高齢者の徘徊問題にはGPS!その使い方や効果とは?

高齢者が歳を重ねれば重ねるほど、認知症などの症状も発症して夜中の徘徊問題が出てくるのは時間の問題です。現在でも多くの人が高齢者の徘徊問題に悩まされており、日本の社会問題の1つとして数えられています。
今回はそんな高齢者の徘徊問題に使えるGPSとは一体何なのか、その使い方や効果について徹底解説していきます。

おすすめの見守りサービス

徘徊問題に使えるGPSとは?

徘徊問題に使えるGPSというのは、本来のGPSの居場所検索機能を使ったもので、徘徊したときに高齢者がどこに行ってしまったのか、特定の場所を出入りする機能を使って家を出た瞬間に高齢者を捕まえる、といった利用の仕方ができます。

居場所検索で徘徊場所を特定

居場所検索機能を使うことによって、高齢者がどこを徘徊するのかを特定することができます。多くの徘徊問題の場合は、高齢者が徘徊しないように施錠を強化したり、家の中から出られないような工夫をする家庭が非常に多いですが、GPSで居場所検索ができるとなれば、もしも高齢者が夜間徘徊などをしてしまっても、すぐに居場所を突き止めて捕まえることができます。
認知症の高齢者といっても、頑丈な施錠を解除して外に出られない保証はありませんし、鍵のかけ忘れなどで簡単に入れてしまうことも十分に考えられます。
また外に出たい時に出られないといった理由から、家の中で怒ったり、暴れてしまう高齢者も少なからず存在します。
その、GPSを使うことによって嫌がる高齢者がほとんど存在しなく、非常にコンパクトなサイズなのでGPSを持っていることすら忘れてしまう場合がほとんどです。
そのため家族が気づかない間に夜間徘徊をしても、大きな問題にはなりません。

家を出る通知により徘徊を防止

夜間徘徊の対策ともいえる性能の1つですが、家を出る際にGPSが検知して通知をしてくれるもの、家から半径10メートル以内に出た際に通知をしてくれるものなどが存在し、夜間徘徊をして遠くに行ってしまう前に対処することが可能です。
こちらはGPSの種類によってその性能や範囲などは変わってきますが、非常に高性能なGPSの場合は、家を特定の場所だと登録しておけば玄関から1歩出るだけでGPSが反応してくれます。
寝ていてもメールの通知に気付けるような人なら、徘徊をする前に防止することが可能です。

徘徊対策なオススメなGPSのタイプ

GPSは様々なタイプが存在し、その中でも徘徊対策に特化したものもいくつか存在します。しかし、そんな徘徊用のGPSの中でもオススメなタイプが存在するので、今回は4つほど紹介します。

装着できるタイプ

こちらは非常に大切なポイントの1つで、以下のタイプに当てはまらなくてもこの装着できるタイプであれば購入する価値は十分にあります。装着できるタイプでは高齢者のベルト、ズボン、ポケットなどに装着でき、GPSを肌身離さず持っていることができるタイプのものです。
中には靴などに収納できるタイプのGPSと靴がセットになっているものも存在し、家から出るときに必ず履く靴なのでかなりの確率で機能してくれます。
しかし装着できるタイプを購入する上で注意が必要なのは、重量が重かったり大きさが大きかったりすると高齢者の生活の邪魔になってしまい、つけること自体を嫌がる可能性もあります。そのため装着できるタイプの中でも、軽重量なものやコンパクトサイズなものは特にオススメです。

電池長持ちタイプ

電池が長持ちするタイプのGPSというのは、非常にオススメなタイプの1つです。
徘徊癖のある高齢者にGPSを持たせる場合は、いつどこで高齢者がいなくなってもいいように、常に高齢者に身に付けておきたいので、すぐに電池が切れてしまうようなタイプのGPSだと、あまり機能を果たしてくれません。
例えば非常に高性能なGPSだが、電池が長持ちしないタイプだと、家の中でGPSの電池が消耗してしまい、いざ夜に徘徊し始めた時に電池が切れてしまった、といった場合になりかねません。
また夜間徘徊時にGPSで居場所を特定したものの、途中で電池が切れてしまい確認した場所に行ってもそこに高齢者の姿がもうなかった、といったように電池が長持ちしないタイプのGPSは、徘徊用には向かないので注意が必要です。
例えば高齢者の散歩や外出時のみに使いたいという場合は、電池が長持ちでないタイプのものでも良いですが、徘徊用となれば用途が違ってくるのであまりオススメしません。

