自分で防犯カメラを設置する方法とは?注意点も紹介!

セキュリティやプライバシーが重視されてきている現代。自宅や事務所などの安全を守るために防犯カメラの設置を検討している人もいるかもしれません。防犯カメラを設置する場合、方法さえ知っていれば自ら作業を行う事も可能です。この記事では、防犯カメラを自分で設置する場合の方法や注意点について解説します。

おすすめの見守りサービス

【方法も紹介】自分で防犯カメラを設置するメリット・デメリットとは

近年はホームセンターなどの普及もあり、業者に依頼するべき作業を自分で行う事も可能になっています。防犯カメラの取り付けも、機材の購入から設置まで自分で行う事が可能です。防犯カメラを自分で取り付ける事にはメリットやデメリットがあります。まずはメリットから見てみましょう。

自分で防犯カメラを設置する①メリット

防犯カメラの設置を自分で行う場合のメリットとしては、まずは経費の削減が挙げられます。専門の業者に依頼する場合は工事費などの経費がかかりますが、自ら設置するのであればその経費は不必要となります。また機材は自分で選ぶ事ができるので、多くの選択肢の中から自分に合った機能や価格の商品を自由に選択できます。
工事は自分自身で行うため、面倒くさい打ち合わせなしに効率良く進むでしょう。また自分が工事を行う事によって勝手を良く理解できるので、後でメンテナンスを行う際にも楽になります。

自分で防犯カメラを設置する②デメリット

防犯カメラを自分で設置する際のデメリットとしては、まずは自分で責任を負う必要性が挙げられます。自ら工事を行うため、まずは機材についての深い知識が必要となります。設置後に不具合がある場合は自分で修正しなければなりません。工事の際に機材を壊してしまっても自分の責任となります。
また、防犯カメラの設置場所は高所になる場合が多くなります。高所での作業は危険が伴い、事故を起こす可能性もあります。配線のテクニックも難しく、壁を傷つけてしまった場合には責任問題になる事もあります。防犯カメラを自分で設置するには、まずは機械についての知識が必要不可欠となります。

自分で防犯カメラを設置する方法~取り付けまでの流れ

このように機械に対する知識を持っている人であれば、防犯カメラを自分で設置する事によって工事費用を削減する事が可能です。また、防犯カメラを1台だけ設置したいという場合などは、わざわざ業者に頼むよりも自分で設置した方が手っ取り早いというケースもあるでしょう。
ここでは自分で防犯カメラを設置する場合の段取りを説明します。ステップを踏みながら防犯カメラの設置を自分で行ってみましょう。

自分で防犯カメラを設置①プランを組む

防犯カメラを自分で設置する方法の第一ステップとしては、まずプランを組む必要があります。まずは防犯カメラを設置する目的を明確にし、そのために必要なカメラ数や位置などをシミュレーションしてみましょう。例えば不審者の侵入対策であれば、不審者がどういうルートで侵入し、どこにカメラが必要か考えてみます。
また防犯カメラにもさまざまな種類があります。レンズが動くタイプ、レンズ固定タイプ、赤外線タイプ、ドーム型など用途によって違います。どの場所にどのカメラが相応しいのかも考えましょう。モニターを設置する場所も考える必要があります。

自分で防犯カメラを設置②現場調査

防犯カメラを設置するための大まかなプランができたら、次に実際の現場を調査します。想定した場所にカメラを設置する場合に角度はどうなるのか、死角となるものはないかなど状況を確認しましょう。また日光も重要なポイント。逆光はカメラ写りに影響するので配慮しなければなりません。
また近隣の家が写り込む事によってプライバシーのトラブルとなる場合もあります。設置する予定の角度から実際に目で確認しましょう。さらに留め金具はどうするのか、ビスは打てるかなど工事方法の確認やケーブルの測量もあります。脚立などの必要工具も確認しておきましょう。

自分で防犯カメラを設置③必要機材の購入

防犯カメラの設置方法を現場調査で確認したら、次に機材を購入します。一般的な防犯カメラの機材としては、カメラ、ケーブル、録画装置やモニター、電源などが必要になります。用途に合った製品をリサーチして選びましょう。特にケーブルに関してはいくつかの留意点があります。
まずカメラによっては配線の最大距離が決まっている場合があるので、条件を満たした商品選びが必要。なるべくは剥き出しにならない配線が望ましいですが、剥き出しの場合は耐水性も考慮に入れましょう。同軸ケーブルを使う場合とLANケーブルを使う場合があるので、どちらが必要か確認が必要です。

