ホーム・セキュリティ業界No.1のセコム~その特徴を紹介!

セコムはホーム・セキュリティ業界のトップ企業です。日本では近年、犯罪の巧妙化や個人情報問題、一人暮らしの高齢者の安否確認問題など今までなかった問題が起こっています。家庭や企業において、セキュリティ会社の存在は年々重要になってきていました。
生活の中で必要不可欠となってきているホーム・セキュリティ会社。そのホーム・セキュリティの業界でNo.1の業績を誇るセコムとはどのような会社なのでしょうか。その業績から人気の秘密まで解き明かします。

おすすめの見守りサービス

セコムはホーム・セキュリティ業界のトップ企業である!

セコムはホーム・セキュリティ業界のトップ企業として君臨しています。それではセコムはどのような点で業界トップなのでしょうか。項目別にその実績を見てみましょう。

ホーム・セキュリティ業界ランキング①全体の業者数は?

セコムのホーム・セキュリティ業界での実績を調べる前に、まずは日本のホーム・セキュリティ会社の数を見てみましょう。2016年の統計によると、日本全国にある警備会社の数は約9,400社となっています。その中でホーム・セキュリティ会社は機械警備会社に該当します。
機械警備会社は全国で約650社あるとされていました。その中でホーム・セキュリティを担当する会社は約480社。ちなみに住宅以外を担当する機械警備会社は約590社でした。

ホーム・セキュリティ業界ランキング②売上

ホーム・セキュリティ業界の会社ランキング、まずは売上げを見てみましょう。ここでホーム・セキュリティ業界の会社を売上げが大きい順に並べた表があります。ここでの数字は2018年2月時点で発表されていた年間売上高です。表は以下の通り。

ホーム・セキュリティ会社名売上高
セコム株式会社9,280億円
ALSOK綜合警備保障4,133億円
CSPセントラル警備保障493億円
株式会社アサヒセキュリティ421億円
株式会社全日警369億円

このデータでセコムとALSOKに関しては関連会社の売上げも含んでいますが、それでもなお、この2社の売上げがダントツと言えるでしょう。アサヒセキュリティはセコムの関連会社で、セコムの売上げにも含まれています。

ホーム・セキュリティ業界ランキング③従業員数

ホーム・セキュリティ業界でのセコムの実績を見る上で、次に従業員の数を見てみましょう。日本のホーム・セキュリティ会社のおおよその従業員数を多い順に並べた表があります。以下の通りです。

ホーム・セキュリティ会社名おおよその従業員数
セコム株式会社15,000人
ALSOK綜合警備保障12,000人
株式会社全日警5,000人
CSPセントラル警備保障3,500人
東洋テック(関電SOSの関連会社)1,400人

ホーム・セキュリティ会社の規模をその従業員数で見た場合も、1位のセコムと2位のALSOKが抜きん出ていると言って良いでしょう。関連会社も含めるとセコムの従業員は約43,000人に上り、業界トップです。

ホーム・セキュリティ業界ランキング④知名度

ホーム・セキュリティ業界のトップ企業を決める上で、一般の知名度も重要なバロメーターとなるでしょう。2017年にホーム・セキュリティ業界に関して行われたアンケートがあります。ホーム・セキュリティ業界の会社名を挙げて知っているか尋ねたところ、結果は以下の通りとなりました。

ホーム・セキュリティ会社名認知度
セコム株式会社95.9%
ALSOK綜合警備保障92.8%
CSPセントラル警備保障63.2%
いずれの会社も知らない2.4%

やはり、ホーム・セキュリティ業界の2大トップ会社であるセコムとALSOKの知名度は3位のセントラル警備保障を引き離しています。会社名を知ったきっかけとしてはテレビのCMが最多でした。

ホーム・セキュリティ会社分析~セコムと他の会社を比較!

ホーム・セキュリティ業界のトップ企業として君臨するセコム。その業績を数字の面で探ってみました。次にセコムが行っているサービスを他のホーム・セキュリティ会社と比較してみましょう。ここでもセコムの人気の理由が垣間見えます。

ホーム・セキュリティ会社比較①発動拠点数

セコムのホーム・セキュリティ・サービスを表す数字として、発動拠点数を見てみましょう。発動拠点とは、警報を受けた際に出動するガードマンが待機しているオフィスの数を指しています。発動拠点が多いという事は、ガードマンの到着時間が短くなる可能性が高まります。結果は以下の通り。

ホーム・セキュリティ会社名発動拠点数(対象地域)
セコム株式会社約2,800(全国)
ALSOK綜合警備保障約2,100(全国)
関電SOS未公表(近畿)
CSPセントラル警備保障175(全国)+関連会社
株式会社全日警234(全国)

