認知症対策はGPSじゃなくキーホルダー?その使い方や評判とは

認知症対策としてGPSを使用する方は年々増えていき、実際に徘徊していた高齢者をすぐに見つけることができた、といった評判も多いです。しかし最近はGPSだけでなく、認知症患者であることや電話番号、名前などを記したキーホルダーを高齢者に持ってもらうことによって、徘徊した場合や、外出先で倒れてしまった場合などに周りの人からいち早く助けてもらえるといったものも存在します。
今回はそんな認知症対策としてのキーホルダーとGPSの比較や、キーホルダー型のGPSについて紹介します。

おすすめの見守りサービス

認知症用のGPSとキーホルダーの違い

認知症用のGPSとキーホルダーの違いは、徘徊した高齢者を探す用途、高齢者が外出先や徘徊先で何か起きたときに助けてもらう用途の、2つに分けることができます。何か起きたときというのは、持病が発生したり、事故にあったりして動けなくなった際に、認知症の場合は自分が誰なのか、どこに住んでいるのかなどを伝えることが難しいため、キーホルダーをつけておくことによってすぐに身元が分かるようにするといった目的があります。

GPSは徘徊した高齢者を探す

GPSは徘徊した高齢者を探す目的として使用されていて、高齢者がGPSを持ったままどこかに行ってしまった場合は、GPSの居場所を検索するだけで、高齢者が今どこにいるのかが分かります。これは夜間徘徊だけでなく外出時に迷子になったときなどにも使用でき、非常に便利な見守りサービスとなります。
GPSに関しては非常に高性能なものも出ており、正確な位置検索ができるもの、特定の場所に出入りすれば通知をしてくれるもの、GPSを通して会話ができるものなどが存在し、高度な外出時の見守りサービスとして利用されています。
また認知症の高齢者用としては、家から出たときにお知らせしてくれるサービスが付いているものがほとんどで、夜間徘徊に適した構造がほとんどとなっています。
中には衣服に装着できるもの、靴にしまうことができるもの、首からかけるものなどが存在し、高齢者が自分の意思で外に出た場合でもGPSで追えるような工夫がなされています。

キーホルダーは周りの人に知らせる

GPSが上記で記述したように、高齢者の居場所を特定するのに特化した作りになっているのに対し、キーホルダーには高齢者の名前や住所、電話番号や認知症であることを周りに知らせる効果があります。GPSを持っているだけではその高齢者が認知症であることはだれも分かりませんが、キーホルダーを持っていればそれを見るだけで高齢者の素性が分かります。
これは高齢者が夜間徘徊等で倒れてしまった場合、どこかでうずくまっていた場合などに、高齢者が何もしゃべらなくても周りの人がすぐに状況を理解することができます。
キーホルダーに書いてある情報をもとに家族に連絡したり、必要があれば救急車等を呼んで家族と合流させることも可能です。
また、命の危険性がない状態なら、キーホルダーに書かれている住所まで連れてってあげることもできますし、その地域の交番に高齢者を連れて行くなどの対処も可能です。
また救急隊員などが患者の素性を理解するためにも非常に役に立ち、実際に徘徊中に倒れてしまった高齢者の救助にも役立っています。

電子機器の問題がない

こちらは当たり前といえば当たり前ですが、キーホルダーは電子機器ではないので電池が切れたり水に当たったからといって効果がなくなるわけではありません。もちろん落としたりすればその効力を失ってしまいますが、常に体に身につけられるような服を着ていたり、高齢者が外出する時に必ず持つ鞄につけていれば、ほとんどの場合外出時に役に立ちます。
その反面、GPSを使用している場合は電池切れ、故障、位置情報検索の誤作動などによって、高齢者の身柄を確保するまで様々な問題が起こる可能性があります。

認知症用のGPSとキーホルダーのメリット

認知症用のGPSとキーホルダーは、お互いが違う特徴を持っているため、両方持つ事に越した事はありませんが、もしも力を持った場合に、どのようなメリットがあるのかを解説していきます。