防水タイプ

こちらはあれば良いといった機能の1つですが、現在の薬は防水機能が付いているタイプとついていないものが存在し、防水機能が付いていないタイプの物だと、雨の日に夜間徘徊をしてしまった場合に壊れてしまう可能性があります。基本的に徘徊癖のある高齢者にGPSを取り付ける場合は、衣服のどこかに取り付けたり、ポケットの中にしまったりしますが、雨がついていても濡れてしまう下半身や靴などにしまうタイプのGPSは、防水機能が必須となります。

コンパクトサイズ

こちらは非常に大切なポイントの1つで、どんなタイプのGPSを購入してもコンパクトサイズであるのに越した事はありません。
何度も繰り返し記述していますが、高齢者用のGPSというのは高齢者に常に持ち歩いてもらう必要があるため、重いものだったり大きいものと言うのは高齢者にとって大きな負担となります。
そのためなるべく軽くて小さな物を選ぶ必要があり、高齢者にとってもGPSを受け入れやすいものと認識してもらう必要があります。
例えば非常に高性能で防水機能付き、電池もフル充電なら1週間は持つといった優れものであっても、大きさが手のひら以上あるものか、通常のGPSと何ら機能は変わらず、防水機能は付いていなくて、電池も2日に1回は充電しないといけないものであっても、サイズが非常にコンパクトなら後者の方がお勧めです。

徘徊対策のGPSの注意点

徘徊対策としてGPSを使用する際に、昨日同行の以前に注意しなければいけない問題がいくつか存在します。これはほぼ全てのGPSに共通する注意点なので、GPSを購入する際にはぜひ参考にしてみてください。

落としてしまう

GPSというのが、地球上のどこにいてもその位置検索を行うことができる非常に優れたものですが、それはあくまでGPSの居場所を検索するだけであり、高齢者自身の居場所を検索するものではないということを理解しておく必要があります。
高齢者がGPSを持つことによって、高齢者の居場所が分かるだけであり、もし高齢者がどこかに置き忘れてしまった、落としてしまったとなればGPSの効力が失われてしまいます。
そのためしっかりと装着できるタイプのGPSを使用するか、チャック付きのポケットなどに入れるなどの工夫が必要です。

家に置いてある

こちらも上記の注意点と似ていますが、いくらチャック付きのポケットに入れたり装着したりしても、高齢者が家に忘れてきてしまえば意味がありません。
例えばいつも羽織っているカーディガンのポケットにGPSを入れている、靴にしまえるタイプのGPSを使用しているといった場合でも、高齢者が着替えてしまえば意味がありませんし、サンダルなどを履いて外出してしまえばまた意味がなくなります。
この場合でもGPSの居場所と言うのは家にとどまっているため、気づいたら高齢者の姿が見えなくなっていたといった状況になってしまいます。

電池切れ

こちらも多くのGPSの利用者が陥ってしまう問題の1つで、GPSを家に忘れてきたり、どこかで落とさないような工夫はしっかりとした、といった場合でも電池切れになってしまうと、全く意味がありません。
こちらは、通常のGPSではなく徘徊用としてGPSを使用している家庭に多くありますが、徘徊用としてGPSを使用しているため常に高齢者にGPSを持っていて欲しいという心理から、いつ充電をするべきか悩んでしまいます。
そのため、いざとなったときに電池が切れてしまったということがよく起こる問題であり、GPSがどれだけ電池が長持ちするタイプでも、こまめに充電することをお勧めします。時間帯としては高齢者がお風呂に入っている時、食事をしている時、家族と一緒にいる時等の徘徊の心配性がない時にこまめに充電しておく必要があります。
携帯のように寝る前に充電しておくといったことができないので、家の中にいるときは常に高齢者と同じ空間にいるなどの工夫をすることによって、GPSの充電時間を確保するなども大切になってきます。

