高齢者向けの見守りロボット5選!

高齢者の寿命がどんどん伸びていっている現代は離れていても安心して暮らせる見守りサービスを利用する方が増えてきました。見守りサービスも6人で行えるセンサーやカメラを使ったものや、企業のスタッフが直接訪問してくれるものなど様々なものが出てきました。そんな中でも最近注目を浴びてるのが見守りロボットと言うものです。今回はそんな高齢者向けの見守りロボットを5選、詳細まで徹底解説していきます。

おすすめの見守りサービス

高齢者向けおススメ見守りロボット

見守りロボットと言うのは様々な種類がありその用途によって使い方も様々です。多くが介護施設用に作られたものでありその精度は折り紙付きですが、最近では自宅介護ように見守りロボット中に制作されることも多くなりました。

unibo

こちらは超高性能な顔認識機能を搭載したロボットとなります。その特徴を生かして利用者の表情から喜びや悲しみといった表情読み取状況に応じた対応をすることができます。人工知能搭載している分その人の表情のパターンを学習してより精密な判断を下せるようにやっていきます。そして悲しいと判断した際には励ましの言葉をかけたりとまるで人間と接しているようななどの声が多数あります。
また天気予報のお知らせや予定の管理などもできるため、物忘れがある高齢者の方にも非常にお勧めです。
食費私はロボット代で173,800円、月額で4,378 円となります。

PaPeRo i(パペロ アイ)

パペロアイは通常の見守りサービスに比べれば少し特殊なものとなっていて、話すことが困難な高齢者または言葉のトレーニングが必要な高齢者を対象とした見守りロボットです。自宅に設置しておくとトレーニングをお知らせしたり手伝ったりしてくれます。また実際のリハビリセンターなどでも使用されている実績を誇り、自宅に置いているだけでも大丈夫だと認められています。
月々の金額が9,000円、ロボットの価格は50,000円となります。

SOTA

こちらはコミニュケーション型の見守りロボットで高齢者だけでなく子供にも使えると評判ですコミニュケーション能力が非常に高い人を入れることで、一人ひとりの利用者に合わせた話し方や接し方が可能です。また名前を登録すればその人の声や顔を識別して挨拶をする時や会話をする際に名前を呼んでくれるようになります。
お知らせ機能も充実していて、天気の情報やその日の予定等登録した情報を時間になったら知らせてくれる機能もあり、機能面は充実しています。
本体を購入するのに150,000円、3,000円の月額がかかります。

ZUKKU(ズック)

ズックはこれじゃなく全部プライバシーを大事な見守りロボットです。そのためカメラが付いていなくて、そのほかの機能はバッチリつかえるので高齢者からプライバシーの問題で嫌がられることが少ないです。
コミニュケーションも可能で塾に行ってネガティブだと感じておられた場合はすぐに家族に連絡が行くようになっています。
高齢者からは、カメラが搭載されたないから、生活を覗かれてる感覚がなくて良いといった声が多数上がっています。
本体の価格は58,900円、月々の利用金額は980円です。

BOCCO(ボッコ)

ボッコはコミュニケーション型ロボットですが、その金額は本体で26,000円、月々の利用金額は発生しません。、スマートフォンでテキストメッセージを送信することも可能で、そのテキストメッセージは音声としてロボットが高齢者に伝えることができます。またその逆として高齢者が音声メッセージを家族に送信することも可能となっており、その操作はボタン1つでできます。このように非常にシンプルな操作性と値段の安さが特徴で、一般家庭でも購入されやすいです。

高齢者向け見守りロボットの料金

見守りロボットの価格はピンからキリまで参加し安いものでも10,000円以上するものがほとんどです。そして高いものになれば300,000円を超える超高額なロボットも存在します。この金額の差は見守りの精度や機能の違いです。特に高度な人工知能を搭載しているロボットは価格も非常に高くなる傾向があり、人の感情を読み取ったり毎日の行動からの変化を読み取ったりするものは非常に高いです。しかしその工学の分見守りの質も非常に高く、人間の代わりかそれ以上の役目を果たしてくれるのが高額見守りロボットの特徴です。
また月々の利用金額ですが、毎月の見守り状況を報告したりグラフ化したりするものは見守りの月々契約の場合が多いですが、ただのコミニケーションが出やカメラやセンサーなどロボットは購入代金だけ払えば月々の契約料金はないといったものも存在します。

高齢者向け見守りロボットのメリット

見守りロボットは性能の高さやコミニケーションができるなどの様々なメリットが存在し、実際に見守りロボットを使用している介護センターや購入した家庭の方からは好評が多いです。そんな最新技術を搭載した見守りロボットのメリットを紹介します!

