高齢者ドライバーの現状とは?危険性や改善法についても

高齢者社会になっていってる日本ですが、高齢者が関与する様々な社会問題が起こっています。高齢者の一人暮らしなどが原因で起こる孤独死なども大きな社会問題の1つですが、高齢者ドライバーによる事故も非常に問題視されている社会問題の1つです。高齢者の方が全員危険と言うわけではありませんが、若い頃から運転経験のある方でも高齢になるにつれて事故を起こしてしまうと言う場合も数多く存在します。そんな高齢者ドライバーの現状、危険性や改善方向について徹底解説していきます。

おすすめの見守りサービス

高齢者ドライバーの現場について

高齢者ドライバーっていうのは昔に比べて非常に多くなってきているのが現状です。その大きな理由として日本の超高齢化社会化、定年を機に田舎などに引っ越す高齢者が多い、体や脳の老化によって運転能力自体が下がってきているなどといった様々な原因がありますか高齢者の運転が原因で事故が起きてしまっている事は事実であり、高齢者ドライバーの事故は増加をたどる一方です。

高齢者ドライバーの事故増加

高齢者ドライバーはドライバー自体の数が増加するにつれて、高齢者の運転が原因の事故も増加していく一方です。
これは年々増加をたどっている一方で、都会に比べると地方に行けば行くほどその割合は多くなっていきます。
これは地方に行けば行くほど車の必要性が高まっていくとともに、都会に比べれば交通機関や人の量が少ないことから心理的な安心感などもプラスされてしまい運転をしているときの危機感が低くなってしまうことも原因であると考えられています。
また日本の平均年齢が増加していく一方であり、これは日本全体の高齢者の数が増えていっていることを表していますが、高齢者の増加に伴い高齢者ドライバーというのも増えていっています。様々なテクノロジーが駆使されている都会で暮らしていくのには、それなりにお金がかかってしまいますし自分の若い頃との違いに馴染んでいけない高齢者も多く、高齢になればなるほど交通機関の使い方などがわからないと言う人も増えます。
そのような原因もあり高齢者ドライバーが増えていき、高齢者ドライバーによる事故も増えていっています。

80歳以上は2番目に多い

現在の高齢者ドライバーによる事故の多くは80歳以上の高齢者ドライバーが原因となっていて、65歳以上の高齢者ドライバーの事故の件数は20代のドライバーの事故の件数とさほど変わりがありません。これは65歳程度ならばまだ運転技術や危機管理能力等はそこまで衰えていないことが原因だと考えられており、80歳以上になってくると体の様々な部分が老化しているため、不注意やアクセルの踏み間違いなどで大きな事故に発展してしまう事例が非常に多いです。
実際に一番多い年代は10代ですが、その次に自動車事故起こしてる年代は80歳以上の高齢車ドライバーというのが、100,000人以上を対象とした調査でわかっているので身近に80歳以上の方で車運転している方や、そういった状況に入るような形には注意が必要です。また現在は大丈夫でも、高齢者は比較的事故を起こしやすいと言うのは事実なので注意が必要です。

高齢者ドライバーの危険性について

高齢者ドライバーによる事故と言うのは年々増加をたどる一方ですが、高齢者ドライバーが全員危険と言われてみれば、そういうわけではありません。そんな高齢者ドライバーがなぜ事故を起こしてしまうのか、高齢者ドライバーだからこそ起きてしまう危険性と言うものを紹介します。この危険性を理解することによって、高齢者の方自身も周りの方も様々な問題を未然に防ぐことが可能となります。

踏み間違え

これは高齢者ドライバーが事故を起こしてしまう原因の1つで、アクセルとブレーキの踏み間違いです。これは昔からあることで多くの人がその危険性については理解していますが、特に赤信号などでアクセルを踏んでしまったり、駐車場から車を出すときに間違ってアクセルを踏んでしまったりで事故を起こしてしまう方が多いです。
こちらが高齢になればなるほど、踏み間違いと言うものは多くなってくるので、高齢者自身が気をつけることが非常に重要ですが、気をつけていても起きてしまう問題の1つです。

