高脂血症の食事の仕方は?注意点なども解説!

高脂血症とは、血液の中に含まれるコレステロールなどの脂質が非常に多い状態のことで、心疾患などへと発展する可能性が高いです。
生活習慣病としてカウントされており、多くの方が悩まされているのが現実ですが、生活習慣病などで、普段の食事などが非常に大切になってきます。
そんな高脂血症の方が気をつけるべき食事について徹底解説していきます。

おすすめの見守りサービス

高脂血症の食事で取るべきもの

高脂血症の食事で気をつけるべきは、普段の食事で取るべきものと控えるべきものです。高脂血症は普段の食事で控えるべきものの方が圧倒的に多いですが、もちろん取るべきものというのが存在します。こちらは普段の食事をする際に積極的に取り入れていくべきです。

野菜

こちらはどんな状態の方でも、必須の栄養素が含まれている野菜です。
多くの野菜はビタミンが豊富に含まれていて、健康な体を維持するためにこのビタミンと言うのは欠かせません。ある調査によると日本人の成人は、1日に必要な野菜の半分も取れていないといった調査結果も出ているため、高脂血症の方はよりたくさん取るべきです。野菜を多く食べることによってどのようなメリットが高脂血症の方にあるかというと、動脈硬化と言うのはコレステロールが参加することによって起こりますが、野菜に多く含まれるビタミンを摂取することにより、コレステロールが参加するのを防いでくれます。また多くの野菜には食物繊維が含まれていて、この食物繊維を多く摂取することにより、体がコレステロールを吸収するのを抑えてくれる働きがあります。

規則正しい時間と量

また規則正しい時間と量を摂取するのは、非常に大切なことであり、毎日朝、昼、晩をしっかりと食べ、少なすぎる多すぎず食べる必要があります。
1日の必要エネルギーというのは、会社でデスクワークをやっている男性、力仕事をしている男性、学生、主婦等によってバラバラで、標準体重×生活活動強度指数によって求められます。
まずは標準体重の求め方ですが、身長(m)の二乗× 22です。例えば身長が170センチの場合は1.7× 1.7 × 22 = 63.58キログラムとなります。
そこに軽労働、中労働、重労働の生活活動強度指数をかけることによって必要エネルギーが求められます。
軽労働は主に主婦やデスクワークの方、中労働は飲食など、重労働は建設業などで軽労働から20-30キロカロリー、30-35キロカロリー、35-40キロカロリーとなります。
これらを自分の標準体重にかけることによって自分の必要かコリーがわかります。
この必要エネルギーをしっかりと守ることにより、健康な体を保つことができます。

高脂血症の食事での注意点

高脂血症の食事で、摂取を抑えるべきものはたくさん存在し、普段の食事から気をつける必要があります。
高脂血症は生活習慣病の1つといわれているので、毎日の食生活を改めるだけでも、大きな改善が見込めます。

アルコールの摂取量

まずはアルコールを日常的に摂取している方は、これからはその摂取量を大幅に減らす必要があります。アルコールは非常にたくさんのコレステロールを増やしてしまうため、アルコールの量は適度にする必要があります。
アルコールは取らないに越した事はありませんが、今まで毎日のようにお酒を飲んでいた人にとって、急に禁酒をしろと言われてもなかなか厳しい部分があります。そのためまずは、毎日の飲む量を減らしていき、次第に禁酒ができるようになればベストといえます。またお酒を飲む際には、アルコール度数などにも気をつけるとさらに良いです。

糖分の摂取量

こちらは多くの人が陥ってしまいますが、糖分の取りすぎには非常に注意が必要です。自分は甘い物が好きじゃないから大丈夫、と思っている方も、普段の食事の中にも糖分は含まれています。
もちろんスイーツなどの甘いものや、お菓子などは定期的に食べている人は、それらを止めることをお勧めしますが、お酒やおつまみなどにも相当の量の糖分が含まれています。
甘いものを取りすぎると、コレステロールが増えて、中性脂肪へとなります。
日本食には糖分があまり含まれていないものも多いですが、洋食の中には非常にたくさんの糖分が含まれているものがあります。
そのため、家で自炊などをする場合は塩や砂糖などの調味料はあまり使用せず、レモン果汁やハーブなどを使用して調理する、糖分カット調理法などをお勧めします。