見守りの精度が高い

見守りロボット人工知能搭載したものや、ロボット会社が作ったものが多いので見守りの精度が非常に高いです。見守りサービスを利用する家庭は自分たちで見守りができないからと言う理由が1番多いかと思いますが、そのほとんどの役割を見守りロボット1つで補ってくれます。ほとんどの見守りサービスについていないコミニケーション能力と言うのも、AIを搭載してメモリロボットにはついているのでその分コミニケーションによっての見守りも可能ですし、利用者の声のトーンや話し方などから健康状態を確認することも可能です。見守りカメラや見守りセンサー等は高齢者の行動をチェックすることができますが、内面的なものまでは確認することができないのでそれは見守りロボットの特権といえます。

多くの見守りサービスが搭載されてる

多くの見守りロボットにはカメラ、センサー、コミニュケーション機能、予定や天気のお知らせ機能などが搭載されているため、見守りロボット1つ購入すれば多くの見守りサービスを受けることができます。センサーを購入して高齢者の安全確認ができるようになったが一人暮らしのため寂しい思いをしてないか心配、訪問型サービスを登録したが日常的な見守りができないなどで複数の見守りサービスを契約する必要が出てくる家庭が非常に多いです。
そのため見守りロボットを購入すると多くのサービスをいちどに受けることができ、見守りロボット1つだけで全ての介護が完了するって言っても過言ではありません。

介護側の負担が減る

最後のメリットは介護者の負担が減るということです。特に一緒に暮らしている場合は常日頃高齢者の介護をしていなければならないので、その分疲労なども溜まってきてしまいます。しかし見守りロボットを購入すればそのほとんどを見守りロボットに任せることができるので、介護者側の負担がものすごく減ります。実際に介護センターで働いている介護士や自宅介護をしている方で見守りロボットを購入した家庭からの高評価はたくさんあります。

高齢者向け見守りロボットのデメリット

高齢者向け見守りロボットがその性能の高さゆえに、多くの家庭が購入を検討するものですが購入に踏み切れない方が多いのがそのデメリットの多さです。1番多いのが金額の問題です。介護センター何度でもロボットを導入しない一番の理由が金銭的な問題です。家庭用の見守りロボットとなってもそれなりの金額を取られるのが現状です。また金額以外にも見守りロボット使用する際に出てくるデメリットはいくつか存在し、それが原因で購入を見送る方が多いです。

高額

高齢者向け見守りロボットのデメリットはその高額なロボット代と月額の費用です。多くの見守りロボットは人が回復する代わりになる優れもの晴れですが、やはりその反面高額な金額も目立ちます。
比較的早期の段階から見守りロボットの購入を考えている家庭は、月々の費用が発生するとそれなりの金額になってしまうのでそこも注意が必要です。また月々の費用が少なくても本体の価格が高いので、高齢者の年齢を考えて慎重に選ぶ必要があります。

怪我の危険性

カメラやセンサーのように取り付ける形ではないため、高齢者が誤って足に落としてしまった等による不良の事故がないとも言い切れません。また特別落下に強いって言うわけではないので、ちょっとした衝撃で壊れてしまうこともあります。小型で重量も軽いと言う特徴は時にデメリットとなることを覚えておく必要があります。

高齢者と合わない

こちらは見守りロボット購入した家庭でかなりの確率で起こる問題ですが、高齢者が見守りロボットを
嫌がるということです。もちろん見守りロボットの性能が悪いと言うわけではなく、ロボットに解放されていると言う感覚が嫌だと言う高齢者が多いです。そして人工知能が統制されているためしゃべっている内容は人間と変わらなくても、喋り方なのかロボット独特なため嫌がる高齢者も多いです。
高齢者によっては話し相手ができて嬉しい、日常生活に楽しみができたなと言う方もいますが、1部の方にはまだまだ理解が得られないといったデメリットもあります。

まとめ

高齢者の見守り籠とは日に日に進化を遂げています。まだAIを搭載したものなら使用すればするほどその人への理解が深まり、見守りの精度も上がっていくと言う優れものです。しかしその分高額な値段、不慮の事故につながる可能性などデメリットも多いのが事実です。そういった点も含めて、購入したいと思えるのなら買って損は無い見守りサービスの1つだと思います。経済的に問題なく、見守りロボットのデメリットをカバーできるならこれほど素晴らしい見守りサービスは存在しません。デメリットも含めて、ぜひ一度購入を検討されてはいかがでしょうか?