二つの側面で捜索できる

認知症用のGPSとキーホルダーの2つを持っていれば、高齢者が徘徊や迷子になったときに、2つの側面から捜索することができます。GPSを使って高齢者の居場所を特定することもできますが、GPSに誤作動がつきものです。また半径100メートル以内の誤差が当たり前のGPSも多いため、GPSに表示されている場所に行っても、高齢者が見つからなかったという場合はよくあります。
そんな場合でも、キーホルダーをつけていれば誰かが発見してくれる可能性もあるため、GPSで自分たちが高齢者を捜索しながら、誰かの発見を待つこともでき、GPSだけで捜索するよりもはるかに発見率が高くなります。

GPSによる問題も解決できる

これは先ほども少し記述しましたが、GPSだから起こってしまう問題も解決できます。GPSだから起こってしまう問題としては雨の日に徘徊してGPSが壊れてしまった、徘徊中にGPSの電池が切れてしまった、といった問題や、GPSが誤作動を起こし5分前にいた場所を表示してしまう等の問題が起きても、高齢者の近くに誰か人がいれば、すぐに保護してもらえます。
特に夜間徘徊などでは、夜に高齢者が1人でうろついているのはすぐに徘徊だと気づくので、キーホルダーをつけているだけで発見が非常に早いです。実際にキーホルダーをつけていたおかげで近くを通った人から連絡をもらったといったキーホルダーの実績も存在します。そのためGPSとキーホルダーは兼用が非常にお勧めです。

遠くに行っても生存率が高い

基本的に夜間徘徊の生存率というのは、1日以内に見つかれば非常に高いが、それを過ぎてしまうと行方不明になってしまう可能性が高くなっていくといわれています。実際に夜間徘徊で行方不明になる高齢者の数は年々数が増す一方で、徘徊を続けていく中でGPSの追跡が不可能になってしまったといったケースも多いです。そんな状態でも、キーホルダーをつけていれば、周りの人から連絡をもらうことができます。キーホルダーに完全に頼ってはいけませんが、GPSだけで夜間徘徊の高齢者を捜索するよりも、何倍も高齢者自身の発見率や生存率が高くなります。

キーホルダー型の認知症用GPS

こちらはキーホルダー型の認知症用GPSです。先ほど紹介したキーホルダーとは違い、GPSがキーホルダー型になっているので持ち運びや高齢者の受け入れが非常に楽なタイプのGPSになります。
そんなキーホルダー型のGPSを使うメリットとデメリットを紹介します。

装着が簡単

まず大きなメリットの1つとして装着、高齢者の持ち運びが非常に楽ということです。カバンやベルト、財布や鍵などにつけることができ、どこへ持ち運びにしても全く邪魔になりません。またキーホルダー型の多くは、本人の好きなデザインにすることができるため、自分の孫が書いてくれた似顔絵、写真がプリントされたキーホルダーというのは、認知症患者であっても大切に持ち歩いてくれるといわれています。

電池の持ちがいい

キーホルダー型のGPSはいろいろな種類が出ていますが、多くは充電ではなく専用の電池を使用しているため、充電をしなくても長い期間使用することができます。
そのため定期的に電池を交換するだけで、GPSで面倒な充電の手間が省けます。
認知症患者の対策としてGPSを使う際のデメリットとして挙げられる項目の1つに、充電の時間帯やタイミングが少ないといった点がありますが、充電しなくていいタイプのGPSほど便利なものはありません。
こちらもキーホルダー型のGPSを使用する大きなメリットの1つです。

機能が少ない

キーホルダー型のGPSというのは、非常にコンパクトなサイズ感であり、必要最低限の機能しかない場合が多いので、呼びかけやブザーなどの追加機能はほとんどついてないことが多いです。
また防水機能についても付いているものと、ついていないものが存在し、生活防水程度なら、大雨で長時間雨にさらされていると故障してしまうものも多いです。
またちょっとした衝撃にも弱く、通常のGPエスなら踏んだ位でも壊れませんが、キーホルダーサイズの小さなものになってくると、踏んだだけで壊れてしまう可能性もあるので、そういった部分はデメリットといえます。