動物性脂質の摂取量

動物性脂質というのは、油やバター、肉の脂身などがそれにあたり、こちらもコレステロールを増やす原因の1つとなってしまいます。動物性脂質と言うのは、非常に簡単に摂取できるもので、野菜炒めなどをして野菜をたっぷり取ろうと思っても、それを炒める際に使う油の中に動物性脂質が含まれていたり、野菜の天ぷらなどを食べれば、野菜の栄養価以上に多くの油を摂取してしまいます。
また多くの外食産業では、動物性脂質が多く含まれている食事が多いので、外食をする際にはそのメニューや頻度に気をつける必要があるほか、家で自炊をする際には、魚や植物性油を使用することで、余分な動物性脂質を摂取することを抑えることができます。

コレステロールの摂取量

コレステロールと言うのは、人間が健康な体を維持するためには必要不可欠な要素の1つであり、多くの食材に含まれているものですが、これを取りすぎる事は高脂血症を促進させてしまいます。
そのためコレステロールの摂取量は取りすぎに気をつける必要があり、目安としては1日に300ミリグラム以下となります。
コレステロールが多く含まれている食材の1つとして、卵が有名ですが、卵は1つに230ミリグラムほどのコレステロールが含まれているので、高脂血症の人が1日卵を1つ食べてしまえば、その後の食事には非常に注意が必要です。
またオムライスなどには、400ミリグラム近くのコレステロールが含まれているため、高脂血症の方にはお勧めできません。
食材にコレステロールが含まれていなくても、お酒や動物性脂質等は体内でコレステロールを増やしてしまうため、卵などのコレステロールが多い食材というのは、普段から控えることをお勧めします。

高脂血症の外食時の注意点

高脂血症の方でも、毎日自炊ばかりしているとたまに外食に行きたくなったり、自炊自体が苦手で食事のほとんどを外で済ませてしまうといった方も多いです。今回はそんな方たちが、外食をする際に気をつけるべきポイントとは一体何なのかを解説します。
自炊ができなくてもいくつかのポイントに注意するだけで、高脂血症の方でも外食を楽しむことができます。

単品よりも定食

こちらは非常に大切なポイントの1つで、外食に行くとつい自分の食べたいものばかりを単品で頼んでしまいがちですが、定食を頼むことによって非常にバランスのとれた食事をとることができます。
特に日本食の定食というのは、野菜などが中心にバランスを考えられた定食となっているので、単品でいくつも頼むよりも非常に体に良いです。
高脂血症の方はバランスのとれた食事をとることが非常に大切になってくるので、外食の際にもバランスのとれた食事を簡単に取るには、定食がお勧めです。
特にランチタイムなどでは、手軽に済まそうとチャーハン、ラーメンといったものを食べてしまう中年の方が多いですが、定食屋さんに行き、ヘルシーな定食セットを頼むだけでも、高脂血症の改善が見込めます。

和食

食文化の多様化が進み、日本にいながら中華料理、アメリカ料理、タイ料理、イタリア料理、フランス料理など様々な国の食事を楽しむことができるようになりました。中でも非常に高カロリーなイタリア料理や、油を多く使った中華料理などは年代を問わず非常に人気で、多くの方に食べられている食事の1つです。
しかし様々な色の中でも、和食と言うのは非常にヘルシーで、高脂血症を患っている方にはどんな食事よりもオススメです。
栄養バランスも取れていて、カロリーや油分等も他の国の料理に比べると、比較的少ないのが和食の特徴です。そのためもし和食にするかイタリアンにするか迷った場合は、ぜひ和食を選ぶことをお勧めします。

低カロリー

低カロリーの食事は、健康な体を維持するのには非常に大切なポイントの1つで、外食をしてしまうと、自炊よりも高カロリーになってしまいがちです。
そのため、一人暮らしで自炊をしない人、仕事をしていてランチは外、夜は飲み会などで外食をしてしまう人などは、1日の摂取カロリーが非常に高くなってしまいます。
それにお酒などが加わってしまうと、1日の必要エネルギーに相当するカロリーを大幅に上回ってしまい、高脂血症だけでなく様々な健康障害が発生します。
そのため外食1つとっても、比較的低カロリーなメニューを選ぶことに注意し、油物やガッツリ系といわれる食事は控えた方がいいです。

