夜間用の防犯カメラの選び方とは?タイプ別のポイントを紹介!

夜間用の防犯カメラを選ぶ場合、どのような点に注意すれば良いのでしょうか。日本でも凶悪犯罪が増加するにしたがって、防犯カメラの需要は伸びてきています。自宅やオフィス、駐車場や路地などあらゆる場所に防犯カメラが設置されるようになってきました。
防犯カメラを選ぶ場合に注意しなければならないのが夜間の撮影です。昼間と比較すると夜間の撮影は難しく、夜間用の防犯カメラは機種を選びます。この記事では夜間の防犯カメラを選ぶ際のポイントと夜間用防犯カメラの特徴について取り上げましょう。

おすすめの見守りサービス

夜間用の防犯カメラは大きく分けて2種類!

夜間用の防犯カメラを選ぶ場合、最大の問題は明るさです。夜間用の防犯カメラ選びにおいては、暗い環境の中でしっかり撮影できる防犯カメラを探す事が重要となります。また一口に夜間と言っても、その明るさは場所によってまるっきり違います。
マンションのエントランスなどでは、日中とあまり変わらない明るさの場所もあるでしょう。逆に無人の倉庫内などでは、全く灯りがない場合もあります。それぞれで防犯カメラの選び方は変わってきます。
夜間用の防犯カメラにはいくつかのタイプがありますが、代表的なものとしては赤外線式防犯カメラと微光監視型防犯カメラが挙げられます。まずこの2種類の夜間用防犯カメラの特徴や違いについて見てみましょう。

夜間用の防犯カメラ①赤外線暗視型

夜間用の防犯カメラの代表的なタイプとしてまず挙げられるのが赤外線式防犯カメラです。赤外線とは、目に見える赤色の光線より波長が長く、電波より波長が短い光の事。人の肉眼では気づかない光ですが、その光でライトアップする事によって防犯カメラの撮影を行う事が可能になります。
したがって赤外線式防犯カメラを設置すれば、全く光源がない場所でライトアップする事なしに撮影をする事ができます。ライトアップする事が難しい暗所での撮影、あるいは防犯カメラ撮影するための電気料金を節約したい場所での防犯カメラとしては赤外線型が良いでしょう。

夜間用の防犯カメラ②微光監視型

夜間用の防犯カメラの代表的なタイプとしては、赤外線式防犯カメラの他に微光監視型防犯カメラもあります。微光監視型防犯カメラはわずかな光源を利用して撮影ができる防犯カメラ。低照度防犯カメラ、あるいは高感度防犯カメラとも呼ばれます。
微光監視型防犯カメラは豆電球より少し明るい程度の灯りがあれば撮影可能となりますが、全く光源がない場所では撮影ができません。したがってマンションのエントランスや非常口付近など、夜間でも常に多少の光源がある場所で使用できる夜間用防犯カメラです。

赤外線暗視型は一番人気の夜間用の防犯カメラ!

このように、夜間用の防犯カメラの最もポピュラーなタイプとしては赤外線式防犯カメラと微光監視型防犯カメラがあります。この2種類の夜間用防犯カメラはそれぞれに特徴の違いやメリット及びデメリットがあります。その特徴をまとめて見ましょう。まずは赤外線式防犯カメラ。
赤外線式防犯カメラの最大のメリットは真っ暗な場所でも撮影ができる事。例えば企業の倉庫内など、光源が全くなく電気料金も無駄にしたくない場所の監視に向いています。その反面、赤外線式防犯カメラのデメリットとしてはカラー撮影ができない事が挙げられます。
近年ではカラー撮影可能なものも出てきていますが、赤外線式防犯カメラは基本的には白黒撮影のみとなります。防犯カメラの撮影においては例えば犯人の車の色など、色の情報が重要な証拠となる場合があります。色の情報が証拠として欲しい場合、赤外線式防犯カメラは基本的には使えません。
また赤外線式防犯カメラは真っ暗な場所でも撮影できる反面、撮影距離に制限があります。そのため、赤外線式防犯カメラを広い場所に設置した場合、周りが良く見えないというトラブルが起きる事も。赤外線式防犯カメラを設置する際には、撮影可能範囲のチェックは入念に行わなければなりません。
更に、赤外線を照射するLEDライトは寿命が短く交換が必要な事もデメリットです。赤外線の照射が相手から気づかれてしまう場合もあるので、犯人に防犯カメラの存在を気づかれたくない場面には不向きです。その反面、微光監視型防犯カメラと比べると1台の価格が安く済む事はメリットと言えるでしょう。

微光暗視型はカラー撮影ができる夜間用の防犯カメラ!

