高齢者用みまもりケータイとは

キッズケータイが普及し子供向けのみまもり機能が日常となりましたが、高齢者用のみまもりケータイもあることはご存知でしょうか。

キッズケータイと合わせて、高齢者に向けて操作が簡単なシンプルケータイやスマホが販売されていますが、みまもりを中心とするケータイはさらに高齢者が扱いやすいようにつくられています。合わせて付属する高齢者の安否確認などのサービスも充実しており、それらのサービスを受けることで日々の健康維持や認知症防止などの効果も期待することができます。

それでは具体的にどのような機能やメリットがあるのでしょうか。
項目ごとに解説していきたいと思います。

おすすめの見守りサービス

キッズケータイが高齢者のみまもりに便利

高齢者向けのみまもりケータイを詳しく解説していく前に、まずキッズケータイの代用についてお話したいと思います。

キッズケータイにはGPSのみまもり機能がついています。
居場所を把握できるだけでなく、中には電車や車、飛行機など高速移動する乗り物に乗った場合通知する機能があるなど、細かく行動を把握できるようになっているものがあります。

認知症で行動が読めない場合は、このように子供向けにつくられた細かい行動把握機能がとても役に立ちます。

その他キッズケータイには、子供が犯罪に巻き込まれた時に通知が届く防犯ブザー機能もついています。この防犯ブザーはボタンや紐を引っ張るだけと操作は簡単で高齢者が体調不良を訴える緊急時のブザーや通知としても役立ちます。
高齢者を狙った悪質なセールスの訪問で困った際も、このブザーを鳴らすことで警戒したり、家族に助けを求めたりすることができます。

また、最近では防菌加工がされているキッズケータイが普及しています。防菌加工は免疫力が低下しやすい高齢者にも嬉しいメリットで、安心してケータイを使用することができます。

キッズケータイの月額費用は平均1.000円前後。端末の分割料金を支払い済みの場合はさらに金額が下がります。ケータイ操作が可能な高齢者は、みまもり機能と合わせて電話やメールも使用することができるので、連絡ツールとしても十分機能を果たすでしょう。

キッズケータイを再度使用する際は、各ケータイ会社との契約が必要となりますが、不要になったキッズケータイの端末などが自宅にある場合は、そのまま高齢者のみまもりとしてキッズケータイを活用することができます。高齢者のみまもりに向けて新たに機器や端末を購入する必要もなく、その分コスト削減をすることができます。ぜひ一度お試しください。

ソフトバンクの高齢者向けみまもりケータイ

ソフトバンクのみまもりケータイには、高齢者を対象としたみまもりサービス「あったか声かけサービス」が付属しています。

「あったか声かけサービス」とは、ソフトバンクのGPS機能付きみまもりケータイ「みまもりケータイ3 202Z」の機能と合わせ、定期的な電話などの安否確認、不安や心配事の相談受付、緊急時の駆けつけなどの支援を行うサービスです。

サービスプランは訪問介護やデイケアサービスなどを手がける会社「やさしい手」が、利用者ごとに作成した暮らしのプランに基づいているので、安心してサービスを受けることができます。

主なサービス内容は、社会福祉士や介護福祉士などの専門職相談員が行う月に1度の電話連絡による安否確認や服薬確認、年中無休の電話相談受付、セントラル警備保障が提供する緊急時の駆けつけサービスなど、とても充実した内容となっています。

さらに、「GPSケータイdeアシスト」の連携により、個別のニーズに合わせて継続的な声かけで安否確認を行える他、医療以外の生活相談をすることができます。

サービスを受けると会話や相談を元に個別援助計画が作成され、個人の要望に適した支援が継続的に行われます。支援の家庭は、複数の専門家や家族にも共有され、高齢者の細かい健康状態や生活状況を把握することができます。

端末についたストラップは、引くと位置情報やお知らせメールを家族の元へ送付することができ、体調不良や緊急時にすぐ助けを呼ぶことができます。状況によって相談員が緊急連絡先や駆けつけサービスへ連絡、スムーズな連携で緊急時の応対をしてくれます。(駆けつけ料金は1回1時間 5,500円)

基本料金は月額590円、あったか声かけサービスは月額1,500円となっています。

その他、ソフトバンクはスマホなどのアプリを活用して使用する月額480円の「みまもりサービス」やこのサービスと連携して使用することができる「みまもり電池」「みまもりセンサーライト」なども提供しています。基本機能のみのシンプルプランは月額0円で使用することもできます。

