防犯カメラはこの販売店で買う!商品選びのポイントも紹介!

防犯カメラはどの販売店で購入すれば良いのでしょうか。防犯カメラを購入しようと思う時にまず困るのが販売店選びかもしれません。昨今はセキュリティの必要性から需要が伸びている防犯カメラ。業者の設置費用を節約するために防犯カメラをDIYで設置しようとする人も増えてきました。
また、子供の留守番の監視などのための簡易的な防犯カメラは自分で簡単に設置可能。自分で防犯カメラを設置するためにはまずは防犯カメラを購入する販売店を知る必要があります。この記事では、防犯カメラを専門的に扱っているおすすめの販売店を紹介して、防犯カメラをDIYで取り付ける流れを解説します。

おすすめの見守りサービス

販売店で防犯カメラを買う~商品はどう選ぶ?

防犯カメラを購入する販売店を紹介する前にまず、防犯カメラの選び方から取り上げなければならないかもしれません。防犯カメラの機器に精通している人はなかなかいません。いざ防犯カメラを選ぶとなると、どの機種が良いのか見当が付きにくいでしょう。防犯カメラの機種は以下のようなポイントを考慮して選びます。

防犯カメラのポイント①解像度

防犯カメラを販売店で購入する際の選定ポイントとしては、まずは解像度が挙げられます。防犯カメラ販売店では防犯カメラの画素数が表示されており、画素数の高い防犯カメラほど高価になる傾向があります。まず自分が防犯カメラを設置する目的を再確認し、その目的に合ったが素数のカメラを選びましょう。
例えば駐車場に防犯カメラを設置する場合。駐車場の防犯カメラでは車両のナンバーの選定が重要になります。そのため、車両のナンバーが読み取れるレベルの解像度が必要。AHDと呼ばれる高解像度の防犯カメラが良いかもしれません。

防犯カメラのポイント②設置場所

防犯カメラを販売店で購入する際には、防犯カメラの設置場所も商品選びの重要なポイントとなります。防犯カメラの設置場所は大きく分けて屋外と屋内に分かれます。まずは屋外用の防犯カメラについて。屋外用の防犯カメラでは耐水性が重要なポイントになります。
雨や雪、暑さや霜などの天候条件は防犯カメラにとって大敵となります。また飛散物による衝撃やいたずらなども考えられます。衝撃にも強いタイプを選ぶのも重要。軒下用としてはドーム型の防犯カメラが最適です。屋内用としては目立たないタイプを選ぶ事がテーマとなるかもしれません。
空き巣にまず防犯カメラを発見されたら防犯の意味が半減してしまいます。小型タイプの防犯カメラが良いかもしれません。赤ちゃんの見守り用には専門の防犯カメラもあります。ネットワーク用の防犯カメラを選べば外出先からでも映像が確認可能です。

防犯カメラのポイント③外見

防犯カメラを販売店で購入する際に、防犯カメラの外見も重要な選定ポイントです。防犯カメラの外見で重要なのは目立つ事と頑丈に見える事です。まず防犯カメラはその存在が目立つ事ですでに防犯効果を持ちます。空き巣は、外周を見渡してまず防犯カメラが視界に入る家は避ける傾向にあります。
なるべく存在が目立つ防犯カメラを選び、ステッカーなどで防犯カメラの存在を強調すると良いかもしれません。また安っぽい外見の防犯カメラであればその能力が軽く見られてしまい、壊そうと思われてしまう事もあるでしょう。頑丈で高性能に見える防犯カメラを選ぶようにしましょう。

防犯カメラのポイント④夜間の性能

防犯カメラを販売店で購入する際は、夜間の性能もチェックポイントとなります。夜間は採光が少ないため、日中よりは防犯カメラの撮影が困難になります。せっかく防犯カメラを設置しても不審者の顔や車のナンバーが暗くて分からなければ意味がなくなってしまうでしょう。
夜間の撮影が重視される場所での防犯カメラは赤外線タイプがおすすめです。また、センサー感知によってライトが付くタイプも有効。被写体を映しやすくすると同時に、不審者をびっくりさせて逃げさせる効果もあります。

防犯カメラのポイント⑤録画時間

防犯カメラを販売店で購入する際に注意しなければならない点が録画時間です。防犯カメラの映像は犯罪証拠を特定するためのもの。できるだけ長く残しておきたいところです。しかし防犯カメラの映像を保存するレコーダーのハードディスクには容量に限りがあります。
ハードディスクの残量がなくなってしまったら以前の映像を消去して上書きしなければなりません。通常は容量が大きいレコーダーほど高価になります。防犯カメラを選ぶ際にはまず映像を保存したい期間と予算の兼ね合いで商品を決める事が必要となります。

