません。電源の入れ忘れが多い高齢者が使用する際も安心です。

防水、防塵加工がされているので、雨の日も気にすることなく使用することができます。ストラップホールもあるので高齢者の方は、いつも使っているカバンにストラップのようにつけ、紛失や持ち忘れることなく端末を使用することができます。

見守りアプリに複数のgps端末を登録することはもちろん、1つのgps端末を複数のスマホで見守ることもできます。
生活スタイルや家族環境に合わせて、自由に使い分けることができる柔軟性がある端末となっています。

さらにこのFamilyDotは、家族だけでなく法人としても使用することができます。企業や学校、自治体などで見守りgpsの使用を検討している方は、ホームページの法人の問い合わせフォームにて詳しい情報を訪ねてみましょう。

おわりに

見守りgpsには様々な機器があります。今回紹介した端末タイプを使用するのも良いですし、さらに簡易的で小型なキーホルダー型gpsなどもあります。

ポイントは以下の4つです。
見守りgpsは居場所を知る他、事件に巻き込まれた際重要な手がかりになる
初心者や電子機器が苦手な人はキンセイの格安見守りgps端末がオススメ
ソフトバンクのどこかなgpsのように携帯会社でも見守り用の端末のみ販売
家族で見守りgpsを活用する場合はFamilyDotがオススメ。法人利用も可

見守りgpsは現在位置検索に限りがなく、追加料金が発生しないものがオススメです。日常的に便利な機能がついているgps端末を使うのも良いですし、緊急時の対応がしっかりしているものなど安全を確保することを重視してgps端末を選択するのも良いでしょう。

今回は子供向け、高齢者向け問わず共有でしようできるものを中心に紹介しましたが、子供の見守りに特化したものや高齢者の安否確認を重視したものなど、利用者に合わせて機能が特化している見守りgps端末もあります。
家庭環境や利用者に合わせて最適なものを選ぶようにしましょう。

見守りの最新記事8件

  • 高齢者や子供の外出をGPSで管理!GPSの居場所検索機能についても徹底解説

    GPSと聞けば映画などで相手の位置情報を探るなどといったイメージがあると思いますが、このGPSの居場所検索機能というのは現実世界にも応用されています。様々な用途で使われてますが、今回はその中でも一般人に向けた用途である高齢者や子供の外出時を見守る見守り機能としてのGPSを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • GPSの居場所検索サービスとは?メリットデメリットを徹底解説!

    GPSの居場所検索サービスというのはGPSを使って特定の人の居場所を検索するというものです。多くの場合は見守りサービスとして高齢者や子供見守り際に使用されますが、最近では待ち合わせや浮気防止などにも使用されるようになってきました。今回はそんなGPSの居場所検索サービスとは一体何なのか、そのメリットやデメリットなどを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 外出時の見守りGPSとは?特徴を徹底解説

    最近では多くの家庭で見守りサービスを利用していますが、そのほとんどが家庭内で行う見守りサービスであり外出中の見守りサービスを利用している家庭はまだまだ少ないです。 しかし見守りGPSを利用すれば外出中であっても見守りを行うことができます。 今回はそんな見守りGPSとはいったい何なのかを徹底的に解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 見守り用GPSとは?その特徴や端末別の価格を徹底比較!

    最近では子供の習い事や高齢者の散歩などにGPSを利用する家庭が増えてきました。GPSを利用することで子供や高齢者がどこにいるのかなどがすぐにわかるため非常に重宝されています。 今回はそんなGPS端末を価格別にメリットデメリットやその特徴などを紹介していきます。 おすすめの見守りサービス

  • GPSで認知症対処?徘徊に使えるサービスとは?

    認知症対策として様々なグッズやアイテム、見守りサービスなどがありますが、GPSを見守りサービスの一覧として使用している方はまだまだ少ないです。しかしGPSは認知症などで夜間徘徊をしてしまう高齢者への対策として非常に有効です。 今回はそんなGPSと認知症の関係、種類いなどを解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 外出時の見守り?老人用のGPSとは

    老人用のGPSと言うのは、主に外出時に高齢者が危険な目にあっていないか、事故などにあって動けないでいるのではないか、といった状況に対応することができます。 GPSと聞くとあまり一般的ではないイメージがありますが、現在ではほとんどのスマホにGPS機能が取り付けられていたり、高齢者専用のGPSが開発されていたり、見守りによく利用されているアイテムの1つです。 おすすめの見守りサービス

  • キッズケータイで外出時の見守りも?内蔵GPSとは?!

    小学生の子供でもスマートフォンを使用しているのが当たり前の時代になってきました。しかしさすがに小学生にスマホ持たせるのは早すぎると考えている保護者の方も多く、学校で自分だけスマホ持てないという子供も一定数存在します。しかしスマホにはGPSが内蔵されているものがほとんどで、子供が外出時にどこへ行ってるのか、どのようなルートを通っているのかというのが簡単に管理することができます。今回はそんなGPSを内…

  • スマホ一つで私生活が丸わかり?!「行動履歴」とは?

    最近ではコンビニへ行くだけでも、すまほー持ち歩く人が多くなってきました。スマホと言うのはそれだけ私たちの生活に密着して、肌身離さず持つ存在となりましたが、そんなスマホが私たちの生活を全て記録しているといった事実は、多くの人が知りません。 今回は、スマホが行っている行動履歴とは一体何なのかを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。