まとめ

GPSは現代では様々な見守りサービスや介護用品として使用されていて、一般家庭での使用率も非常に高くなってきています。
しかしあまり知識を持たない方がGPSを使用して、いざとなったときに使えなくなったといった事例も非常に多く存在するので、まずはどのような用途でGPSを使用するのかをはっきりとし、高齢者の認知症や徘徊の深刻さなどを家族が十分に理解する必要があります。
そして、徘徊用のGPSを使用する場合は、コンパクトなサイズ感や高齢者の洋服などに装着できるタイプなのかを注意して選ぶ必要があります。
また、GPSがあるからといって安心しきらず、落としてしまったり電池切れになったりすることも想定して、まずは高齢者が徘徊しないように対策することが必須であり、GPSがもしもの時の為、といった認識でいる事をお勧めします。
現在では値段の安いGPSなどもネットで販売されているため、いちど購入を検討してみてはいかがでしょうか。

見守りの最新記事8件

  • 高齢者や子供の外出をGPSで管理!GPSの居場所検索機能についても徹底解説

    GPSと聞けば映画などで相手の位置情報を探るなどといったイメージがあると思いますが、このGPSの居場所検索機能というのは現実世界にも応用されています。様々な用途で使われてますが、今回はその中でも一般人に向けた用途である高齢者や子供の外出時を見守る見守り機能としてのGPSを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • GPSの居場所検索サービスとは?メリットデメリットを徹底解説!

    GPSの居場所検索サービスというのはGPSを使って特定の人の居場所を検索するというものです。多くの場合は見守りサービスとして高齢者や子供見守り際に使用されますが、最近では待ち合わせや浮気防止などにも使用されるようになってきました。今回はそんなGPSの居場所検索サービスとは一体何なのか、そのメリットやデメリットなどを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 外出時の見守りGPSとは?特徴を徹底解説

    最近では多くの家庭で見守りサービスを利用していますが、そのほとんどが家庭内で行う見守りサービスであり外出中の見守りサービスを利用している家庭はまだまだ少ないです。 しかし見守りGPSを利用すれば外出中であっても見守りを行うことができます。 今回はそんな見守りGPSとはいったい何なのかを徹底的に解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 見守り用GPSとは?その特徴や端末別の価格を徹底比較!

    最近では子供の習い事や高齢者の散歩などにGPSを利用する家庭が増えてきました。GPSを利用することで子供や高齢者がどこにいるのかなどがすぐにわかるため非常に重宝されています。 今回はそんなGPS端末を価格別にメリットデメリットやその特徴などを紹介していきます。 おすすめの見守りサービス

  • GPSで認知症対処?徘徊に使えるサービスとは?

    認知症対策として様々なグッズやアイテム、見守りサービスなどがありますが、GPSを見守りサービスの一覧として使用している方はまだまだ少ないです。しかしGPSは認知症などで夜間徘徊をしてしまう高齢者への対策として非常に有効です。 今回はそんなGPSと認知症の関係、種類いなどを解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 外出時の見守り?老人用のGPSとは

    老人用のGPSと言うのは、主に外出時に高齢者が危険な目にあっていないか、事故などにあって動けないでいるのではないか、といった状況に対応することができます。 GPSと聞くとあまり一般的ではないイメージがありますが、現在ではほとんどのスマホにGPS機能が取り付けられていたり、高齢者専用のGPSが開発されていたり、見守りによく利用されているアイテムの1つです。 おすすめの見守りサービス

  • キッズケータイで外出時の見守りも?内蔵GPSとは?!

    小学生の子供でもスマートフォンを使用しているのが当たり前の時代になってきました。しかしさすがに小学生にスマホ持たせるのは早すぎると考えている保護者の方も多く、学校で自分だけスマホ持てないという子供も一定数存在します。しかしスマホにはGPSが内蔵されているものがほとんどで、子供が外出時にどこへ行ってるのか、どのようなルートを通っているのかというのが簡単に管理することができます。今回はそんなGPSを内…

  • スマホ一つで私生活が丸わかり?!「行動履歴」とは?

    最近ではコンビニへ行くだけでも、すまほー持ち歩く人が多くなってきました。スマホと言うのはそれだけ私たちの生活に密着して、肌身離さず持つ存在となりましたが、そんなスマホが私たちの生活を全て記録しているといった事実は、多くの人が知りません。 今回は、スマホが行っている行動履歴とは一体何なのかを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。