今、老人の見守りサービスが求められている~業者別に内容を比較!

近年、老人の見守りサービスが社会で求められています。日本社会では晩婚化が次第に進み、生涯未婚者の割合も増えてきました。それと同時に生活様式では核家族化が進み、未婚者が一人暮らしをするケースも増えてきています。その中で問題になってきているのが老人の孤独死問題。
老人の孤独死を防ぐ対策として注目されているのが見守りサービスです。老人の見守りサービスとは何なのか解説していきましょう。

おすすめの見守りサービス

老人の見守りサービスとは何か?

最近では老人の一人暮らしも増えてきています。一人暮らしの老人に対する不安。急病はもちろんの事、他には自然災害や火事、詐欺被害なども挙げられます。離れて暮らす老人の親を心配しつつも、何をして良いか分からないという意見も多く聞かれます。
老人の見守りサービスとは、業者が家族の替わりに老人の見守りを行い、異常を家族に知らせるシステムの事を指します。

老人の見守りサービスを8タイプに分類!

現在需要が急激に伸びてきている老人の見守りサービス。その見守りサービスにも多様なタイプが存在します。この記事ではまず老人の見守りサービスを8タイプに分類し、その特徴や違いを取り上げます。

老人見守りサービス①詐欺対策型

老人の見守りサービスの種類として、まずは詐欺対策型を挙げましょう。詐欺対策型見守りサービスは、担当者が老人に定期的に電話連絡を取り、怪しい金銭の請求などがなかったか、心当たりを尋ねます。同時に老人の健康状態や悩み事なども聞き取り、家族にメールや電話で状況報告するというサービス。
近年は更に巧妙な手口が増えてきている老人に対する詐欺。詐欺対策型見守りサービスでは定期的に連絡を取る事で詐欺に対しての意識を高め、異常の早期発見に努めます。また老人とまめに連絡を取る事により、なかなか相談できない悩みも話せるようになります。

老人見守りサービス②カメラ型

老人の見守りサービスとしてはカメラ型も挙げられます。カメラ型見守りサービスは老人の自宅にカメラを設置し、日々の状況を確認するパターン。カメラ型見守りサービスにもセキュリティ会社が見守りをする場合と、家族がスマホなどで見守りをする場合の2種類があります。
セキュリティ会社が提供するカメラ型サービスは24時間の監視が可能である上に犯罪にも対応します。その代わりに料金が高額になるという面も。家族が見守るカメラ型サービスは料金をある程度抑えられる上に、身内が見守るという事で老人も安心するでしょう。ニーズに応じて、自分の家族のスタイルを選ぶ事ができます。

老人見守りサービス③センサー型

次に挙げられる老人の見守りサービスはセンサー型です。センサー型見守りサービスは老人の自宅に人感センサーを設置して毎日の行動を確認します。生活動線に設置したセンサーが反応しなくなる事で異常を察知。警備員が駆けつけたり、家族に異変が知らされたりします。
また、日々のデータを家族がスマホで確認できるサービスも。センサー型見守りサービスは多くの場合、費用が比較的お手頃になっています。またセンサーによるチェックなので、老人の立場からしてもストレスが少ないと言って良いでしょう。
デメリットとしては初期費用がかかる場合がある事、緊急の場合に発見が遅れる可能性がある事などが挙げられます。

老人見守りサービス④電話型

老人の見守りサービスとして次に挙げるのは電話型です。電話型見守りサービスは業者が老人宅に電話で連絡を取って近況を確認。家族に結果を報告するサービスです。最初に挙げた詐欺対策型もこの電話型見守りサービスの一種となります。電話型見守りサービスにはオペレーターが連絡するタイプと自動音声タイプがあり。
オペレーター型の電話見守りサービスは老人とコミュニケーションが取れる事がメリット。しかし自動音声と比べると料金が高くなります。自動音声の場合は比較的安くつきますが、自動音声に苦手意識を感じる老人もいるでしょう。オペレーターと自動音声については、老人によって向き不向きが分かれます。

