プライバシー問題も解決!タイプ別の見守りセンサーを紹介!

見守りサービスには訪問型、カメラ型、セキュリティー会社型、家電型など様々なタイプのものがありますが、特にカメラ型などは常に監視されていると言うプライバシーの問題から嫌がる高齢者もたくさんいます。そんな中で注目されているのがセンサー型の見守りサービスです。センサー型はカメラほどプライバシーを侵害することもなく、高齢者の日々の生活の安定を見守るサービスとなっています。今回はそんなプライバシーの侵害を嫌がる高齢者にも有効なセンサーが出見守りサービスをタイプ別に紹介してきます!

見守りセンサーとは

見守りセンサーはその名の通りセンサーを利用した見守りサービスの1つです。センサーを1日1階以上は必ず使う場所に設置することで高齢者の安否を確認します。例えばトイレなどは、廊下、寝室などに取り付けることによって、一定の期間動きがなかったりトイレに入ったのに一定時間たっても出てこない等の状況が発生した場合、家族に通知が行くシステムとなっています。見守りセンサーは、契約する会社によって設置費用が取られる場合か取られない場合があり、基本的な月額は3,000円前後が多いです。
センサーサービスは基本的に24時間稼働しているので緊急時にも素早い対応が可能です。しかしセンサーのタイプによってはドアの開け閉めだけに反応するものなどがあり、部屋の中で倒れたりしても検知できないなどのデメリットもあります。そういった場合も想定し、高齢者に合わせたセンサーの選択が必要となります。

見守りセンサーのタイプ

見守りセンサーは様々な見守りサービスを提供している会社が開発しており、そのタイプも様々です。先ほども記述したようにドアの開け閉めに反応するタイプや人の体温に反応するタイプなどが存在し、用途によって大きく使い分けることができます。また高齢者の状態によっても使い分けが利き、ただの安全確認ならドアの開け閉めを確認するだけのセンサーだけでも充分ですが、部屋の中での状況まで管理したいという場合は人感センサーを使うなどの工夫が必要です。

人感センサー

人感センサーは人には見えない赤外線等を感知して人の動きをとらえるセンサーのことです。こちらのセンサーは主に部屋の中の状況まで見守りたいが、カメラならばプライバシーの問題があって使用したくないといった家庭に利用されています。高齢者が部屋の中で倒れたり、ベッドから降りる際に倒れてしまったなどの状況にも反応するので、足腰が弱い高齢者には非常にお勧めです。
センサーの中でも緊急時に対応できるセンサーなので、群を抜いて優秀なものといえます。
しかし高齢者の方にはカメラと同様プライバシーの侵害だとして嫌がる高齢者も一定数いるため、設置する前にしっかりとした話し合いが必要となってきます。

バイタルセンサー

バイタルセンサーは対象者の脈、呼吸、体の動きを感知して、一定時間それらの値に異常が出た場合家族に通知が行くといったサービスです。こちらも人感センサーと似ている部分があり、緊急時にも対応することができます。バイタルセンサーは持病が発生し座ったまま苦しんでいる高齢者に対しても、脈や呼吸から異常を察知できるので人感
センサーよりも優秀といえます。しかし運動して帰ってきた直後などはメイクや呼吸も乱れているため体は平常だが間違えて注意してしまうといったことも起きてしまいます。しかしかなりの確率で緊急事態には対応できるため見守りセンサー私はかなり優秀な部類に入ります。

シルエットセンサー

シルエットセンサーは高齢者の就寝時に手足のはみ出、離床、起き上がり等を検知してお知らせしてくれます。シルエットセンサーは主に就寝時に活躍するため日中は外のセンサーと一緒に使う等の対策をするか、寝ている時の見守りだけで充分といった過程にお勧めします。すると先生は立体的に高齢者のシルエットをとらえるため寝返り等によって誤作動が非常に少ないことが特徴です。ただ寝返りをうっただけでも反応せず、起き上がってしまったり夜中にどこかに徘徊しようとしていた場合のみにお知らせしてくれます。
またシルエットの画像送信も可能で、シルエットにすることによってプライバシーを尊重しているので高齢者にとっても受け入れやすいです。

荷重センサー

こちらも主に就寝時に使うタイプで、ベッドの下に装着し寝返りや、離床、手足のはみ出などを検知します。こちらも就寝時のみに見守りがしたい場合や、寝たきり患者の日々の生活ぶりを見守るためにも利用できます。これらのベットに装着するものや、ベッドの上での生活を見守るタイプのものは夜のトイレの回数、おむつ替えの時間帯などを把握することができます。
そして通知の際にも危険度を一緒に通知してくれるため、手足のはみ出しを通知する際にはすぐに駆けつけないと危険なのか、もう少し動けば落ちてしまう危険性が出てくるのかなど、その危険度に応じた対応もできるので非常にお勧めです。