予算や高齢者の健康状態、生活環境に適したプランを検討していきましょう。

高齢者向けケータイは警備会社にも。セコムのみまもりホンとは

これまでは、ケータイ会社のみまもりサービスや高齢者向け機能を中心にお話してきましたが、高齢者向けにつくられているケータイは警備会社でも取り扱っています。

例えばセコムのみまもりホンは、月額2,200円でみまもりサービスを受けることができます。

それでは具体的にどのようなサービス内容なのか、解説していきたいとおもいます。

ケータイ会社のサービスではなく、セコムのみまもりホンを使用する1番の魅力は、セコムの駆けつけサービスと連携している点です。

自宅での緊急事態はもちろん、外出先での怪我や体調不良の場合も、みまもりホンの救急ブザー用ストラップを引っ張るだけでセコムが駆けつけ対応をしてくれます。セコムの拠点数は全国に約2,800ヶ所と多く、ブザーの鳴った場所から1番近いと拠点から駆けつけるので対応はとても迅速です。

さらに、持病や服用中の薬、家族や掛かり付け医の連絡先など、救急情報や緊急時の連絡先もセコムで預かってもらうことができます。119番通報をした際は、専用ケータイ端末に救急情報や緊急連絡先を送信、医療機関へ迅速に必要情報提供を行います。

セコムの対応は、緊急時のみではなく、体調が優れない場合や健康について気になることがあるなどの相談をセコムの看護師と24時間無料で話すことができます。操作は、セコムの専用ケータイ端末の画面上に表示されているナースアイコンをタッチするだけと、高齢者でも簡単に扱うことができます。

もちろん通常の電話機能も使用することができ、最大49件まで連絡先を登録することができます。

ケータイ会社のみまもりGPS機能のように、居場所検索機能も付属しているので、家族が高齢者の居場所を確認するなどの様子をみまもることも可能です。
さらに、一定時間内に操作確認が取れない場合は、自動で家族の元へ通知が届きます。ケータイの紛失や病気で寝込んでしまう、転倒して動けなくなってしまうなど異変を家族が把握することができます。

警備会社だからこそ可能な、迅速な緊急時対応は利用者にも安心感を与えます。
体調を崩してしまうことが心配で、なかなか気軽に外出できなくなってしまった、などの不満を感じている高齢者には、このような駆けつけサービスが充実しているみまもりケータイを渡すことで安心して出かける機会を与えることができます。心身ともにサーポートしていく良い機会になるでしょう。

ケータイが不慣れな高齢者にはALSOKのみまもりタグ

ケータイ操作が不慣れな方やケータイを持ち歩く習慣がなじまず家に置いたままになってしまう方などのみまもりには、アルソックのみまもりタグが役立ちます。

このみまもりタグは、高齢者の身に着けるタイプの小型端末で、紐を通してカバンや財布、杖など外出時必ず持ち歩くものに取り付けたり、専用の靴に入れて持ち歩くことが可能です。

みまもりタグが発するBluetoothの電波をケータイ電話にインストールした専用アプリや感知器が受信することで、GPSが起動し位置情報を把握することができます。機能は外出時に位置情報を把握するだけでなく、一定距離以上離れた時にも家族へ通知を送ることができます。

例えば、認知症の高齢者が突然家を出てしまった時にすぐ家族にお知らせが届いたり、通知がすぐ届くので一緒に外出した際にはぐれてしまう心配がないなど、共に生活していく上でのみまもりにも役立ちます。

さらに使用する上で高齢者に好都合な点は、充電が不要という部分です。電池交換の頻度は1年に1回程度、充電切れで家族が様子をみまもることができないなども問題が発生しません。

ケータイに不慣れな部分がある高齢者は、このようなみまもりタグを使用するのも良いでしょう。

おわりに

高齢者のみまもりには様々な方法があります。
みまもりケータイを使い付属する様々なみまもりサービスを利用するのも良いですし、利用者に負担をかけない簡易的なものを使用するのも一つの手段です。
高齢者の希望や状態に合わせて、最適なものを検討していきましょう。

ポイントは以下の4つです。

キッズケータイも高齢者のみまもりに役立てることができる
ソフトバンクの高齢者向けケータイはみまもりサービスが充実
セコムの高齢者みまもりケータイは使い駆けつけサービスが充実
ケータイが不慣れな高齢者にはアルソックのみまもりタグ

高齢者の中には、家族へ心配をかけたくない、自分の力で生活していきたい、と家族に本音を言えなかったり、必要以上のみまもり機能が不快に感じてしまう方もいます。そういった場合には、警備会社と連携したみまもりケータイを使うなど、第三者にみまもりをお願いすることも大切です。

無理にみまもりサービスを使うのではなく、家族やみまもりを必要とする高齢者、双方が安心で快適な生活を送っていけるような方法を相談しながら選択していきましょう。

見守りの最新記事8件

  • ホーム・セキュリティ業界No.1のセコム~その特徴を紹介!