確認不足

こちらは高齢者の確認不足が原因で起きてしまう問題の1つです。車を発進させる際しっかりと周りに危険がないかを確認しきれていなかったため、通行人などを巻き込んでしまったり前にいる車との感覚を詰めすぎてしまう、後ろの車に気をつけずに急なブレーキをかけてしまうなどで衝突事故を起こしてしまうなどがあります。こちらはただ単に確認不足なだけだったり、自分で確認していたつもりでも実際にはしっかりと確認できていなかった、と言うことがあるので高齢者が今一度しっかりと確認をしたり、車に乗ってるのが高齢者ドライバーであることを周りが確認できれば、一定の距離をおくなどの注意が必要です。

身体的能力

こちらは高齢者ドライバー特有のものではありますが、目が悪かったりするため、あまり遠くの障害物などに早めに気づくことができなかったり、夜間の走行の際にしっかりと周りを認識できないなどの問題が出てきます。
また背中や腰等に負担がかかりやすいため、長時間運転をしていると身体的にも苦痛になってきて、注意が散漫になることにもつながります。

高齢者ドライバー事故の改善について

高齢者ドライバーの事故と言うのは増加を立てる一方ではありますが、1部の地域では改善されている例も数多く存在します。そのような地域では積極的に高齢者ドライバーへの注意を投げかけたり、高齢者ドライバーへ直接語りかけるような改善策を実施しているところが多いです。そんな高齢者ドライバーの事故を防止、またはそれらの危険性を改善する方法を紹介します。

一緒に乗る

もしも高齢者の方と一緒に住んでいるのであれば、高齢者の方の運転を代わってあげるというのは1番簡単な解決策の1つですが、もしも高齢者の方自身が運転を楽しんでいると言った場合には、助手席に家族の誰かが取ってあげることによって危険を回避することが可能になります。もしも高齢者が事故の多い道を走っていたら、そのことについて注意を促すことができますし、赤信号で止まる際、発進する際にもう一声かけることができれば、高齢者も意識することができます。
このように高齢者と一緒に車に乗るだけで、様々な問題を解決することができるのでもし可能であれば高齢者の代わりに運転する、それができなければ助手席に一緒に座ると言うのは非常に効果的です。

高齢者用の車を使う

現代では様々な技術が発展し、障害物を検知した自動ブレーキ機能、急発進、を防止する機能、周りを360度常に確認してくれる機能、危ない運転をしていれば音声なので注意を呼びかけてくれる機能など高齢者の運転に合わせた機能が充実した車が多数存在します。新しく車を買う、もしくは車を買い換えると言った場合はオプションなのでそれらの機能をつけてもいいですし、下から高齢者用の仕様になっている車を中古で買うといった手段も非常におすすめです。こちらは、もしも高齢者が、車運転している際に危険な状況になった場合でも車自体がそれを制御してくれるため多くの事故を防止することができます。例えば赤信号だからといってブレーキを踏んだつもりがアクセルを組んでしまっても、赤信号ということを車が認識し、その状態でアクセルを踏んでしまえばしっかりと車を自動停止してくれます。
そのためもしもお金に余裕がある、もしくは車を買い替えようと思っていると言う方にはこれらの機能が付いた車を買うことをおすすめします。

話し合う

話し合うと言うのはどんな形でもできることであり、高齢者ドライバーがいる家庭では必ずやってほしいことの1つではありますが、今一度高齢者と一緒に車を運転することの危険性、高齢者自身の身体の衰えについてしっかりと話し合う機会を設けることが大切です。人と言うのは自分は大丈夫、自分に限ってそんなことはしないだろう、という心理状態というのは必ず存在し、自分の体の衰えを自覚していなかったり、車を運転することに対しの危機管理能力が低いことによる事故が非常に多いため、話し合うと言うのは効果的かつすぐにできる改善策の1つといえます。
もちろん高齢者全員がその話し合いに参加する、もしくはしっかりと理解を示してくれるとは限りませんが、話し合いをしっかりすることができれば高齢者の意識の改善にもつながり結果的に事故を防止することにつながるので、ぜひいちど試してみる価値のある方法です。