老人見守りサービス⑤訪問型

老人の見守りサービスとしては訪問型もポピュラーなスタイルです。訪問型見守りサービスは業者の担当者が老人宅を訪れて近況を確認するというタイプ。郵便局が行うものなど、業種の特殊性を活かしたものもあります。老人と実際に会って状況確認するため細かい状況がつかめる事がメリット。
また孤独になりがちな一人暮らしの老人にとっては、話し相手ができるだけでも楽しいというケースもあります。反面、定期的な訪問のみとなるので、緊急の事態に対応できない事はデメリット。業者に大きな負担がかかるサービスなので、現時点では提供する業者が限られています。

老人見守りサービス⑥セキュリティ型

老人の見守りサービスの中で、セキュリティ型は専門のセキュリティ会社が提供する見守りサービス。セキュリティ型では老人宅にセンサーを設置し、老人の行動の異変から侵入者の有無、火災の発生など総合的に管理。老人に緊急ブザーを渡して自らの異変を通知する事もできます。
セキュリティ型見守りサービスは広い範囲をカバーした手厚い見守りサービスと言えますが、その分費用は高めとなります。費用をかけて老人の安否を確認したい家族に向いています。

老人見守りサービス⑦アプリ型

老人の見守りサービスとしてはスマホのアプリを利用したタイプもあります。アプリ型見守りサービスは老人に持たせたスマホや携帯のGPSを利用。老人の行動を家族が管理し、長時間動かない状態を異変とみまします。老人の体調異変だけでなく徘徊に対する状況把握としても使えます。
アプリ型見守りサービスのメリットとしては気軽にしかも比較的安価で導入できる事が挙げられます。その一方で老人本人がプライバシーの問題で不快に思うケースもあるでしょう。老人がスマホや携帯を放置してしまう事によって見守りサービスが役に立たなくなる場合もあります。

老人見守りサービス⑧宅配型

老人の見守りサービスとしては最後に宅配型を挙げましょう。宅配型は見守りサービスというよりは生活補助というべきなのかもしれません。宅配型見守りサービスは老人の買い物を手伝う通販サービス。老人の欲しい商品を特定の通販業者に依頼するようにして、その配達員が近況を確認するというサービスです。
見守りサービスを提供している通販会社に依頼する事によって一石二鳥のサービスを受ける事ができます。しかし老人が定期的に通販の商品を購入する事は少ないので、見守りサービスとしては機能しにくくなります。また、老人がネット通販の注文方法が分からないために利用できない場合もあるでしょう。

業者別の比較!老人見守りサービス

現在需要が高まっている老人の見守りサービス、その種類について取り上げてきました。最後に、見守りサービスの実例について見てみましょう。現在、業者が提供している見守りサービスを4例取り上げてその差を比較してみます。

老人見守りサービス①セコム『親の見守りプラン』

業者が提供する老人の見守りサービスの1例目は『親の見守りプラン』です。『親の見守りプラン』はセキュリティ業界のトップ企業であるセコムによって提供されています。この見守りサービスでは老人の自宅内の生活動線にセンサーを設置して日常生活の行動の異変を察知。
また老人にブザー付きペンダントを渡す事によって自らの異変を通報する事もできます。加えて看護婦に24時間電話相談をする事も可能。オプションで空き巣、火災、詐欺などの対策もあります。

老人見守りサービス②東京電力EP『遠くても安心プラン』

業者が提供する老人の見守りサービス、2つ目の実例は『遠くても安心プラン』です。『遠くても安心プラン』は東京電力EPによる見守りサービス。この見守りサービスでは老人宅の分電盤に装置を取り付ける事によって電力消費状況を把握します。そして家電の使用状況を離れた家族がスマホで確認できる状態に。
対象の家電は炊飯器、電子レンジ、洗濯機など合計8種類。電力会社ならではの見守りサービスだと言えるでしょう。

老人見守りサービス③郵便局『みまもりサービス』

業者が提供する老人の見守りサービス、続いては郵便局の『みまもりサービス』です。郵便局が提供する『みまもりサービス』では、老人宅に近い郵便局の職員が定期的に老人宅を訪問し、近況を把握します。日々孤独を感じている一人暮らしの老人にとっては、話し相手ができて良いかもしれません。
また老人宅に毎日電話をして状況を確認。オプションで緊急時の駆けつけサービスもあります。こちらも、普段から地域に密着している郵便局ならではの見守りサービスです。

老人見守りサービス④こころみ『つながりプラス』

業者が提供する老人の見守りサービス、最後に『つながりプラス』です。『つながりプラス』は見守りサービス専門の株式会社こころみが提供しています。この見守りサービスは担当者が毎週老人宅に電話をして近況を把握、家族に伝えるという仕組み。
毎週同じ担当者が電話をするので、気が合うようになれば家族に直接できない話もするようになります。専門業者が間に入ることによって、家族の距離が縮まったという意見も出ています。

ニーズに合わせて老人の見守りサービスを検討しよう!

