夜の防犯カメラ撮影はどうすれば良い?ポイントを解説!

夜間の防犯カメラの撮影はどうすれば良いのでしょうか。犯罪の凶悪化に伴い、自宅や職場のセキュリティの強化が叫ばれている現代。防犯カメラの需要も年々増えてきています。防犯カメラの撮影の中で特に難しいのは夜間の撮影と言えるでしょう。防犯カメラで夜間の監視をするためにはカメラ選びの知識が必要です。
この記事では、夜間の監視をするための防犯カメラ選び及びその際の注意点などを取り上げます。

おすすめの見守りサービス

夜間の防犯カメラ映像が暗い!その理由とは?

夜間の防犯カメラの撮影にはさまざまな問題点が生じます。その中でも特に相談が多いトラブルは、防犯カメラの映像が暗くて見えないという相談です。そもそも夜間用の防犯カメラを使用していない場合は仕方ないと言えるでしょう。しかしこのトラブルは夜間用の防犯カメラでも起こり得ます。
夜間用の防犯カメラで映像が暗くて見えないというトラブル。これは屋外で赤外線式の防犯カメラを設置している場合に良く起こります。そして多くの場合その原因は撮影範囲を広く設定しすぎている事。赤外線式防犯カメラは夜間撮影用の防犯カメラですが光源は持っていません。
したがって撮影範囲が広すぎる場合、周りが暗くなって見えにくいという現象が起きます。解決策としてはライト付きや高感度の赤外線式防犯カメラに交換する、ライトを別途設置するといった方法が考えられます。

夜用の防犯カメラには2種類のタイプがある!

防犯カメラを夜間の撮影目的で設置する場合、どうしたら良いのでしょうか。夜間撮影用に明るい光源を設置するという手もありますが、夜間撮影用の防犯カメラを設置するという方法がより一般的かもしれません。夜間撮影用の防犯カメラには大きく分類して2つのタイプがあります。
それは微光監視型防犯カメラと赤外線暗視型防犯カメラの2種類。それぞれの防犯カメラにはどのような特徴があり、メリットは何なのか解説しましょう。

夜用防犯カメラ①微光監視型

夜間撮影用の防犯カメラとしてはまず微光監視型の防犯カメラが挙げられます。微光監視型の防犯カメラは完全な暗闇では撮影できません。その代わり、豆電球ほどの弱い光があれば撮影可能。具体的にはマンションのエントランスや非常口の近く、屋外の街灯の近くなどの夜間監視に設置されます。

夜用防犯カメラ②赤外線暗視型

夜間撮影用の防犯カメラとして挙げられるもう1つのタイプは赤外線式防犯カメラです。赤外線式防犯カメラは赤外線を飛ばして被写体を映し出します。そのため赤外線式防犯カメラは微光監視型と違って全く光源がない場所でも撮影可能。例えば資材倉庫の内部など、夜間は全く光源のなくなる室内の暗所撮影に向いています。
また屋外であっても採光が難しい暗所の撮影には向いています。

夜用の防犯カメラは赤外線暗視型が主流!その特徴とは?

このように夜間撮影用の防犯カメラとしては主に微光監視型防犯カメラと赤外線式防犯カメラがあります。夜間は日中に比べて見つかりにくい分、犯罪が起きやすくなります。空き巣や放火、器物破損や痴漢などは暗い環境ではより行いやすくなると言えるでしょう。
無人の場所であれば更に犯罪のリスクが高まるかもしれません。そのため、採光が少ない、或いは夜間の全く採光がない環境での防犯カメラの設置はあらゆる場面においてニーズが高くなってきます。夜間は無人となる店舗倉庫や駐車場、裏通りなどでは犯罪者に備えての夜間用防犯カメラの設置が必要になってきます。
微光監視型防犯カメラと赤外線式防犯カメラを比較してみましょう。現在のシェアとしては微光監視型防犯カメラよりも赤外線式防犯カメラが世の中の主流となっています。その理由としてはまず双方の価格にそれほど差がない事が挙げられるでしょう。
価格に差がないのであれば、全く光源がなくても監視ができる赤外線式監視カメラの方が多くのケースにおいて便利です。ただし前述のように赤外線式防犯カメラは撮影距離に限界があるので、周りが良く見えないという問題が起きます。
また赤外線の照射が目立つので、不審者に防犯カメラの存在を知られたくないケースには不向きです。

微光監視型の防犯カメラは夜間のカラー撮影が可能!

