見守り介護ロボットとは?離れている家族も安心

離れていて暮らす高齢の親や、家でお留守番してい子供たちが心配といった声は多数存在し、そのニーズにこたえるかのように見守りサービスが存在します。家にカメラを設置したり見守り機能を備えた家電を利用したりと様々な方法で見守りが行われていますが最近注目し始めたのがロボットによる見守りサービスです。
最新AI技術を取り入れたロボットも存在し、高精度な見守りが可能となってきました。
本記事ではそんな新しい見守りサービスの形であるロボット型見守りを各メリットデメリットを含めて紹介していきます!

おすすめの見守りサービス

見守り介護ロボットとは

見守り介護ロボットとはその名の通り見守りを兼ねた介護用ロボットのことです。介護と聞きくと介護センターや自宅で家族が介護するイメージが強いですが、介護ロボットはスタッフや家族が直接介護しなくてもロボットがそのの役割を果たしてくれるため、非常に高性能になっています。
ロボット型にも様々なタイプがありますが、コミュニケーション型といった人の話す言葉を理解してコミュニケーションをとれるロボット、動物型で実際にペットを飼っている感覚になれるロボット、センサーなどを利用して生活をも守りったり声掛けをするロボットなど多種にわたります。
その中でも介護に適しているのはコミュニケーション型やセンサー型です。認知症や夜間徘徊などのなどの予防にもなりますし、会話によるストレス軽減などロボットだけでできる機能が豊富です。

見守り介護ロボットの料金

見守り介護ロボットの料金はロボットによってかなり差がありますが、100,000円以上するものが多いです。ロボット技術はまだまだ発展途上であり、値段的にも簡単に購入できるものではありません。
介護ロボットは1,000,000円を超えるような超高級ロボットも存在し、そのようなロボットはレンタルをすることも可能です。レンタルの場合は契約期間の月々の支払いがありますが、高齢者の年齢を比較すれば安く上がるプランも多いです。
介護ロボットはその性能や使用用途によって値段が大幅に変わってくるため、高齢者の状態や相性を見極めたうえで、慎重に購入を決める必要があります。

おススメ見守り介護ロボット

見守り介護ロボットは介護と見守りを行ってくれる半面値段が非常に高いデメリットが存在します。しかしロボット会社が開発したものや、実際に介護センターでも取り入れられているロボットなどもたくさんあるので自宅介護にも使える実績豊富な見守り介護ロボットを機能面や値段などお含めて解説します!

A.I.Viewlife(エイアイビューライフ)

A. I. Viewlifeはその名の通りAIを利用した見守り介護ロボットです。設置した部屋の全エリアを見守ることができ、認識させた危険行動を検知します。また、トイレなどのプライバシーな部分は排泄時間などをAIが学習してその時間をもとに異常を判断します。初期に時間設定をするのではなく生活を記録していき、その人に合った時間設定をしてくれるのでその人の生活リズムに合わせた見守りができます。
例えばAさんの平均排泄時間は3分だからそれに合わせて異常を判断する、Bさんに場合は10分以上こもる方だから以上事案の設定も比較的遅いなどの対応ができます。
AIなので常に対象者の行動を観察し、学習するのでライフスタイルの変化にも俊敏に反応できます。
値段はおよそ330,000円となるのでこちらも非常に高額ですがプライバシーを考えた見守り介護となっており、AIによる学習機能の制度もかなり高いです。それに多くの都道府県で助成金の対象となるため、自分の住んでいる都道府県は対象なのかを調べたうえで検討してみるのもお勧めです。

ペイシェントウォッチャープラス

ペイシェントウォッチャープラスは赤外線カメラを搭載しており、昼夜関係なく見守りができるシステムですまた体温感知センサーやナースコール接続なども可能になっているため高齢者に万が一の時があってもペイシェントウォッチャープラスが感知すれば自動でお知らせしてくれます。
値段は買取価格248,000円とかなり高額に設定されています。これは夜間なども関係なく見守りできる点や、異変画れば自動で知らせてくれる点などの不要な訪問や常時見守りしている必要がないため非常に便利です。
また介護施設などでも積極的に取り入れられている製品で、評価は非常に高いです。

