最新技術を搭載!話題の見守りロボットを徹底解説!

見守りロボットというのは最近話題になっている見守りサービスの1つで、ロボット会社が開発したロボットが多数を占めています。センサーやカメラなどを搭載したロボットが多く、1つのロボットを購入するだけで多くの実サービスを同時に受けられると言うことが特徴の1つです。また1つのロボットを購入するのに100,000円以上かかる場合も多く、その高額な利用料金も話題となっているので、そんなメリットデメリットを含めた見守りロボだとを全てを徹底解説していきます!

おすすめの見守りサービス

見守りロボットとは?

見守りロボットの始まりは介護センターで介護士の負担を軽減するために導入されたのが始まりで、それが次第に自宅介護にも使われるようになっていました。自宅介護で使う見守りロボットされたは介護センターで使われるほど大型のものではなく、体調15センチ程度のロボット型がほとんどとなります。
多くのロボットとか様々な機能を搭載した太陽型ロボットがありますが、中には排泄介護に特化したもの、コミニュケーションに特化したものなども存在します。
例えば排泄介護に特化したものでは、専用トイレ型ロボットで排泄者がトイレまで行かなくて済むようなものや、ロボットが尿意を催した高齢者を検知しお知らせするなど様々なロボットが存在します。同じ排泄型ロボットでも値段が違うのはこのような理由です。

おすすめ見守りロボット

様々なロボット外車がそうとなるようなロボットを開発してきましたが、その中でも特にオススメなロボットというのは存在します。多くのおすすめロットは多様型コミュニケーションロボットで、大きさも片手で持てるようなサイズ感のものばかりです。一般家庭にも利用されていて評価も非常に高いので初めて見舞われるポットを購入する方には非常におすすめなロボットばかりです。

PaPeRo i(パペロ アイ)

パペロアイは高齢者をサポートするコミニケーション型見守りロボットの1つです。このロボットは家の中での日常生活を見守り朝、昼、夜の3回高齢者の許可を得て写真を撮り家族に送信することができます。これによって日常的な安全の確認ができ、視聴したYouTubeやテレビの好みや、高齢者の音声メッセージなどを家族に送信することも可能です。まだ決まった時間に声をかけてくれて、脳トレや運動の促進等も行ってくれるため健康的な生活を維持することが可能です。
月々の契約料金は9,000円、ロボット本体の値段が90,000円となります。

unibo

コミュニケーション型ロボットの中では群を抜いて感情の読み取りに強いのがuniboです。顔認識能力が非常にたけているのがこのロボットの特徴で、些細な表情の変化を見逃しません。そして何通りもの顔のパターンを記録してどういう表情の時にどんな感情を持つのかを検知することが可能です。利用者の感情に合わせたコミニケーションをとってくるので、良い話し相手になってくれるといった高齢者の声が多いです。
178,300円で本体が購入可能で、そのあとの月々の料金は4,378円です。

SOTA

SOTAは見守りロボットの中でも非常に人気の高いロボットで、価格は本体150,000円以上、月々の利用金額が3,000円と決してコスパが良いわけではありませんが娯楽サービスの充実性や一つ一つの機能の高さなのか好評につながっています。こちらのロボットの人の顔覚えることが可能で、名前を登録すればその人の名前を使ったコミニケーションを可能とします。
その人の趣味や嗜好を考えた話し方や、日常生活の提案なども行うのでまるで人と話しているようだと言う高齢者の方も多いです。

ZUKKU(ズック)

ズックは手のひらに乗ることができる超ミニサイズのロボットです。その小さなサイズから愛嬌があるといった声も多く、人工知能搭載によるコミニケーションによってその愛嬌さがさらに引き立てられています。こちらのロボットは高齢者のプライバシーを最前線に考えており、カメラは搭載されていません。
すまほー利用したテキストからの音声化や、高齢者とのコミュニケーションを可能としており、基本的な機能は従来の見守りロボットと変わりはありません。
59,000円で本体を購入し、月々の利用金額は980円とコスパも良いです

