セキュリティ業界No.1のシェアを誇るセコム!その料金は?

セコムの料金はどのようになっているのでしょうか。安全だと言われていた日本でも最近は犯罪が凶悪化・巧妙化しています。自宅や会社において、セキュリティの強化が重要になってきました。ホームセキュリティを考える時にまず思い浮かぶ会社名の一つがセコムではないでしょうか。
セコムは日本のセキュリティ業界のトップ企業です。セコムはどのような面でセキュリティ業界No.1なのか、またプランの料金はどうなっているのか、この記事で見ていきましょう。

おすすめの見守りサービス

【料金はいくら?】セコムはセキュリティ業界のトップ企業!

セコムは日本のセキュリティ業界のNo.1企業とされていますが、セコムがNo.1とされているのにはいくつかの理由があります。どのような面でセコムが業界トップとされるのか、その理由をまとめてみました。

業界No.1のセコム①売り上げ

会社の評価を表す数字としては、まず売上高が挙げられるでしょう。2018年に調査された、セキュリティ業界の主要企業における年間売上高を比較した表があります。以下の通りです。

会社名年間売上高
セコム株式会社9,280億円
ALSOK綜合警備保障4,133億円
CSPセントラル警備保障493億円
株式会社アサヒセキュリティ421億円
株式会社全日警369億円

この売上高は関連会社の数字も含んでいますが、セコムは2位のALSOKに2倍以上の差を付けています。アサヒセキュリティはセコムの関連会社で、セコムの売上高にも加算されています。

業界No.1のセコム②従業員

企業の規模を表す数字としては従業員数も挙げられるでしょう。2018年に調査されたセキュリティ業界の主要企業の従業員数をまとめたランキングがあります。以下の通りです。

会社名従業員数
セコム株式会社15,000名
ALSOK綜合警備保障12,000名
CSPセントラル警備保障3,500名
株式会社全日警5,000名

この数字のうち、全日警は関連会社も含んでおり、他の3社は単独の数字となります。ここでも1位はセコムで15,000名、関連会社も含むと43,000名です。2位のALSOKは12,000名、こちらは関連会社を含めると38,000名となっています。

業界No.1のセコム③緊急発動拠点数

セキュリティ会社の信頼度を測る数字として、緊急発動拠点数があります。緊急発動拠点とは、カスタマーから緊急発動の警報を受けた時に出動するガードマンが待機している事務所を指します。緊急発動拠点が多いという事はそれだけ現場から近い発動拠点が多くなります。
それはすなわち素早く現場に到着できる可能性が高くなるという事。各会社の緊急発動拠点数は以下の通り。

会社名緊急発動拠点数(対象地域)
セコム株式会社約2,800カ所(全国)
ALSOK綜合警備保障約2,100カ所(全国)
関電SOS未発表(近畿)
CSPセントラル警備保障約175カ所(全国)
株式会社全日警約234カ所(全国)

この数字のうちセントラル警備保障のものは関連会社を含んでいません。ここでもセコムは業界トップの数字を誇っています。

業界No.1のセコム④知名度

業界での会社のランクを表す数戯としてはもう一つ、知名度が挙げられます。一般の人を対象に行ったセキュリティ業界に関するアンケートがあります。会社名を挙げた時に「知っている」と答えた割合は以下の通りです。

会社名知名度
セコム株式会社95.9%
ALSOK綜合警備保障92.8%
CSPセントラル警備保障63.2%
どれも知らない2.4%

セコムとALSOKに関してはほとんどの人が名前を知っているという結果になりましたが、ここでもセコムがわずかにALSOKをリードしています。セコムはセキュリティ業界において、名実共にNo.1の会社だと言えるでしょう。

月々いくら?セコムの料金をプラン別に解説!

まずはセコムがセキュリティ業界のNo.1企業と呼ばれる理由について取り上げました。次にセコムの使用料について見てみましょう。セコムの基本プランとしては『NEO』があります。NEOは現場の仕様にある程度関係なく、機器の数によって料金が決まるので見積もりが立てやすくなっています。
戸建て、マンション、オフィスなど異なった条件において、セコムNEOプランの料金がどうなっているのか調べてみました。

セコムの料金①戸建てプラン

まずはセコムNEOの戸建てプランについて見てみましょう。セコムNEOの戸建て標準プランにおいての機器の仕様は以下の通りです。これ以上の機器を設置する場合は追加料金となります。

