高齢者の安否確認サービスとは?各社を比較!

高齢者の安否確認サービスとは一体どのようなものなのでしょうか。日本社会の中で近年需要が高まっている業者サービスが安否確認サービスです。現在注目されている高齢者の安否確認サービスの内容、そしてその実例を紹介しましょう。

おすすめの見守りサービス

高齢者の安否確認サービスが求められる背景とは?

安否確認サービスとは家族が離れて暮らしている高齢者の無事を業者が代理で確認するサービスです。今なぜ安否確認サービスが求められているのか、その理由としては以下のような事が挙げられます。

安否確認サービスが求められる理由①社会の高齢化

高齢者の安否確認サービスが求められる背景には日本社会の高齢化があります。日本社会のあり方が変わっていく中で、最近は男女の晩婚化が進んでいます。生涯を独身のまま過ごす男女の割合も増加。未婚者の増加や晩婚化は結果として少子化問題を招いています。
少子化が進むにつれて日本では、社会全体の平均年齢が上昇する高齢化問題が深刻になってきました。介護が必要の高齢者をどう管理すれば良いのか、もしもの場合の対応はどうすれば良いのか、今対策が求められています。

安否確認サービスが求められる理由②高齢者の一人暮らし

高齢化が進む一方で、家族が別々に住むケースも増えてきています。戦後の日本では高齢者から子供までが同居する三世代同居世帯が珍しくありませんでした。しかし最近では夫婦とその子供のみで形成される核家族の割合が増えています。また未婚の男女が家族と離れて暮らすケースも増加してきました。
その結果増えてくるのが高齢者の一人暮らし。そして孤独死問題が深刻化してきました。ある調査で、自宅で亡くなった一人暮らしの高齢者の数は、2003年から2017年の14年間で2.3倍になっています。

安否確認サービスが求められる理由③連絡手段が欲しい

離れて暮らす高齢者の親を持つ男女500名に実施したアンケートがあります。その結果、離れて暮らす親に心配があると答えた人は全体の80.2%。心配事としては以下のような事が挙げられていました。
■健康面や安否
■自然災害
■認知症
■交通事故
■詐欺被害
■火災
これに対し、日頃から親の安否確認を行っている人は38.2%。安否確認を行っていない理由としては「何をして良いのか分からない」「先延ばしにしている」といった意見が目立ちます。このような背景から、業者による高齢者の安否確認サービスが社会で求められています。

高齢者の安否確認サービスの種類~8タイプを紹介!

このように社会の中で必要となってきている高齢者の安否確認サービス。その安否確認サービスには大きく分けて8つのタイプがあります。高齢者の安否確認サービスを分類して、その特徴を解説しましょう。

安否確認サービスのタイプ①カメラ型

高齢者の安否確認のタイプとして、まずはカメラ型が挙げられます。カメラ型安否確認サービスでは高齢者の自宅に監視カメラを設置。セキュリティ会社が提供するものと個人取付けのものがあります。監視カメラの映像はスマホによって家族がいつも確認可能。リアルタイムの高齢者の安否を離れた場所から確認できます。
デメリットとしては高齢者がプライバシーを害された気持ちとなってしまう事。セキュリティ会社が行う本格的なカメラ監視の中には費用が高価なものもあります。

安否確認サービスのタイプ②電話確認型

高齢者の安否確認のタイプとして、2番目は電話確認型です。電話型安否確認サービスは業者が定期的に高齢者宅に電話連絡をして無事を確認します。電話型安否確認サービスは自動音声によるものとオペレーター対応のものに分かれます。自動音声の電話型安否確認サービスは何より費用が安い事がメリット。
しかし機械の音声に対応する事に高齢者が疲れてしまう可能性があります。オペレーター対応のタイプはその点、生のコミュニケーションがある事がメリット。しかし対人関係が苦手な人はオペレーターとの会話が苦痛となる可能性も。

安否確認サービスのタイプ③センサー型

高齢者の安否確認のタイプとして、次に挙げるのはセンサー型です。センサー型安否確認サービスではセキュリティ会社が高齢者宅の生活動線にセンサーを設置。毎日センサー反応がある事で高齢者の無事を確認します。また電気会社やポット会社が行う電力のセンサーによる安否確認サービスもあります。
ポット会社が行う安否確認サービスは料金が比較的安い事がメリット。ただしセキュリティ会社が行うタイプは高額になる事もあります。毎日の安否がこまめに確認できる事がメリットだと言えるでしょう。