自分で防犯カメラを設置④取り付け

機材が一通り揃ったらいよいよ設置工事となります。カメラを固定し、プラン通りに配線を組んでいきます。配線の際は留め金具で線を破損しないように気を付けましょう。またカメラや録画機器、モニターなどは精密機器。配線の差し込みを間違えて故障する事もあるので事前の確認が必要です。
また高所の工事作業は危険が伴いますので、脚立の上に乗らない事など、安全のための基礎ルールを守りましょう。

自分で防犯カメラを設置⑤調整

工事が終わったら、実際のカメラの写り具合を調整しましょう。まずは実際にカメラの映像がモニターに写るかどうかの確認。写らない場合は配線の再確認が必要となります。可動式のカメラであればモニターで確認しながらカメラを動かしてアングルを調整します。
このようにして防犯カメラは自分で取り付け可能になります。しかし万が一機材を破損しても自己責任となるので、不安がある場合は専門業者に頼んだ方が良いでしょう。

自分で防犯カメラを設置する方法~その注意点とは?

防犯カメラを自分で取り付ける方法について説明しました。防犯カメラを自分で取り付ける事は経費の削減に繋がりますが、取り付けに責任が伴う事も事実です。そして、防犯カメラを自分で取り付ける際にはいくつかの注意点があります。取り付けの注意点を知らないと、思わぬ事でトラブルとなる可能性もあります。
最後に、防犯カメラを自分で取り付ける際の注意事項について説明しましょう。

防犯カメラを設置する時の注意点①設置場所

防犯カメラを自分で取り付ける際の注意点としては、まずは防犯カメラの設置場所です。防犯カメラは設置場所によって、犯罪の抑制に繋がったり効果を失くしたりします。まず重要なのは玄関などの出入口。玄関に向けて防犯カメラを設置する事で不審者だけでなく訪問者のチェックも可能となります。
不審者の侵入を防ぐには窓も重要ポイント。低層階の窓に向けて防犯カメラを設置するのは侵入者を防ぐ効果的な方法です。また建物の外部に向けて防犯カメラを設置するのも不審者を近寄らせない効果に繋がります。また手が届きやすい場所に防犯カメラを設置するといたずらや破損の危険性が高まります。

防犯カメラを設置する時の注意点②撮影範囲

防犯カメラを自分で取り付ける際の注意点として、防犯カメラの撮影範囲も挙げられます。防犯カメラにはそれぞれ規定されている撮影範囲があります。その撮影範囲を間違って設置すると、せっかく設置した防犯カメラが意味をなさなくなってしまう事も。防犯カメラの映像は犯人や証拠を特定するためのもの。
例えば犯人の顔や車のナンバーなどは犯人を特定する重要なポイントとなります。証拠を逃さないように防犯カメラの撮影範囲を計算して設置しましょう。

防犯カメラを設置する時の注意点③カメラの選択

防犯カメラを自分で取り付ける際には、設置場所に合ったカメラを選択する事も重要。例えば屋外であれば防水機能が重要になります。軒下であればドーム型カメラが適しています。夜間の撮影には赤外線カメラが威力を発揮。センサーライトが付いたカメラはそれだけで不審者を恐れさせる効果があります。
場合によってはダミーのカメラを設置する方が良い場合も。設置場所によってカメラを使い分けましょう。

防犯カメラを設置する時の注意点④カメラの用途

防犯カメラを自分で取り付ける際には、カメラの用途についても理解しておきましょう。防犯カメラは、必ずしも犯罪者対策としてのみに利用されるとは限りません。店舗の場合、顧客数の把握や顧客の動線の確認にも繋がります。
顧客の動線を確認する事によって、ディスプレイや看板の設置場所を変える事も売り上げアップに繋がる対策です。オフィス内では、社員の勤務状況の確認など社内の環境をチェックするために用いられる事もあります。

防犯カメラを設置する時の注意点⑤カメラの存在を明示

防犯カメラを自分で取り付ける際には、カメラの存在を明示する事も大切です。防犯カメラの存在を明示する理由は2つあります。まずは防犯カメラの存在をはっきりさせておく事により不審者が遠のくという防犯効果。防犯カメラは犯罪の証拠を押さえるために存在します。
しかし防犯カメラの存在によって犯罪を未然に防ぐ事ができれば、それはより理想的な使い方と言えるでしょう。そしてもう1つの理由はプライバシー問題です。昨今は個人情報やプライバシーの問題は必要以上に気を遣わなければなりません。
例えば防犯カメラの映像に他人の姿や家が写っている事によって予期せぬトラブルになる場合も。また防犯カメラを別の目的のカメラと勘違いされてクレームが出るケースもあります。防犯カメラ設置時に写る映像の確認は念入りにすると共に、それが防犯カメラであると明記する事も必要です。

方法を学んで、DIYで防犯カメラを設置してみよう!

