高齢化社会の見方!老人の一人暮らし見守りサービスとは?

老人の一人暮らし見守りサービスとは何でしょうか。2020年代を迎えた日本。現代の日本が抱える大きな社会問題の一つが高齢化です。高齢化が進む中で老人の一人暮らしをどう見守るかという事が一つの課題となりつつあります。この記事ではニーズが増えている老人の見守りサービスについて取り上げましょう。

おすすめの見守りサービス

老人の一人暮らし対策~見守りサービスが必要となっている背景

見守りサービスとは一人暮らしをしている老人にもしもの事が起こっていないかその安否を確認するサービスです。一人暮らし老人の見守りサービスのニーズが高まっている原因はもちろん社会の高齢化です。しかしそこにはより細かい理由も存在します。
一人暮らし老人の見守りサービスの需要が伸びている背景について見てみましょう。

見守りサービスの必要性①老人の一人暮らしの増加

老人の一人暮らし見守りサービスが必要となってきている背景には日本社会の高齢化があります。高齢化の背景には生涯未婚を通す人が増えた、晩婚者が増えた、夫婦が持つ子供の数が減ったなどの理由が挙げられます。また、生活様式の変化により、三世帯同居家庭は次第に減ってきました。
変わって夫婦とその子供達で形成される核家族が主流になってきています。未婚者が一人暮らしをするケースも増えてきています。それに伴い、一人暮らしをする老人が増えてきました。

見守りサービスの必要性②不測の事態に対処

一人暮らしをする老人が増えてくると問題視されるのが孤独死の問題です。一人暮らしの老人の中には世代が違う周りの人々となじむ事ができず、人付き合いもないままに暮らしている人もいます。ここに、東京都監察医務院がまとめたデータがあります。東京都監察医務院とは、遺体の司法解剖を行っている組織です。
以下のデータは自宅で亡くなった一人暮らしの65歳以上の者の数を示しています。この統計には自殺や事故死も含まれているので、純粋な孤独死のデータではありません。しかし目安としてはその増加の度合が分かるでしょう。

年度男性女性
2003年799人642人
2017年2,147人1,172人

見守りはどうしてる?一人暮らしの老人がいる家族の意識調査

このように高齢化社会の中で増えてきている一人暮らしの老人。一人暮らしの老人が人知れず亡くなって発見が遅れる孤独死も増えてきています。そのため、一人暮らしの老人の安否を業者が日常的に確認する見守りサービスの必要性が叫ばれています。
それではその見守りサービスを望む側は今どのような意見を持っているのでしょうか。一人暮らしの老人を家族に持つ男女にセキュリティ会社が行った意識調査があります。老人の見守りサービスについての意見を見てみましょう。

老人の見守りについての意識調査①会える頻度

この意識調査は、親と離れて生活している40歳~50歳代の男女500人に対して行ったものです。まずはどのくらいの頻度で高齢の親に面会できているかという質問です。以下のような結果となっていました。
■1年に4回以上:31.8%
■1年に2~3回:32.0%
■1年に1回:20.6%
■2年に1回:4.6%
■3年に1回以下:11.0%

老人の見守りについての意識調査②不安はあるか?

次に、一人暮らしや二人暮らしをしている高齢の両親に対して不安があるかという質問をしました。答えは以下の通り。
■不安がある:80.2%
■不安はない:19.8%
では、その不安とは一体どのような内容なのか次に質問しています。答えは以下の通り。複数回答可となっています。
■病気や怪我:94.0%
■自然災害:41.4%
■認知症:40.4%
■交通事故:38.4%
■火事:36.7%
■詐欺被害:32.4%
■経済面:21.7%
■その他の不安:0.7%

老人の見守りについての意識調査③安否確認方法

次に、一人暮らしや二人暮らしをしている老人の親についての安否確認を行っているかアンケートを取っています。結果は以下の通り。
■安否確認を行っている:38.2%
■安否確認を行っていない:61.8%
ここで「安否確認を行っている」と答えた38.2%の男女について、その内容を尋ねました。結果は以下の通り。複数回答可となっています。
■電話による確認:81.2%
■LINEやメールでやりとり:36.6%
■親の近所の人に確認依頼:16.2%
■自治体のサービス利用:7.3%
■警備員駆けつけサービス利用:3.1%
■SNSを日常的に確認:2.6%
■GPS利用:2.1%
■ネット系の見守りサービス利用:0.5%
■その他:5.2%

老人の見守りについての意識調査④安否確認をしない理由

一方で一人暮らしや二人暮らしの老人の安否確認を行っていない人は全体の61.8%でした。ここで安否確認を行っていない理由についてアンケートを取っています。結果は以下の通り。
■必要性を感じない:23.3%
■どうしたら良いか分からない:21.4%
■先延ばしにしてきた:16.2%
■費用が払えない:8.4%
■安否確認のタイミングがない:8.4%
■親と仲が悪い:4.5%
■忙しくて暇がない:3.9%
■気に入ったサービスがない:2.3%
■その他:11.7%

老人の見守りについての意識調査⑤見守りサービス何を求めるか?

