外出時の見守り?老人用のGPSとは

老人用のGPSと言うのは、主に外出時に高齢者が危険な目にあっていないか、事故などにあって動けないでいるのではないか、といった状況に対応することができます。
GPSと聞くとあまり一般的ではないイメージがありますが、現在ではほとんどのスマホにGPS機能が取り付けられていたり、高齢者専用のGPSが開発されていたり、見守りによく利用されているアイテムの1つです。

おすすめの見守りサービス

老人用のGPSの使い方

老人用のGPSの使い方と言うのは、主に高齢者が外出した際にGPSを持ってもらうことによって外出先での位置情報や移動ルートなどを確認し見守りを行うということです。例えば散歩のルートが変わったり、道端でGPSがずっと動いていなかったりすれば何かあったのではないかと容易に推測することができ、最悪の事態を防ぐことができます。

外出時の見守り

GPSの主な近い形としては外出時の見守りです。高齢者になれば時間の余裕ができるため、日常的に外出する機会も増える方が多いですが、そんな中で心配になってくるのがもしも外出先で何かあったらどうしよう、と言うものです。この不安を解消してくるのが老人用のGPSで、老人が家を出た時間、現在の位置情報、家から現在の位置まで移動したルートなどを正確にお知らせしてくれます。
そのため外出時に何か問題が発生してもすぐに対処できるということです。

徘徊対策

GPSのもう一つの使い方としては、常に高齢者にGPSを装着してもらい、夜間徘徊等を防ぐ、またはもし夜間徘徊をしてしまった場合にすぐに見つけ出すことが可能です。
たとえ一緒の家に住んでいても、夜中までずっと介護しているのは不可能です。
そういった方でもGPSであればたとえ夜間徘徊車で下すぐに捕まえることができますし、家を出たらお知らせしてくれるタイプのものを使用すれば夜間徘徊が始まる前に防ぐこともできます。
そのため夜間徘徊の問題がある高齢者にも多く利用されています。

日常の見守り

最後は日常的な見守りに使用するといったケースです。これは日常的に外出をしている方は非常に有効で、毎日の散歩が日課の方がその散歩が行われていれば健康状態にあまり異常がないと判断することができないし、もしそういった方が外出をしなくなってしまったら体の健康状態に異常をきたしたと判断することが可能です。
また毎日の散歩行っているけれど、時間が遅くなったり、ルートが短くなっているとただ体力がなくなってきたのか、何か他の問題があるのかなどの早期発見をすることも可能です。

老人用のGPSの種類

老人用のGPSの大きく分けて4つの種類があります。専用器具を持ち歩くノーマルタイプ、首などにぶら下げるタイプ、ベルト等に装着するタイプ、最後は携帯についているGPS機能を使ってタイプです。老人用のGPSと言うのは老人が家に忘れたりしないよう設計されているものが多く、非常に使いやすいです。

ノーマル

ノーマルタイプと言うのはGPSを搭載した専用器具で、高齢者がそれをポケットに入れるかバックに入れるなどして持ち歩く必要があります。このタイプは充電式が電池式の両方が存在し、値段もそこまで高価ではありません。
しかしこのノーマルタイプと言うのは、高齢者がどこかに置き忘れてしまったり、家から持ち運ぶのを忘れる、どこかになくしてしまうといったデメリットも目立ってしまうため、高齢者に使用するには他のタイプがオススメです。

ぶら下げ型

ぶら下げる形と言うのは首からぶら下げるための紐が付いているタイプで、こちらは高齢者が外出先でGPSをなくしてしまうといった危険性が大幅ダウンします。また首にかけていればGPSをつけわすれた場合でも気づきやすいといったメリットもありますが、首にかけた時の重量感や首にものをかけること自体が嫌いという高齢者の方が存在するため、購入する前に注意が必要です。

装着型

装着型と言うのはベルトなどにGPSを固定するタイプのことです。こちらが紫型に比べて重量感などのデメリットがあまり目立ちませんが、外出前につけ忘れてしまう、激しい運動などをすればどこかで落としてしまうといった面先方にはないデメリットがあります。こちらは高齢者にとっては非常に使いやすいものですが見守る側にとってはデメリットが目立ってしまいます。