防犯カメラのポイント⑥画角

防犯カメラを販売店で購入する際に考量するべきポイントとしては画角もあります。防犯カメラを設置しても、重要な部分が映っていなかったら意味がありません。例えば広い角度を映す場合、多くの対象物を映す事ができますが、全体を見渡すアングルになってしまいます。
狭い角度で撮影する防犯カメラは映せる対象物は限られますが、鮮明に記録する事が可能。目的に応じて撮影画角を選びます。

防犯カメラのポイント⑦環境適応力

防犯カメラを販売店で購入する際には、環境適応力もポイントとなります。環境適応力とは、主に日中の太陽の逆光に対する対応力を指します。防犯カメラにとって、太陽の逆光は意外な大敵です。逆光によって被写体が黒く潰れたり読み取れなかったりする現象があります。
せっかく被写体が映っていても、証拠となる人相やナンバープレートが読み取れないケースも。WDRという機能付きの防犯カメラは逆光時の明るさのバランスを瞬時に調節可能です。

防犯カメラのポイント⑧価格

防犯カメラを販売店で購入する際の最後のポイントは価格です。防犯カメラは機能が優れている商品ほど高価になります。レコーダーであれば録画時間が長い商品ほど高価に。自分の求める条件を全て満たす防犯カメラを予算内で購入できない場合もあります。
こういった場合は防犯カメラの台数を減らしたり必要なスペックを絞ったりして対応しなければならないでしょう。

販売店で防犯カメラを買う~取り付けの流れ

この記事では防犯カメラを購入する時におすすめの販売店を取り上げます。販売店で防犯カメラを購入する場合、取り付けまでDIYで行う場合が多くなるでしょう。そこで、防犯カメラを購入して自分で設置するまでの流れと注意点について見てみましょう。

防犯カメラの取り付け①プランを描く

防犯カメラを販売店で購入して自分で設置する場合、まずは防犯カメラの設置プランを組まなければなりません。まず何の目的で防犯カメラを設置するのか、予算はいくら出せるのか再確認しましょう。
そのためにはどこに何台防犯カメラを設置すべきか、それらはどのようなタイプの防犯カメラが良いのか、モニターやマイクなどは必要かなどという条件についてプランしてみましょう。

防犯カメラの取り付け②現場の調査

防犯カメラを販売店で購入する場合、おおよそのプランを組んだら現場調査をします。プラン通りに防犯カメラを設置できるのか、実際に現場を見て確認しましょう。防犯カメラの設置角度はどうなるのか、壁にビスは打てるのか、樹木や逆光などの位置も確認が必要です。同時にケーブルが何メートル必要か測量も必要です。

防犯カメラの取り付け③機材購入

現場調査をして実際にプランが正式決定したらいよいよ防犯カメラを販売店で購入します。上で取り上げた条件を考慮しながら必要な機材を決定します。事前に販売店のホームページで商品の価格を確認しておくと良いでしょう。

防犯カメラの取り付け④取り付け

販売店で必要な防犯カメラ機材を購入したら、自分で取り付けてみましょう。防犯カメラの固定器具の締り具合やケーブルの取り付けは特に重要ポイント。ケーブルを圧迫してしまうと接続に問題が出る事もあるので気を付けましょう。ケーブルの接続部分は錆びて故障する可能性が高い箇所。防水加工を厳重に行いましょう。

防犯カメラの取り付け⑤調整

実際に防犯カメラ一式を設置し終わったら動作状況の確認です。モニターに実際に防犯カメラ映像が映るのか、映り具合はどうか確認します。固定式防犯カメラの角度調整などは2人で行うと効果的です。

防犯カメラはここで買う!おすすめ販売店3選

防犯カメラの購入から取り付けまでを自分で行う流れを解説してきました。最後にこの記事のテーマである防犯カメラのおすすめ販売店を3社紹介します。ネット通販も含めると、防犯カメラの販売を扱う業者は多数存在しています。その中で電気量販店から防犯カメラの専門店まで、おすすめを3社に絞りました。

防犯カメラのおすすめ販売店①ビックカメラ

防犯カメラの購入におすすめの販売店、まずはビックカメラを取り上げます。電気量販店として日常的に利用する人が多いビックカメラは、防犯カメラにも力を入れています。あらゆるタイプの防犯カメラから周辺機器まで取り揃えています。
日常的に利用しているカードのポイントが活用できるのも大きなメリットと言えるかもしれません。

防犯カメラのおすすめ販売店②アルタクラッセ

防犯カメラの購入におすすめの販売店、次はアルタクラッセの紹介です。アルタクラッセは東京の秋葉原に本社を置く防犯カメラの専門販売店。1990年の創業以来30年間、電化製品の街秋葉原で防犯カメラを扱ってきました。専門店らしくの防犯カメラの品揃えは群を抜いています。
当然、防犯カメラの取り付けに関しても豊富なノウハウを持っているので、不安になったら取り付けを依頼しても良いでしょう。

防犯カメラのおすすめ販売店③アルコム

防犯カメラの購入におすすめの販売店、最後はアルコムです。アルコムもアルタクラッセと同じく、防犯カメラの専門販売店です。アルコムはインターネット上に防犯カメラに関する専門記事を多数公開しています。その知識量からもおすすめの防犯カメラ販売店だと言えるでしょう。
アルコムは防犯カメラの販売はもちろん、初めての人の相談や設置後のトラブルなどサポートも充実しています。

販売店で防犯カメラを買ってDIYで取り付けよう!