一人暮らしや二人暮らしの老人の安否確認をしない理由としては、費用が払えない、よいサービスが見つからないという意見もありました。そこで、見守りサービスに何を求めるか質問しています。結果は以下の通り。複数回答可となっています。
■操作の負担が少ない:69.0%
■費用が安い65.4%
■緊急事態に対応:35.2%
■メール通知がある:35.0%
■プライバシーの確保:27.4%
■警備員が駆けつけてくれる:19.0%
■電話相談ができる:15.0%
■良い人間関係が築ける:14.0%
■カメラ確認ができる:12.0%
■その他:1.8%

老人の一人暮らしの見守りサービスを4タイプに分類!

一人暮らしの老人を家族に持つ男女の意識調査の結果を見てみました。一人暮らしの老人を家族に持つ男女の約8割がその老人についての不安を抱えています。その反面でその対策を先延ばしにしていたり、何をして良いのか分からない人も多数います。
現在見守りサービスの需要が伸びている背景が理解できる結果と言えるでしょう。業者が提供している見守りサービスは大きく分けて4種類に分類されます。それぞれの特徴を紹介しましょう。

見守りサービスタイプ①定期訪問型

一人暮らしの老人の見守りサービスの種類、最初のタイプは定期訪問型です。定期訪問型は担当の社員が例えば1ヶ月に2回など定期的に老人の自宅を訪れて安否を確認。話し相手として相談に乗るサービスです。担当者が直接老人とコミュニケーションする事は心のケアにも繋がり、近況も細かく把握できます。
デメリットとしては緊急の非常事態に対応できない事。人によっては見知らぬ人の定期訪問にストレスを感じてしまう老人もいます。

見守りサービスタイプ②緊急通報型

一人暮らしの老人の見守りサービスの種類、次に緊急通報型があります。緊急通報型は一人暮らしの老人本人が通報ブザーを持ち、異常を感じた時に業者に通報して警備員が駆けつけるサービス。緊急通報型は何よりも費用が安い事が魅力。不安点としては老人が緊急時に適確に通報ができるのかという懸念があります。

見守りサービスタイプ③業者確認型

一人暮らしの老人の見守りサービスの種類、続いて業者確認型です。業者確認型は一人暮らしの老人が自宅で行動する毎日の動線にセンサーを設置。センサーの反応が一定時間ない場合を異常とみなし警備員が駆けつけるサービスです。業者確認型は他のタイプの見守りサービスと比べて費用が高めになります。
しかし毎日の生活の異常をすぐに察知できるので緊急事態にも対応。老人にとってもストレスになりにくいサービスです。

見守りサービスタイプ④家族通知型

一人暮らしの老人の見守りサービスの種類、最後は家族通知型です。家族通知型は老人が日常的に使用する日用品、例えばポットや電力メーターなどにセンサーを設置。毎日の電気の使用料や異常事態を離れて住む家族に通知するサービス。こちらも比較的安価でサービス利用でき、緊急事態にも対応できます。
家族通知型見守りサービスを利用するためには、家族がスマホ操作をできる事が条件となります。

どれにする?一人暮らし老人見守りサービス3社を比較!

一人暮らしの老人のための見守りサービスについて取り上げてきましたが、最後に実際の見守りサービスの例を取り上げましょう。現在、一人暮らしの老人の見守りサービスを提供している会社を3社取り上げて、その特徴を比較します。

見守りサービス①セコム『親の見守りプラン』

一人暮らしの老人の見守りサービスの実例、まずは『親の見守りプラン』です。『親の見守りプラン』はセキュリティ会社のセコムが提供する見守りサービス。『親の見守りプラン』では老人の日常の生活動線にセンサーを設置。センサーの反応がない時に警備員が現場に駆けつけます。
またオプションで緊急通知ブザー、空き巣対策の侵入感知ブザー、火災報知アラームなども設置可となっていて、家族に合ったプランを見積もりできます。

