Nintendo Switchの見守り設定の仕方を解説!子供の使用制限

小学生から大の大人まで爆発的な人気を誇るNintendo Switchですが、その人気ぶりからもわかる通りゲームに熱中しすぎて1日中プレイし続けてしまう子が多くいます。親の立場からも心配になってしまいますが、Nintendo Switchには見守り設定という機能が付いており、1日のプレイ時間の制限やプレイ内容の記録など機能があるため子供も節度を守ったプレイが可能になります。
本記事ではそんな子供のゲームのプレイ時間を制限して節度あるプレイをしてもらうための見守り設定について徹底解説していきます。

おすすめの見守りサービス

Nintendo Switchの見守り設定とは?

見守り設定とはNintendo Switchに備わっている見守り機能の一つで、プレイ時間の確認、プレイ時間の制限、機能制限などがあります。
子供は夢中になってしまえば何時間でもゲームをプレイしてしまうので親が阻止する必要があります。その際に見守り機能を使えば子供もゲームができる時間をだんだんと覚えていきますし、機能制限ではチャット機能や購入を制限できるので子供が勝手にソフトを買ったり、知らない人とコミュニケーションを持つことを事前に阻止できます。
またすべての管理は専用アプリを使ってスマホでできるため、親が実際にプレイしていない場合も安心です。
Nintendo Switchは大人でも楽しめるような使用になっているため、子供には早すぎる機能というものが多く存在します。その使用を避けるためにも見守り機能は重要になってきます。

見守り設定でできること

見守り設定ができることは主に監視と制限です。子供が毎日何時間プレイしたのか、どのゲームソフトで遊んだのか、1か月の平均プレイ時間など子供のプレイ内容に関する監視と新しいゲームソフトの購入や他人とのコミュニケーションなどの制限する機能です。
見守り設定はゲーム機本体に設定するため、一台のゲーム機を家族で共有する場合一時解除をする必要があるため少し不便です。
また保護者のプレイが終わったら設定を元に戻す必要が出てくるため保護者がプレイする際は終始注意が必要です。

使用可能な機能制限

Nintendo Switchには見守り設定を行うことによってできる制限と自動で制限さる機能があります。
自動で制限されるのは

・本体の初期化
・ユーザーデータの削除
・セーブデータの削除
・写真と動画の削除
・地域の変更
・日付と時刻の変更
・ヘッドホンの最大音量設定が自動で下がる
・インターネット設定の変更と削除
・ユーザーの引っ越し機能

これらの機能はすべて制限されるため、見守り設定を一時的に解除しない限りは使えなくなります。

そして制限することが可能になる機能は

・ゲームニュースを閲覧
・写真や動画をSNSに投稿
・チャット、コミュニケーション機能
・VRモード

この4つの機能は保護者が制限をかけることができるため、必要がないと感じたらそのまま使うことが可能です。

プレイ時間の設定

プレイ時間の設定は1日何時間プレイするかを設定できます。プレイ時間の設定によって子供がゲームのし過ぎとななずに楽しむことができます。
例えば、子供に何の制限もかけずにプレイさせていたら1日中やってしまうのを1時間や2時間に設定することでゲームのし過ぎを防ぎます。
子供にとっては思うようにゲームができないのでストレスになるかもしれませんが、次第に慣れてくるのでそこまでの問題ではありません。

プレイ時間履歴

見守り設定をしたら、その日のプレイ時間を毎日見ることが可能になります。
例えばそのゲーム機で1時間半プレイしたらその通知が専用スマホに届きます。しかしこのプレイ時間はそのゲーム機でのプレイ時間なので、兄弟や家族で共有していた場合は全員分のプレイ時間となります。
そのため、見守りたい子供以外の誰かがプレイする場合は見守り設定を一時解除する必要があるため注意が必要です。
その日のプレイ時間は毎日通知が来ますが、1か月単位でのプレイ時間も確認できるため、子供のゲーム時間管理がしやすいです。

暗証番号の設定

暗証番号はゲームの見守り設定の変更は解除の際に使うもので、この暗証番号なしでは見守り設定をいじることはできません。
そのため、子供が1守り設定を解除して隠れて遊ぶなどを防ぐことができます。
この暗証番号はゲーム機本体からではなく、スマホに入れる専用アプリによって管理できます。
スマホ内でのみ確認可能なため、子供が勝手に見守り設定を解除するといったことは起こらなくなります。

