防犯カメラにかかる費用はどのくらい?項目別に紹介!

防犯カメラの設置にかかる費用はいくらなのでしょうか。防犯対策が重視されてきている現在の日本。自宅や職場に防犯カメラを設置しようと計画している人もいるでしょう。初めて防犯カメラを設置する人にとってまず気がかりなのは費用ではないでしょうか。
防犯カメラを設置するに当たって、まずは機材一式を調達するのにかかる費用。防犯カメラを設置する工事費もあれば、設置後の維持費もないがしろにできません。この記事では防犯カメラの設置にいくら費用がかかるのか、項目ごとに解説しましょう。

おすすめの見守りサービス

防犯カメラを取り付ける!機材の費用はいくら?

防犯カメラ設置にかかる費用、まずは防犯カメラの機材費用です。防犯カメラの機材は、防犯カメラ本体だけを調達すれば良いわけではありません。ケーブルやレコーダー、場合によってはモニターや他の備品までを揃えての機材費用となります。必要な機器ごとに、その費用の相場を解説します。

機材の費用①カメラ本体

防犯カメラ設置にかかる機材費用、まずは防犯カメラ本体から取り上げましょう。防犯カメラはその設置目的やスペックによって費用が変わってきます。屋外用には防水タイプ、夜間用には赤外線式、軒下用にはドーム型の広角カメラ、自宅設置の小型タイプもあります。
防犯カメラ1台の機材費用の例は例えば以下の通り。
■屋外用防水暗視機能付き220万画素防犯カメラ:22,000円/1台
■屋内用防水赤外線式ドーム型52万画素防犯カメラ:6,980円/1台
■屋内用超小型220万画素AHD仕様防犯カメラ:7,500円/1台

機材の費用②レコーダー

防犯カメラ設置にかかる機材費用、次にレコーダーがあります。防犯カメラの中でもネット上のサービスに動画保存するクラウドカメラはレコーダー不要。しかし他のタイプの防犯カメラはレコーダーが必要となります。レコーダーについてはハードディスクの容量が費用を決定する大きな要素となります。
防犯カメラ用レコーダーの機材費用は例えば以下のような例があります。
■AHD対応4チャンネル2TBレコーダー:60,500円/1台
■AHD対応8チャンネル2TBレコーダー:83,600円/1台

機材の費用③モニター

防犯カメラの機材費用としてはモニターも挙げられます。モニターはPC画面を使う事も可能で、オプションとなります。モニターの価格は主にその画面の大きさで変わってきます。防犯カメラのモニターの機材費用は例えば以下の通り。
■スピーカー内蔵12インチ液晶モニター:18,801円/1台
■7インチ液晶モニター:5,980円/1台

機材の費用④マイク

防犯カメラの機材費用としてはマイクもあります。マイクは防犯カメラで音声録音もしたい場合のオプション費用となります。マイクの場合、その集音範囲や音質が費用を決める要素となります。また防犯カメラ本体にマイクが内蔵されているタイプもあり。防犯カメラ用マイクの機材費用の例は以下のようになります。
■ケーブル付き小型集音マイク:2,980円/1台
■天井設置型集音マイク:10,450円/1台
■マイク内蔵ドーム型243万画素防犯カメラ:33,000円/1台

機材の費用⑤ケーブル

防犯カメラの機材費用としてケーブル代もあげましょう。無線でデータを送るタイプのインターネット防犯カメラの場合はケーブル不要となります。しかし多くの場合、ケーブルは防犯カメラの必需品となります。防犯カメラ用のケーブルは大きく分けて同軸ケーブルとLANケーブルに分類されます。
同軸ケーブルの中でもいくつかの規格に分かれています。防犯カメラ用ケーブルの機材費用の一例は以下の通り。費用は必要な長さによって変わります。
■音声対応3芯同軸ケーブル:6,270円/30m
■PoE対応LANケーブル:2,200円/30m

機材の費用⑥顔認証

防犯カメラに付けられる特殊オプションとしては顔認証が挙げられます。顔認証は常連の顔を記憶してその顔を認知すると知らせるシステム。常習の万引き犯対策などに使用できます。顔認証の費用の相場は2万~50万円程度で、高性能なものであればそれ以上もあります。

機材の費用⑦その他

防犯カメラのその他の部材費用としては、例えば防犯カメラ監視中の表示ステッカーがあります。防犯カメラ用ステッカーは100~500円程度で入手できます。防犯カメラ監視中のステッカーを貼る事で不審者を遠ざける防犯効果が期待できます。
また監視カメラの存在を明記しておく事によってプライバシー問題のトラブル防止にも繋がります。

防犯カメラ設置を業者に頼む!費用はいくら?

