親の介護が必要な方必見!自宅でできる介護方法を徹底解説!

親の介護が必要になってくれば、様々な用意をする必要があります。まずは一緒に住むこと、介護用品を揃えること、夫婦間でどのように介護をしていくかを話し合って決めるなどバタバタしてしまいますが、今回は親の介護が必要になってきた際、もし親の介護をすることになったらどのような負担があるのか、どのような方法で介護をしていくのかなどを紹介します。

おすすめの見守りサービス

親の介護が必要なサイン

これは多くの介護が必要な高齢者に見られるサインの1つで、介護が必要なのか必要でないのかを判断する目安になります。

認知症が出始めてる

認知症の症状が出始めてくればそれは介護が必要なサインです。特に一人暮らしをしている高齢者の方で認知症を発症してしまえばすぐにでも一緒に住むなどして介護を始める必要があり、認知症が進行して重症になってしまえば、様々な社会問題と発展してしまいます。万引きをしたり、夜中外で騒いだりする高齢者の認知症の割合は高いです。そのため認知症は介護のサインの1つとなります。

足腰が非常に弱くなってる

足腰が非常に弱くなっているというのは、近い将来自身で動くことが困難になる可能性があるため早めに介護を始めることをお勧めします。もともと足腰に病気を持っていたり、怪我をしたことがある人はその傾向が強いですが、高齢車は老化とともに自身で歩くことが困難になっていくので歩いている際の様子がおかしかったり、自分で歩きたがらない場合は介護のサインだと捉えられます。

一人暮らしになってる

こちらは高齢者夫婦がどちらか一方の他界により一人暮らしになってしまった場合には、近い将来介護が必要になると考えた方がいいです。もちろん一人暮らしになっても元気でやっている高齢者の方は多くいますが、一人暮らしになったことによって会話相手がいなくなったり、食生活が変わったり、孤独感や寂しさなどが原因で認知症になってしまったり不健康な体になってしまうことが容易に想像できます。そのため一人暮らしになった高齢者というのは、介護を検討するサインです。

親の介護にオススメな見守りサービス

親の介護をする際に見守りサービスを利用する方が多いですが、そんな見守りサービスの中でも親を介護する際に非常に役立つものを5つ紹介します。

見守りカメラ

こちらはどんなタイプの見守りでも使われることが多い見守りカメラですが、介護をしたい方には非常におすすめです。見守りカメラを1台設置すれば高齢者の様子を一緒にいなくてもわかるので、カメラで今もっている間は自身の休憩時間に当てることができます。また最近のカメラは様々なセンサーが取り付けられていて、高齢者が動いたり変な行動をとれば登録してあるメールアドレスに通知が行くシステムになっているので、自身が留守中に高齢者が勝手に外出しようとしたり、ベッド等から落下したりすればすぐに通知が来てカメラで現状確認することができるので、親の介護をする場合には非常に役に立ちます。

見守りGPS

見守りGPSは認知症や夜間徘徊などを発症している高齢者に非常にオススメで、見守りGPSの中には常に装着できるタイプのものも存在するため、もし夜間徘徊をしてしまったり、介護する人が外出している際にどこかでかけてしまった場合にも簡単に居場所を特定して探し出すことができます。こちらは自身で動くことができる高齢者にのみ必要な見守りサービスとなっていて、寝たきりで自分で動くことができない、足腰が非常に弱く好んで歩こうとしない方にはあまり必要ありません。

見守りコミュニケーションロボット

見守りコミニュケーションロボットというのは、介護をする側にとってもされる側にとっても非常に良い見守りサービスの1つです。介護をする側は疲れ切っている中、高齢者の会話の相手をする体力が残っていなかったり、同じことを何度も何度もいわれている状況にストレスを感じていたりするので自身の代わりになってくれますし、高齢者にとってもいくら同じ話を繰り返してたり、自分の話したいことをただただ話してるだけでもコミニケーションロボットはしっかりと話を聞いてくれて会話をしてくれるので、大きなストレス解消になります。
また最近の高性能コミニュケーションロボットは、高齢者のいっていることを聞き取れなくても会話をつなぐような返答をすることができるものも存在するので、非常に便利です。