見守りロボットの値段

見守りロボットの値段は20,000円台から購入できるお手頃なものから300,000円以上する超高額なものまでさまざです。しかし基本的には見守りサービスの中では非常に高価な部類となり月額がかかる場合も10,000円近くするのがほとんどです。多くの見守りサービス提供されている機能を1つにまとめたのが見守りロボットなので、その高価な価格には納得がいきますがそれを払えるかどうかは別問題です。多くの方が見守りロボットの機能には感激しながらも使用するのはあきらめるといった背景にはこの金額の高さがあります。
今回紹介したロボットの中でも1番安くて20,000円台ですので、費用的な面も含めて購入できるかできないかはしっかりと検討する必要があります。

見守りロボットのメリット

見守りサービスはカメラやセンサー訪問型など様々な種類があり、どの見守りサービスにもメリットデメリットがあります。そしてその多くが機能面に対するメリットとデメリットなのに対し、見守りロボットに関して機能面のデメリットがほぼありません。その有能すぎる機能面は誰にとってもメリットが多いのです。

見守り精度が高い

見守りロボットはもしも高齢者と一緒に住んでいなかったり、仕事の都合なので1日のほとんど高齢者と過ごせない場合などでも実際の人と同じ位の精度で見守りを行えます。また同じ部屋に住んでいても、家事などもあるため常に高齢者のことを見守ってあげる事は不可能に近いです。しかし見守りロボットは常に高齢者のことを観察し、些細な変化にも気づくことができるので、場合によっては実際に人が見守りよりも正確な見守りを可能とします。

負担軽減

また今まで人の手で見守りをしていた場合は、様々な観点から疲労を感じていた人も多いですが見守りロボットを利用してからはその負担がかなり軽減されたといった声も多数あります
このように人と同等かそれ以上の制度の見守りをしてくれて、家族の負担軽減にも役に立つのは見守りロボットを利用する最大のメリットといえます。

自宅介護が可能

今まで介護施設と契約していた人や介護施設に入れる予定だった人にとっては見守りロボットは非常に良い見守りサービスになります。介護施設に入る予定だった高齢者でも見守りロボット1つあれば自宅での介護が可能になるといった声が多いです。非常に高性能なため人間の役割ができるといったメリットと似ていますが、自宅で介護することができれば高齢者にとってもその家族にとってもメリットだといえます。

見守りロボットのデメリット

見守りロボットにはもちろんデメリットも存在します。このデメリットと言うのは機能面に対するものではなく、費用に関するものがほとんどです。ロボットと言う製品ゆえに初期費用や月額も高額になってしまいますが、それが一番のデメリットとなっています。

初期費用が高い

メリットが多い見守りロボットですが、デメリットももちろん存在します。それは高額な購入代金と月額の費用です。特に小さなサイズ感のロボットはその見た目からも100,000円以上って言う大金を出すのは少し抵抗がありますし、見守りロボットを使用したことがない人にとっては100,000円も払う価値があるのかと方も多いです。実際に見守りロボットを買ったはいいものの高齢者が話しかけなくなって今ではただの置物になってしまったといった声も一定数存在します。このように高齢者と見守りロボットの相性が合わなかったと言う事例もあるので購入前にはしっかりとした確認が必要となります。

月額が発生する

またロボットを購入したはいいものの、月々の料金が発生するのでいざとなったときに駆けつけてくれるセキュリティーサービスの方が良いといった声も多数存在します。見守りロボットは非常に高性能ですがいざとなった時に高齢者自身を助けてあげるということができません。第三者の時点から見守り、何かあったときには家族に知らせると言うのが見守りロボットのできる最大限のことなので、高い月額を払ってまで使用する価値は無いと考える人もいます。
そのため月額が無料の見守りロボットを使用するというのも1つの手ですが、従来の見守りロボットのような高性能は期待できません。そういった面では見守りロボットの使用がデメリットといえます。

ロボットらしさがある

ロボットらしさがあるというのが高齢者にはあまりウケが良くありません。特に今まで家族や介護士に介護して来てもらった人や、見守りロボットの事あまり詳しく知らない人からすれば、ロボットに解放されると言うのはあまり気持ちのいいものではありません。ロボットに関して寛容に受け入れてくれる高齢者にとっては、ロボットによる見守りも苦痛ではありませんがそうでない高齢者にとってはロボットが自分を見守っていると言うだけで苦痛になってしまいます。このようにどれだけロボットの性能が良くても高齢者自身に受け入れてもらえないと言うデメリットも存在します。

まとめ

見守りサービスは多種多様に及び、現在ではロボットも登場してきています。見守りロボットバスの高性能さゆえに利用者の大半が満足しているといいますが、その反面デメリットの問題もあり使用すらしていないという家庭も多く存在します。
メリットも多い分デメリットも多い見守りロボットですが、使用することができればその満足度はどの見守りサービスにも負けずに、ほとんどの家庭が満足しています。
今まで見守りロボットのことをあまり知らなかったと言う人も多いですが、今回を機にぜひ見守りロボットの購入を検討してみてはいかがでしょうか。

見守りの最新記事8件

  • 高齢者の食事で気をつけることは何か?

