高齢者の一人暮らしの現状!家族や本人が抱える不安と解決策

高齢者の一人暮らしというのは年々増えてきて、多くの高齢者が一人暮らしをすることに不安を感じてしまっています。元は夫婦で住んでいた高齢者の方もどちらかが他界してしまったことにより一人暮らしを余儀なくされた、そういった状態になっても家族が近くに住んでいない、頼れる人がいないなどの理由で一人暮らしを余儀なくされている高齢者の方が非常に多いです。今回はそんな一人暮らしの高齢者が抱える不安やその解決方法などを徹底解説します。

おすすめの見守りサービス

高齢者が抱える一人暮らしの不安

高齢者が抱える一人暮らしの不安と言うのは、高齢者だからこそであったり、周りに頼れる人がいないと言う心理状態から来るものがほとんどで、自分の体力の衰えや老化など自覚している人ほどその不安と言うものは大きくなっています。

孤独死

これは多くの高齢者が抱える一人暮らしの不安の1つで、社会問題化しているものでもあります。孤独死と言うのは一人暮らしの高齢者が増えるにつれて年々増加をたどっている社会問題の1つで、なくなってから1ヵ月以上も放置されていたと言うことをも多く起きています。
孤独死について認知され始め、年齢関係なく多くの人たちが理解しているからこそ高齢者にとってももしかして自分がこうなってしまうのではないか、と言う不安が襲いかかってきます。

消費者被害

消費者被害と言うのは詐欺のことであり、現在はインターネットやテクノロジーが発展してきているため、それらを巧みに利用した高名な詐欺が増えています。高齢者自身もそのことについては自覚していても、知識が少ない高齢者の方は被害に合いやすいです。家族の誰かが一緒に住んでいれば、消費者被害に会う前に止めてもらうことができますが、一人暮らしをしている場合は簡単に騙されてしまいます。

認知症や夜間徘徊

こちらはまだ自分が認知症や夜間徘徊などの心配がない人が抱える問題の1つで、もしこのまま歳をとって自分が認知症になってしまったら、夜間徘徊を始めてしまったらどうしようといった不安があります。認知症や夜間徘徊と言うものは年齢が上がるにつれてその発症率などが高くなっていき、自分の自覚がないままいつの間にか認知症になっていたりする場合もあるので、日々その不安と闘いながら生きていくことになります。

高齢者一人暮らしの不安解消法

高齢者の一人暮らしの不安解消法と言うのはいくつか存在しますが、その中でも効果的と言われているものを3つ紹介します。全員ができると言うわけではありませんが、どれか1つはできるものがあるので実践してみることをおすすめします。

一緒に住む

一番効果的なのか高齢者を一人暮らしにさせないで、2世代住宅など工夫をして一緒に住むと言うことです。2世帯住宅にすれば個人個人のプライバシーなども守られますし、いざとなったときにすぐ対応することができます。また長期的な一人暮らしが要因の問題も解決することができ、認知症や夜間徘徊の問題、寂しさ、栄養の偏りなども一緒に住むことによって大幅に改善することができます。また知らないうちに介護が必要になっていたと言うことも一緒に住んでいれば解決でき、早いうちから対応することができます。
一緒に住むとなれば、引っ越し等の関係で最初は費用がかかってしまいますが、その後は離れて暮らすよりも安上がりになるので、一番オススメです。

見守りサービスを導入する

こちらも非常に効果的な解決方法の1つで、今森サービスを導入すると言うことです。高齢者が抱える1人暮らしの不安と言うものは、一人暮らしだからこそ起こってしまうものであり、常に家族の誰かから見守られていると言う自覚があればその一人暮らしの不安も大幅に解消します。例えば見守りカメラですが最近ではコミニュケーションが取れるタイプの見守りカメラが多くなってきて、そのタイプのカメラを使えば日常的な会話を楽しむこともできます。
そのため一緒に住む場合と同じとは言いませんが、高齢者の寂しさや、孤独感と言うのも大幅に改善されます。