見守り設定のデメリット

見守り設定は保護者にとってはメリットでも子供にとってはデメリットだらけのように見えますが実は親にとってのデメリットも存在します。それは子供が見守り設定に依存してしまうことです。見守り設定がないといつまでもゲームに育ってしまう子に育つ可能性があり、自分で時間を決めてゲームをするコントロールができないまま成長します。
そうならないためにも保護者はある程度したら見守り設定を解除する必要も出てくるので、その際にはデメリットに感じます。

見守り設定の方法

見守り設定をする場合はスマホとげーうきの両方が必要になるのでまずはその2つを用意します。

①『Nintendo みまもり Switch』をスマホにダウンロード
②HOMEから「設定」を選択
③「見守り設定」を選択し「見守り設定(保護者による使用制限)」
④「ダウンロードした方は、つぎへ」を選択
⑤スマホの専用アプリを起動し、保護者のアカウントでログイン
⑥登録コードを入力
⑦ゲーム機本体で先ほど登録した登録コードを入力
⑧連携アカウントに間違いがないか確認し、「連携する」を選択
⑨スマホの専用アプリで見守り内容を設定する

この登録がすんだら専用アプリからいつでも設定が変更可能になります。また子供が勝手に専用アプリを開けないように顔認証や指紋認証ロックをかけることも可能です。

複数人の見守り設定

Nintendo Switchの見守りサービスは複数人で一つのゲーム機を共有する場合や、夫婦二人で見守りたい場合などの声もあります。
子供たちが共有している場合は「お兄ちゃんが1時間遊んだから僕がもう遊べない」、「私は10分しかやってないのに、お姉ちゃんは1時間もやってる」というような問題も発生します。
そのため複数人で共有する場合や見守る場合の注意点を紹介します。

複数人で見守り設定を使用する場合

基本的に複数のスマホで見守りを行うことはできません。夫婦で一緒に見守りたいという場合は見守りアプリを共有のタブレットなどにダウンロードしておけば夫婦で見守ることができます。またどちらかのスマホにダウンロードしておいて見せ合うといった方法でも可能ですが、万が一家を数日開ける、スマホを紛失したなどのことを考えると共有タブレットがおすすめです。

複数人でプレイする場合

複数人でゲーム機を「共有」する場合は基本的に区別ができません。そのため子供同士での喧嘩が起こってしまう可能性があるのでしっかりとした話し合いが必要です。その場合は見守り設定自体を解除するか、各一台ずつ買い与えるといった対策が必要です。
また子供は一人だが保護者もプレイする場合には、みまもり設定の一時OFFが可能で、みまもり設定を一時OFFにすると1日のプレイ時間には換算されず、設定した1日のプレイ時間も一時ストップになるため安心してプレイすることができます。
このみまもり設定の一時OFFには見守り設定時の機能制限も一時的に解除してくれるため、大人が何の制限もなく使えることができますがプレイ終了時に見守り設定を戻しておかないと、子供が制限なしで遊ぶことができるため少し注意が必要です。

機種変後の見守り設定

機種変更した際には「同じ携帯会社での機種変更」か「違う携帯会社での機種変更」で対応の仕方が変わってきます。
まず同じ携帯会社での機種変更ですが、この際はもともと使っていたメールアドレスを使用すれば問題なくログインすることができます。携帯会社が提供する名―ルアドレス、たとえはアップルの「icloud.com」などでも問題なく利用することができます。しかし、機種変更後にメールアドレスを変える場合はログインできなくなるので注意です。
違う携帯会社のスマホに変えた場合はメールアドレスが必然的に変わるので、「gmail」や「yahoo!mail」などの携帯会社関係なく使えるメールアドレスを用意し、機種変更前に設定を変える必要があります。
これは同じ携帯会社での機種変更時にも使えるので、機種変更後のメールアドレスを変更する場合は事前処置が必要です。
また、古いスマホでもインターネット環境があれば引き続き見守り設定をそのまま利用できるため、見守り専用のスマホとして利用することも可能です。

