老人の見守りはセンサーで~おすすめの業者も紹介!

老人の安否の見守りをセンサーで行うサービスが人気です。家族からも孤立した老人が死後しばらく発見されない孤独死。かつてに比べると孤独死の数は増加してきています。そのような社会の中で老人の見守りサービスが必要とされてきています。センサー式の見守りサービスも人気のスタイルの一つです。
それでは日本社会でなぜ見守りサービスが必要とされてきているのでしょうか。またセンサー式見守りサービスの特徴や実際の業者の例など、この記事で見ていきましょう。

おすすめの見守りサービス

【センサー対応も】老人の見守りサービスが必要になる理由

老人の見守りサービスについて取り上げるに当たって、なぜ見守りサービスの需要が高まっているのかという問題について見てみましょう。見守りサービスが求められる理由の背景には日本社会における家族のあり方の変化があります。

老人の見守りが必要な理由①高齢者の一人暮らしが増加

日本社会では近年、男女ともに晩婚化の現象が進んでいます。晩婚化が進むにつれて家庭が設ける子供の数も減少し、生涯結婚をしない男女も増えてきています。またかつては家族の一つのあり方であった三世代同居家族は減少。変わって夫婦とその子供のみで形成される核家族が増加してきました。
同時に未婚の男女が両親と同居せずに一人暮らしをする例も増えてきています。その結果、高齢者となった老人の親が二人暮らしもしくは一人暮らしをしているケースが増えました。特に老人が一人暮らしをしている場合、気がかりな事は孤独死です。

老人の見守りが必要な理由②緊急事態への対応

離れて暮らす老人の親を持つ40歳~50歳代の男女を対象に実施されたアンケートの結果、年に4回以上面会できている人は約3割。約7割はそれ以下で、1年に一回も会えない人も約15%いました。その結果、老人の親の安否に心配があると答えたのは約8割。
その反面で、実際に親の安否確認を日常的に行っているという男女は全体の約4割にとどまっています。その安否確認の方法は電話、メール、SNSなどが主流。業者の見守りサービスに加入している者もいますが、まだ少数です。
さらに老人の親の安否確認を行っていない理由を尋ねたところ、先延ばしにしていて方法が分からないという意見が多数ありました。一人暮らしの老人の親と離れて暮らす家族が日常の親の安否を確認できる見守りサービスが求められています。

センサー型はどのタイプ?老人見守りサービス4タイプの紹介!

このように現在の社会の中で早急な必要が叫ばれている老人の見守りサービス。専門業者によって現在提供されている老人の見守りサービスを分類して、ここでは4つのタイプにまとめました。それぞれのタイプの特徴について解説します。

見守りサービス①定期訪問型

一人暮らしの老人の安否を確認する見守りサービスのタイプとしてまずは定期訪問型が挙げられます。定期訪問型見守りサービスでは担当者が月に1回や2回など期間を決めて定期的に老人宅を訪問して近況を確認。郵便局の職人など、普段から地域に密着した業種が行うケースが多くなっています。
定期訪問型見守りサービスでは直接の面会によって近況を確認するので、正確な状況がつかめるという利点があります。また他人との会話ができるだけで嬉しいという老人もいます。一方で新たな他人との人間関係を嫌う老人も存在し、サービス提供に難しさも伴います。
また定期的な訪問が全てとなってしまうので、それ以外の緊急事態には対応できないという問題もあります。

見守りサービス②本人緊急通報型

一人暮らしの老人の安否を確認する見守りサービスとしては本人緊急通報型も挙げられます。本人緊急通報型では老人自らに緊急事態を通報するブザーを渡します。そして本人からの通報を受けると警備員が駆けつけるスタイルです。
セキュリティ会社などの専門業者が提供するケースが多く、センサーやカメラによるチェックと併用されるケースもあります。本人緊急通報型のメリットは何と言っても費用が安く済む事。本人か異変を感じた瞬間に通報するので、早急な対応ができます。
その反面で、本当に緊急事態の際に適確な通報ができるのか疑問点もあります。またブザーが電池式の場合が多く、老人が電池交換できるかという問題も。