この記事では防犯カメラを自分で設置する場合の方法について解説しました。防犯カメラを自分で設置する場合、機材の破損やトラブルについては自分で責任を持たなければなりません。一方で、工事費が削減できるという大きなメリットもあります。
機械の知識に自信がある人は、DIYによる防犯カメラの設置に挑戦してみても良いかもしれません。

見守りの最新記事8件

  • ホーム・セキュリティ業界No.1のセコム~その特徴を紹介!

    セコムはホーム・セキュリティ業界のトップ企業です。日本では近年、犯罪の巧妙化や個人情報問題、一人暮らしの高齢者の安否確認問題など今までなかった問題が起こっています。家庭や企業において、セキュリティ会社の存在は年々重要になってきていました。生活の中で必要不可欠となってきているホーム・セキュリティ会社。そのホーム・セキュリティの業界でNo.1の業績を誇るセコムとはどのような会社なのでしょうか。その業績…

  • セキュリティ業界No.1のシェアを誇るセコム!その料金は?

    セコムの料金はどのようになっているのでしょうか。安全だと言われていた日本でも最近は犯罪が凶悪化・巧妙化しています。自宅や会社において、セキュリティの強化が重要になってきました。ホームセキュリティを考える時にまず思い浮かぶ会社名の一つがセコムではないでしょうか。セコムは日本のセキュリティ業界のトップ企業です。セコムはどのような面でセキュリティ業界No.1なのか、またプランの料金はどうなっているのか、…

  • ホーム・セキュリティのトップ5社を比較!どこにすればいい?

    ホーム・セキュリティ会社はどのように選べば良いのでしょうか。日本の犯罪は年を追うごとに凶悪化、そして巧妙になってきています。企業の個人情報は狙われ、放火や空き巣の手口も悪質になってきています。それに従い、ホーム・セキュリティ会社に加入する人や会社も増えてきました。ホーム・セキュリティ会社に加入する時にまず迷うのは会社選びではないでしょうか。普段はあまり気にする事もないセキュリティ会社のサービス。何…

  • スマホをウィルスから守る~ドコモの安心セキュリティとは?

    ドコモの安心セキュリティとはどのようなサービスなのでしょうか。PCにウィルスソフトを入れる事は常識となっていますが、近年はスマホのセキュリティも重視されてきています。スマホのセキュリティ対策をしようと思いながらも先延ばしにしている人は多いのではないでしょうか。ドコモでウィルスなどの脅威からスマホを守るサービスが安心セキュリティです。安心セキュリティとはどのようなサービスなのか、果たして入るべきなの…

  • 高齢者の安否確認サービスとは?各社を比較!

    高齢者の安否確認サービスとは一体どのようなものなのでしょうか。日本社会の中で近年需要が高まっている業者サービスが安否確認サービスです。現在注目されている高齢者の安否確認サービスの内容、そしてその実例を紹介しましょう。 おすすめの見守りサービス

  • 屋外用の監視カメラ選びはどうする?取付け方法や注意点も説明!

    屋外用の監視カメラはどう選べば良いのでしょうか。近年、空き巣や覗き、放火といった犯罪は巧妙化しています。また個人情報保護法の制定により、企業はセキュリティ対策の強化を余儀なくされました。個人宅においても会社においてもセキュリティの強化は重要なテーマとなっています。自宅や会社のセキュリティを守る機器である監視カメラ。監視カメラは、屋内用と屋外用で大きく区別されます。特に屋外用の監視カメラは機器選びに…

  • 老人ホームはどこが良い?高齢者施設の種類と特徴を解説!

    高齢者施設はどのように選べば良いのでしょうか。現代の日本社会が抱えている大きな問題の一つに高齢化があります。家族と離れて暮らす高齢者や要介護の高齢者であれは、高齢者施設に入居するケースも出てきます。高齢者施設を選ぶ場合、何を基準に選んで良いのか分からない事も多いでしょう。この記事では高齢者施設の種類とその選び方について解説します。 おすすめの見守りサービス

  • サービス付きが人気!高齢者住宅の種類とは?

    高齢者住宅という言葉を最近良く耳にします。高齢者住宅とは一体何なのでしょうか。高齢化は日本社会の大きな傾向となりつつあります。日本では男女ともに晩婚化が進んでいます。生涯結婚をしない人の割合も増加傾向に。これらの傾向が生み出すのが新生児の数の減少。その結果として日本社会は高齢化しています。また高齢者の親と子供の家族が同居する三世代住宅の割合も減りつつあります。代わって高齢者の親と離れて住む核家族、…

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。