失くしやすい

サイズが小さいため非常に持ち運びやすいといったメリットもあれば、衝撃に弱いといったデメリットもある中、サイズが小さくて起こってしまうデメリットの1つとして、失くしやすいことが挙げられます。
GPSの電池を交換するときに外して、どこかに置いておいたら失くなってしまったという事はよく起こります。また電池交換のためにカバンなどから外して、失くしてしまうと探すのが非常に困難です。実際にキーホルダー型のGPSを使っている方でもこのようなケースは多発しています。

まとめ

今回は認知症用のGPSとそれとは別にキーホルダーを使うケースとキーホルダー型のGPSの2つを紹介しましたが、どちらもメリットとデメリットが存在しますが、基本的には安く使用できるので、お試しの感覚で使用してみてはいかがでしょうか。
GPSといっても、値段はピンからキリまでで、非常に安いものも存在するので、ぜひいちど購入を検討してみることをおすすめします。

見守りの最新記事8件

  • 高齢者や子供の外出をGPSで管理!GPSの居場所検索機能についても徹底解説

    GPSと聞けば映画などで相手の位置情報を探るなどといったイメージがあると思いますが、このGPSの居場所検索機能というのは現実世界にも応用されています。様々な用途で使われてますが、今回はその中でも一般人に向けた用途である高齢者や子供の外出時を見守る見守り機能としてのGPSを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • GPSの居場所検索サービスとは?メリットデメリットを徹底解説!

    GPSの居場所検索サービスというのはGPSを使って特定の人の居場所を検索するというものです。多くの場合は見守りサービスとして高齢者や子供見守り際に使用されますが、最近では待ち合わせや浮気防止などにも使用されるようになってきました。今回はそんなGPSの居場所検索サービスとは一体何なのか、そのメリットやデメリットなどを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 外出時の見守りGPSとは?特徴を徹底解説

    最近では多くの家庭で見守りサービスを利用していますが、そのほとんどが家庭内で行う見守りサービスであり外出中の見守りサービスを利用している家庭はまだまだ少ないです。 しかし見守りGPSを利用すれば外出中であっても見守りを行うことができます。 今回はそんな見守りGPSとはいったい何なのかを徹底的に解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 見守り用GPSとは?その特徴や端末別の価格を徹底比較!

    最近では子供の習い事や高齢者の散歩などにGPSを利用する家庭が増えてきました。GPSを利用することで子供や高齢者がどこにいるのかなどがすぐにわかるため非常に重宝されています。 今回はそんなGPS端末を価格別にメリットデメリットやその特徴などを紹介していきます。 おすすめの見守りサービス

  • GPSで認知症対処?徘徊に使えるサービスとは?

    認知症対策として様々なグッズやアイテム、見守りサービスなどがありますが、GPSを見守りサービスの一覧として使用している方はまだまだ少ないです。しかしGPSは認知症などで夜間徘徊をしてしまう高齢者への対策として非常に有効です。 今回はそんなGPSと認知症の関係、種類いなどを解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 外出時の見守り?老人用のGPSとは

    老人用のGPSと言うのは、主に外出時に高齢者が危険な目にあっていないか、事故などにあって動けないでいるのではないか、といった状況に対応することができます。 GPSと聞くとあまり一般的ではないイメージがありますが、現在ではほとんどのスマホにGPS機能が取り付けられていたり、高齢者専用のGPSが開発されていたり、見守りによく利用されているアイテムの1つです。 おすすめの見守りサービス

  • キッズケータイで外出時の見守りも?内蔵GPSとは?!

    小学生の子供でもスマートフォンを使用しているのが当たり前の時代になってきました。しかしさすがに小学生にスマホ持たせるのは早すぎると考えている保護者の方も多く、学校で自分だけスマホ持てないという子供も一定数存在します。しかしスマホにはGPSが内蔵されているものがほとんどで、子供が外出時にどこへ行ってるのか、どのようなルートを通っているのかというのが簡単に管理することができます。今回はそんなGPSを内…

  • スマホ一つで私生活が丸わかり?!「行動履歴」とは?

    最近ではコンビニへ行くだけでも、すまほー持ち歩く人が多くなってきました。スマホと言うのはそれだけ私たちの生活に密着して、肌身離さず持つ存在となりましたが、そんなスマホが私たちの生活を全て記録しているといった事実は、多くの人が知りません。 今回は、スマホが行っている行動履歴とは一体何なのかを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。