コミュニティに入る

こちらは家族が遠くに住んでいたり経済的な余裕がなくこれといったサポートができない場合のみにお勧めしますが、高齢者に地域のコミュニティーの中に入ってもらうことです。高齢者同士のコミュニティーと言うのは案外多く、朝のスポーツ、散歩、将棋やお茶仲間など自分の楽しめそうなコミュニティーに入ることができれば、日常生活も非常に明るくなり、生きる目的と言うものが明確になります。一人暮らしで何のコミュニティーにも入っていない、家族とのコミニケーションも取れていない高齢者と言うのは非常に孤独感を感じやすく、それが様々な社会問題へと発展してしまいます。
そのため最終手段ではありますが家族のサポートを受けることができない高齢者の方は何かしらのコミュニティーに入る、もしくは家族のサポートが受けられていてもコミュニティーに入ることで様々なメリットがあるのでこちらはお勧めです。

高齢者一人暮らしの不安に効果的な見守りサービス

高齢者が一人暮らしをする際にコミュニティーに入ったり、一緒に住むなどといった解決策がありますが、見守りサービスを利用すると言うのも非常に効果的な解決方法の1つです。
そんな見守りサービスですが、どのようなサービスが一人暮らしをする高齢者にとって良いのかを解説します。

コミュニケーションが取れる

高齢者の一人暮らしをする際に見守りサービスを導入しようと決めたら、一番重要視しないといけないのがコミニケーションが取れるタイプかそうでないかです。
このコミニュケーションっていうのはもちろん家族が直接コミニケーション取れるタイプのものが1番良いですが、それができなければ企業等のスタッフでもいいので何かしら人とコミニケーションが取れるタイプのものをお勧めします。
先ほども紹介したように見守りカメラと言うものが、高齢者の様子をリアルタイムで見守ることができ、なおかつ高齢者に話しかけることができるのでコミニケーションをとることができます。
見守りカメラに似たタイプの見守りサービスの1つで家の中にセンサーを取り付けることによって高齢者の日常生活を見守ると言うものがあります。高齢者がドアを開けたりセンサーの横を通ったりすればセンサーが動作を感知して、見守る側にメールで連絡してくれると言うものですが、ほとんどのセンサー型見守りサービスにはコミュニケーション機能がついていないため、見守る側しっかりと見守りができていても、高齢者が感じてしまう孤独感や寂しさと言うものがそのままになってしまいます。
高齢者が夫婦で生活している場合は、センサー方見守りサービスでも問題ありませんが、一人暮らしの場合はあまりお勧めができません。
また見守りカメラでもすべての見守りカメラにコミニケーション能力があるかと言えば、安いものだとコミニケーションができないものも存在するので、購入する際は注意が必要です。
またお弁当の宅配サービスや、郵便局が提供する局員の派遣サービスなども実際の人が対応してくれて、良いコミニケーションとなるので、そういった見守りサービスもお勧めです。

リアルタイムで見守れる

もう一つはリアルタイムで見守れるかどうかと言うことです。先ほども紹介したセンサー型見守りサービスと言うものは、高齢者がセンサーの前を通った時のみに反応するためもしも高齢者が同じ場所で動いてなかったら高齢者が今何をしているのかどのような状態なのかは分かりません。
そのため見守りカメラなどのリアルタイムで常に高齢者がどのような状態なのかを見守れるサービスと言うものは、非常に重要となってきます。
しかし一人暮らしをするのは不安でも、常に家族から見守られていると言うのは窮屈、もしくはプライバシーの問題があると考えてしまう高齢者の方も一定数存在します。
そのためすべての高齢者にリアルタイムで見守れるサービスが良いとは限りませんが、高齢者が理解してくれるのであれば、リアルタイムで見守れる見守りサービスと言うものはお勧めです。

単調さが目立たない

こちらは見守りサービスの1部に当てはまる特徴ですが、見守りの過程が非常に単調になってしまうということです。例えば自動電話で高齢者の健康状態を確認するといった見守りサービスが存在しますが、高齢者は毎日同じ時間にかかってくる録音電話に番号を押すだけで答えると言う非常に単調な作業を繰り返すことになるので機械的だと感じてしまい、あまり評判は良くありません。
また1部の宅配サービスの中には高齢者の健康状態をチェックしてくれると言うものがありますが、その時の会話や質問の仕方なども担当するスタッフによっては非常に単調で思いやりが感じられないと言う評判も一定数あるので、家族以外の誰かに任せる場合も注意が必要です。