夜間撮影用の防犯カメラ、人気度としては赤外線式防犯カメラに軍配が挙がります。しかし、微光監視型防犯カメラにもメリットがいくつかあり、ニーズがあります。微光監視型防犯カメラの大きなメリットとしてはカラー撮影ができる事。赤外線式防犯カメラによる夜間撮影は白黒のみの対応となります。
防犯カメラの映像としては、色の判別が重要な証拠となる場合があります。例えば車両の色や犯人の衣服の色。例えば駐車場に設置する夜間用の防犯カメラは微光監視型の方が良い場合もあるでしょう。また赤外線式防犯カメラと違って微光監視型防犯カメラは犯罪者からその存在を気づかれないというメリットも。
放火や窃盗の常習犯の証拠を押さえたい場合、監視している事を犯人から気づかれたくない場合もあるでしょう。このようなケースにおいては微光監視型防犯カメラの方が優れています。

夜間の防犯カメラ撮影では照度が重要!

夜間撮影用の防犯カメラについて取り上げる時に重要になるのが照度です。照度とは明るさを表す数値で、ルクスという単位を使って表します。例えばさまざまな環境別の照度はおおむね以下のようになっています。
真夏の晴れの日の屋外

真夏の晴れの日の屋外10,000ルクス以上
曇りの日の屋外5,000ルクス
灯りを付けた事務所内300~800ルクス
建物内の非常階段30~70ルクス
夜間の街灯1~5ルクス
満月の明かり0.01~0.1ルクス

夜間用の防犯カメラにおいて、撮影が可能になる最低照度があります。赤外線式防犯カメラの場合は採光なしでも撮影可能なので、最低照度は0ルクスです。それに対して微光監視型防犯カメラの場合、最低照度は0.1~0.002ルクス。更に高感度の製品もありますが、全く光源がない場所での撮影はできません。ただし満月の明り程度の照度があれば、微光監視型防犯カメラでの撮影は可能となります。

防犯灯付きカメラは夜間撮影の強い味方!

夜間撮影用の防犯カメラとして、ここまで微光監視型防犯カメラと赤外線式防犯カメラを取り上げてきました。この2タイプの防犯カメラ以外にも夜間撮影用の防犯カメラは存在します。例えば防犯灯付き防犯カメラ。つまり防犯カメラに街灯が付いているタイプです。まずは常に街灯が点灯状態となっている防犯カメラ。
このタイプの防犯カメラは街灯としての役割も併せ持っていると言えるでしょう。そこに灯りがある事によって周りの住人や歩行者にとっても便利になる事も。当然その周辺が明るくなる事によって犯罪者が犯罪を行いにくくなります。
防犯灯付き防犯カメラは自分のためだけでなく、地域の安全や生活のしやすさにも繋がります。

人感センサー付きカメラは夜間の犯罪者を威嚇!

防犯灯付き防犯カメラの中には、人感センサー内蔵タイプもあります。人感センサー内蔵タイプの防犯カメラは通常時は防犯灯を消した状態となっています。人感センサー付き防犯カメラは、人間や動物を察知した場合に防犯灯を点灯します。防犯灯を点灯した場合のみ録画を開始するタイプもあります。
人感センサー付き防犯カメラは街灯では明るすぎる設置環境において効果的。また無人の倉庫などであれば、異常な動きを察知した時のみの録画となるので、後の動画確認が楽になります。人感センサー付き防犯カメラのメリットはもう1つ、防犯灯が不審者に対する威嚇となる点です。
人気のない暗い環境を狙って侵入する事が多い不審者。急に灯りが点灯すると驚いてしまい、そのまま逃走してしまう場合も。赤色灯で威嚇するタイプの人感センサー付き防犯カメラもあります。

夜用の防犯カメラは犯罪の未然防止もテーマに選ぶ!

夜間撮影用の防犯カメラを設置する場合、犯罪の未然防止をテーマにして設置状況を考えると良いでしょう。防犯カメラは当然、犯罪に遭遇してしまった場合の証拠として撮影します。しかし防犯カメラには犯罪者を遠ざける効果もあります。
防犯カメラによって犯罪が未然に防げたら、それはセキュリティの上で有意義な事です。犯罪者は防犯カメラを嫌います。空き巣に入る家を物色する場合、防犯カメラが設置されている家は最初から避ける傾向も。そのため、防犯カメラを目立つ場所に設置すると良い防犯効果となります。
また、防犯カメラは高性能に見えるものを設置する事も重要。性能が低く見えるタイプだと逆効果となる場合もあります。場合によってはダミーカメラも有効でしょう。この場合も見掛けがしっかりしたタイプを選ぶ事がポイントです。防犯灯が付いた防犯カメラも犯罪者撃退の効果があります。

夜用の防犯カメラにはステッカーを忘れずに!

