一家に一台!おススメ見守りロボットの比較5選!

見守りサービスは日々進化を遂げていますが、最近ではロボットを利用した見守りサービスが増えてきています。ロボット会社が製造するロボットが多く、多くが人工知能を搭載しているので家族にとっては見守りでも、子供や高齢者にとっては良い話し相手にもなる優れものです。
しかしまだまだ認知度は高くないのであまり詳しいことは知らないといった人は多いです。
今回はそんな人たちでも見守りロボットの全容がわかるように様々なサービスなどと比較しながら見守りロボットについて徹底解説していきます!

おすすめの見守りサービス

見守りロボットとは

見守りロボットとはその名の通りロボットを用いて行う見守りのことで、ロボットの形をしていて話すことができるコミュニケーション型や、見た目はセンサー型見守り機だが中身は人工知能が搭載されていて学習しながら見守りを行うことができたりとその種類は様々です。
一般的に見守りロボットは子供と高齢者を見守るように設計されているため、どちらにも対応できます。例えばコミュニケーション型の見守りロボットは利用者と会話をしたり、センサー型ロボットはちょっとした体調の変化や精神的な変化にも対応できます。

見守りロボットの比較

見守りロボットはその目的や、対象者によって様々な選択肢があり値段もかなりばらつきがあります。そのため、コミニュケーション能力が必要なのか、1人に対して見守りを行うのか、複数人いるのか等を考慮した選択が必要となってきます。

PaPeRo i(パペロ アイ)

パペロアイは介護施設などにいる高齢者を対象とした、言葉の訓練ロボットです。言葉を話すことが難しい高齢者、話す訓練を必要とした高齢者を対象にしていて、言葉に関する専門家の知識、リハビリセンターの監修のもとトレーニングメニューを開発しています。
介護施設で使用される事ですが、自宅で介護する方にも利用できるロボットとなっています。長年一緒にいた高齢者となれば、言葉があまり通じなくても大丈夫と言う方も多いですが、言葉を通じない障害というのは大きく、実際に利用したからの好評はとても多いいほかロボットのジェスチャーなどもあるので、高齢者からの評判も良いです。
ネットの環境があれば、高齢者もボタン1つで利用することができるので非常にシンプルで簡単です。
ロボットの価格は50,000円で月々9,000円の利用料金が発生します。

unibo

Uniboは高性能コミュニケーション型ロボットです。基本的には他のコミュニュケーション型ロボットと機能の差はあまりありませんが、非常に高性能な顔認証技術を採用しているため、家族全員の顔を認識して、個人個人の趣向や行動などを記録し接してくれます。
また個人を識別できるため、お腹がすいたと話しかければその人に合ったレストランや食事内容を紹介してくれたり、服装などもその人の嗜好に合ったものを提案してくれます。
コミュニケーション能力も非常に高く、顔認識機能を使って喜怒哀楽を検知することも可能で、その人のその時の状態に合ったベストな話し方をすることができます。悲しんでいると検知したときには励ますような言葉を、嬉しいと検知したときにはそれに合った言葉をかけてきます。
基本的機能は他と変わらなくても、一つ一つの機能が高性能で利用者からの評判は非常に高いです。価格はロボットの本体が173,800円、月々の費用金額が4,378円です。

SOTA

SOTAは工知能搭載したコミュニケーション型ロボットです。利用者と会話をすることによって、その人独特の口癖や言い回しなど覚えて、独自のコミニケーションロボットの育成が可能となっています。また、事前に登録しておいてその日の予定や、天気予報などから服装等の予想を立ててお知らせすることも可能です。
SOTAはロボット会社が製造した本格的ロボットのため、高性能だが超コンパクトなサイズを実現しています。また娯楽サービスも充実していて、普段の会話もそうですが占いやダンス機能もあるため利用者を楽しませることが可能です。
このロボットの凄いところは人の顔と声を覚えることができて、認識するため名前を登録しておけば近くを通ると名前を呼んで話しかけてくれる機能もあります。
値段は本体価格が150,000円、月々の利用金額が3,000円となっています。

BOCCO(ボッコ)

ボッコはSOTAと同じコミニュケーションサービスですが、基本的な機能は家族内でのメッセージ、センサーによる安全確認です。ボッコ自体が直接コミニケーションを取ると言うわけではなく、家族と家族をつなぐコミニュケーションです。使い方は非常にシンプルで、ボッコに話しかけるとそれが音声メッセージとして家族に送信されます。スマートフォンを利用すれば、テキストを送るだけでボッコで音声化されるため、スマートフォンの利用が苦手な高齢者や小さなお子様なども非常に使いやすい仕様となっています。
また、設定をすることによりゴミ出しの日や天気の予報などをお知らせしてくれる機能もあります。
値段は26,000円と一般家庭でもお求めやすい金額設定となっています。