発動拠点数でもセコムは1位となっています。緊急通報時には重要になるガードマンの到着時間、この面でもセコムは信頼できるホーム・セキュリティ会社だと言えるでしょう。

ホーム・セキュリティ会社比較②ベーシックプランの概要

セコムを始めとしたホーム・セキュリティ会社にはニーズに応じてさまざまなプランが用意されています。その中で、オプションなしとして用意されている基本プランを比較する事はサービスの充実度を見る一つのバロメーターとなるでしょう。ホーム・セキュリティの各会社の基本サービスの内容を表にしました。

ホーム・セキュリティ会社名基本プラン名防犯/火災/非常事態ガス漏れ救急通報生活監視
セコム株式会社NEO
ALSOK綜合警備保障ホーム・セキュリティα
関電SOSなし有(火災はオ)なし
CSPセントラル警備保障フルオンラインプラン有(防犯以外は選)
株式会社全日警ハッピーガード
大阪ガスセキュリティサービス株式会社アイルス有(火災はオ)
東急セキュリティ株式会社なし有(火災はオ)

有:対応あり
オ:オプションにて対応あり
選:オーダーメイドにて対応あり
次に基本プランで対応しているセキュリティ機器について見てみましょう。以下の表のようになっています。

ホーム・セキュリティ会社名共通セキュリティ機器非共通セキュリティ機器
セコム株式会社コントローラー/室内空間センサー/煙・火災・ガス感知器/フラッシュライト/窓ガラスセンサー/警報ブザー/ステッカー非常ボタン/シャッターセンサー/屋外用空間センサー/マイドクター/ジャロジーセンサー/キャンセルボタン
ALSOK綜合警備保障非常ボタン/施錠確認センサー/ミニコントローラー/非常ペンダントブザー/屋外センサーライト/キャンセルリモコン/ジャロジーセンサー
関電SOS非常ボタン/マルチリモコン
CSPセントラル警備保障非常ボタン/リモコン/ジャロジーセンサー/サブコントローラー(選択式)
株式会社全日警非常ボタン(火災)/ガス感知器及びフラッシュライトはオプション対応
大阪ガスセキュリティサービス株式会社窓ガラスセンサーはオプション対応
東急セキュリティ株式会社

ホーム・セキュリティ各会社の基本プランの比較の結果、総合的に充実しているのは全日警のプラン『ハッピーガード』と言えるでしょう。しかしセコムの『NEO』及びALSOKの『ホーム・セキュリティα』がセキュリティ機器においては最も充実しています。

セコムがホーム・セキュリティ業界のNo.1である理由とは?

このようにセコムは名実共に日本のホーム・セキュリティ業界のNo.1企業と言えるでしょう。ここまで見てきた事を踏まえて、最後にセコムがホーム・セキュリティのトップ企業である理由をまとめてみました。以下の3点となります。

セコムの特徴①発動拠点数No.1

セコムは日本のホーム・セキュリティ会社の中でもトップを誇る2,800もの発動拠点を持っています。ホーム・セキュリティ業界において、緊急の警報を受けた際にどれだけ早く現場に到着できるかという事はサービスの重要点となります。例えば不法侵入や火災、高齢者の体調不良の警報などは一刻を争う場合があります。
業界最多の発動拠点数を持つという事がそれだけ現場に近いガードマンが大勢いるという事。セコムは長年の経営の中で築きあげてきた安心を社会に提供します。

セコムの特徴②豊富なノウハウ

ホーム・セキュリティのサービスを日本で初めて提供した会社はセコム。1981年の事でした。それ以来セコムはホーム・セキュリティ業界で最も長く、最も多くのカスタマーと関わってきました。セコムには長年積み上げてきたホーム・セキュリティ管理のノウハウがあります。
セコムではその豊富なノウハウを踏まえて、契約時にそれぞれに合ったプランを提供。カスタマー側のニーズをくみ取った上で今までの様々な事例や対策を紹介。どのようにホーム・セキュリティを実施していくべきか、最適な方法を考えます。

セコムの特徴③安心なオプション

セコムではホーム・セキュリティ・プランの契約後も安心のオプションを多数用意しています。万が一のトラブルに備えて補償制度を標準で完備。近年増えている高齢者の見守りにおいては看護師による24時間365日対応の電話相談が可能。
家庭総合保険に加入している場合、ホーム・セキュリティを導入する際にリスク軽減による割引が適用されます。セコムは契約後のアフターケアも充実しており、真の意味で日本のNo.1ホーム・セキュリティ会社と言えるでしょう。

セコムは名実ともにホーム・セキュリティ業界No.1の企業である!

