野外に防犯カメラを設置する場合の注意点!夜用カメラの場合も説明!

野外に防犯カメラを設置する上での注意点とは何なのでしょうか。防犯カメラによるセキュリティ管理は近年ますます需要を高めています。防犯カメラを設置する上で注意しなければならないのは、特に野外に設置する場合。野外に防犯カメラを設置する場合には、屋内設置とは異なるポイント気をつけなければなりません。
この記事では防犯カメラを野外に設置する上での方法及び注意点について特集します。

おすすめの見守りサービス

野外に設置する防犯カメラはどう選ぶ?

野外に防犯カメラを設置する場合について、まずはその防犯カメラの選び方を見てみましょう。野外用の防犯カメラを購入する場合、その商品選びには大切なポイントがあります。

野外設置の防犯カメラ①防水・防滴

野外に防犯カメラを設置する場合、まずその防犯カメラが防水・防滴加工である事が大切。野外用防犯カメラにもさまざまなタイプがあります。例えば軒下用のドーム型防犯カメラや夜間用の赤外線式防犯カメラ。野外用防犯カメラは、どのタイプについても水に対する加工が求められます。
野外の防犯カメラ撮影において雨水対策は一つの課題です。雨水や霜などによる防犯カメラ本体やケーブルのさびは、防犯カメラの機能に悪影響を与えて故障の原因に。防犯カメラのモデルを決める時に、防水・防滴がなされているか再確認しましょう。工事店に機材から選んでもらうのも一つの手です。
また野外用の防犯カメラについては、飛散物やいたずらも故障の原因に。衝撃に強い頑丈なタイプを選ぶ事も一つのポイントと言えるでしょう。

野外設置の防犯カメラ②屋内用を加工

それでは、もしすでに手持ちの防犯カメラが非防水対応である場合は屋外設置できないのでしょうか。防犯カメラ専門の工事店では、ハウジングと呼ばれる非防水型防犯カメラ用の防水カバーを用意している場合も。ハウジングは防犯カメラをすっぽり覆うスタイルの箱型カバー。壁取付け用や天吊り用の防犯カメラに対応可。
手持ちの防犯カメラや導入希望のモデルが非防水対応である場合は、専門工事店に相談してみましょう。

野外防犯カメラの設置時に注意すべき点~光の加減

野外に防犯カメラを設置する場合、雨水は機材にとっての大敵になります。また、野外用防犯カメラの撮影時、もう一つ意外な大敵となるものに日光があります。日光はさまざまな場合において野外用防犯カメラの撮影を邪魔します。日光が野外用防犯カメラに与えるトラブルの種類とその対処法を取り上げます。

野外防犯カメラの注意点①逆光

野外用の防犯カメラの撮影における日光のトラブルの一つに黒つぶれという現象があります。黒つぶれは防犯カメラのレンズに向けて日光の照射がある逆光状態において頻繁に発生します。逆光状態で被写体を撮影した場合、被写体の姿が真っ黒につぶれてしまい詳細を確認できなくなる現象を黒つぶれと呼びます。
黒つぶれが起きてしまった場合、人物の顔が真っ黒で人相が判別できないといったケースも。せっかく不審者が映り込んでいても人相が分からない事によって証拠とならない場合も出てきます。最新の野外用防犯カメラの多くには逆光補整機能が付いており、黒つぶれを防止します。
特に逆光での撮影がある場所では補正機能付きの防犯カメラを選ぶ事が重要です。

野外防犯カメラの注意点②明暗差

野外用の防犯カメラの撮影における日光のトラブルには白飛びと呼ばれる現象もあります。白飛びは逆光状態の撮影、または太陽が被写体の正面にある照り返し状態に起こります。白飛びとは映像に極端な明暗差がある事によって明るい部分が真っ白になってしまう現象。
黒つぶれの場合と同じく、白飛びにおいても人物の人相確認ができないというトラブルが起こり得ます。野外用防犯カメラの白飛び対策としては、ワイドダイナミックレンジ(WDR)という機能があります。ワイドダイナミックレンジは動画内の明るい箇所と暗い箇所の差を自動調整する機能。
ワイドダイナミックレンジも野外用防犯カメラを選ぶ際に推奨される機能です。

野外防犯カメラの設置時に注意すべき点~その他

野外に防犯カメラを設置する場合、まずはこのように日光によるトラブルに気を配らなければなりません。また野外防犯カメラの設置には、日光の他にも気を配るべき点があります。ここではその他の注意点として、それらの問題とそれに対する解決法を取り上げましょう。