次に微光監視型防犯カメラの特徴。微光監視型防犯カメラは全く光源がない場所には設置できませんが、大きなメリットとしてはカラー撮影ができる事が挙げられます。そのため少量であっても光源が常に確保できる場所であれば、色の証拠も押さえる事が可能となります。
また微光監視型防犯カメラは光源さえ届いていれば、赤外線式防犯カメラよりも広い範囲の撮影が可能となります。防犯カメラとして光を発しているわけではないので、犯人に気づかれないように隠しカメラを設置するケースには向いています。また備品の交換なしに長い期間使用できる事もメリット。
ただし赤外線式防犯カメラと比べると1台ごとの価格が高くつく事はデメリットとして挙げられるでしょう。

人感センサー付き夜間用防犯カメラは犯罪防止効果もあり!

夜間用防犯カメラとしては赤外線式防犯カメラと微光監視型防犯カメラが2大ポピュラー・モデルです。しかしそれ以外にも夜間用の防犯カメラは存在します。まずは人感センサー付き防犯カメラ。人感センサー付き防犯カメラはその名の通り、人や動物の動きを検知するセンサー内蔵型。
人や動物の動きを検知すると防犯灯が点灯する方式の夜間用防犯カメラです。人感センサー付き防犯カメラを設置する際の大きなメリットは2つあります。まずは電気料金の節約。例えば真っ暗な場所で防犯カメラのカラー撮影をしたい場合。通常は常に周りを照らす光源が必要になります。
しかし人感センサー付き防犯カメラであれば、人や動物の動きを検知した場合のみ防犯灯が点灯するので、ライトの電気料金が安くなります。また異常を検知した場合のみの撮影となるので、後で録画映像を確認する手間も大幅に省く事ができます。
センサー付き防犯カメラのもう1つのメリットは防犯効果。真っ暗な場所でいきなり防犯灯が点灯すると侵入者はびっくりします。場合によっては驚いて逃げてしまうでしょう。犯罪が未然に防げるケースもあるかもしれません。赤色灯など侵入者を威嚇する防犯灯を付けた商品もあります。

防犯灯付き夜間用防犯カメラで常に明るく!

防犯灯付きの夜間用防犯カメラとして、人感センサー付き防犯カメラ以外には常にライトを点灯するタイプの防犯カメラもあります。このタイプの防犯カメラは防犯灯が夜間の街灯の役目を果たすと言っても良いでしょう。常時点灯型の防犯灯付き防犯カメラにも設置するメリットがあります。まずは防犯効果。
防犯灯付き防犯カメラを設置すると、辺りが照らし出される事により、夜間でも周囲の明るさが確保できます。犯罪者は灯りのある場所を嫌います。明るさが確保できる事によって、夜間の犯罪を未然に防ぐ事ができるでしょう。また防犯灯が街灯の役目を果たすため、周辺の住人にも感謝されるかもしれません。
反面、夜間用防犯カメラの設置には、その場所を暗く保ちたい場合もあり得ます。そこに光源を設置する事によって近隣とのトラブルになる場合もないとは言えません。このような場合は人感センサー付き防犯カメラを設置すると良いでしょう。
そのシチュエーションによって人感センサー付き防犯カメラと防犯灯付き防犯カメラは使い分ける事ができます。

夜間用の防犯カメラに重要な照度とは?

夜間用の防犯カメラの設置する時に重要な考え方に照度というものがあります。照度とは明るさの事で、実際の光の量ではなく人間の目で感じる明るさを測る単位です。照度を表す単位としてはルクス(lx)が用いられ、ルクス数が大きくなるほど明るくなります。
さまざまな環境においての照度はおおむね次のような数値となります。
■晴天の午前10時の日光:65,000ルクス
■晴天の午後3時の日光:35,000ルクス
■百貨店の売り場:500~700ルクス
■蛍光灯点灯時のオフィス:400~500ルクス
■夜の街灯の下:50~100ルクス
■月明り:0.5~1ルクス
夜間用の防犯カメラでは最低照度が設定されている場合があります。最低照度とは、その防犯カメラが撮影できる最低レベルの明るさを指しています。赤外線式防犯カメラの場合は暗闇でも撮影可能なので、最低照度は0ルクスです。微光監視型防犯カメラでは最低照度が0.002~0.1ルクス程度が一般的。
微光監視型防犯カメラの中でも超高感度カメラと呼ばれるタイプでは最低照度が0.00001ルクスのものもあります。微光監視型防犯カメラは、月明り程度の採光があれば撮影できるものが多くなっています。

夜間用の防犯カメラの撮影トラブルを回避するには?

