ドコモのイマドコサーチを基本条件以外で使用する場合

ドコモのイマドコサーチとは、キッズケータイなどのGPS機能を使って居場所を探すことができる見守りサービスです。とても便利な機能ですが、使用機種がドコモ以外の契約でもサービスを利用することはできるのでしょうか。

現在、両親が共働きである家庭は多く、子供だけで放課後を過ごしたり、子供一人で習い事に出かけたりする機会も増えています。子供の安全を守るため、キッズケータイをはじめ、様々な見守り機器やアプリが開発されるようになりました。最近は、子供の安全対策も防犯ベルではなく、子供の居場所を把握することができるGPS機能が主流となっています。

GPS機能の定番というと、ドコモのイマドコサーチがあげられます。このサービスではいつでも子供の居場所をチェックすることができ、細かい設定に合わせて自動で通知を送る機能が付いています。防犯に役立つ自動通知機能のほか、キッズケータイの電源がOFFになった場合は、自動的に検索を行い、最終座標をメッセージで知らせるなど、緊急事態にも対応した機能が付属しています。

子供の安全のため細かい工夫がされているイマドコサーチは、豊かな機能性の他、月額使用料200円と比較的安価な費用で使用することができコスト面でも人気を集めています。ドコモのイマドコサーチは子供の見守りには最適なサービスなのですが、携帯電話も多様化した今、保護者がドコモ契約者ではないことは多々あります。

それでは、他社で契約していたり、格安SIMを使用している保護者は、このサービスを使用することができないのでしょうか。シーン別に詳しく解説をしていきたいと思います。

おすすめの見守りサービス

ドコモ以外のユーザーはイマドコサーチを使用できるか

保護者がドコモ以外、例えばau、ソフトバンク、格安SIMを利用している場合は、イマドコサーチを使うことはできるのかと言いますと、基本的にはできません。

ドコモのイマドコサーチ利用規約によると、
検索する側:iモードかSPモードの契約が必要
検索される側:iモードかSPモードの契約が必要(キッズケータイやドコッチはiモード契約及びSPモード契約に関わらず利用可能)
と記載されています。

はじめは保護者がドコモ契約をしておりイマドコサーチの利用を開始したが、途中から格安SIMへ乗り換えた。という場合もイマドコサーチが利用できなくなってしまうので注意が必要です。

イマドコサーチの無料版、イマドコかんたんサーチは事前登録の必要がない無料サービスですが、こちらも基本的にはドコモユーザーのみ利用が可能となっています。

キッズケータイは単独で契約することはできますが、単独の場合は家族無料通話がなくなり、さらにイマドコサーチなどのGPS機能も使用することができないので、単独で購入するとキッズケータイのメリットがなくなってしまいます。
子供と保護者の両方がドコモ契約をしない限り、見守り嬉々として有効的な使い方はできないでしょう。

auやソフトバンクにもGPS検索サービスがあります。キッズケータイも販売しているので、保護者の携帯電話がドコモ以外の場合は、保護者の契約先に合わせてキッズケータイを購入することをオススメします。

ドコモユーザー以外の親がイマドコサーチを使用する非公式方法

保護者がドコモ以外のauやソフトバンクで契約している場合は、そちらの会社の専用GPS検索サービスとキッズケータイを利用することをオススメしますが、格安SIMの場合は選択肢がないのも確かです。

非公式で、あまり推奨されていない方法であれば、格安SIMからイマドコサーチを利用することができます。

方法としては、キッズケータイにオプションをつけることで、居場所検索が可能になります。

ドコモのキッズケータイに、月額300円のiモードと月額200円のイマドコサーチを追加することで、ドコモ以外のユーザーでもiPhoneのSafariやPCのインターネット上で居場所を確認することができます。

しかし、基本的にドコモのキッズケータイはiモード非対応機種となっており、動作保障がされていないなどを理由に、オプションをつけることができないと断られてしまうことが大半です。動作保障されていなくてもいいからつけてほしいと、無理矢理お願いする形で問い合わせをしなければいけません。