携帯型

こちらは高齢者用のスマホなどを使用している方が使用するタイプで、基本的にはほとんどのスマホにGPS機能が付いていますが高齢者用のスマホというのは高性能なGPS機能が付いているため、それ1つで間に合う場合も多いです。専用機器を使ってGPSと同等のGPS機能を誇る高齢者用のスマホも存在し、常にスマホを持ち歩く高齢者の方には非常にマッチしたGPSです。

老人用のGPSのメリット

老人用のGPSを使用するメリットは高台に返す時の見守りをするといったものだけではありません。今回はそんなGPSを利用した高齢者の見守りで得られるメリットを3つ紹介します。

外出時に何かあってもすぐ助けられる

高齢者の事故と言うのは家にいる時ではなく、外出しているときにほうがはるかに可能性が高いです。また外出時に何か事故にあったとしても、高齢者がどこに行ったのか分からなければその事故現場を特定することもかなり難しくなってしまいます。
しかしGPSがあれば高齢者がどこに行ったのか、どこで事故にあったのかっていうのがすぐにわかるので何かあった場合はすぐに駆けつけることができます。また知人に会いに行った場合などでも、なかなか帰ってこない場合はGPSを確認すれば、まだその知人の家にいるのか、もしくは帰り道にどこかで動けなくなってしまったのかなどを確認できるため余計な心配をする必要がなくなります。
これは外出をよくする高齢者に起こることで、家族はみんな外出を楽しんでいると思っているだけでも、実はどこかで動けなくなってしまっていたと言うことがよくあることなので、GPS 1つあるだけで高齢者の外出時の安全性というのは非常に高くなります。

話題になる

これは特に離れて暮らしている場合ですが、高齢者が朝早くにどこか行った、いつも家にいる時間にいとこがいてくれたと言う場合はいい話題になります。例えばいつも昼間は家にいるのにどこかで昼食をとっていた場合はその日に電話なので今日のお昼は〇〇へ行ったの?といった会話を楽しむことができ、高齢者とのコミニケーションにもつながります。
そんな高齢者の日常的な生活を把握するということが、ちょっとした話題をつかむきっかけにもなるので便利です。

健康チェックができる

ずっと家にいては不健康なので、定期的な散歩等を週間かする高齢者の方が非常に多くなってきましたが、それらもGPSで見守ることで定期的な健康チェックを行うことができます。例えば週に1度は必ず散歩に行っていた老人が1ヵ月間1度も外へ出ていなかったり、毎日買い出し行ってた人が、週に2日ほどしかいかなくなったりと日常生活の変化と言うのは、高齢者の健康チェックの項目の1つとなるので、非常に便利です。

老人用のGPSのデメリット

老人用のGPSと言うのは非常に大きなメリットもあり、使いやすい物がたくさん出ていますが中には老人様だからこそのデメリットもあります。今回はそんな老人用のGPSにおいて大きなデメリットとなるものを3つ紹介します。

電池切れ

これはどのタイプのGPSにも起こることですが、充電式の場合は充電のし忘れや、乾電池などを使用している場合は電池が単に切れてしまったと言うことです。
こちらは非常に多くの高齢者を起こしてしまう問題の1つで、高齢者もしっかり外出時には携帯していて、何の問題もないように見えますか帰ってきて充電までできてない場合が非常に多いです。
GPSはその性質上高齢者がすることがあまりないので、ただ持ち歩いてればいいと言う感覚に陥ってしまう人が多いですが、しっかりと見守りを行うためには外出から帰ってきたらしっかりと充電してもらう、または定期的に電池を交換してもらうといったことをしてもらう必要があります。

家に忘れる

これは特にモノボケを発症している高齢者に多いですが、せっかくGPSを所持しているのに肝心な外出時に、家に忘れてしまうということです。
GPSを使って見守りと言うのは、高齢者にはあまりその時間がないためついGPSの存在自体を忘れてしまうことも多く、いつも通りに身支度をして外出してしまうといったことがあります。
これは高齢者の方にGPSの所持をしっかりと習慣化してもらう、または常に身に付けていてもらうといった工夫が必要で、そういった工夫がないとせっかく購入したのにGPSの意味を全くなさないといった事態になりかねません。

故障

特にGPSを持つだけで大丈夫だよという状況の場合は、GPSが故障したとしても高齢者は気づきにくいです。
そのため故障して使い物にならないGPSを毎回外出時に持っていって、高齢者からしてみればしっかりとGPSを持っているのにもかかわらず見守る間は何かあったのではないかと心配してしまう、といった出来事が起こってしまいます。
GPSが故障してもその本体を見てもあまりわからないので、たとえ高齢者がしっかりしていても、故障したことに気付ける人はあまりいません。
そのためGPSのメンテナンスも兼ねて定期的に高齢者に会いに行く、または家にいてもGPSがついてるようにするなどといった工夫が必要です。