安否確認サービスのタイプ④定期訪問型

高齢者の安否確認のタイプとしてとしては定期訪問型もあります。定期訪問型安否確認サービスは担当者が定期的に高齢者宅を訪れて直接無事を確認するタイプ。郵便局が行っているものが有名です。担当者が高齢者に直接面会するため、現状が細かく把握できる事がメリット。
また、生活に孤独を感じている高齢者にとっては話し相手ができるだけでも嬉しい場合も。しかしどうしても定期的な訪問のみとなるので、緊急事態に対応できない事がデメリット。高齢者によっては、知らない人と会話する事自体がストレスとなる場合もあります。

安否確認サービスのタイプ⑤詐欺対策型

高齢者の安否確認のタイプとしてとしては詐欺対策型も挙げられます。詐欺対策型は訪問や電話・メールによって行われますが、高齢者対象の詐欺について特化されています。最近不審な電話はなかったか、金銭を要求された事はなかったかなど定期的に確認を取ります。
特に近年の詐欺に対する被害を懸念する家族に対応する安否確認サービスです。

安否確認サービスのタイプ⑥宅配型

高齢者の安否確認のタイプとして宅配型というスタイルもあります。宅配型安否確認サービスは、食事や荷物の配達業者がその訪問時に高齢者の無事を確認するというシステム。近隣に店が少ない地域に住む高齢者には良いサービスかもしれません。
高齢者にとっては宅配型安否確認サービスに申し込む事により、日々の買い物に行く手間を省く事ができます。しかし登録や注文の手続きがスマホからしかできない場合が多く、高齢者にとってはハードルとなってしまうかもしれません。

安否確認サービスのタイプ⑦セキュリティ型

高齢者の安否確認のタイプとしてはセキュリティ会社が提供しているものが多く見られます。その中には空き巣や火災などのセキュリティを特に重視したものも。セキュリティ型安否確認サービスでは、窓やドアに侵入センサーが取り付けられ、火災報知器も設置。警報があった場合は速やかにガードマンが駆けつけます。
もちろん高齢者の健康の安否に関しても日々確認。高齢者にはブザーが渡され、身体に異変を感じた時は自ら通報する事ができます。

安否確認サービスのタイプ⑧アプリ型

高齢者の安否確認はアプリによって行う事も可能です。例えば高齢者にGPSを持たせる事によって遠保からでも位置確認ができるアプリ。GPSの位置が一定時間動かなければ異変を察知する事ができます。また徘徊行為に対して察知する事も可能。安い費用で登録できるアプリも多数あります。

安否確認サービスの実例とは?4社を比較

高齢者の安否確認について解説してきましたが、最後に実際の高齢者安否確認サービスについて見てみましょう。高齢者の安否確認サービスを行っている4社について、その特徴を紹介します。

安否確認サービス①郵便局

高齢者の安否確認を行っている業者としてまずは郵便局が挙げられます。全国の郵便局は『みまもり訪問サービス』と銘打って、高齢者宅に近い郵便局の職員を月1回訪問させるサービスを行っています。郵便局員は訪問時に選択可能な7つの質問を含む10の質問を高齢者に聞き取り。結果は家族がメールで受信できます。
また高齢者は訪問した郵便局員と共に脳活トレーニングを楽しむ事が可能。医療や介護の電話相談サービスも随時利用できます。

安否確認サービス②ALSOK

高齢者の安否確認を行っている2社目の企業はALSOKです。ALSOKでは高齢者宅の鍵を預かり、異常を検知した時及び本人からの通報があった時はガードマンが直ちに対応するサービスを行っています。高齢者宅には専用のコントローラーが設置され、本人が異変を感じた時に通報できます。
高齢者宅には火災感知器やガスセンサーも設置され、事故によるトラブルにも対応。また高齢者がヘルスセンターに24時間相談ができるサービスも実施しています。

安否確認サービス③こころみ

高齢者の安否確認を行っている業者としてはこころみもあります。こころみは高齢者の安否確認サービスを行うための専門業者。こころみでは担当者が毎週定期的に高齢者宅に電話する『つながりプラス』サービスを実施。電話の結果はメールによってその都度家族に知らされます。
つながりプラスは、中々連絡が取りにくい高齢者での安否確認を専門業者が行うサービス。家族の距離が縮まったという声が出ています。

安否確認サービス④象印マホービン

高齢者の安否確認を行っている会社として最後に象印マホービンが挙げられます。象印マホービンでは自社のポットにセンサーを設置。毎日高齢者が頻繁に利用するポットの使用状況で安否を確認するサービスを行っています。ポットの使用状況は毎日家族にメール連絡。
比較的安価で利用できる安否確認サービスとして人気です。

安否確認サービスは高齢化社会の見方である!