月額料金合計500円プラスしてオプションをつけイマドコサーチを利用したとしても、不具合が生じるなど問題が発生した場合は規定内の使用ではないので保障してもらうことができません。完全に自己責任という形でオプションを追加していることを念頭に置くようにしましょう。

iモードとイマドコサーチのサービスを追加したら、キッズケータイの電話番号を使ってdアカウントの登録をします。

キッズケータイを探される側に設定をしたら、dアカウントにログインした状態でPCやスマホのインターネットを通じてイマドコサーチにアクセスします。探す側を選択するとインターネット上でキッズケータイの居場所検索をすることができます。ちなみにスマホで見る場合は、パソコン版でブラウザを見る必要があるのであらかじめ表示設定を確認しておきましょう。

このように、ドコモ以外の格安SIMを使っている保護者でも、一応イマドコサーチを使用することはできます。ただし、非公式であるので、うまく設定ができない場合にも問い合わせて方法を訪ねることができません。このサービスを無理矢理使用するために月額300円のiモード料金を支払うこと自体、あまり有効的ではないともいえます。

先ほど、ドコモ以外の携帯会社、auやソフトバンクなら専用のキッズケータイとGPS機能があるとお話いたしましたが、格安SIM会社にもキッズスマホを提供しているところもあります。

例えば、TSUTAYAが提供しているTONEモバイルでは、GP機能付きキッズスマホを月額1,000円で利用することができます。

無理をすることなく柔軟に利用することができる見守りサービスを検討していきましょう。

ドコモのイマドコサーチをスマホ以外で使用したい場合


規定の方法でイマドコサーチを使用する際は、スマホで手軽に居場所確認ができる他、スマホ以外のPCやタブレットでも居場所検索をすることができます。 スマホ以外の機器で検索を行う場合にはdアカウントが必要です。


dアカウントを登録していない場合は、利用する前にアカウント登録を行いましょう。検索をする場合は、dアカウントにログインした状態で行います。 利用方法は、まず、My docomoページ上部の「設定(メール等)」ボタンを押し、設定ページに進みます。

設定メニューの「位置情報」内に「イマドコサーチ」と表示されているので、選択し「利用する」ボタンを押します。イマドコサーチのページへ進み、探したい相手を選択し、「いますぐ検索」を押すと位置情報を検索することができます。 検索する場合には、1回につき検索料が5円かかります。タブレットから居場所検索する場合も、同等の金額がかかり、利用方法は同じとなります。 スマホ以外でも同じドコモの位置情報サービスを利用することができるので、仕事中に子供の様子を確認したい場合など、スマホを開くことができない場合でも安心してイマドコサーチのサービスを利用することができます。

イマドコサーチでは居場所検索のほか、近くの事件情報なども見ることができるので、PCなど大きい画面で地図を開き子供の周囲に問題がないか確認するのも効果的です。

ドコモのイマドコサーチ以外のサービス

ドコモにはイマドコサーチ以外に、子供や子育てに向けて様々なサービスがあります。

例えば、子育て応援プログラム。
こちらのサービスは、申し込み無料で、12歳まで毎年子供の誕生日月に3,000ポイントをプレゼントしてもらうことができます。
さらに、毎月1冊フォトブックが届く、最大13ヶ月無料のdフォト特典もあります。

その他、小学校卒業までクラウド容量オプションがプラス50GB無料の特典や子供向けアプリ30種類1,500コンテンツ以上が最大13ヶ月無料使い放題の特典もあります。

小学校に入り、イマドコサーチで居場所を確認が必要になる前までの時間をこうしたサービス特典を活用しながら楽しむのもいいですね。

気になる方は、直接ドコモの問い合わせフォームにて詳しい情報を訪ねてみましょう。

おわりに

ドコモのイマドコサーチは、子供の様子を把握するにはとても便利なサービスです。ドコモ以外のユーザーでも、使用したいと思う方は多いでしょう。
しかし、規定の条件以外では、なかなか融通が利かないのも確かです。リスクや使いやすさも考えた上、柔軟に使用サービスを検討するようにしましょう。

ポイントは以下の4つです。
利用規約上、ドコモ以外のユーザーはイマドコサーチを使用できない
ドコモ以外のユーザーがイマドコサーチを使用する方法はあるが非公式
スマホ以外でもドコモのイマドコサーチを活用することができる
ドコモにはイマドコサーチ以外にも子供や子育てに向けた特典がある