見守りサービス③業者確認型

一人暮らしの老人の安否を確認する見守りサービスとして次に業者確認型を取り上げましょう。業者確認型見守りサービスは専門のセキュリティ会社が老人の自宅にセンサーやカメラを設置して日々の動向をチェックします。センサーはドアなど自宅内の決まった動線上に設置。
24時間365日専門業者がチェックするので、この中でも最も管理が行き届いた見守りサービスと言えるかもしれません。

見守りサービス④家族通知型

一人暮らしの老人の安否を確認する見守りサービス、最後に家族通知型があります。家族通知型見守りサービスは一人暮らしの老人が日常的に利用する機器にセンサーを設置、その機器の使用状況を家族のスマホに毎日知らせるシステムです。
センサーはポットなどの日用品や電力メーターなどに取り付ける場合が多く、電力会社やポットメーカーなどがサービスを提供しています。

センサー型老人見守りサービスの特徴!そのメリットとは?

老人の安否を確認する見守りサービスの種類を4種類に分類して特徴を解説しました。このように老人の見守りサービスではセンサーが多用されます。この分類でも業者確認型や家族通知型でセンサーが使われています。それではセンサーを使った見守りサービスの特徴とは何なのでしょうか。
メリットとデメリットをまとめてみました。

センサー型見守りサービス①メリット

センサーを使って老人の安否を確認する見守りサービスのメリット。まずはプライバシーの問題が挙げられるでしょう。自分を他人から監視されるというのは誰でもストレスとなるでしょう。監視カメラによる24時間のチェックはされたくないという老人もいるかもしれません。
他人と面会する事もあまり好まない老人もいます。センサーによるチェックであれば、プライバシーの面でもストレスを感じない老人が多数。また毎日の動線がチェックされるので、異常事態をすぐに発見できる事もメリットです。

センサー型見守りサービス②デメリット

センサーを使って老人の安否を確認する見守りサービスのデメリットはあまりないと言えるでしょう。しかし専門のセキュリティ業者がセンサーによるチェックを行う場合、他の見守りサービスよりも費用が高めとなります。
また電力会社などが行うセンサーチェックは専門分野ではないので、日々の健康チェックなどはできません。

実例を紹介!センサー型老人見守りサービス

このように、一人暮らしの老人の見守りサービスには数種類のタイプがあり、センサーを使用する方法は特に人気があります。そこで最後に、実際にセンサーを使った見守りサービスを4社紹介しましょう。それぞれのサービスの内容を解説します。

センサー型見守りサービス①セコム『親の見守りプラン』

センサーを使用した老人の見守りサービスとしてまず『親の見守りプラン』を取り上げます。『親の見守りプラン』はセキュリティ会社シェア1位のセコムによるサービス。この見守りサービスでは老人の家の生活動線に当たる範囲に複数のセンサーを設置。センサーの反応がある事によって老人の無事を確認します。
そしてセンサーの反応が一定時間ない事を異常とみなして警報を発信。担当者が現場に急行します。他には自分で通報をするためのブザーや、専門の看護婦との24時間電話相談もセットとなります。

センサー型見守りサービス②『セキュアル』

センサーを使用した老人の見守りサービスとして次に『セキュアル』を取り上げましょう。セキュアルは家庭のセキュリティのために立ち上げられた会社。セキュアルでは、WiFiがない家庭でもネット接続が可能な、SIMカードを内蔵したゲートウェイを提供。室内の温度や湿度を管理する他に防犯対策にも対応しています。
セキュアルでは災害・防犯対策として不法侵入の通知、気象警報の配信の他、水回りや鍵のトラブルに24時間対応。加えてセンサーによる高齢者の安否確認も行っています。老人の見守りサービスのみならず、家のセキュリティを総合的にカバーしたプランです。

センサー型見守りサービス③象印『みまもりホットライン』

センサーを使用した老人の見守りサービス、続いては『みまもりホットライン』です。『みまもりホットライン』はポットのメーカーとして知られる象印による見守りサービス。このサービスではセンサーが付いたポットを老人宅に設置。ポットの使用状況によって老人の無事を確認します。
この見守りサービスは老人が日常的に頻繁に使用するポットを使ったお手軽なスタイル。ポットの使用状況は家族がスマホで毎日確認できます。費用がお手軽な点もメリットです。

