イマドコサーチで位置情報が検索できない場合とその他使用方法

ドコモのイマドコサーチとは、GPS機能を活用して子供の居場所を把握することができるとても便利なサービスです。しかし、位置情報検索をONにしても居場所検索できないなど、実際に使用するまで設定にてこずってしまう方もいます。

イマドコサーチは、契約してからいくつか設定を行い、初めて位置情報が検索できるようになります。iPhoneだと少し設定方法が違うなど、携帯電話の端末が多様化したことによりさらに設定がわかりづらくなってしまっているのも確かです。

そこで今回は、不具合別にイマドコサーチの設定方法をまとめてみました。
当てはまる問題がありましたら、ぜひ役立てて下さい。

おすすめの見守りサービス

オンライン契約しただけではイマドコサーチで検索できない

キッズケータイの居場所検索をする際、オンライン契約をして設定も間違いなく行なっているが、実際使おうと思ったときに「検索することができませんでした」と表示され使用できなかった。とお困りの声は多いです。

この問題の落とし穴は、イマドコサーチでキッズケータイの居場所検索をする場合は、ドコモオンラインショップからオプション契約をしただけでは使用することができない、という点です。

ドコモのキッズケータイやドコッチは、インターネット(iモードやSPモード)非対応機種となっています。そのため電話番号を設定しただけでは居場所検索をすることができません。

キッズケータイを検索できるようにするには、近隣のドコモショップもしくはドコモお客様サポートに問い合わせる必要があります。キッズケータイが本当に契約者のものであると確認がとれ、はじめて設定を許可される仕組みになっています。

iPhoneやAndroidをイマドコサーチで検索する場合は、まず「位置提供設定」をONにします。その端末へ「設定お願いメール」を送信し、「探される時の設定」を手順に沿って許可することで位置情報の検索が可能となります。

iPhoneやAndroidといったスマートフォンと同じ手順でキッズケータイを設定したので使用できると思ってしまう方が多く、実際イマドコサーチを必要とするときに居場所検索できないという問題に直面してしまうようです。

キッズケータイGPS機能による居場所検索を重視して購入する方が大半です。キッズケータイの設定許可をもらうためにドコモへ電話をするのは面倒と感じてしまいますが、居場所検索の悪用を防ぐため、キッズケータイのセキュリティーが厳しくなっていると思うと安心できるシステムでもあります。

利用時に居場所検索ができないという不便な思いをしないよう、事前に何度か居場所検索を行い、正しく使用できるか確認しておくことも大切です。

イマドコサーチで検索できない場合は設定を確認

ドコモにイマドコサーチを使用する場合、子供にはキッズケータイを持たせる家庭が大半です。前章でキッズケータイの居場所検索ができない場合の落とし穴についてお話致しましたが、根本的にキッズケータイの設定がいまいちわからない、分かりづらいという方もいると思います。

そこで、キッズケータイでイマドコサーチを設定する方法をもう少し詳しく解説していきたいと思います。

前章でも述べましたが、まず、ドコモオンライン契約が完了したらドコモお客様サポート窓口に電話をし、設定許可をえる必要があります。
設定許可には、契約者名、キッズケータイの電話番号、保護者の電話番号、キッズケータイの暗証番号の確認が必要です。あらかじめチェックしておきましょう。

契約情報の把握ができたら、キッズケータイに電話が掛かってきます。電話によって所在確認ができたら設定完了となります。ただし、キッズケータイでは初期設定で登録していない電話番号は着信拒否するようになっています。これが解除になっていないと、この所在確認の電話を受け取ることができないので注意が必要です。事前に解除をしておきましょう。

着信拒否設定の解除方法は、各キッズケータイの機種によって異なりますが、基本的にメニューの設定から変更することができます。わからない場合は、直接ドコモのお客様サポートに問い合わせると教えてもらうことができます。

設定許可をえて、両親の電話番号など必要な番号登録が完了したら、再度登録されていない電話番号は着信拒否をする設定に戻すことを忘れないようにしましょう。

ちなみに、ドコモショップでキッズケータイを購入し、契約した場合は、その場で設定許可が完了しています。ドコモショップで設定完了まで行っているのに居場所検索ができない場合は端末の不具合である可能性もあります。購入したドコモショップに持っていくか、ドコモあんしんホットラインに問い合わせてみましょう。