この記事では日本のホーム・セキュリティ業界のトップに君臨する企業であるセコムについて解説しました。一般のアンケートの会社知名度でも業界のトップであるセコムは、サービスも充実しています。その名前に恥じない、名実共にNo.1の会社だと言えるでしょう。
ホーム・セキュリティの導入を考えている場合、まずはセコムがおすすめです。

見守りの最新記事8件

  • ホーム・セキュリティ業界No.1のセコム~その特徴を紹介!

    セコムはホーム・セキュリティ業界のトップ企業です。日本では近年、犯罪の巧妙化や個人情報問題、一人暮らしの高齢者の安否確認問題など今までなかった問題が起こっています。家庭や企業において、セキュリティ会社の存在は年々重要になってきていました。生活の中で必要不可欠となってきているホーム・セキュリティ会社。そのホーム・セキュリティの業界でNo.1の業績を誇るセコムとはどのような会社なのでしょうか。その業績…

  • セキュリティ業界No.1のシェアを誇るセコム!その料金は?

    セコムの料金はどのようになっているのでしょうか。安全だと言われていた日本でも最近は犯罪が凶悪化・巧妙化しています。自宅や会社において、セキュリティの強化が重要になってきました。ホームセキュリティを考える時にまず思い浮かぶ会社名の一つがセコムではないでしょうか。セコムは日本のセキュリティ業界のトップ企業です。セコムはどのような面でセキュリティ業界No.1なのか、またプランの料金はどうなっているのか、…

  • ホーム・セキュリティのトップ5社を比較!どこにすればいい?

    ホーム・セキュリティ会社はどのように選べば良いのでしょうか。日本の犯罪は年を追うごとに凶悪化、そして巧妙になってきています。企業の個人情報は狙われ、放火や空き巣の手口も悪質になってきています。それに従い、ホーム・セキュリティ会社に加入する人や会社も増えてきました。ホーム・セキュリティ会社に加入する時にまず迷うのは会社選びではないでしょうか。普段はあまり気にする事もないセキュリティ会社のサービス。何…

  • スマホをウィルスから守る~ドコモの安心セキュリティとは?

    ドコモの安心セキュリティとはどのようなサービスなのでしょうか。PCにウィルスソフトを入れる事は常識となっていますが、近年はスマホのセキュリティも重視されてきています。スマホのセキュリティ対策をしようと思いながらも先延ばしにしている人は多いのではないでしょうか。ドコモでウィルスなどの脅威からスマホを守るサービスが安心セキュリティです。安心セキュリティとはどのようなサービスなのか、果たして入るべきなの…

  • 高齢者の安否確認サービスとは?各社を比較!

    高齢者の安否確認サービスとは一体どのようなものなのでしょうか。日本社会の中で近年需要が高まっている業者サービスが安否確認サービスです。現在注目されている高齢者の安否確認サービスの内容、そしてその実例を紹介しましょう。 おすすめの見守りサービス

  • 屋外用の監視カメラ選びはどうする?取付け方法や注意点も説明!

    屋外用の監視カメラはどう選べば良いのでしょうか。近年、空き巣や覗き、放火といった犯罪は巧妙化しています。また個人情報保護法の制定により、企業はセキュリティ対策の強化を余儀なくされました。個人宅においても会社においてもセキュリティの強化は重要なテーマとなっています。自宅や会社のセキュリティを守る機器である監視カメラ。監視カメラは、屋内用と屋外用で大きく区別されます。特に屋外用の監視カメラは機器選びに…

  • 老人ホームはどこが良い?高齢者施設の種類と特徴を解説!

    高齢者施設はどのように選べば良いのでしょうか。現代の日本社会が抱えている大きな問題の一つに高齢化があります。家族と離れて暮らす高齢者や要介護の高齢者であれは、高齢者施設に入居するケースも出てきます。高齢者施設を選ぶ場合、何を基準に選んで良いのか分からない事も多いでしょう。この記事では高齢者施設の種類とその選び方について解説します。 おすすめの見守りサービス

  • サービス付きが人気!高齢者住宅の種類とは?

    高齢者住宅という言葉を最近良く耳にします。高齢者住宅とは一体何なのでしょうか。高齢化は日本社会の大きな傾向となりつつあります。日本では男女ともに晩婚化が進んでいます。生涯結婚をしない人の割合も増加傾向に。これらの傾向が生み出すのが新生児の数の減少。その結果として日本社会は高齢化しています。また高齢者の親と子供の家族が同居する三世代住宅の割合も減りつつあります。代わって高齢者の親と離れて住む核家族、…

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。