防犯カメラを設置するための機材費用について取り上げました。防犯カメラの設置する費用としては、次に工事費用があります。自分で防犯カメラ一式を購入してDIYで設置する場合は、工事費用はかかりません。しかし、防犯カメラをDIYで設置する場合、工事で発生するトラブルは全て自分の責任になります。
防犯カメラについての詳しい知識を持っていない人は専門業者に頼むのが得策と言えるでしょう。防犯カメラの工事費用には内訳があり、それは以下の通りです。

設置費用①人件費

防犯カメラの工事費用としてはまず人件費が挙げられます。人件費は、工事を行う作業員に給料として渡す費用です。工事費用は作業員1人に対して1万円程度が相場と言えるでしょう。防犯カメラの工事費用は先に見積もりを取る事が多く、その際に工事費用も提示されるでしょう。
防犯カメラの設置工事は、小規模な工事では2人組みで行われる事が多く、大規模な工事では作業員も増えるというのが一般的です。

設置費用②材料費

防犯カメラの工事費用として、次に発生するのは材料費です。材料費はすでに取り上げた防犯カメラ機材一式の費用です。したがって自分で機材を購入する場合、工事の際の機材費はかかりません。しかし多くの人は防犯カメラに対する知識を持ち合わせていないので、どの防犯カメラを買えば良いのか見当が付かないでしょう。
こういった場合は機材一式から工事業者に依頼する方が良いかもしれません。工事とセットで依頼すれば機材費が割引になるケースも多くなっています。

設置費用③出張費

防犯カメラの工事費用としては出張費が発生する場合もあります。出張費とは、例えばモニターを設置する場所とカメラを設置する場所が離れている場合に払う移動費用です。企業の営業所に防犯カメラを設置する場合などに発生する費用です。
出張費の相場は1万~2万円が相場で、移動距離が長い場合は上乗せになる事もあります。

設置費用④特別工事費

防犯カメラの工事費用のオプションとして発生するのが特別工事費。特別工事費は特別な技術や危険を伴う作業の際に発生する追加費用です。特別工事費の例としては高所作業や壁の貫通工事などが挙げられます。高所作業は1万~2万円、貫通工事は1箇所につき5,000円程度が相場です。

防犯カメラで監視!運営費用はいくら?

防犯カメラを設置する場合、工事が完了するまでには上記のように機材費用と工事費用がかかります。一方、防犯カメラを設置した後もかかってくる運営費用もあります。運営費用としては電気料金、プロバイダー料金、維持費などが挙げられます。それぞれの相場は以下の通りです。

運営費用①電気料金

防犯カメラを設置した後にかかる定期的な費用としてはまず電気料金が挙げられます。防犯カメラ設置及び運営にかかる他の費用と比べると、電気料金は安価だと言えるでしょう。防犯カメラの台数が数台である場合、レコーダーやモニターを含めても1ヶ月の電気料金は数百円程度で収まります。
防犯カメラの台数が増えると電気料金は上がります。

運営費用②プロバイダー料金

防犯カメラを設置した後の定期的な費用として、プロバイダー料金がかかる場合があります。プロバイダー料金はインターネットを介した防犯カメラの場合に発生します。インターネットを介した防犯カメラの場合、外出先からスマホで映像確認が可能。プロバイダー料金は1ヶ月2,000~5,000円が相場です。

運営費用③維持費

防犯カメラを設置した後の定期的な費用として、最後に維持費がかかります。防犯カメラを設置した後でも、カメラ本体の清掃や動作チェック、故障の点検など定期的なメンテナンスが必要となります。メンテナンスによって防犯カメラは耐用期間を延ばす事も可能。
メンテナンスは自分で行う事もできますが、専門的な知識を持っている業者に任せた方が良いでしょう。メンテナンス料金の相場は1回につき3,000~1万円程度です。

防犯カメラを手軽に使いたい!リースやレンタルの費用は?