イマドコサーチで検索できない場合の見落としやすい設定箇所

時々基本設定をしたにもかかわらず、居場所検索が使用できないという場合があります。そこで、見落としやすい設定箇所を何点かまとめてみました。

Android OS5.0以上の機種を利用する場合
探される方がAndroid OS 5.0以上の機種である場合、画面固定機能を利用していると居場所検索ができません。

誰からも探されたくない設定をした場合
「イマドコサーチ設定」内の「機能停止/再開」にて機能停止をしていると一切居場所検索がされません。また、機能停止していう間は「設定お願いメール」は届かないようになっています。機能再開をした場合は再度「探される時の設定」が必要となります。

位置情報アプリを使用している場合
最新のバージョンを使用していないと不具合が生じることがあります。dメニューからMy docomo→設定→ドコモアプリ→アップデート一覧の「確認する」→利用承諾に同意→ドコモ位置情報→アップデートの手順で最新のバージョンをアップデートするようにしましょう。

らくらくホンを使用している場合
イマドコサーチアプリの位置提供設定が「電話帳登録外拒否」に設定されていると、ワンタッチブザー検索機能を利用することができません。

スマートフォンforジュニアを使用している場合
イマドコサーチアプリの位置情報提供設定が「電話帳登録外拒否」に設定されていると、ブザー検索機能、ワンタッチブザー検索機能、電源OFF検索機能、ちょこっと通知検索機能を利用することができません。

その他、イマドコサーチの通知機能はメッセージ(R)を利用します。ドコモメールやメッセージ(R) を使っていない方は通知を受け取ることができません。

これらの項目にも当てはまらず、居場所検索ができないという場合は、ドコモにお客様サポートに問い合わせて詳細を聞くようにしましょう。

イマドコサーチではスマホ以外で検索することができない?

スマホでイマドコサーチの居場所検索するには、アプリを使用します。検索する端末がキッズケータイの場合は、契約した時点で既にキッズケータイの電話番号がリンクしているので、設定をすることなくすぐにアプリを使用することができます。

このアプリでは、「今すぐ検索」ボタンを押すだけで簡単に居場所を確認することができます。単純に居場所を検索するだけでなく、20分間リアルタイムで移動経路を確認することができる「移動みまもり検索」や検索したい時刻をあらかじめ設定しておくことで自動検索を行い、居場所を通知する「スケジュール検索」なども行うことができます。

また、いますぐ検索で居場所検索に失敗した際、自動で一定時間繰り返し検索を続け居場所が確認できると通知をする「繰り返し検索」やスケジュール検索設定の際にエリアを指定するとスケジュール検索結果とともに探したい相手がエリアの外にいるか通知をする「エリア監視」なども行うことができます。

そのほかにも、近くの事件情報が把握できたり、ブザーが鳴った場所を検索することができたり防犯対策の面も充実したアプリとなっています。
基本的にイマドコサーチの契約者であれば、アプリ内の機能は全て使用することができるとても便利なサービスなのですが、中にはスマホ以外で居場所検索をしたいという方もいます。

アプリなので、PCやタブレットだと同じ内容を使用することができない、と思ってしまう方もいると思いますが、PCでも同じサービスを受けることができます。

パソコンからdアカウントにログインした状態でいまどこサーチにアクセスするとイマドコサーチのサービスを利用することができます。ただし、ドコモ契約者以外、つまりdアカウントを所有していない方はイマドコサーチのサービスを使用することができないので、検索する側される側両者ともにドコモユーザーであることが前提となります。

正しく利用すれば使用機器に限らず柔軟にイマドコサーチを利用することができます。生活環境に合わせて適した機器を活用しながら居場所を把握していきましょう。

おわりに

イマドコサーチには子供の安全を守るため様々な機能が付属しています。使い始める前までの設定が細かくて面倒に思うこともあると思いますが、使い始めるといいメリットがたくさんあります。実際に使用する際、不具合が生じて困ることがないよう、事前に設定を確認しておくようにしましょう。

ポイントは以下の4です。
オンライン契約だけではイマドコサーチでキッズケータイを検索できない
正しい手順で設定してもイマドコサーチで検索できない場合は端末の問題
端末ごとの保護設定によってイマドコサーチで検索できない場合がある
イマドコサーチはドコモ契約者であれば居場所検索できない機器はない

ドコモには、イマドコサーチのほかにも子供に向けての安心サービスがあります。有害サイトにアクセスできないような制限サービスなどもあるので、気になる方はドコモあんしんホットラインにて詳細を問い合わせてみましょう。

見守りの最新記事8件

  • ホーム・セキュリティ業界No.1のセコム~その特徴を紹介!