見守りサービス②ALSOK『みまもりサポート』

一人暮らしの老人の見守りサービスとしては『みまもりサポート』も挙げられます。『みまもりサポート』はセキュリティ会社のALSOKによって提供されています。『みまもりサポート』では一人暮らしの老人の自宅にブザー付きコントローラーを設置。緊急事態を感じた時にブザーを押すと警備員が駆けつけるシステムです。
また24時間いつでもヘルスケア相談センターと会話できる相談サービスも付いています。

見守りサービス③『絆-ONE』

一人暮らしの老人の見守りサービスとして最後に『絆-ONE』を挙げましょう。『絆-ONE』は老人の見守りのために立ち上げられた会社。『絆-ONE』ではインターネット上のサービスであるクラウドを利用して、老人のスマホによる安否確認が可能に。安否確認は人感センサーやブザーによって行われます。
他には緊急時の救急コール代行、買い物支援などのサービスも行っています。

一人暮らし老人の見守りサービスの需要が高まっている!

この記事では一人暮らしの老人の安否を確認するための見守りサービスについて取り上げました。社会の高齢化が進む中で、老人の見守りサービスの需要は年々増えています。家族に一人暮らしの高齢者がいる場合は、見守りサービスを検討する時期なのかもしれません。

見守りの最新記事8件

  • 高齢者や子供の外出をGPSで管理!GPSの居場所検索機能についても徹底解説

    GPSと聞けば映画などで相手の位置情報を探るなどといったイメージがあると思いますが、このGPSの居場所検索機能というのは現実世界にも応用されています。様々な用途で使われてますが、今回はその中でも一般人に向けた用途である高齢者や子供の外出時を見守る見守り機能としてのGPSを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • GPSの居場所検索サービスとは?メリットデメリットを徹底解説!

    GPSの居場所検索サービスというのはGPSを使って特定の人の居場所を検索するというものです。多くの場合は見守りサービスとして高齢者や子供見守り際に使用されますが、最近では待ち合わせや浮気防止などにも使用されるようになってきました。今回はそんなGPSの居場所検索サービスとは一体何なのか、そのメリットやデメリットなどを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 外出時の見守りGPSとは?特徴を徹底解説

    最近では多くの家庭で見守りサービスを利用していますが、そのほとんどが家庭内で行う見守りサービスであり外出中の見守りサービスを利用している家庭はまだまだ少ないです。 しかし見守りGPSを利用すれば外出中であっても見守りを行うことができます。 今回はそんな見守りGPSとはいったい何なのかを徹底的に解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 見守り用GPSとは?その特徴や端末別の価格を徹底比較!

    最近では子供の習い事や高齢者の散歩などにGPSを利用する家庭が増えてきました。GPSを利用することで子供や高齢者がどこにいるのかなどがすぐにわかるため非常に重宝されています。 今回はそんなGPS端末を価格別にメリットデメリットやその特徴などを紹介していきます。 おすすめの見守りサービス

  • GPSで認知症対処?徘徊に使えるサービスとは?

    認知症対策として様々なグッズやアイテム、見守りサービスなどがありますが、GPSを見守りサービスの一覧として使用している方はまだまだ少ないです。しかしGPSは認知症などで夜間徘徊をしてしまう高齢者への対策として非常に有効です。 今回はそんなGPSと認知症の関係、種類いなどを解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 外出時の見守り?老人用のGPSとは

    老人用のGPSと言うのは、主に外出時に高齢者が危険な目にあっていないか、事故などにあって動けないでいるのではないか、といった状況に対応することができます。 GPSと聞くとあまり一般的ではないイメージがありますが、現在ではほとんどのスマホにGPS機能が取り付けられていたり、高齢者専用のGPSが開発されていたり、見守りによく利用されているアイテムの1つです。 おすすめの見守りサービス

  • キッズケータイで外出時の見守りも?内蔵GPSとは?!

    小学生の子供でもスマートフォンを使用しているのが当たり前の時代になってきました。しかしさすがに小学生にスマホ持たせるのは早すぎると考えている保護者の方も多く、学校で自分だけスマホ持てないという子供も一定数存在します。しかしスマホにはGPSが内蔵されているものがほとんどで、子供が外出時にどこへ行ってるのか、どのようなルートを通っているのかというのが簡単に管理することができます。今回はそんなGPSを内…

  • スマホ一つで私生活が丸わかり?!「行動履歴」とは?

    最近ではコンビニへ行くだけでも、すまほー持ち歩く人が多くなってきました。スマホと言うのはそれだけ私たちの生活に密着して、肌身離さず持つ存在となりましたが、そんなスマホが私たちの生活を全て記録しているといった事実は、多くの人が知りません。 今回は、スマホが行っている行動履歴とは一体何なのかを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。