ここまでは防犯カメラを購入して設置する場合の費用の説明でした。防犯カメラの設置に関しては、機材を購入せずにリースやレンタルするという手もあります。防犯カメラのリースとレンタルそれぞれのメリットや、その際にかかる費用について解説しましょう。

防犯カメラのリース費用

防犯カメラをリースで使用する場合、防犯カメラ一式の機材購入費用がかからない事が大きなメリットです。しかし使用期間全体で考えると機材購入より料金が高くついてしまう場合もあります。防犯カメラのリースは初期費用を抑えたい時に使える手だと言えるでしょう。
防犯カメラリースの相場としては、カメラ1台につき2,000~4,000円という金額が挙げられます。

防犯カメラのレンタル費用

防犯カメラを機材購入以外の方法で利用するにはレンタルという方法もあります。レンタルは短期間の利用、例えばイベントやフェアなど短期間の防犯対策に有効な防犯カメラの利用方法です。防犯カメラのレンタル料金はカメラ1台につき2,000~1万円といったところです。

費用を考えて防犯カメラ設置を考えよう!

以上、防犯カメラの設置にかかる費用について解説しました。防犯カメラを設置する場合には、機材費用と工事費用、そして運営費用がかかります。また機材を購入せずにリースやレンタルで利用する手もあり、それぞれの費用がかかります。自分の予算と相談して、自分に合った防犯カメラの設置方法を考えてみましょう。

見守りの最新記事8件

  • 高齢者や子供の外出をGPSで管理!GPSの居場所検索機能についても徹底解説

    GPSと聞けば映画などで相手の位置情報を探るなどといったイメージがあると思いますが、このGPSの居場所検索機能というのは現実世界にも応用されています。様々な用途で使われてますが、今回はその中でも一般人に向けた用途である高齢者や子供の外出時を見守る見守り機能としてのGPSを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • GPSの居場所検索サービスとは?メリットデメリットを徹底解説!

    GPSの居場所検索サービスというのはGPSを使って特定の人の居場所を検索するというものです。多くの場合は見守りサービスとして高齢者や子供見守り際に使用されますが、最近では待ち合わせや浮気防止などにも使用されるようになってきました。今回はそんなGPSの居場所検索サービスとは一体何なのか、そのメリットやデメリットなどを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 外出時の見守りGPSとは?特徴を徹底解説

    最近では多くの家庭で見守りサービスを利用していますが、そのほとんどが家庭内で行う見守りサービスであり外出中の見守りサービスを利用している家庭はまだまだ少ないです。 しかし見守りGPSを利用すれば外出中であっても見守りを行うことができます。 今回はそんな見守りGPSとはいったい何なのかを徹底的に解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 見守り用GPSとは?その特徴や端末別の価格を徹底比較!

    最近では子供の習い事や高齢者の散歩などにGPSを利用する家庭が増えてきました。GPSを利用することで子供や高齢者がどこにいるのかなどがすぐにわかるため非常に重宝されています。 今回はそんなGPS端末を価格別にメリットデメリットやその特徴などを紹介していきます。 おすすめの見守りサービス

  • GPSで認知症対処?徘徊に使えるサービスとは?

    認知症対策として様々なグッズやアイテム、見守りサービスなどがありますが、GPSを見守りサービスの一覧として使用している方はまだまだ少ないです。しかしGPSは認知症などで夜間徘徊をしてしまう高齢者への対策として非常に有効です。 今回はそんなGPSと認知症の関係、種類いなどを解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 外出時の見守り?老人用のGPSとは

    老人用のGPSと言うのは、主に外出時に高齢者が危険な目にあっていないか、事故などにあって動けないでいるのではないか、といった状況に対応することができます。 GPSと聞くとあまり一般的ではないイメージがありますが、現在ではほとんどのスマホにGPS機能が取り付けられていたり、高齢者専用のGPSが開発されていたり、見守りによく利用されているアイテムの1つです。 おすすめの見守りサービス

  • キッズケータイで外出時の見守りも?内蔵GPSとは?!

    小学生の子供でもスマートフォンを使用しているのが当たり前の時代になってきました。しかしさすがに小学生にスマホ持たせるのは早すぎると考えている保護者の方も多く、学校で自分だけスマホ持てないという子供も一定数存在します。しかしスマホにはGPSが内蔵されているものがほとんどで、子供が外出時にどこへ行ってるのか、どのようなルートを通っているのかというのが簡単に管理することができます。今回はそんなGPSを内…

  • スマホ一つで私生活が丸わかり?!「行動履歴」とは?

    最近ではコンビニへ行くだけでも、すまほー持ち歩く人が多くなってきました。スマホと言うのはそれだけ私たちの生活に密着して、肌身離さず持つ存在となりましたが、そんなスマホが私たちの生活を全て記録しているといった事実は、多くの人が知りません。 今回は、スマホが行っている行動履歴とは一体何なのかを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。