まとめ

Nintendo Switchの見守り設定は登録時にいろいろな手間がかかりますが、登録さえ済ませてしまえばあとは自動でメールを受け取れるし時間管理もしてくれるのでとても便利です。
設定内容も子供に性緒に合わせて気軽に変更できるのも大きなメリットです。
見守り設定はデメリットも存在しますが子供がゲーム依存症になるのを防いだり、プレイ内容が数字に表れることによって子供にも注意しやすくなります。
見守りスイッチは子供が安全に使うことができるための設定なので、お子さんにNintendo Switchを買い与える際にはぜひ利用してみることをおススメします。

見守りの最新記事8件

  • 高齢者や子供の外出をGPSで管理!GPSの居場所検索機能についても徹底解説

    GPSと聞けば映画などで相手の位置情報を探るなどといったイメージがあると思いますが、このGPSの居場所検索機能というのは現実世界にも応用されています。様々な用途で使われてますが、今回はその中でも一般人に向けた用途である高齢者や子供の外出時を見守る見守り機能としてのGPSを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • GPSの居場所検索サービスとは?メリットデメリットを徹底解説!

    GPSの居場所検索サービスというのはGPSを使って特定の人の居場所を検索するというものです。多くの場合は見守りサービスとして高齢者や子供見守り際に使用されますが、最近では待ち合わせや浮気防止などにも使用されるようになってきました。今回はそんなGPSの居場所検索サービスとは一体何なのか、そのメリットやデメリットなどを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 外出時の見守りGPSとは?特徴を徹底解説

    最近では多くの家庭で見守りサービスを利用していますが、そのほとんどが家庭内で行う見守りサービスであり外出中の見守りサービスを利用している家庭はまだまだ少ないです。 しかし見守りGPSを利用すれば外出中であっても見守りを行うことができます。 今回はそんな見守りGPSとはいったい何なのかを徹底的に解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 見守り用GPSとは?その特徴や端末別の価格を徹底比較!

    最近では子供の習い事や高齢者の散歩などにGPSを利用する家庭が増えてきました。GPSを利用することで子供や高齢者がどこにいるのかなどがすぐにわかるため非常に重宝されています。 今回はそんなGPS端末を価格別にメリットデメリットやその特徴などを紹介していきます。 おすすめの見守りサービス

  • GPSで認知症対処?徘徊に使えるサービスとは?

    認知症対策として様々なグッズやアイテム、見守りサービスなどがありますが、GPSを見守りサービスの一覧として使用している方はまだまだ少ないです。しかしGPSは認知症などで夜間徘徊をしてしまう高齢者への対策として非常に有効です。 今回はそんなGPSと認知症の関係、種類いなどを解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 外出時の見守り?老人用のGPSとは

    老人用のGPSと言うのは、主に外出時に高齢者が危険な目にあっていないか、事故などにあって動けないでいるのではないか、といった状況に対応することができます。 GPSと聞くとあまり一般的ではないイメージがありますが、現在ではほとんどのスマホにGPS機能が取り付けられていたり、高齢者専用のGPSが開発されていたり、見守りによく利用されているアイテムの1つです。 おすすめの見守りサービス

  • キッズケータイで外出時の見守りも?内蔵GPSとは?!

    小学生の子供でもスマートフォンを使用しているのが当たり前の時代になってきました。しかしさすがに小学生にスマホ持たせるのは早すぎると考えている保護者の方も多く、学校で自分だけスマホ持てないという子供も一定数存在します。しかしスマホにはGPSが内蔵されているものがほとんどで、子供が外出時にどこへ行ってるのか、どのようなルートを通っているのかというのが簡単に管理することができます。今回はそんなGPSを内…

  • スマホ一つで私生活が丸わかり?!「行動履歴」とは?

    最近ではコンビニへ行くだけでも、すまほー持ち歩く人が多くなってきました。スマホと言うのはそれだけ私たちの生活に密着して、肌身離さず持つ存在となりましたが、そんなスマホが私たちの生活を全て記録しているといった事実は、多くの人が知りません。 今回は、スマホが行っている行動履歴とは一体何なのかを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。