    セコムはホーム・セキュリティ業界のトップ企業です。日本では近年、犯罪の巧妙化や個人情報問題、一人暮らしの高齢者の安否確認問題など今までなかった問題が起こっています。家庭や企業において、セキュリティ会社の存在は年々重要になってきていました。生活の中で必要不可欠となってきているホーム・セキュリティ会社。そのホーム・セキュリティの業界でNo.1の業績を誇るセコムとはどのような会社なのでしょうか。その業績…

  • セキュリティ業界No.1のシェアを誇るセコム!その料金は?

    セコムの料金はどのようになっているのでしょうか。安全だと言われていた日本でも最近は犯罪が凶悪化・巧妙化しています。自宅や会社において、セキュリティの強化が重要になってきました。ホームセキュリティを考える時にまず思い浮かぶ会社名の一つがセコムではないでしょうか。セコムは日本のセキュリティ業界のトップ企業です。セコムはどのような面でセキュリティ業界No.1なのか、またプランの料金はどうなっているのか、…

  • ホーム・セキュリティのトップ5社を比較!どこにすればいい?

    ホーム・セキュリティ会社はどのように選べば良いのでしょうか。日本の犯罪は年を追うごとに凶悪化、そして巧妙になってきています。企業の個人情報は狙われ、放火や空き巣の手口も悪質になってきています。それに従い、ホーム・セキュリティ会社に加入する人や会社も増えてきました。ホーム・セキュリティ会社に加入する時にまず迷うのは会社選びではないでしょうか。普段はあまり気にする事もないセキュリティ会社のサービス。何…

  • スマホをウィルスから守る~ドコモの安心セキュリティとは?

    ドコモの安心セキュリティとはどのようなサービスなのでしょうか。PCにウィルスソフトを入れる事は常識となっていますが、近年はスマホのセキュリティも重視されてきています。スマホのセキュリティ対策をしようと思いながらも先延ばしにしている人は多いのではないでしょうか。ドコモでウィルスなどの脅威からスマホを守るサービスが安心セキュリティです。安心セキュリティとはどのようなサービスなのか、果たして入るべきなの…

  • 高齢者の安否確認サービスとは?各社を比較!

    高齢者の安否確認サービスとは一体どのようなものなのでしょうか。日本社会の中で近年需要が高まっている業者サービスが安否確認サービスです。現在注目されている高齢者の安否確認サービスの内容、そしてその実例を紹介しましょう。 おすすめの見守りサービス

  • 屋外用の監視カメラ選びはどうする?取付け方法や注意点も説明!

    屋外用の監視カメラはどう選べば良いのでしょうか。近年、空き巣や覗き、放火といった犯罪は巧妙化しています。また個人情報保護法の制定により、企業はセキュリティ対策の強化を余儀なくされました。個人宅においても会社においてもセキュリティの強化は重要なテーマとなっています。自宅や会社のセキュリティを守る機器である監視カメラ。監視カメラは、屋内用と屋外用で大きく区別されます。特に屋外用の監視カメラは機器選びに…

  • 老人ホームはどこが良い?高齢者施設の種類と特徴を解説!

    高齢者施設はどのように選べば良いのでしょうか。現代の日本社会が抱えている大きな問題の一つに高齢化があります。家族と離れて暮らす高齢者や要介護の高齢者であれは、高齢者施設に入居するケースも出てきます。高齢者施設を選ぶ場合、何を基準に選んで良いのか分からない事も多いでしょう。この記事では高齢者施設の種類とその選び方について解説します。 おすすめの見守りサービス

  • サービス付きが人気!高齢者住宅の種類とは?

    高齢者住宅という言葉を最近良く耳にします。高齢者住宅とは一体何なのでしょうか。高齢化は日本社会の大きな傾向となりつつあります。日本では男女ともに晩婚化が進んでいます。生涯結婚をしない人の割合も増加傾向に。これらの傾向が生み出すのが新生児の数の減少。その結果として日本社会は高齢化しています。また高齢者の親と子供の家族が同居する三世代住宅の割合も減りつつあります。代わって高齢者の親と離れて住む核家族、…

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。