夜用野外カメラの注意点①赤外線の照射距離

野外に設置する防犯カメラとして人気があるものに赤外線式防犯カメラがあります。赤外線式防犯カメラは、人間の肉眼では見えない赤外線を照射する事により暗所の撮影を可能にする防犯カメラ。赤外線は肉眼では見えないので、光源のない暗闇でも撮影ができる事が赤外線式防犯カメラをセールスポイントです。
その赤外線式防犯カメラの撮影において、対象物が確認できないというトラブルが良く起こります。その原因は赤外線の照射距離。赤外線式防犯カメラは元々、光源がない場所での撮影に使われるカメラ。赤外線の照射距離には限界があるので、特にオープンスペースでの撮影時に周りが見えないというトラブルが起きます。
このトラブルを避けるにはまず、設置時に赤外線の照射距離を入念に確認する方法があります。また防犯灯付き防犯カメラを導入する方法も挙げられるでしょう。

夜用野外カメラの注意点②プライバシー

野外に防犯カメラを設置する場合、近年では特にプランバシーの問題に気をつける事も必要です。盗撮が問題になる事も多い近年、野外用の防犯カメラが盗撮を疑われてトラブルになるケースも。野外用防犯カメラを設置する場合、意図しなくても偶然他人の家の内部が映り込んでしまう場合。
また防犯カメラが盗撮カメラだと勘違いされてクレームになるケースもあります。こういったトラブルを防ぐ方法としてはまず防犯カメラの設置時に撮影アングルを入念に確認する事。他にはステッカーの利用も誤解を防ぐ事に繫がります。防犯カメラ撮影中を示すステッカーは防犯カメラと同時に購入可能。
ステッカーを貼る事は犯罪者を怖がらせるという別のメリットもあります。

野外防犯カメラの設置方法を説明

次に、野外に防犯カメラを設置する場合の設置方法について取り上げましょう。防犯カメラの設置をする場合、専門の工事業者に依頼するケースが多くなるでしょう。防犯カメラをDIYで設置すれば工事費用を削減する事ができます。
しかし工事のミスは自分の責任となるので、知識に自信がない場合は業者に任せるべきでしょう。野外用の防犯カメラの設置方法は、壁面への設置と軒下への設置で異なります。
それぞれの方法について説明しましょう。たとえ自分で工事は行わないとしても、野外用の防犯カメラを設置する上での計画には役立つかもしれません。

野外防犯カメラの設置①外壁の場合

野外用の防犯カメラを壁面に設置する場合、カメラ本体とケーブル類の雨水対策が重要となります。なるべく雨水の浸食を受けないように、ケーブルは水滴を避けて遠回しにする場合もあります。特にケーブルの接合部分は、水滴によってさびないように充分な保護が必要となります。
エアコンなどの電気配管、またはガスや水道の配管がある場合はそこにケーブルを通す事によって雨水を避ける事も可能です。既存の配管を使わずに壁の中にケーブルを通したい場合、壁に穴を開けるための特別工事手当が発生する事も。
WiFiを使って防犯カメラを無線化する場合、位置によってはWiFiが拾えずに不具合になるケースもあります。

野外防犯カメラの設置②軒下の場合

野外用の防犯カメラを軒下に設置する場合、ドーム型防犯カメラもしくはバレット型防犯カメラが主な選択肢となります。ドーム型防犯カメラは広角な撮影範囲、バレット型防犯カメラは侵入者に対する視覚アピールが魅力と言えるでしょう。いずれのタイプを選ぶ場合でも、防水・防滴タイプを選ぶ事が大切です。
軒下に野外用の防犯カメラを設置する場合、ケーブルは天井裏を通す事になるでしょう。したがって軒下に野外用の防犯カメラを設置する場合、まずは天井の点検口の位置を確認する事が重要になります。点検口が近くにない場合、工事の手間が変わり、費用も掛かってしまいます。

夜用野外防犯カメラにはこんな便利なオプションも!

野外用の防犯カメラを設置する方法と注意点について取り上げてきました。記事の最後に、野外用の防犯カメラの便利なオプション機能について取り上げましょう。野外用の防犯カメラとしては、以下のようなオプションが付いているタイプもあります。
目的に応じて、これらのタイプの防犯カメラの設置を検討しても良いでしょう。

夜用野外防犯カメラ①人感センサー付き

野外用の防犯カメラのタイプとしては、防犯灯が付いている防犯カメラがあります。その中には人感センサー付きの防犯カメラも。人感センサー付き防犯カメラはセンサーによって人や動物の動きを検知して、その時のみ防犯灯と点灯する防犯カメラです。
人感センサー付き防犯カメラの中には、防犯灯が点灯した時のみ撮影を行うタイプも。人感センサー付き防犯カメラは、防犯灯に掛かる電気代を節約できます。また防犯灯を常時点灯するのが難しい場所にも設置できます。防犯灯の点灯時のみ撮影するタイプのものは、後で録画を確認する際の手間を省く事にも繋がります。
また防犯灯の予期せぬ点灯は侵入者を怖がらせて逃走させる効果にも繋がるかもしれません。

夜用野外防犯カメラ②録音機能付き

野外用の防犯カメラに付けられるオプションとしては録音機能も挙げられます。野外用の録音用防犯カメラとしては、マイク内蔵型のタイプと後付けでマイクを接続するタイプに分類されます。マイク接続用のジャックが付いている防犯カメラであればマイクを繋ぐ事が可能。
近年セキュリティの分野では、防犯カメラの録音機能が注目されています。侵入者が発する会話からはさまざまな証拠が得られます。防犯カメラの録音機能はまだ広く認知されていないので、防犯カメラを避けても音声のみの証拠を残す侵入者もいるでしょう。

野外カメラの設置時には防水機能や逆光に注意!