まとめ

高脂血症の方は、主に中年と呼ばれる世代の方に多く、日本人もかかりやすい生活習慣病の1つとされています。こちらは生活習慣病なので、普段の生活を改善するだけで大きな改善が見込められるほか、高脂血症のために食事制限などをしたら様々な部分でメリットを感じられます。
今では、高脂血症の方に向けたレシピ本なども存在し、多くの方が自炊で改善を見込めます。
また自炊などが苦手な方でも、普段食べる食事の中に糖分や動物性脂質は多く含まれていないか、野菜の量が足りているか、お酒を取りすぎていないか等の小さな気配りをするだけでも、現状打破することができるので、ぜひ高脂血症の方は今回の記事を参考にして、生活習慣を改めてみることをおすすめします。

見守りの最新記事8件

  • 高齢者や子供の外出をGPSで管理!GPSの居場所検索機能についても徹底解説

    GPSと聞けば映画などで相手の位置情報を探るなどといったイメージがあると思いますが、このGPSの居場所検索機能というのは現実世界にも応用されています。様々な用途で使われてますが、今回はその中でも一般人に向けた用途である高齢者や子供の外出時を見守る見守り機能としてのGPSを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • GPSの居場所検索サービスとは?メリットデメリットを徹底解説!

    GPSの居場所検索サービスというのはGPSを使って特定の人の居場所を検索するというものです。多くの場合は見守りサービスとして高齢者や子供見守り際に使用されますが、最近では待ち合わせや浮気防止などにも使用されるようになってきました。今回はそんなGPSの居場所検索サービスとは一体何なのか、そのメリットやデメリットなどを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 外出時の見守りGPSとは?特徴を徹底解説

    最近では多くの家庭で見守りサービスを利用していますが、そのほとんどが家庭内で行う見守りサービスであり外出中の見守りサービスを利用している家庭はまだまだ少ないです。 しかし見守りGPSを利用すれば外出中であっても見守りを行うことができます。 今回はそんな見守りGPSとはいったい何なのかを徹底的に解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 見守り用GPSとは?その特徴や端末別の価格を徹底比較!

    最近では子供の習い事や高齢者の散歩などにGPSを利用する家庭が増えてきました。GPSを利用することで子供や高齢者がどこにいるのかなどがすぐにわかるため非常に重宝されています。 今回はそんなGPS端末を価格別にメリットデメリットやその特徴などを紹介していきます。 おすすめの見守りサービス

  • GPSで認知症対処?徘徊に使えるサービスとは?

    認知症対策として様々なグッズやアイテム、見守りサービスなどがありますが、GPSを見守りサービスの一覧として使用している方はまだまだ少ないです。しかしGPSは認知症などで夜間徘徊をしてしまう高齢者への対策として非常に有効です。 今回はそんなGPSと認知症の関係、種類いなどを解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 外出時の見守り?老人用のGPSとは

    老人用のGPSと言うのは、主に外出時に高齢者が危険な目にあっていないか、事故などにあって動けないでいるのではないか、といった状況に対応することができます。 GPSと聞くとあまり一般的ではないイメージがありますが、現在ではほとんどのスマホにGPS機能が取り付けられていたり、高齢者専用のGPSが開発されていたり、見守りによく利用されているアイテムの1つです。 おすすめの見守りサービス

  • キッズケータイで外出時の見守りも?内蔵GPSとは?!

    小学生の子供でもスマートフォンを使用しているのが当たり前の時代になってきました。しかしさすがに小学生にスマホ持たせるのは早すぎると考えている保護者の方も多く、学校で自分だけスマホ持てないという子供も一定数存在します。しかしスマホにはGPSが内蔵されているものがほとんどで、子供が外出時にどこへ行ってるのか、どのようなルートを通っているのかというのが簡単に管理することができます。今回はそんなGPSを内…

  • スマホ一つで私生活が丸わかり?!「行動履歴」とは?

    最近ではコンビニへ行くだけでも、すまほー持ち歩く人が多くなってきました。スマホと言うのはそれだけ私たちの生活に密着して、肌身離さず持つ存在となりましたが、そんなスマホが私たちの生活を全て記録しているといった事実は、多くの人が知りません。 今回は、スマホが行っている行動履歴とは一体何なのかを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。