まとめ

高齢者ドライバーと言うのは日本が超高齢化社会になっていくにつれて、増えていく存在の1つでありそれを止めることはできませんし、高齢者から免許を剥奪するといった考えも1部存在しますが、そのようなことをしてしまえばしっかりとした運転能力のある方の自由まで奪ってしまうことにつながったり、田舎での生活が成り立たなくなってしまうなど様々な問題があります。基本的に大切な事はもしも家族のサポートを得られるのであれば、家族が高齢者に車運転しなくてもいいような状況を提供してあげることが大切になってきますが、離れているところに住んでいたり、高齢者自身が運転好きだったりといった理由で高齢になっても現役ドライバーとしている方も多いです。そういった場合は高齢者にしっかりと運転する際の注意事項などを今一度確認すること、普段運転している場合でももしも近くに高齢車ドライバーがいれば、より一層気を遣って運転をする等の注意をすることで、自身の事故を防止することもできますし、高齢者の事故を防止することにもつながります。
高齢者ドライバー問題と言うのは周りが注意することによって防げる場合もあるので、これからは高齢者だけでなく、一人ひとりの意識が大切になってきます。

見守りの最新記事8件

  • 高齢者や子供の外出をGPSで管理!GPSの居場所検索機能についても徹底解説

    GPSと聞けば映画などで相手の位置情報を探るなどといったイメージがあると思いますが、このGPSの居場所検索機能というのは現実世界にも応用されています。様々な用途で使われてますが、今回はその中でも一般人に向けた用途である高齢者や子供の外出時を見守る見守り機能としてのGPSを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • GPSの居場所検索サービスとは?メリットデメリットを徹底解説!

    GPSの居場所検索サービスというのはGPSを使って特定の人の居場所を検索するというものです。多くの場合は見守りサービスとして高齢者や子供見守り際に使用されますが、最近では待ち合わせや浮気防止などにも使用されるようになってきました。今回はそんなGPSの居場所検索サービスとは一体何なのか、そのメリットやデメリットなどを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 外出時の見守りGPSとは?特徴を徹底解説

    最近では多くの家庭で見守りサービスを利用していますが、そのほとんどが家庭内で行う見守りサービスであり外出中の見守りサービスを利用している家庭はまだまだ少ないです。 しかし見守りGPSを利用すれば外出中であっても見守りを行うことができます。 今回はそんな見守りGPSとはいったい何なのかを徹底的に解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 見守り用GPSとは?その特徴や端末別の価格を徹底比較!

    最近では子供の習い事や高齢者の散歩などにGPSを利用する家庭が増えてきました。GPSを利用することで子供や高齢者がどこにいるのかなどがすぐにわかるため非常に重宝されています。 今回はそんなGPS端末を価格別にメリットデメリットやその特徴などを紹介していきます。 おすすめの見守りサービス

  • GPSで認知症対処?徘徊に使えるサービスとは?

    認知症対策として様々なグッズやアイテム、見守りサービスなどがありますが、GPSを見守りサービスの一覧として使用している方はまだまだ少ないです。しかしGPSは認知症などで夜間徘徊をしてしまう高齢者への対策として非常に有効です。 今回はそんなGPSと認知症の関係、種類いなどを解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 外出時の見守り?老人用のGPSとは

    老人用のGPSと言うのは、主に外出時に高齢者が危険な目にあっていないか、事故などにあって動けないでいるのではないか、といった状況に対応することができます。 GPSと聞くとあまり一般的ではないイメージがありますが、現在ではほとんどのスマホにGPS機能が取り付けられていたり、高齢者専用のGPSが開発されていたり、見守りによく利用されているアイテムの1つです。 おすすめの見守りサービス

  • キッズケータイで外出時の見守りも?内蔵GPSとは?!

    小学生の子供でもスマートフォンを使用しているのが当たり前の時代になってきました。しかしさすがに小学生にスマホ持たせるのは早すぎると考えている保護者の方も多く、学校で自分だけスマホ持てないという子供も一定数存在します。しかしスマホにはGPSが内蔵されているものがほとんどで、子供が外出時にどこへ行ってるのか、どのようなルートを通っているのかというのが簡単に管理することができます。今回はそんなGPSを内…

  • スマホ一つで私生活が丸わかり?!「行動履歴」とは?

    最近ではコンビニへ行くだけでも、すまほー持ち歩く人が多くなってきました。スマホと言うのはそれだけ私たちの生活に密着して、肌身離さず持つ存在となりましたが、そんなスマホが私たちの生活を全て記録しているといった事実は、多くの人が知りません。 今回は、スマホが行っている行動履歴とは一体何なのかを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。