    高齢者の方は加齢に伴い身体機能が低下してきます。そのために食事がうまく取れなくなり、食事量が徐々に減っていき食生活の影響を及ぼしてきます。まだ固いものが噛みにくくなるため、柔らかいものを好みます。こちらでは高齢者の食事で気をつける点を解説していきたいと思います。 おすすめの見守りサービス

  • 高齢者の介護の問題とは?解決策はあるの?

    親の介護を誰がどのように行うかによって問題やトラブルを抱えている家庭もあるのではないでしょうか?介護は現代の日本社会が抱える大きな課題です。個々の家庭においても在宅でケアするもしくは施設に入居をさせるかなど、一つ一つの決断を待ったなしでくだしてく必要があります。親にとっても自分たち家族にとってもベストの選択するため、介護における問題点をきちんと把握していくのが良いかと思います。こちらでは高齢者の介…

  • 孤独死しない為のおすすめ対策とは?

    少子高齢化が進む中、シニアが老後を楽しくいきいきと過ごせるよう、福祉サービスやシニア向け市場が充実してきています。その一方、1人暮らしで寂しく孤独死を迎えてしまう高齢者も増えているというのが現状です。「いつか私も孤独死するのでは?」そのような不安を抱えている人は、できるだけ早く「孤独死対策」に取り組んで下さい。こちらでは、おすすめの孤独死対策についてこちらで解説をさせていただいています。あなたのラ…

  • カメラ付き玄関チャイムと監視カメラを設置して防犯対策強化を

    最近の玄関チャイムはカメラ付きのタイプが一般的ですが、チャイムの映像を見られる場所は限られています。2階でパソコンを使っている時に1回のチャイムを確認するのは面倒です。であれば、カメラを追加して場所を選ばず玄関先をチェックできるようにしてはいかがでしょうか。今回は玄関に設置する監視カメラについてご紹介の方をさせていただきたいと思います。 おすすめの見守りサービス

  • 狙われる監視カメラ見れるサイトが存在する?

    インターネットを介したビデオ通話、防犯カメラ、育児やペットの見守りカメラ、まだスマホにもほぼ全てカメラが搭載されるようになっているなどの、 Web カメラは私たちの生活に非常に身近なものとなっていますが、その反面ハッキングされて生活を覗き見られるなどの事例も発生しています。そして今は監視カメラを覗き見できるサイトも存在します。ウェブカメラのハッキング問題を防ぐためにはどのようにすればよいのでしょう…

  • 家庭用の監視カメラ初心者から高性能なものを紹介

    毎日のようにニュースで目にする凶悪な犯罪、大切な自宅にそのような日が日が降りかからないとは限らないかと思います。このように起こりうる危険を未然に防ぐためにも万全な方法セキュリティは欠かせません。 目で見て確認できるだけではなく証拠として残すこともできる優れものとなっています。移籍すること自体は威嚇となっており不審者をを侵入させづらくする防犯効果も期待できるのです。これまで会社や店舗で設置されること…

  • 監視カメラを導入するにあたって価格は?

    防犯対策や店舗管理などのトラブル防止するためなのに監視カメラの導入を検討していませんか?そうするにあたって監視カメラの「価格」に関して気になるのではないでしょうか?監視カメラの性能や機能を参考にして設置する目的に見合う監視カメラもを選ぶことが大切になってきます。そこで今回は監視カメラ撮っ価格相場についてご紹介をさせていただきたいと思います。 おすすめの見守りサービス

  • 無料で設置できる監視カメラアプリおすすめ9選

    監視カメラのアプリを使うことで、外出先から簡単に自宅の様子を確認することができます。アプリには専用のカメラを利用するものと、古いスマホを利用するものと二つに分けられます。おすすめのアプリを参考にして、便利な監視カメラを設置してみましょう。こちらではおすすめの監視カメラアプリを紹介します。 おすすめの見守りサービス

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。