SOTA

SOTAはコミュニケーション型ロボットで、人間の言葉を理解し話し相手になる、ニュース、天気情報、その日の予定のお知らせ、家族間での会話もロボットを通じて行うことができます。SOTAは見た目の特徴も非常にロボットらしく、人の言葉を学びながら成長するので使用していくうちに性能も上がっていきますし、高齢者の認知症予防やストレス発散にもつながるとして非常に好評です。
家族側の時間があるときにSOTAを通して会話ができ、高齢者側の操作は何一つ必要ないのでとても使いやすいです。
値段は本体価格150,000円に月額が3,000円となります。買取式ですが月額も契約期間はかかるため注意が必要です。長年の利用を考えている場合はしっかりと予算の見積もりを出す必要があります。

ラップン・ブリオ

こちらは排泄を介護するロボットで、日常的な排泄行為 を自力で行うのが困難な方への介護ロボットといて利用されます。排泄物を固めて、最後はフィルムでラップすることによってコンセプトである「きれい、かんたん、におわない」を実現しています。
値段は普通便座タイプだと税抜き89,800円で介護保険が適用される場合は負担額8,980円となります。もう一つの柔らか便座タイプの場合は92,500円で介護保険適用時には9,250円となります。
排泄物はラップしてくれるので汚れる心配はありませんし、万が一汚れてしまったら水洗いができるのでお手入れも楽です。
排泄の介護は精神的にも肉体的にも苦労が伴う作業なので100,000円以下は介護の労力に比べれば安いと評判です。

ロボットアシストウォーカー RT.2

ロボットアシストウォーカーは主に外出時に使う歩行アシストです。ハンドル部分についているセンサーで人の動きを認識し、路面状況に合わせたアシストを行うことができます。
通常の歩行アシストと違って、利用者の動きに合わせたアシストが可能になります。
例えば登坂ではパワーアシストが働いたり、下り坂ではブレーキをかけたりと利用者の行動に合わせたアシストが可能となります。また利用者が手を放してしまった際には自動で停止するなどの機能も兼ねそろえています。自足などでアシストの強弱を判断する設定値も設けられているため、急な坂と穏やかな坂、利用者の歩行スピードなどに合わせたアシストが可能です。
値段は標準サイズで税別118,000円、背の高い利用者用のTallサイズが税別128,000円となります。一般的な歩行アシストでも10,000円弱はするので、ロボットアシストウォーカーは非常におすすめです。

見守り介護ロボットのメリット

見守り介護ロボットのメリットはその機能性の高さです。介護といっても高齢者によってその内容は違ってきます。認知症になりかけていたり、排泄がうまくできないなどその人によって介護の種類は様々ですが現在は様々な種類の介護ロボットが開発されているので高齢者に合ったロボット選びができます。特にお風呂や排せつ物などは介護する側にとってもかなりの重労働なので、ロボットがあるかないかでは労力が格段に変わってきます。また値段がネックですが助成金の対象になる場合も多く、思っている以上に安く済んだという声も多いです。

見守り介護ロボットのデメリット

見守り介護ロボットを購入しようか迷っている方にとっての最大のデメリットはその値段です。多くのロボットが高額なため助成金の対象になっても費用がかさむ、じょせう金の対象ではないからすべて自腹、オプション一つ付けるのにかなり高額なお金が追加されるなど値段に関するものがデメリットの大半を占めています。
また少数ではありますが故障やトラブルといった問題もあり、ロボット技術もまだまだ開発段階であるため、過度な期待は時に大きな失敗となります。
もう一つデメリットがあるとすれば高齢者がロボットの導入を嫌がるということです。全員が嫌がるわけではありませんが、介護は人の手によって行われるものといった認識がある高齢者の方が多く存在するのも事実です。そのためロボットによる介護を受け入れてくれない場合は、どんなに便利でも利用できないので高齢者としっかりと話し合う必要があります。