まとめ

老人用のGPSと言うのは非常に高性能で老人が外出していても簡単に見守りをすることができるため非常に良いアイテムの1つですが、老人が付け忘れてしまったり、電池が切れてしまったうとその機能が全くなくなってしまうため、使う老人や使い方によってはデメリットが目立ってしまいます。
しかしそのデメリットを考慮しても、外出時に高齢者のことを見守ることができるのはGPS以外にはないので、よく外出をする高齢者や、夜間徘徊などが心配な方はぜひ老人用のGPSを使ってみてはいかがでしょうか。

見守りの最新記事8件

  • 高齢者や子供の外出をGPSで管理!GPSの居場所検索機能についても徹底解説

    GPSと聞けば映画などで相手の位置情報を探るなどといったイメージがあると思いますが、このGPSの居場所検索機能というのは現実世界にも応用されています。様々な用途で使われてますが、今回はその中でも一般人に向けた用途である高齢者や子供の外出時を見守る見守り機能としてのGPSを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • GPSの居場所検索サービスとは?メリットデメリットを徹底解説!

    GPSの居場所検索サービスというのはGPSを使って特定の人の居場所を検索するというものです。多くの場合は見守りサービスとして高齢者や子供見守り際に使用されますが、最近では待ち合わせや浮気防止などにも使用されるようになってきました。今回はそんなGPSの居場所検索サービスとは一体何なのか、そのメリットやデメリットなどを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 外出時の見守りGPSとは?特徴を徹底解説

    最近では多くの家庭で見守りサービスを利用していますが、そのほとんどが家庭内で行う見守りサービスであり外出中の見守りサービスを利用している家庭はまだまだ少ないです。 しかし見守りGPSを利用すれば外出中であっても見守りを行うことができます。 今回はそんな見守りGPSとはいったい何なのかを徹底的に解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 見守り用GPSとは?その特徴や端末別の価格を徹底比較!

    最近では子供の習い事や高齢者の散歩などにGPSを利用する家庭が増えてきました。GPSを利用することで子供や高齢者がどこにいるのかなどがすぐにわかるため非常に重宝されています。 今回はそんなGPS端末を価格別にメリットデメリットやその特徴などを紹介していきます。 おすすめの見守りサービス

  • GPSで認知症対処?徘徊に使えるサービスとは?

    認知症対策として様々なグッズやアイテム、見守りサービスなどがありますが、GPSを見守りサービスの一覧として使用している方はまだまだ少ないです。しかしGPSは認知症などで夜間徘徊をしてしまう高齢者への対策として非常に有効です。 今回はそんなGPSと認知症の関係、種類いなどを解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 外出時の見守り?老人用のGPSとは

    老人用のGPSと言うのは、主に外出時に高齢者が危険な目にあっていないか、事故などにあって動けないでいるのではないか、といった状況に対応することができます。 GPSと聞くとあまり一般的ではないイメージがありますが、現在ではほとんどのスマホにGPS機能が取り付けられていたり、高齢者専用のGPSが開発されていたり、見守りによく利用されているアイテムの1つです。 おすすめの見守りサービス

  • キッズケータイで外出時の見守りも?内蔵GPSとは?!

    小学生の子供でもスマートフォンを使用しているのが当たり前の時代になってきました。しかしさすがに小学生にスマホ持たせるのは早すぎると考えている保護者の方も多く、学校で自分だけスマホ持てないという子供も一定数存在します。しかしスマホにはGPSが内蔵されているものがほとんどで、子供が外出時にどこへ行ってるのか、どのようなルートを通っているのかというのが簡単に管理することができます。今回はそんなGPSを内…

  • スマホ一つで私生活が丸わかり?!「行動履歴」とは?

    最近ではコンビニへ行くだけでも、すまほー持ち歩く人が多くなってきました。スマホと言うのはそれだけ私たちの生活に密着して、肌身離さず持つ存在となりましたが、そんなスマホが私たちの生活を全て記録しているといった事実は、多くの人が知りません。 今回は、スマホが行っている行動履歴とは一体何なのかを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。