この記事では老人の見守りサービスについて取り上げてきました。高齢化社会が進み老人の一人暮らしが増えるにしたがって見守りサービスの需要が高まってきています。老人の見守りサービスには多様な種類があり、家族に合ったサービスを選ぶことが可能。高齢の親の安全を考えて、見守りサービスを選んでみましょう。

見守りの最新記事8件

  • 高齢者や子供の外出をGPSで管理!GPSの居場所検索機能についても徹底解説

    GPSと聞けば映画などで相手の位置情報を探るなどといったイメージがあると思いますが、このGPSの居場所検索機能というのは現実世界にも応用されています。様々な用途で使われてますが、今回はその中でも一般人に向けた用途である高齢者や子供の外出時を見守る見守り機能としてのGPSを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • GPSの居場所検索サービスとは?メリットデメリットを徹底解説!

    GPSの居場所検索サービスというのはGPSを使って特定の人の居場所を検索するというものです。多くの場合は見守りサービスとして高齢者や子供見守り際に使用されますが、最近では待ち合わせや浮気防止などにも使用されるようになってきました。今回はそんなGPSの居場所検索サービスとは一体何なのか、そのメリットやデメリットなどを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 外出時の見守りGPSとは?特徴を徹底解説

    最近では多くの家庭で見守りサービスを利用していますが、そのほとんどが家庭内で行う見守りサービスであり外出中の見守りサービスを利用している家庭はまだまだ少ないです。 しかし見守りGPSを利用すれば外出中であっても見守りを行うことができます。 今回はそんな見守りGPSとはいったい何なのかを徹底的に解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 見守り用GPSとは?その特徴や端末別の価格を徹底比較!

    最近では子供の習い事や高齢者の散歩などにGPSを利用する家庭が増えてきました。GPSを利用することで子供や高齢者がどこにいるのかなどがすぐにわかるため非常に重宝されています。 今回はそんなGPS端末を価格別にメリットデメリットやその特徴などを紹介していきます。 おすすめの見守りサービス

  • GPSで認知症対処?徘徊に使えるサービスとは?

    認知症対策として様々なグッズやアイテム、見守りサービスなどがありますが、GPSを見守りサービスの一覧として使用している方はまだまだ少ないです。しかしGPSは認知症などで夜間徘徊をしてしまう高齢者への対策として非常に有効です。 今回はそんなGPSと認知症の関係、種類いなどを解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 外出時の見守り?老人用のGPSとは

    老人用のGPSと言うのは、主に外出時に高齢者が危険な目にあっていないか、事故などにあって動けないでいるのではないか、といった状況に対応することができます。 GPSと聞くとあまり一般的ではないイメージがありますが、現在ではほとんどのスマホにGPS機能が取り付けられていたり、高齢者専用のGPSが開発されていたり、見守りによく利用されているアイテムの1つです。 おすすめの見守りサービス

  • キッズケータイで外出時の見守りも?内蔵GPSとは?!

    小学生の子供でもスマートフォンを使用しているのが当たり前の時代になってきました。しかしさすがに小学生にスマホ持たせるのは早すぎると考えている保護者の方も多く、学校で自分だけスマホ持てないという子供も一定数存在します。しかしスマホにはGPSが内蔵されているものがほとんどで、子供が外出時にどこへ行ってるのか、どのようなルートを通っているのかというのが簡単に管理することができます。今回はそんなGPSを内…

  • スマホ一つで私生活が丸わかり?!「行動履歴」とは?

    最近ではコンビニへ行くだけでも、すまほー持ち歩く人が多くなってきました。スマホと言うのはそれだけ私たちの生活に密着して、肌身離さず持つ存在となりましたが、そんなスマホが私たちの生活を全て記録しているといった事実は、多くの人が知りません。 今回は、スマホが行っている行動履歴とは一体何なのかを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。