まとめ

高齢者の一人暮らしと言うのは様々な社会問題に直接関係する要因の1つで、第一に高齢者を一人暮らしにさせないことが重要になってきますが、様々な理由でそれができないことも多いです。そういった家庭では見守りサービスを利用したり、定期的に会いに行くなどして高齢者が抱える一人暮らしの不安を取り除いてあげることが非常に大切になり、一番の解決方法となります。
日本はどんどん平均年齢が上がってきて高齢化社会へとなっていますが、一人ひとりの意識や行動の改善により様々な高齢者が要因の社会問題を防ぐことができるので、今一度意識を改める必要があります。また今はそこまで高齢でなくても後々自分の親が高齢になった時のこと、もしくは自身が高齢者と呼ばれる年代にあった事を想定して今からできることを準備するのが大切です。

見守りの最新記事8件

  • 高齢者や子供の外出をGPSで管理!GPSの居場所検索機能についても徹底解説

    GPSと聞けば映画などで相手の位置情報を探るなどといったイメージがあると思いますが、このGPSの居場所検索機能というのは現実世界にも応用されています。様々な用途で使われてますが、今回はその中でも一般人に向けた用途である高齢者や子供の外出時を見守る見守り機能としてのGPSを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • GPSの居場所検索サービスとは?メリットデメリットを徹底解説!

    GPSの居場所検索サービスというのはGPSを使って特定の人の居場所を検索するというものです。多くの場合は見守りサービスとして高齢者や子供見守り際に使用されますが、最近では待ち合わせや浮気防止などにも使用されるようになってきました。今回はそんなGPSの居場所検索サービスとは一体何なのか、そのメリットやデメリットなどを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 外出時の見守りGPSとは?特徴を徹底解説

    最近では多くの家庭で見守りサービスを利用していますが、そのほとんどが家庭内で行う見守りサービスであり外出中の見守りサービスを利用している家庭はまだまだ少ないです。 しかし見守りGPSを利用すれば外出中であっても見守りを行うことができます。 今回はそんな見守りGPSとはいったい何なのかを徹底的に解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 見守り用GPSとは?その特徴や端末別の価格を徹底比較!

    最近では子供の習い事や高齢者の散歩などにGPSを利用する家庭が増えてきました。GPSを利用することで子供や高齢者がどこにいるのかなどがすぐにわかるため非常に重宝されています。 今回はそんなGPS端末を価格別にメリットデメリットやその特徴などを紹介していきます。 おすすめの見守りサービス

  • GPSで認知症対処?徘徊に使えるサービスとは?

    認知症対策として様々なグッズやアイテム、見守りサービスなどがありますが、GPSを見守りサービスの一覧として使用している方はまだまだ少ないです。しかしGPSは認知症などで夜間徘徊をしてしまう高齢者への対策として非常に有効です。 今回はそんなGPSと認知症の関係、種類いなどを解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 外出時の見守り?老人用のGPSとは

    老人用のGPSと言うのは、主に外出時に高齢者が危険な目にあっていないか、事故などにあって動けないでいるのではないか、といった状況に対応することができます。 GPSと聞くとあまり一般的ではないイメージがありますが、現在ではほとんどのスマホにGPS機能が取り付けられていたり、高齢者専用のGPSが開発されていたり、見守りによく利用されているアイテムの1つです。 おすすめの見守りサービス

  • キッズケータイで外出時の見守りも?内蔵GPSとは?!

    小学生の子供でもスマートフォンを使用しているのが当たり前の時代になってきました。しかしさすがに小学生にスマホ持たせるのは早すぎると考えている保護者の方も多く、学校で自分だけスマホ持てないという子供も一定数存在します。しかしスマホにはGPSが内蔵されているものがほとんどで、子供が外出時にどこへ行ってるのか、どのようなルートを通っているのかというのが簡単に管理することができます。今回はそんなGPSを内…

  • スマホ一つで私生活が丸わかり?!「行動履歴」とは?

    最近ではコンビニへ行くだけでも、すまほー持ち歩く人が多くなってきました。スマホと言うのはそれだけ私たちの生活に密着して、肌身離さず持つ存在となりましたが、そんなスマホが私たちの生活を全て記録しているといった事実は、多くの人が知りません。 今回は、スマホが行っている行動履歴とは一体何なのかを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。