最近は、携帯電話以外にもGPSが搭載され居場所が確認できる機器があります。
キッズケータイだと契約会社に制限があったり、子供が授業中に遊んでしまったりと、利用する上で難点があることもあります。その場合はGPS端末のみを持たせるなど別の方法で見守りを検討しましょう。

利用状況は各家庭環境によって様々です。イマドコサーチのようにキッズケータイの様々な機能を活用して子供の様子を見守るのも良いですし、必要最低限の居場所把握ができる簡易的なものでも十分効果を果たすこともあります。
無理なく使用できるものが最善と考え、見守り方法を検討していきましょう。

見守りの最新記事8件

  • 高齢者や子供の外出をGPSで管理!GPSの居場所検索機能についても徹底解説

    GPSと聞けば映画などで相手の位置情報を探るなどといったイメージがあると思いますが、このGPSの居場所検索機能というのは現実世界にも応用されています。様々な用途で使われてますが、今回はその中でも一般人に向けた用途である高齢者や子供の外出時を見守る見守り機能としてのGPSを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • GPSの居場所検索サービスとは?メリットデメリットを徹底解説!

    GPSの居場所検索サービスというのはGPSを使って特定の人の居場所を検索するというものです。多くの場合は見守りサービスとして高齢者や子供見守り際に使用されますが、最近では待ち合わせや浮気防止などにも使用されるようになってきました。今回はそんなGPSの居場所検索サービスとは一体何なのか、そのメリットやデメリットなどを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 外出時の見守りGPSとは?特徴を徹底解説

    最近では多くの家庭で見守りサービスを利用していますが、そのほとんどが家庭内で行う見守りサービスであり外出中の見守りサービスを利用している家庭はまだまだ少ないです。 しかし見守りGPSを利用すれば外出中であっても見守りを行うことができます。 今回はそんな見守りGPSとはいったい何なのかを徹底的に解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 見守り用GPSとは?その特徴や端末別の価格を徹底比較!

    最近では子供の習い事や高齢者の散歩などにGPSを利用する家庭が増えてきました。GPSを利用することで子供や高齢者がどこにいるのかなどがすぐにわかるため非常に重宝されています。 今回はそんなGPS端末を価格別にメリットデメリットやその特徴などを紹介していきます。 おすすめの見守りサービス

  • GPSで認知症対処?徘徊に使えるサービスとは?

    認知症対策として様々なグッズやアイテム、見守りサービスなどがありますが、GPSを見守りサービスの一覧として使用している方はまだまだ少ないです。しかしGPSは認知症などで夜間徘徊をしてしまう高齢者への対策として非常に有効です。 今回はそんなGPSと認知症の関係、種類いなどを解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 外出時の見守り?老人用のGPSとは

    老人用のGPSと言うのは、主に外出時に高齢者が危険な目にあっていないか、事故などにあって動けないでいるのではないか、といった状況に対応することができます。 GPSと聞くとあまり一般的ではないイメージがありますが、現在ではほとんどのスマホにGPS機能が取り付けられていたり、高齢者専用のGPSが開発されていたり、見守りによく利用されているアイテムの1つです。 おすすめの見守りサービス

  • キッズケータイで外出時の見守りも?内蔵GPSとは?!

    小学生の子供でもスマートフォンを使用しているのが当たり前の時代になってきました。しかしさすがに小学生にスマホ持たせるのは早すぎると考えている保護者の方も多く、学校で自分だけスマホ持てないという子供も一定数存在します。しかしスマホにはGPSが内蔵されているものがほとんどで、子供が外出時にどこへ行ってるのか、どのようなルートを通っているのかというのが簡単に管理することができます。今回はそんなGPSを内…

  • スマホ一つで私生活が丸わかり?!「行動履歴」とは?

    最近ではコンビニへ行くだけでも、すまほー持ち歩く人が多くなってきました。スマホと言うのはそれだけ私たちの生活に密着して、肌身離さず持つ存在となりましたが、そんなスマホが私たちの生活を全て記録しているといった事実は、多くの人が知りません。 今回は、スマホが行っている行動履歴とは一体何なのかを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。