機器
防犯センサー窓・扉:15個、空間センサー:3個
火災センサー煙/熱の選択可、1個
他の機器セット解除ボックス・フラッシュライトなど

料金は機器レンタルと機器買取りで分かれます。料金は以下の通り。買取りの場合は建物構造などにより料金が変動します。

機器レンタル料金機器買取り料金
1ヶ月使用料:6,800円工事費:58,000円保証金:20,000円※価格は税別。保証金は契約満了後に返却。1ヶ月使用料:4,500円工事費・買取り料:387,200円※価格は税別。

セコムの料金②マンション・戸建て小規模プラン

続いてはセコムNEOのマンション・戸建て小規模プランです。ここでは以下の機器を使用するとします。

機器
ホームコントローラー1個
窓・扉センサー合計3個
空間センサー1個
火災センサー1個
フラッシュライト1個

この場合も機器レンタルと機器買取りで分かれ、料金は以下の通りとなります。

機器レンタル料金機器買取り料金
1ヶ月使用料:4,300円工事費:43,000円保証金:20,000円※価格は税別。保証金は契約満了後に返却。1ヶ月使用料:3,000円工事費・買取り料:152,000円※価格は税別。

セコムの料金③住宅兼オフィス・店舗・医院プラン

セコムNEOの使用料、最後に住宅兼オフィス・店舗・医院プランについて見てみましょう。ここで使用する機器は以下の通りとします。

機器
窓・扉センサー6個
空間センサー3個
火災センサー2個
フラッシュライト2個
非常ボタン1個

料金は機器レンタルと機器買取りで分かれ、以下の通りとなります。

機器レンタル料金機器買取り料金
1ヶ月使用料:7,800円工事費:65,000円保証金:20,000円※価格は税別。保証金は契約満了後に返却。1ヶ月使用料:4,500円工事費・買取り料:331,700円※価格は税別。

業界トップ2の違いは?セコムとALSOKの料金を比較!

ここまでセキュリティ業界におけるセコムの業績などを紹介してきましたが、セコムと共に業界のトップに君臨する会社がALSOKです。セコムとALSOKはセキュリティ業界の2大トップと言って良いでしょう。ここではセコムとALSOKを比較してみます。

セコムとALSOKを比較①ALSOKの特徴「ゼロスタートプラン」

ALSOKとセコムに違いを見る時に『ゼロスタートプラン』が挙げられます。このゼロスタートプランはセコムにはない、ALSOKのオリジナル・プラン。ゼロスタートプランでは機材費、工事費、保証金が全て0円。その代わり1ヶ月の使用料が割高に設定されています。
したがって長期の利用となるとゼロスタートプランの方がむしろ割高になるケースも。しかし短期的にセキュリティ機器を利用したい場合にはお得なプランです。

セコムとALSOKを比較②戸建てプランで2社を比較

ここでセコムとALSOKの戸建てプランを比較してみましょう。セコムの戸建て基本プランは『NEO』、ALSOKの基本プランは『ホームセキュリティBasic』です。それぞれの仕様を表にしてみました。ALSOKのホームセキュリティBasicプランと同レベルのものという事で、セコムは戸建て小規模プランで比較しています。

セコムNEO戸建てプランALSOKホームセキュリティBasicプラン
窓・扉センサー3個なし
空間センサー1個1個
火災センサー1個1個
施錠確認センサーなし7個
開閉センサーなし1個
その他の機器セット解除ボックス・フラッシュライトなど無線式ミニコントローラー・フラッシュライト・非常ボタンなど
機器レンタル料金1ヶ月使用料:4,300円工事費:43,000円保証金:20,000円※価格は税別。保証金は契約満了後に返却。1ヶ月使用料:6,040円初期費用:53,000円※価格は税別。
機器買取り料金1ヶ月使用料:3,000円工事費・買取り料:152,000円※価格は税別。1ヶ月使用料:3,500円工事費・買取り料:247,600円※価格は税別。
ゼロスタートプランなし1ヶ月使用料:7,760円初期費用: 0円※価格は税別。

2社で使用に多少の差はありますが、戸建てプランに関してはセコムが若干安め。ALSOKのゼロスタートプランなどは短期利用など特殊な場合に有利です。

業界1位でも高くない~セコムを他社と比較!