ZUKKU(ズック)

ズックは10センチ程度の小型AIロボットで、利用者との会話、センサーなどが搭載されていて、カメラを搭載しないなどのプライバシーも考慮した商品になっています。
ボックと似たような機能も搭載しており、伝言機能ではスマホによって送られたテキストを、音声化してお知らせすることができます。こちらもスマホの利用が難しいと感じる高齢者や、小さなお子様にオススメです。
またズックとの会話で、もしもネガティブな単語を使用したりネガティブな内容の会話だった場合は、AIが自動で判断し家族に知らせてくれる機能もあります。
家族の安全確認だけではなく、精神的な状態も離れていながら判断できるこのズックは、本体59,800円、月々の利用金額は980円となります。

見守りロボットと他サービスの比較

見守りロボットは、見守りサービスの中でも個性ので後価格といった特徴がありますが、見守りサービスには様々な種類があり中には見守りロボットと同じくらい高性能なものもあります。基本的に見守りロボットより高いサービスは少なく、低価格でサービスを受けることが可能です。そんな価格面や機能面などを見守りロボットとどう違うのか比較していきます。

家電と見守りロボット

家電型のメモリサービスと言うのは、電気を使ったものや電気ポットを使ったものなど様々ありますが、多くの家電型見守りサービスの機能は見守りロボットついていることがほとんどです。センターで高齢者や子供の安否を確認したり、ポットの利用具合や電球の利用時間などから高齢者の安全を確認するサービスが全般なので、ロボットにも同じ機能が搭載されています。
そのためコミニュケーション能力などは必要なく、家族の安全を見守ることができれば良いと言う過程は見守りロボットを買う必要はありません。しかしコミニュケーションや人工知能を搭載した精神的な見守りもしたいと言う場合はロボットを購入した方が良いといえます。

アプリと見守りロボット

アプリと見守りロボットはその使用用途が完全に違っているので、介護や室内での見守りが多いと言う場合はロボットを買うのをおすすめしますが子供のスマホ制限や外出時の見守りなどを主にしたい場合はアプリを使うのがお勧めです。こちらは用途別に選ぶのが1番です。

訪問型と見守りロボット

訪問型の見守りロボットは似たようなサービスなので迷ってしまう人も多いです。訪問がただ見守りロボットが似ている点は、高齢者や子供とコミニケーションが取れる、細かな変更点に気付けるなどの共通点があります。また訪問型のサービスも毎日のように利用していれば見守りロボットと同じように高額になってしまう店も共通点といえます。しかし訪問型サービスは人が直接健康確認などを行ってくれるためロボットよりも正確にできるといったメリットや、高齢者もロボットを嫌う場合も多いのでその点はメリットといえます。

見守りロボットの目的別に比較

見守りサービスを使用する目的と言うのは子供のスマホの利用を見守る場合や、高齢者の安全を見守る場合など様々です。見守りロボットと言うのも目的別に様々な種類が作られていますが、見守りロボットと言うひとくくりで考えれば目的別のメリットデメリットと言うのも存在します。

子供の場合

子供の見守りをするのは主にスマホ利用外出時の見守りが多いです。比較的子供の見守りとしては少ないですが、両親の帰宅が遅いため留守番時の見守りをしたいと言う場合もあります。基本的にはすまほー利用している場合はスマホ用の見守りがありますし高齢者に比べればそれほど気を使わなくて済むのが子供の見守りです。そのため子供の見守りようにロボットを購入するのは少ないです。

一緒に暮らす親の場合

2つ目は高齢者の見守りについてですが、一緒に住んでいる場合と離れている場合では見守りサービスの選び方が全然違います。一緒に暮らす場合は家族が一緒にいる場合は見守りができますし、毎日の体調チェックなどもできるため仕事なので家を開ける場合の見守りが必要となります。そうなれば自然的にセンサー等があれば充分になるので基本的に見守りロボットを購入する家庭は少ないです。
しかし1階と2階に分かれて住んでいて普段からコミニケーションを取らないなどと言う場合は見守りロボットを購入するメリットもあるので、ケースバイケースとなります。