夜間用の防犯カメラの設置を考える時に、特に注意をすべき問題はプライバシーのトラブルです。撮影者の側に意図がなかったとしても、例えばたまたま隣の家の中の様子が映ってしまいトラブルになるケース。防犯カメラの映像がネットに流出してしまった場合は肖像権の問題も起こり得ます。
防犯カメラを盗撮カメラだと勘違いされてクレームになるケースもあります。こういったトラブルを避ける手としてはステッカーを貼る事が挙げられます。防犯カメラ撮影中である事を明示するステッカーは1枚500円以内で入手可能。ステッカーで撮影の主旨を明記する事によって多くのトラブルが回避できます。
またステッカーを貼る事は防犯効果のアップにも繋がるでしょう。空き巣は防犯カメラが設置されている家をそもそも避ける傾向にあります。ステッカー表示がされている事によって空き巣はさらにその家に近付きにくくなるでしょう。ステッカーはダミーカメラ設置の際にも効果的です。

犯罪防止対策に夜間用防犯カメラを設置しよう!

この記事では夜間用の防犯カメラの種類とその特徴について解説しました。夜間用の防犯カメラとしては、赤外線式防犯カメラと微光監視型防犯カメラが最もポピュラーです。また防犯灯付き防犯カメラや人感センサー付き防犯カメラなどもあり、ニーズによって使い分ける事ができます。
夜間用の防犯カメラのタイプとそれぞれの特性を理解して、正しい防犯カメラ選びをしましょう。

見守りの最新記事8件

  • 高齢者や子供の外出をGPSで管理!GPSの居場所検索機能についても徹底解説

    GPSと聞けば映画などで相手の位置情報を探るなどといったイメージがあると思いますが、このGPSの居場所検索機能というのは現実世界にも応用されています。様々な用途で使われてますが、今回はその中でも一般人に向けた用途である高齢者や子供の外出時を見守る見守り機能としてのGPSを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • GPSの居場所検索サービスとは?メリットデメリットを徹底解説!

    GPSの居場所検索サービスというのはGPSを使って特定の人の居場所を検索するというものです。多くの場合は見守りサービスとして高齢者や子供見守り際に使用されますが、最近では待ち合わせや浮気防止などにも使用されるようになってきました。今回はそんなGPSの居場所検索サービスとは一体何なのか、そのメリットやデメリットなどを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 外出時の見守りGPSとは?特徴を徹底解説

    最近では多くの家庭で見守りサービスを利用していますが、そのほとんどが家庭内で行う見守りサービスであり外出中の見守りサービスを利用している家庭はまだまだ少ないです。 しかし見守りGPSを利用すれば外出中であっても見守りを行うことができます。 今回はそんな見守りGPSとはいったい何なのかを徹底的に解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 見守り用GPSとは?その特徴や端末別の価格を徹底比較!

    最近では子供の習い事や高齢者の散歩などにGPSを利用する家庭が増えてきました。GPSを利用することで子供や高齢者がどこにいるのかなどがすぐにわかるため非常に重宝されています。 今回はそんなGPS端末を価格別にメリットデメリットやその特徴などを紹介していきます。 おすすめの見守りサービス

  • GPSで認知症対処?徘徊に使えるサービスとは?

    認知症対策として様々なグッズやアイテム、見守りサービスなどがありますが、GPSを見守りサービスの一覧として使用している方はまだまだ少ないです。しかしGPSは認知症などで夜間徘徊をしてしまう高齢者への対策として非常に有効です。 今回はそんなGPSと認知症の関係、種類いなどを解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 外出時の見守り?老人用のGPSとは

    老人用のGPSと言うのは、主に外出時に高齢者が危険な目にあっていないか、事故などにあって動けないでいるのではないか、といった状況に対応することができます。 GPSと聞くとあまり一般的ではないイメージがありますが、現在ではほとんどのスマホにGPS機能が取り付けられていたり、高齢者専用のGPSが開発されていたり、見守りによく利用されているアイテムの1つです。 おすすめの見守りサービス

  • キッズケータイで外出時の見守りも?内蔵GPSとは?!

    小学生の子供でもスマートフォンを使用しているのが当たり前の時代になってきました。しかしさすがに小学生にスマホ持たせるのは早すぎると考えている保護者の方も多く、学校で自分だけスマホ持てないという子供も一定数存在します。しかしスマホにはGPSが内蔵されているものがほとんどで、子供が外出時にどこへ行ってるのか、どのようなルートを通っているのかというのが簡単に管理することができます。今回はそんなGPSを内…

  • スマホ一つで私生活が丸わかり?!「行動履歴」とは?

    最近ではコンビニへ行くだけでも、すまほー持ち歩く人が多くなってきました。スマホと言うのはそれだけ私たちの生活に密着して、肌身離さず持つ存在となりましたが、そんなスマホが私たちの生活を全て記録しているといった事実は、多くの人が知りません。 今回は、スマホが行っている行動履歴とは一体何なのかを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。