見守りの最新記事8件

  • 自宅用監視カメラは機能性と利用用途から考えよう

    今や日々の生活で欠かせなくなった監視カメラ。街角や駅などの公共場所や屋外や店舗内でもダミーを含めた設置されていない場所はないほどです。今回は 自宅用監視カメラのご紹介をしていきます。 おすすめの見守りサービス

  • 忙しい時の救世主!子供の見守りにおすすめのカメラの紹介

    赤ちゃんを育てるお母さん達は赤ちゃんが様子を見ながら家事をしたり自分の時間を確保しなければなりません。そんな多忙のお母さんにおすすめなのか見守りカメラではないでしょうか。見守りカメラがあれば離れた場所から寝ている赤ちゃんの様子をモニターを通して確認することが可能です。この見守りカメラは子供や高齢者の安否確認設置しやすく扱いやすい商品などもありますのでこちらの方でご紹介をさせていただきたいと思います…

  • 高齢者の食事で気をつけることは何か?

    高齢者の方は加齢に伴い身体機能が低下してきます。そのために食事がうまく取れなくなり、食事量が徐々に減っていき食生活の影響を及ぼしてきます。まだ固いものが噛みにくくなるため、柔らかいものを好みます。こちらでは高齢者の食事で気をつける点を解説していきたいと思います。 おすすめの見守りサービス

  • 高齢者の介護の問題とは?解決策はあるの?

    親の介護を誰がどのように行うかによって問題やトラブルを抱えている家庭もあるのではないでしょうか?介護は現代の日本社会が抱える大きな課題です。個々の家庭においても在宅でケアするもしくは施設に入居をさせるかなど、一つ一つの決断を待ったなしでくだしてく必要があります。親にとっても自分たち家族にとってもベストの選択するため、介護における問題点をきちんと把握していくのが良いかと思います。こちらでは高齢者の介…

  • 孤独死しない為のおすすめ対策とは?

    少子高齢化が進む中、シニアが老後を楽しくいきいきと過ごせるよう、福祉サービスやシニア向け市場が充実してきています。その一方、1人暮らしで寂しく孤独死を迎えてしまう高齢者も増えているというのが現状です。「いつか私も孤独死するのでは?」そのような不安を抱えている人は、できるだけ早く「孤独死対策」に取り組んで下さい。こちらでは、おすすめの孤独死対策についてこちらで解説をさせていただいています。あなたのラ…

  • カメラ付き玄関チャイムと監視カメラを設置して防犯対策強化を

    最近の玄関チャイムはカメラ付きのタイプが一般的ですが、チャイムの映像を見られる場所は限られています。2階でパソコンを使っている時に1回のチャイムを確認するのは面倒です。であれば、カメラを追加して場所を選ばず玄関先をチェックできるようにしてはいかがでしょうか。今回は玄関に設置する監視カメラについてご紹介の方をさせていただきたいと思います。 おすすめの見守りサービス

  • 狙われる監視カメラ見れるサイトが存在する?

    インターネットを介したビデオ通話、防犯カメラ、育児やペットの見守りカメラ、まだスマホにもほぼ全てカメラが搭載されるようになっているなどの、 Web カメラは私たちの生活に非常に身近なものとなっていますが、その反面ハッキングされて生活を覗き見られるなどの事例も発生しています。そして今は監視カメラを覗き見できるサイトも存在します。ウェブカメラのハッキング問題を防ぐためにはどのようにすればよいのでしょう…

  • 家庭用の監視カメラ初心者から高性能なものを紹介

    毎日のようにニュースで目にする凶悪な犯罪、大切な自宅にそのような日が日が降りかからないとは限らないかと思います。このように起こりうる危険を未然に防ぐためにも万全な方法セキュリティは欠かせません。 目で見て確認できるだけではなく証拠として残すこともできる優れものとなっています。移籍すること自体は威嚇となっており不審者をを侵入させづらくする防犯効果も期待できるのです。これまで会社や店舗で設置されること…

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。