この記事では一人暮らしの高齢者の安否確認サービスについて取り上げました。離れて暮らす家族にとっては気がかりな高齢の両親の安否確認。現在多くの業者が安否確認サービスを実施しています。高齢者の安否確認を先延ばしにせず、この機会に安否確認サービスに申し込んでみましょう。

見守りの最新記事8件

  • 高齢者や子供の外出をGPSで管理!GPSの居場所検索機能についても徹底解説

    GPSと聞けば映画などで相手の位置情報を探るなどといったイメージがあると思いますが、このGPSの居場所検索機能というのは現実世界にも応用されています。様々な用途で使われてますが、今回はその中でも一般人に向けた用途である高齢者や子供の外出時を見守る見守り機能としてのGPSを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • GPSの居場所検索サービスとは?メリットデメリットを徹底解説!

    GPSの居場所検索サービスというのはGPSを使って特定の人の居場所を検索するというものです。多くの場合は見守りサービスとして高齢者や子供見守り際に使用されますが、最近では待ち合わせや浮気防止などにも使用されるようになってきました。今回はそんなGPSの居場所検索サービスとは一体何なのか、そのメリットやデメリットなどを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 外出時の見守りGPSとは?特徴を徹底解説

    最近では多くの家庭で見守りサービスを利用していますが、そのほとんどが家庭内で行う見守りサービスであり外出中の見守りサービスを利用している家庭はまだまだ少ないです。 しかし見守りGPSを利用すれば外出中であっても見守りを行うことができます。 今回はそんな見守りGPSとはいったい何なのかを徹底的に解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 見守り用GPSとは?その特徴や端末別の価格を徹底比較!

    最近では子供の習い事や高齢者の散歩などにGPSを利用する家庭が増えてきました。GPSを利用することで子供や高齢者がどこにいるのかなどがすぐにわかるため非常に重宝されています。 今回はそんなGPS端末を価格別にメリットデメリットやその特徴などを紹介していきます。 おすすめの見守りサービス

  • GPSで認知症対処?徘徊に使えるサービスとは?

    認知症対策として様々なグッズやアイテム、見守りサービスなどがありますが、GPSを見守りサービスの一覧として使用している方はまだまだ少ないです。しかしGPSは認知症などで夜間徘徊をしてしまう高齢者への対策として非常に有効です。 今回はそんなGPSと認知症の関係、種類いなどを解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 外出時の見守り?老人用のGPSとは

    老人用のGPSと言うのは、主に外出時に高齢者が危険な目にあっていないか、事故などにあって動けないでいるのではないか、といった状況に対応することができます。 GPSと聞くとあまり一般的ではないイメージがありますが、現在ではほとんどのスマホにGPS機能が取り付けられていたり、高齢者専用のGPSが開発されていたり、見守りによく利用されているアイテムの1つです。 おすすめの見守りサービス

  • キッズケータイで外出時の見守りも?内蔵GPSとは?!

    小学生の子供でもスマートフォンを使用しているのが当たり前の時代になってきました。しかしさすがに小学生にスマホ持たせるのは早すぎると考えている保護者の方も多く、学校で自分だけスマホ持てないという子供も一定数存在します。しかしスマホにはGPSが内蔵されているものがほとんどで、子供が外出時にどこへ行ってるのか、どのようなルートを通っているのかというのが簡単に管理することができます。今回はそんなGPSを内…

  • スマホ一つで私生活が丸わかり?!「行動履歴」とは?

    最近ではコンビニへ行くだけでも、すまほー持ち歩く人が多くなってきました。スマホと言うのはそれだけ私たちの生活に密着して、肌身離さず持つ存在となりましたが、そんなスマホが私たちの生活を全て記録しているといった事実は、多くの人が知りません。 今回は、スマホが行っている行動履歴とは一体何なのかを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。