介護サービス

こちらは見守りサービスではありませんが、介護士や介護ヘルパーの方を派遣してくれるサービスを利用するというものです。こちらはプロの方が介護をしに来てくれるので介護している家族の負担は大幅に減りますが、知らない人に介護されるのを嫌がる高齢者がいたり、利用料金も他の見守りサービスと比べると高額になってしまうなどのデメリットも存在するため、利用する際には慎重になる必要があります。

大型介護ロボット

大型ロボットというのは自力でトイレができない方、寝たきりの方などが利用するタイプの介護用ロボットで、ベッドに横などに大型トイレロボットを置いておけば、高齢者が尿意を催したときに自動でできたりという介護者の大きな肉体的負担の軽減をしてくれます。しかし大型介護ロボットというものは、非常に高額なものが多く一般家庭にはあまり向きません。

親の介護の負担

自宅で親の介護をするとなれば、介護をするために様々な負担がのしかかってきます。もし介護ヘルパーなどを雇う場合は経済的な負担だけで済みますが、自分で介護をするとなると自身の精神的、肉体的負担というのも重なってきます。そんな親の介護をする際の負担というものをしっかりと理解しておく事は非常に大切なことです。

経済的負担

これはどういった形で親の介護をするにしてものしかかってくる負担の1つで、経済的負担です。もし介護センターに入れるにしても、介護ヘルパーの方を雇うにしても親に経済的余裕がなければ自身でその負担を負う必要があります。
自身で介護するとなれば、介護施設に入れる場合よりも経済的負担は少なくて済みますが、食費、水道代、介護用品代など成人1人増えるよりもかかってしまいます。また自身の肉体的負担を軽くするために見守りサービスなどを導入すれば、それらの費用も追加でかかってきてしまうため、どんな形で親の介護をしようでも経済的負担はかなりかかってしまいます。また自分のパートナーの両親の介護も必要となれば、一家にかかってくる経済的負担は相当なものとなります。

精神的負担

こちらは経済的負担よりも非常に大きなものとなる精神的負担です。特に高齢者の方がまともなコミニケーションを取れないほど介護が必要になった場合には、この精神的負担が非常に大きくなってきます。まだ家族のサポートが必要か必要ではない瀬戸際にいる高齢者の場合なら、高齢者自身も様々な気を遣ってくれるため介護する側にとっても精神的負担は軽いものとなりますが、重度な認知症に陥ってしまっていたり、寝たきり+モノボケが激しかったりする場合は、非常に大きな精神的負担がのしかかってきます。また自分の肉親となればその精神的負担も少しはマシになりますが、自分のパートナーの親を介護しなければいけない場合は、その精神的負担というものはさらに大きくなってしまいます。
また介護というものは、仕事のように休みがあるわけでもなく自分が休みたいから休めるというわけではないため、そういった状況に置かれると人はものすごく神経を使うため、大きなストレスとなります。

身体的負担

3つ目の負担は身体的負担です。こちらも精神的負担と同じ位大きな負担となり、高齢者が自身で歩けない、排泄ができない、お風呂に入れないといった場合は非常に大きな負担となります。専業主婦などをしている場合は、家の家事などもやらなくてはいけなく1日中忙しいのに、やっと終わったかと思ったら夕方になれば高齢者のお風呂を入れてあげなければいけない、トイレに行きたいといえば連れて行ってあげないといけない、もしくはオムツなどをしている場合は交換してあげないといけない、と様々な身身体的負担がかかります。
毎日、家事をしているだけでも非常に疲れが溜まってしまうのにそれにプラスして1 1人を介護しないといけないというのは、相当な肉体的負担になります。またそれに合わせて大きな精神的負担、経済的負担が重なると介護してる側が体調崩してしまってもおかしくありません。しかしどんなに体調が悪くても1人で何もできない高齢者を放っておくことができないので、それがまた大きな負担となってしまいます。
そのため平日は専業主婦をしている妻の方が介護をするが、休日は夫が介護をする、もしくはお風呂などは夫が帰ってきてから入れる代わりにその他は妻が行うといった役割分担なども身体的負担を減らすには効果的です。