    セコムはホーム・セキュリティ業界のトップ企業です。日本では近年、犯罪の巧妙化や個人情報問題、一人暮らしの高齢者の安否確認問題など今までなかった問題が起こっています。家庭や企業において、セキュリティ会社の存在は年々重要になってきていました。生活の中で必要不可欠となってきているホーム・セキュリティ会社。そのホーム・セキュリティの業界でNo.1の業績を誇るセコムとはどのような会社なのでしょうか。その業績…

  • セキュリティ業界No.1のシェアを誇るセコム!その料金は?

    セコムの料金はどのようになっているのでしょうか。安全だと言われていた日本でも最近は犯罪が凶悪化・巧妙化しています。自宅や会社において、セキュリティの強化が重要になってきました。ホームセキュリティを考える時にまず思い浮かぶ会社名の一つがセコムではないでしょうか。セコムは日本のセキュリティ業界のトップ企業です。セコムはどのような面でセキュリティ業界No.1なのか、またプランの料金はどうなっているのか、…

  • ホーム・セキュリティのトップ5社を比較!どこにすればいい?

    ホーム・セキュリティ会社はどのように選べば良いのでしょうか。日本の犯罪は年を追うごとに凶悪化、そして巧妙になってきています。企業の個人情報は狙われ、放火や空き巣の手口も悪質になってきています。それに従い、ホーム・セキュリティ会社に加入する人や会社も増えてきました。ホーム・セキュリティ会社に加入する時にまず迷うのは会社選びではないでしょうか。普段はあまり気にする事もないセキュリティ会社のサービス。何…

  • スマホをウィルスから守る~ドコモの安心セキュリティとは?

    ドコモの安心セキュリティとはどのようなサービスなのでしょうか。PCにウィルスソフトを入れる事は常識となっていますが、近年はスマホのセキュリティも重視されてきています。スマホのセキュリティ対策をしようと思いながらも先延ばしにしている人は多いのではないでしょうか。ドコモでウィルスなどの脅威からスマホを守るサービスが安心セキュリティです。安心セキュリティとはどのようなサービスなのか、果たして入るべきなの…

  • 高齢者の安否確認サービスとは?各社を比較!

    高齢者の安否確認サービスとは一体どのようなものなのでしょうか。日本社会の中で近年需要が高まっている業者サービスが安否確認サービスです。現在注目されている高齢者の安否確認サービスの内容、そしてその実例を紹介しましょう。 おすすめの見守りサービス

  • 屋外用の監視カメラ選びはどうする?取付け方法や注意点も説明!

    屋外用の監視カメラはどう選べば良いのでしょうか。近年、空き巣や覗き、放火といった犯罪は巧妙化しています。また個人情報保護法の制定により、企業はセキュリティ対策の強化を余儀なくされました。個人宅においても会社においてもセキュリティの強化は重要なテーマとなっています。自宅や会社のセキュリティを守る機器である監視カメラ。監視カメラは、屋内用と屋外用で大きく区別されます。特に屋外用の監視カメラは機器選びに…

  • 老人ホームはどこが良い?高齢者施設の種類と特徴を解説!

    高齢者施設はどのように選べば良いのでしょうか。現代の日本社会が抱えている大きな問題の一つに高齢化があります。家族と離れて暮らす高齢者や要介護の高齢者であれは、高齢者施設に入居するケースも出てきます。高齢者施設を選ぶ場合、何を基準に選んで良いのか分からない事も多いでしょう。この記事では高齢者施設の種類とその選び方について解説します。 おすすめの見守りサービス

  • サービス付きが人気!高齢者住宅の種類とは?

    高齢者住宅という言葉を最近良く耳にします。高齢者住宅とは一体何なのでしょうか。高齢化は日本社会の大きな傾向となりつつあります。日本では男女ともに晩婚化が進んでいます。生涯結婚をしない人の割合も増加傾向に。これらの傾向が生み出すのが新生児の数の減少。その結果として日本社会は高齢化しています。また高齢者の親と子供の家族が同居する三世代住宅の割合も減りつつあります。代わって高齢者の親と離れて住む核家族、…

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。