夜間撮影用の防犯カメラを設置する場合、防犯カメラの周辺にステッカーを貼る事をおすすめします。『防犯カメラ録画中』と注意を促すステッカーは1枚100円~500円程度の価格帯で見つける事ができます。夜間撮影用の防犯カメラにステッカー表示をするメリットは主に2点です。
1点目は防犯効果です。前述の通り、犯罪者は防犯カメラが設置されているというだけでその場所を避けます。その防犯カメラが録画中である事を見えるように明記しておく事は犯罪者を遠ざける効果も。録画中のステッカーをダミーカメラに用いる事で効果をアップさせる事もできます。
ステッカーを貼るもう1つの理由は誤解を避けるためです。昨今はカメラでの撮影方法がプライバシーや肖像権の点でトラブルとなるケースがあります。防犯カメラの場合も然り。期せずして隣家の状態が映り込んでしまう場合や盗撮カメラと勘違いされる場合などが挙げられます。
防犯カメラにステッカー表示を加える事によって、こういった誤解を最小限に食い止める事ができます。

夜用の防犯カメラはポイントを絞って選ぼう!

この記事では夜間用の防犯カメラについて取り上げました。夜間用の防犯カメラの種類としてはまず微光監視型防犯カメラと赤外線式防犯カメラが挙げられます。また防犯灯付き防犯カメラや人感センサー付き防犯カメラもあります。それぞれに特徴やメリット、デメリットがあります。
場合によってはダミーカメラの設置も有効でしょう。夜間用防犯カメラの特性を理解して効果的な防犯対策を目指しましょう。

見守りの最新記事8件

  • 高齢者や子供の外出をGPSで管理!GPSの居場所検索機能についても徹底解説

    GPSと聞けば映画などで相手の位置情報を探るなどといったイメージがあると思いますが、このGPSの居場所検索機能というのは現実世界にも応用されています。様々な用途で使われてますが、今回はその中でも一般人に向けた用途である高齢者や子供の外出時を見守る見守り機能としてのGPSを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • GPSの居場所検索サービスとは?メリットデメリットを徹底解説!

    GPSの居場所検索サービスというのはGPSを使って特定の人の居場所を検索するというものです。多くの場合は見守りサービスとして高齢者や子供見守り際に使用されますが、最近では待ち合わせや浮気防止などにも使用されるようになってきました。今回はそんなGPSの居場所検索サービスとは一体何なのか、そのメリットやデメリットなどを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 外出時の見守りGPSとは?特徴を徹底解説

    最近では多くの家庭で見守りサービスを利用していますが、そのほとんどが家庭内で行う見守りサービスであり外出中の見守りサービスを利用している家庭はまだまだ少ないです。 しかし見守りGPSを利用すれば外出中であっても見守りを行うことができます。 今回はそんな見守りGPSとはいったい何なのかを徹底的に解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 見守り用GPSとは?その特徴や端末別の価格を徹底比較!

    最近では子供の習い事や高齢者の散歩などにGPSを利用する家庭が増えてきました。GPSを利用することで子供や高齢者がどこにいるのかなどがすぐにわかるため非常に重宝されています。 今回はそんなGPS端末を価格別にメリットデメリットやその特徴などを紹介していきます。 おすすめの見守りサービス

  • GPSで認知症対処?徘徊に使えるサービスとは?

    認知症対策として様々なグッズやアイテム、見守りサービスなどがありますが、GPSを見守りサービスの一覧として使用している方はまだまだ少ないです。しかしGPSは認知症などで夜間徘徊をしてしまう高齢者への対策として非常に有効です。 今回はそんなGPSと認知症の関係、種類いなどを解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 外出時の見守り?老人用のGPSとは

    老人用のGPSと言うのは、主に外出時に高齢者が危険な目にあっていないか、事故などにあって動けないでいるのではないか、といった状況に対応することができます。 GPSと聞くとあまり一般的ではないイメージがありますが、現在ではほとんどのスマホにGPS機能が取り付けられていたり、高齢者専用のGPSが開発されていたり、見守りによく利用されているアイテムの1つです。 おすすめの見守りサービス

  • キッズケータイで外出時の見守りも?内蔵GPSとは?!

    小学生の子供でもスマートフォンを使用しているのが当たり前の時代になってきました。しかしさすがに小学生にスマホ持たせるのは早すぎると考えている保護者の方も多く、学校で自分だけスマホ持てないという子供も一定数存在します。しかしスマホにはGPSが内蔵されているものがほとんどで、子供が外出時にどこへ行ってるのか、どのようなルートを通っているのかというのが簡単に管理することができます。今回はそんなGPSを内…

  • スマホ一つで私生活が丸わかり?!「行動履歴」とは?

    最近ではコンビニへ行くだけでも、すまほー持ち歩く人が多くなってきました。スマホと言うのはそれだけ私たちの生活に密着して、肌身離さず持つ存在となりましたが、そんなスマホが私たちの生活を全て記録しているといった事実は、多くの人が知りません。 今回は、スマホが行っている行動履歴とは一体何なのかを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。