センサー型見守りサービス④『絆-ONE』

センサーを使用した老人の見守りサービス、最後に『絆-ONE』を紹介しましょう。絆-ONEも高齢者の見守りのために設立された会社です。このサービスではお手頃な価格でセンサーを提供。クラウドサービスによって家族がセンサーの状況を毎日確認できます。
また緊急時の救急車手配や日常生活の買い物代行サービスなどもあります。絆-ONEではセンサーの状況を家族が行うため、費用を抑える事ができます。

一人暮らし老人を持つ家族はセンサーでの見守りを検討しよう

現在急速に社会の需要が高まっている老人の見守りサービスについて、その種類や特徴を取り上げてきました。老人の見守りサービスには担当者が訪問するタイプからカメラ監視、センサー設置などさまざまなタイプがあります。
その中でもセンサーを使う方式は老人のプライバシーが守れる上に緊急事態にも対応できると評判です。老人の見守りサービスとしては特にセンサーを使用するタイプがおすすめだと言えるでしょう。

見守りの最新記事8件

  • 高齢者や子供の外出をGPSで管理!GPSの居場所検索機能についても徹底解説

    GPSと聞けば映画などで相手の位置情報を探るなどといったイメージがあると思いますが、このGPSの居場所検索機能というのは現実世界にも応用されています。様々な用途で使われてますが、今回はその中でも一般人に向けた用途である高齢者や子供の外出時を見守る見守り機能としてのGPSを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • GPSの居場所検索サービスとは?メリットデメリットを徹底解説!

    GPSの居場所検索サービスというのはGPSを使って特定の人の居場所を検索するというものです。多くの場合は見守りサービスとして高齢者や子供見守り際に使用されますが、最近では待ち合わせや浮気防止などにも使用されるようになってきました。今回はそんなGPSの居場所検索サービスとは一体何なのか、そのメリットやデメリットなどを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 外出時の見守りGPSとは?特徴を徹底解説

    最近では多くの家庭で見守りサービスを利用していますが、そのほとんどが家庭内で行う見守りサービスであり外出中の見守りサービスを利用している家庭はまだまだ少ないです。 しかし見守りGPSを利用すれば外出中であっても見守りを行うことができます。 今回はそんな見守りGPSとはいったい何なのかを徹底的に解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 見守り用GPSとは?その特徴や端末別の価格を徹底比較!

    最近では子供の習い事や高齢者の散歩などにGPSを利用する家庭が増えてきました。GPSを利用することで子供や高齢者がどこにいるのかなどがすぐにわかるため非常に重宝されています。 今回はそんなGPS端末を価格別にメリットデメリットやその特徴などを紹介していきます。 おすすめの見守りサービス

  • GPSで認知症対処?徘徊に使えるサービスとは?

    認知症対策として様々なグッズやアイテム、見守りサービスなどがありますが、GPSを見守りサービスの一覧として使用している方はまだまだ少ないです。しかしGPSは認知症などで夜間徘徊をしてしまう高齢者への対策として非常に有効です。 今回はそんなGPSと認知症の関係、種類いなどを解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 外出時の見守り?老人用のGPSとは

    老人用のGPSと言うのは、主に外出時に高齢者が危険な目にあっていないか、事故などにあって動けないでいるのではないか、といった状況に対応することができます。 GPSと聞くとあまり一般的ではないイメージがありますが、現在ではほとんどのスマホにGPS機能が取り付けられていたり、高齢者専用のGPSが開発されていたり、見守りによく利用されているアイテムの1つです。 おすすめの見守りサービス

  • キッズケータイで外出時の見守りも?内蔵GPSとは?!

    小学生の子供でもスマートフォンを使用しているのが当たり前の時代になってきました。しかしさすがに小学生にスマホ持たせるのは早すぎると考えている保護者の方も多く、学校で自分だけスマホ持てないという子供も一定数存在します。しかしスマホにはGPSが内蔵されているものがほとんどで、子供が外出時にどこへ行ってるのか、どのようなルートを通っているのかというのが簡単に管理することができます。今回はそんなGPSを内…

  • スマホ一つで私生活が丸わかり?!「行動履歴」とは?

    最近ではコンビニへ行くだけでも、すまほー持ち歩く人が多くなってきました。スマホと言うのはそれだけ私たちの生活に密着して、肌身離さず持つ存在となりましたが、そんなスマホが私たちの生活を全て記録しているといった事実は、多くの人が知りません。 今回は、スマホが行っている行動履歴とは一体何なのかを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。