ここまで、野外設置用の防犯カメラの設置方法と注意点について取り上げてきました。野外用防犯カメラの設置の際には、雨水や日光など野外ならではの対策が重要となります。また野外用の防犯カメラにもいくつかの種類があり、それぞれのメリットがあります。
野外用防犯カメラの種類と設置方法を理解した上で、適確な防犯対策を実施しましょう。

見守りの最新記事8件

  • ホーム・セキュリティ業界No.1のセコム~その特徴を紹介!

    セコムはホーム・セキュリティ業界のトップ企業です。日本では近年、犯罪の巧妙化や個人情報問題、一人暮らしの高齢者の安否確認問題など今までなかった問題が起こっています。家庭や企業において、セキュリティ会社の存在は年々重要になってきていました。生活の中で必要不可欠となってきているホーム・セキュリティ会社。そのホーム・セキュリティの業界でNo.1の業績を誇るセコムとはどのような会社なのでしょうか。その業績…

  • セキュリティ業界No.1のシェアを誇るセコム!その料金は?

    セコムの料金はどのようになっているのでしょうか。安全だと言われていた日本でも最近は犯罪が凶悪化・巧妙化しています。自宅や会社において、セキュリティの強化が重要になってきました。ホームセキュリティを考える時にまず思い浮かぶ会社名の一つがセコムではないでしょうか。セコムは日本のセキュリティ業界のトップ企業です。セコムはどのような面でセキュリティ業界No.1なのか、またプランの料金はどうなっているのか、…

  • ホーム・セキュリティのトップ5社を比較!どこにすればいい?

    ホーム・セキュリティ会社はどのように選べば良いのでしょうか。日本の犯罪は年を追うごとに凶悪化、そして巧妙になってきています。企業の個人情報は狙われ、放火や空き巣の手口も悪質になってきています。それに従い、ホーム・セキュリティ会社に加入する人や会社も増えてきました。ホーム・セキュリティ会社に加入する時にまず迷うのは会社選びではないでしょうか。普段はあまり気にする事もないセキュリティ会社のサービス。何…

  • スマホをウィルスから守る~ドコモの安心セキュリティとは?

    ドコモの安心セキュリティとはどのようなサービスなのでしょうか。PCにウィルスソフトを入れる事は常識となっていますが、近年はスマホのセキュリティも重視されてきています。スマホのセキュリティ対策をしようと思いながらも先延ばしにしている人は多いのではないでしょうか。ドコモでウィルスなどの脅威からスマホを守るサービスが安心セキュリティです。安心セキュリティとはどのようなサービスなのか、果たして入るべきなの…

  • 高齢者の安否確認サービスとは?各社を比較!

    高齢者の安否確認サービスとは一体どのようなものなのでしょうか。日本社会の中で近年需要が高まっている業者サービスが安否確認サービスです。現在注目されている高齢者の安否確認サービスの内容、そしてその実例を紹介しましょう。 おすすめの見守りサービス

  • 屋外用の監視カメラ選びはどうする?取付け方法や注意点も説明!

    屋外用の監視カメラはどう選べば良いのでしょうか。近年、空き巣や覗き、放火といった犯罪は巧妙化しています。また個人情報保護法の制定により、企業はセキュリティ対策の強化を余儀なくされました。個人宅においても会社においてもセキュリティの強化は重要なテーマとなっています。自宅や会社のセキュリティを守る機器である監視カメラ。監視カメラは、屋内用と屋外用で大きく区別されます。特に屋外用の監視カメラは機器選びに…

  • 老人ホームはどこが良い?高齢者施設の種類と特徴を解説!

    高齢者施設はどのように選べば良いのでしょうか。現代の日本社会が抱えている大きな問題の一つに高齢化があります。家族と離れて暮らす高齢者や要介護の高齢者であれは、高齢者施設に入居するケースも出てきます。高齢者施設を選ぶ場合、何を基準に選んで良いのか分からない事も多いでしょう。この記事では高齢者施設の種類とその選び方について解説します。 おすすめの見守りサービス

  • サービス付きが人気!高齢者住宅の種類とは?

    高齢者住宅という言葉を最近良く耳にします。高齢者住宅とは一体何なのでしょうか。高齢化は日本社会の大きな傾向となりつつあります。日本では男女ともに晩婚化が進んでいます。生涯結婚をしない人の割合も増加傾向に。これらの傾向が生み出すのが新生児の数の減少。その結果として日本社会は高齢化しています。また高齢者の親と子供の家族が同居する三世代住宅の割合も減りつつあります。代わって高齢者の親と離れて住む核家族、…

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。