まとめ

自分の親が高齢になればいずれかは介護が必要になると自覚していても、いざ介護が必要になって、親の介護をし始めるとその大変さや負担の多さに大きなストレスとなってしまう場合も多いです。また介護施設に入れようとしても親に貯金がなかったり自身が経済的負担を生えない状況なら自宅で介護するしかなくなります。そのためまずは親の介護が必要になる前に、しっかりと介護について自分の親と話し合いをすること、親に介護が必要になったときの経済的負担について確認する、夫婦間で両方の親の介護についてどのように行うかを話し合って決めておくといったことが非常に重要になってきます。人を介護するという事は経済的にも身体的にも、精神的にも非常に大きな負担がかかってしまいますが、いずれかはどんな人にも来る道なので事前に準備しておくことが大切になります。

見守りの最新記事8件

  • 高齢者や子供の外出をGPSで管理!GPSの居場所検索機能についても徹底解説

    GPSと聞けば映画などで相手の位置情報を探るなどといったイメージがあると思いますが、このGPSの居場所検索機能というのは現実世界にも応用されています。様々な用途で使われてますが、今回はその中でも一般人に向けた用途である高齢者や子供の外出時を見守る見守り機能としてのGPSを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • GPSの居場所検索サービスとは?メリットデメリットを徹底解説!

    GPSの居場所検索サービスというのはGPSを使って特定の人の居場所を検索するというものです。多くの場合は見守りサービスとして高齢者や子供見守り際に使用されますが、最近では待ち合わせや浮気防止などにも使用されるようになってきました。今回はそんなGPSの居場所検索サービスとは一体何なのか、そのメリットやデメリットなどを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 外出時の見守りGPSとは?特徴を徹底解説

    最近では多くの家庭で見守りサービスを利用していますが、そのほとんどが家庭内で行う見守りサービスであり外出中の見守りサービスを利用している家庭はまだまだ少ないです。 しかし見守りGPSを利用すれば外出中であっても見守りを行うことができます。 今回はそんな見守りGPSとはいったい何なのかを徹底的に解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 見守り用GPSとは?その特徴や端末別の価格を徹底比較!

    最近では子供の習い事や高齢者の散歩などにGPSを利用する家庭が増えてきました。GPSを利用することで子供や高齢者がどこにいるのかなどがすぐにわかるため非常に重宝されています。 今回はそんなGPS端末を価格別にメリットデメリットやその特徴などを紹介していきます。 おすすめの見守りサービス

  • GPSで認知症対処?徘徊に使えるサービスとは?

    認知症対策として様々なグッズやアイテム、見守りサービスなどがありますが、GPSを見守りサービスの一覧として使用している方はまだまだ少ないです。しかしGPSは認知症などで夜間徘徊をしてしまう高齢者への対策として非常に有効です。 今回はそんなGPSと認知症の関係、種類いなどを解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 外出時の見守り?老人用のGPSとは

    老人用のGPSと言うのは、主に外出時に高齢者が危険な目にあっていないか、事故などにあって動けないでいるのではないか、といった状況に対応することができます。 GPSと聞くとあまり一般的ではないイメージがありますが、現在ではほとんどのスマホにGPS機能が取り付けられていたり、高齢者専用のGPSが開発されていたり、見守りによく利用されているアイテムの1つです。 おすすめの見守りサービス

  • キッズケータイで外出時の見守りも?内蔵GPSとは?!

    小学生の子供でもスマートフォンを使用しているのが当たり前の時代になってきました。しかしさすがに小学生にスマホ持たせるのは早すぎると考えている保護者の方も多く、学校で自分だけスマホ持てないという子供も一定数存在します。しかしスマホにはGPSが内蔵されているものがほとんどで、子供が外出時にどこへ行ってるのか、どのようなルートを通っているのかというのが簡単に管理することができます。今回はそんなGPSを内…

  • スマホ一つで私生活が丸わかり?!「行動履歴」とは?

    最近ではコンビニへ行くだけでも、すまほー持ち歩く人が多くなってきました。スマホと言うのはそれだけ私たちの生活に密着して、肌身離さず持つ存在となりましたが、そんなスマホが私たちの生活を全て記録しているといった事実は、多くの人が知りません。 今回は、スマホが行っている行動履歴とは一体何なのかを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。