離れて暮らす親の場合

最後は高齢者と離れて暮らす場合ですが、この場合が1番見守りロボットを購入する家庭が多いです。定期的なコミュニケーションが取れず、体調管理もなかなか難しいです。さらに仕事なので帰りが遅い人の場合は、時間帯も合わずに電話などもできない場合も多いです。
そのため離れて暮らす場合は見守りロボットが非常に役に立ちます。コミニュケーションを始めとしたストレス軽減や認知症予防にもなりますし、AIを搭載したロボットなら些細な変化にも気づきやすいです。このような点からセンサーやカメラを設置するよりも見守りロボットを購入した方が非常に精度の高い見守りが可能となります。

まとめ

見守りロボットは最近になって認知度も高まり始めた高性能の見守りですが、値段が高いなどのデメリットも存在します。そのためすべての家庭が購入できるわけではありませんが、親が離れて暮らすケースや一緒に暮らしてもあまりコミニケーションが取れない家庭などそのニーズは高まっていっています。
また、長期的な利用を考えれば購入費が100,000円以上しても見守りの精度と期間を考えれば結果的に買って良かったとなるケースも多いです。
見守りロボットを購入する際はしっかりと家族で話し合い、必要かどうかを検討する必要がありますがその性能の高さや満足度の高さはどの見守りサービスにも引けを取らないので見守りサービスを利用する際はぜひ候補に入れてみることをお勧めします。

見守りの最新記事8件

  • 高齢者や子供の外出をGPSで管理!GPSの居場所検索機能についても徹底解説

    GPSと聞けば映画などで相手の位置情報を探るなどといったイメージがあると思いますが、このGPSの居場所検索機能というのは現実世界にも応用されています。様々な用途で使われてますが、今回はその中でも一般人に向けた用途である高齢者や子供の外出時を見守る見守り機能としてのGPSを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • GPSの居場所検索サービスとは?メリットデメリットを徹底解説!

    GPSの居場所検索サービスというのはGPSを使って特定の人の居場所を検索するというものです。多くの場合は見守りサービスとして高齢者や子供見守り際に使用されますが、最近では待ち合わせや浮気防止などにも使用されるようになってきました。今回はそんなGPSの居場所検索サービスとは一体何なのか、そのメリットやデメリットなどを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 外出時の見守りGPSとは?特徴を徹底解説

    最近では多くの家庭で見守りサービスを利用していますが、そのほとんどが家庭内で行う見守りサービスであり外出中の見守りサービスを利用している家庭はまだまだ少ないです。 しかし見守りGPSを利用すれば外出中であっても見守りを行うことができます。 今回はそんな見守りGPSとはいったい何なのかを徹底的に解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 見守り用GPSとは?その特徴や端末別の価格を徹底比較!

    最近では子供の習い事や高齢者の散歩などにGPSを利用する家庭が増えてきました。GPSを利用することで子供や高齢者がどこにいるのかなどがすぐにわかるため非常に重宝されています。 今回はそんなGPS端末を価格別にメリットデメリットやその特徴などを紹介していきます。 おすすめの見守りサービス

  • GPSで認知症対処?徘徊に使えるサービスとは?

    認知症対策として様々なグッズやアイテム、見守りサービスなどがありますが、GPSを見守りサービスの一覧として使用している方はまだまだ少ないです。しかしGPSは認知症などで夜間徘徊をしてしまう高齢者への対策として非常に有効です。 今回はそんなGPSと認知症の関係、種類いなどを解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 外出時の見守り?老人用のGPSとは

    老人用のGPSと言うのは、主に外出時に高齢者が危険な目にあっていないか、事故などにあって動けないでいるのではないか、といった状況に対応することができます。 GPSと聞くとあまり一般的ではないイメージがありますが、現在ではほとんどのスマホにGPS機能が取り付けられていたり、高齢者専用のGPSが開発されていたり、見守りによく利用されているアイテムの1つです。 おすすめの見守りサービス

  • キッズケータイで外出時の見守りも?内蔵GPSとは?!

    小学生の子供でもスマートフォンを使用しているのが当たり前の時代になってきました。しかしさすがに小学生にスマホ持たせるのは早すぎると考えている保護者の方も多く、学校で自分だけスマホ持てないという子供も一定数存在します。しかしスマホにはGPSが内蔵されているものがほとんどで、子供が外出時にどこへ行ってるのか、どのようなルートを通っているのかというのが簡単に管理することができます。今回はそんなGPSを内…

  • スマホ一つで私生活が丸わかり?!「行動履歴」とは?

    最近ではコンビニへ行くだけでも、すまほー持ち歩く人が多くなってきました。スマホと言うのはそれだけ私たちの生活に密着して、肌身離さず持つ存在となりましたが、そんなスマホが私たちの生活を全て記録しているといった事実は、多くの人が知りません。 今回は、スマホが行っている行動履歴とは一体何なのかを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。