防犯カメラをDIYで取り付ける方法からおすすめの防犯カメラ販売店まで紹介してきました。防犯カメラは販売店で購入して自分で設置する事も可能です。いざとなったら、設置前の疑問から設置後のトラブルまでサポートする専門販売店もあります。販売店で自ら防犯カメラを選んでDIYで設置してみましょう。

見守りの最新記事8件

  • ホーム・セキュリティ業界No.1のセコム~その特徴を紹介!

    セコムはホーム・セキュリティ業界のトップ企業です。日本では近年、犯罪の巧妙化や個人情報問題、一人暮らしの高齢者の安否確認問題など今までなかった問題が起こっています。家庭や企業において、セキュリティ会社の存在は年々重要になってきていました。生活の中で必要不可欠となってきているホーム・セキュリティ会社。そのホーム・セキュリティの業界でNo.1の業績を誇るセコムとはどのような会社なのでしょうか。その業績…

  • セキュリティ業界No.1のシェアを誇るセコム!その料金は?

    セコムの料金はどのようになっているのでしょうか。安全だと言われていた日本でも最近は犯罪が凶悪化・巧妙化しています。自宅や会社において、セキュリティの強化が重要になってきました。ホームセキュリティを考える時にまず思い浮かぶ会社名の一つがセコムではないでしょうか。セコムは日本のセキュリティ業界のトップ企業です。セコムはどのような面でセキュリティ業界No.1なのか、またプランの料金はどうなっているのか、…

  • ホーム・セキュリティのトップ5社を比較!どこにすればいい?

    ホーム・セキュリティ会社はどのように選べば良いのでしょうか。日本の犯罪は年を追うごとに凶悪化、そして巧妙になってきています。企業の個人情報は狙われ、放火や空き巣の手口も悪質になってきています。それに従い、ホーム・セキュリティ会社に加入する人や会社も増えてきました。ホーム・セキュリティ会社に加入する時にまず迷うのは会社選びではないでしょうか。普段はあまり気にする事もないセキュリティ会社のサービス。何…

  • スマホをウィルスから守る~ドコモの安心セキュリティとは?

    ドコモの安心セキュリティとはどのようなサービスなのでしょうか。PCにウィルスソフトを入れる事は常識となっていますが、近年はスマホのセキュリティも重視されてきています。スマホのセキュリティ対策をしようと思いながらも先延ばしにしている人は多いのではないでしょうか。ドコモでウィルスなどの脅威からスマホを守るサービスが安心セキュリティです。安心セキュリティとはどのようなサービスなのか、果たして入るべきなの…

  • 高齢者の安否確認サービスとは?各社を比較!

    高齢者の安否確認サービスとは一体どのようなものなのでしょうか。日本社会の中で近年需要が高まっている業者サービスが安否確認サービスです。現在注目されている高齢者の安否確認サービスの内容、そしてその実例を紹介しましょう。 おすすめの見守りサービス

  • 屋外用の監視カメラ選びはどうする?取付け方法や注意点も説明!

    屋外用の監視カメラはどう選べば良いのでしょうか。近年、空き巣や覗き、放火といった犯罪は巧妙化しています。また個人情報保護法の制定により、企業はセキュリティ対策の強化を余儀なくされました。個人宅においても会社においてもセキュリティの強化は重要なテーマとなっています。自宅や会社のセキュリティを守る機器である監視カメラ。監視カメラは、屋内用と屋外用で大きく区別されます。特に屋外用の監視カメラは機器選びに…

  • 老人ホームはどこが良い?高齢者施設の種類と特徴を解説!

    高齢者施設はどのように選べば良いのでしょうか。現代の日本社会が抱えている大きな問題の一つに高齢化があります。家族と離れて暮らす高齢者や要介護の高齢者であれは、高齢者施設に入居するケースも出てきます。高齢者施設を選ぶ場合、何を基準に選んで良いのか分からない事も多いでしょう。この記事では高齢者施設の種類とその選び方について解説します。 おすすめの見守りサービス

  • サービス付きが人気!高齢者住宅の種類とは?

    高齢者住宅という言葉を最近良く耳にします。高齢者住宅とは一体何なのでしょうか。高齢化は日本社会の大きな傾向となりつつあります。日本では男女ともに晩婚化が進んでいます。生涯結婚をしない人の割合も増加傾向に。これらの傾向が生み出すのが新生児の数の減少。その結果として日本社会は高齢化しています。また高齢者の親と子供の家族が同居する三世代住宅の割合も減りつつあります。代わって高齢者の親と離れて住む核家族、…

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。