セコムとALSOKのプランを比較してみました。最後にセコムを他のセキュリティ会社とも比較してみましょう。セキュリティ業界でセコムとALSOKに次ぐ業界3位から5位の会社は以下のようになります。
3位:CSPセントラル警備保障
4位:関電SOS
5位:株式会社全日警
これらのセキュリティ会社とセコムの戸建てプラン(4LDK程度の大きさ)の使用料金を比較してみました。

会社名使用料金(機器レンタルの場合)
セコム株式会社1ヶ月使用料:6,800円工事費:58,000円保証金:20,000円※価格は税別。保証金は契約満了後に返却。
CSPセントラル警備保障1ヶ月使用料:6,000円工事費:42,400円保証金:20,000円※価格は税別。保証金は契約満了後に返却。
関電SOS該当プランなし
株式会社全日警1ヶ月使用料:6,500円工事費:84,000円保証金:20,000円※価格は税別。保証金は契約満了後に返却。

セコムとこの3社の料金を比較しても、同程度の料金で収まっています。

セコムは業界トップでありながら料金は高くない!

この記事ではセキュリティ業界のNo.1企業であるセコムについて取り上げました。セコムは業績、サービス、知名度、全てにおいてNo.1の業界トップ企業です。またセキュリティプランの料金設定も他社に比べて特に高いという事はありません。初めてのホームセキュリティはセコムに依頼してみるのも良いでしょう。

見守りの最新記事8件

  • 高齢者や子供の外出をGPSで管理!GPSの居場所検索機能についても徹底解説

    GPSと聞けば映画などで相手の位置情報を探るなどといったイメージがあると思いますが、このGPSの居場所検索機能というのは現実世界にも応用されています。様々な用途で使われてますが、今回はその中でも一般人に向けた用途である高齢者や子供の外出時を見守る見守り機能としてのGPSを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • GPSの居場所検索サービスとは?メリットデメリットを徹底解説!

    GPSの居場所検索サービスというのはGPSを使って特定の人の居場所を検索するというものです。多くの場合は見守りサービスとして高齢者や子供見守り際に使用されますが、最近では待ち合わせや浮気防止などにも使用されるようになってきました。今回はそんなGPSの居場所検索サービスとは一体何なのか、そのメリットやデメリットなどを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 外出時の見守りGPSとは?特徴を徹底解説

    最近では多くの家庭で見守りサービスを利用していますが、そのほとんどが家庭内で行う見守りサービスであり外出中の見守りサービスを利用している家庭はまだまだ少ないです。 しかし見守りGPSを利用すれば外出中であっても見守りを行うことができます。 今回はそんな見守りGPSとはいったい何なのかを徹底的に解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 見守り用GPSとは?その特徴や端末別の価格を徹底比較!

    最近では子供の習い事や高齢者の散歩などにGPSを利用する家庭が増えてきました。GPSを利用することで子供や高齢者がどこにいるのかなどがすぐにわかるため非常に重宝されています。 今回はそんなGPS端末を価格別にメリットデメリットやその特徴などを紹介していきます。 おすすめの見守りサービス

  • GPSで認知症対処?徘徊に使えるサービスとは?

    認知症対策として様々なグッズやアイテム、見守りサービスなどがありますが、GPSを見守りサービスの一覧として使用している方はまだまだ少ないです。しかしGPSは認知症などで夜間徘徊をしてしまう高齢者への対策として非常に有効です。 今回はそんなGPSと認知症の関係、種類いなどを解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 外出時の見守り?老人用のGPSとは

    老人用のGPSと言うのは、主に外出時に高齢者が危険な目にあっていないか、事故などにあって動けないでいるのではないか、といった状況に対応することができます。 GPSと聞くとあまり一般的ではないイメージがありますが、現在ではほとんどのスマホにGPS機能が取り付けられていたり、高齢者専用のGPSが開発されていたり、見守りによく利用されているアイテムの1つです。 おすすめの見守りサービス

  • キッズケータイで外出時の見守りも?内蔵GPSとは?!

    小学生の子供でもスマートフォンを使用しているのが当たり前の時代になってきました。しかしさすがに小学生にスマホ持たせるのは早すぎると考えている保護者の方も多く、学校で自分だけスマホ持てないという子供も一定数存在します。しかしスマホにはGPSが内蔵されているものがほとんどで、子供が外出時にどこへ行ってるのか、どのようなルートを通っているのかというのが簡単に管理することができます。今回はそんなGPSを内…

  • スマホ一つで私生活が丸わかり?!「行動履歴」とは?

    最近ではコンビニへ行くだけでも、すまほー持ち歩く人が多くなってきました。スマホと言うのはそれだけ私たちの生活に密着して、肌身離さず持つ存在となりましたが、そんなスマホが私たちの生活を全て記録しているといった事実は、多くの人が知りません。 今回は、スマホが行っている行動履歴とは一体何なのかを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。