まとめ

見守り介護ロボットは最近急速な成長を見せている分野の一つでもあり、介護センターだけでなく自宅介護にも積極的に取り入れられてます。しか一その背景には多額の機器代や高齢者の受け入れ問題などの問題もあります。発達途中であるからこその問題がまだまだ多い見守り介護ロボットですが、その分機能は他の見守りサービスとは比べ物にならないほど高く、自宅で介護センター並みの介護が行えます。メリットとデメリットの両面を見ても利用する価値は十分にあります。
また介護だけでなくコミュニケーション型のロボットは、その見た目や話し方から愛嬌があると評判だったり、癒し効果があるといった意見もあります。
このように介護ロボットは日々進化を遂げており、介護だけでなく様々な追加効果も期待できるので非高齢者の理解が得られる、なおかつ金銭的な問題がない場合は非常におすすめです。

見守りの最新記事8件

  • 高齢者や子供の外出をGPSで管理!GPSの居場所検索機能についても徹底解説

    GPSと聞けば映画などで相手の位置情報を探るなどといったイメージがあると思いますが、このGPSの居場所検索機能というのは現実世界にも応用されています。様々な用途で使われてますが、今回はその中でも一般人に向けた用途である高齢者や子供の外出時を見守る見守り機能としてのGPSを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • GPSの居場所検索サービスとは?メリットデメリットを徹底解説!

    GPSの居場所検索サービスというのはGPSを使って特定の人の居場所を検索するというものです。多くの場合は見守りサービスとして高齢者や子供見守り際に使用されますが、最近では待ち合わせや浮気防止などにも使用されるようになってきました。今回はそんなGPSの居場所検索サービスとは一体何なのか、そのメリットやデメリットなどを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 外出時の見守りGPSとは?特徴を徹底解説

    最近では多くの家庭で見守りサービスを利用していますが、そのほとんどが家庭内で行う見守りサービスであり外出中の見守りサービスを利用している家庭はまだまだ少ないです。 しかし見守りGPSを利用すれば外出中であっても見守りを行うことができます。 今回はそんな見守りGPSとはいったい何なのかを徹底的に解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 見守り用GPSとは?その特徴や端末別の価格を徹底比較!

    最近では子供の習い事や高齢者の散歩などにGPSを利用する家庭が増えてきました。GPSを利用することで子供や高齢者がどこにいるのかなどがすぐにわかるため非常に重宝されています。 今回はそんなGPS端末を価格別にメリットデメリットやその特徴などを紹介していきます。 おすすめの見守りサービス

  • GPSで認知症対処?徘徊に使えるサービスとは?

    認知症対策として様々なグッズやアイテム、見守りサービスなどがありますが、GPSを見守りサービスの一覧として使用している方はまだまだ少ないです。しかしGPSは認知症などで夜間徘徊をしてしまう高齢者への対策として非常に有効です。 今回はそんなGPSと認知症の関係、種類いなどを解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 外出時の見守り?老人用のGPSとは

    老人用のGPSと言うのは、主に外出時に高齢者が危険な目にあっていないか、事故などにあって動けないでいるのではないか、といった状況に対応することができます。 GPSと聞くとあまり一般的ではないイメージがありますが、現在ではほとんどのスマホにGPS機能が取り付けられていたり、高齢者専用のGPSが開発されていたり、見守りによく利用されているアイテムの1つです。 おすすめの見守りサービス

  • キッズケータイで外出時の見守りも?内蔵GPSとは?!

    小学生の子供でもスマートフォンを使用しているのが当たり前の時代になってきました。しかしさすがに小学生にスマホ持たせるのは早すぎると考えている保護者の方も多く、学校で自分だけスマホ持てないという子供も一定数存在します。しかしスマホにはGPSが内蔵されているものがほとんどで、子供が外出時にどこへ行ってるのか、どのようなルートを通っているのかというのが簡単に管理することができます。今回はそんなGPSを内…

  • スマホ一つで私生活が丸わかり?!「行動履歴」とは?

    最近ではコンビニへ行くだけでも、すまほー持ち歩く人が多くなってきました。スマホと言うのはそれだけ私たちの生活に密着して、肌身離さず持つ存在となりましたが、そんなスマホが私たちの生活を全て記録しているといった事実は、多くの人が知りません。 今回は、スマホが行っている行動履歴とは一体何なのかを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。