タイプ別見守りセンサーのメリット

センサー全般に言えるメリットとしては高齢者のプライバシーが守れる、1日に数回定期的な安全確認ができるといったメリットがあります。しかしセンサーを各種類に分けてみるとそれぞれ違ってメリットがあり、使用用途によって非常に使いやすい見守りサービスになりますね。
そんなタイプ別の見守りセンサーのメリットを詳細に紹介していきます。

人感センサー

人感センサーのメリットは、なんといっても安全確認の精度の高さです。センサーを24時間稼働しますが、基本的にセンサーは高齢者が一定の場所に滞在した時のみに検知するなどで、実質24時間の見守りではない場合が多いです。しかしこのタイプのセンサーは人の動きに反応するので家の各場所にセンサーを設置しておけば24時間の行動を管理することができます。カメラ型の見守りサービスと同じような性質を持ちながらプライバシーを守れるというメリットがあります。

バイタルセンサー

バイタルセンサーは人感センサーと同じかそれ以上の見守りの性能を誇りますが、同じ様にプライバシーを守れるといったメリットがあります。そして呼吸や脈などから外見的な異常ではなく、内面的な異常までも発見することができるので持病を持っている高齢者などにも安心して使用することができます。センサーの中ではトップクラスの見守り精度を誇ります。

シルエットセンサー/荷重センサー

シルエットセンサーと荷重センサーは就寝時の見守りと言うことでその機能はほとんど同じですが、どちらも普通のセンサーではあまり検知しづらいのはで就寝時の異常を気付けるというのは非常に大きなメリットとなります。
ちょっとした手や足のはみ出しなどではセンサーが反応しない場合がありますが、この2つのタイプのセンサーはどんな小さな事でも就寝時のベッドの上で起きた事は反応するので安心して家族も睡眠を取ることができます。

タイプ別見守りセンサーのデメリット

センサータイプの見守りサービスはセンサーならではのデメリットも存在します。共通して言えるデメリットは異常状態は分かっても詳細がわからないと言うことです。高齢者が廊下で倒れていると言う状況が分かってもどうして倒れているかはわからないです。カメラ型なら腰を痛めたのか、それとも気を失ってしまったのかなどが分かりますがセンサー型ではわかりません。そういったデメリットは先探しもありますが、タイプ別にみるとそれぞれ違ったデメリットもあるので一つ一つ紹介していきます。

人感センサー

人感センサーのデメリットは高齢者が嫌がると言うことです。その高度な見守りセンサーの精度のため、カメラで見守られているのとさほど変わらないと感じる高齢者も多いのが現状です。これはバイタルセンサーにも言えることなのですが、バイタルセンサーでは持病などの異変もわかると言うことで理解を得ている部分があり、人感センサーは高齢者が受け入れないといったデメリットがあります。

バイタルセンサー

バイタルセンサーは高齢者から受け付けられないといったデメリットはあまりありませんが、呼吸や脈から高齢者の安全を確認するといった面では運動直後など間違った見地をしてしまっていたデメリットがあります。運動してきてメイクや呼吸が上がってしまってた状態では、バイタルセンサーが異常事態が発生したとしてお知らせしてしまう可能性もあるので、家族に余計な心配をかけてしまいます。高齢者の生活スタイルを考えて選ぶ必要があります。

シルエットセンサー/荷重センサー

就寝時の見守りセンサーのデメリットはその名の通り就寝10日神森ができないと言うことです。ベッドに入る時の見守りはどの見守りセンサーにも負けませんが、昼間などリビングで過ごしている時の見守りはできません。そういった面では就寝時に特化した見守りが欲しい人、寝たきり状態の高齢者を見守りたいと言う人以外にはデメリットとります。

まとめ

見守りセンサーはカメラ型や訪問型と違って違ってプライバシーが守られる店や、緊急時にも対応できるといったメリットがありますか各タイプ様々なデメリットも存在します。なので各家庭に合った見守りセンサーの選択と高齢者の気持ちを尊重することによって高精度な見守りを実現することができます。
見守りセンサーは24時間いつでも見守れるし、異常時には知らせてくれるので介護側の負担も大きく軽減されます。
是非一度購入を検討してみることをお勧めします。

見守りの最新記事8件

  • セコムの見積もりに関して。値引くことはできる?

    家電の購入や引っ越しの時には積極的に値引きをトライする方もいるとは思いますが、実はホームセキュリティにも値引きは可能であるということをご存知でしたでしょうか?資料請求をすると装置やセンサーの数によって料金がシステマチックに管理されている印象を受けてしまい、知らないと定額だと思い込んでしまいます。 セコムは見積もり時に値引き交渉を受け付けてくれます。数回電話やメールをするだけで数万円の値引きが期待で…

  • スマートフォンでホームセキュリティができるのか?

    企業におけるワークスタイル変革や、事業継続、生産性向上などの観点から、スマートフォン(スマホ)やタブレットなどのスマートデバイスを業務に活用するシーンが増えています。一方、スマートデバイスはまだ発展段階にあり、解決しなければならない課題も存在します。今回は、このような、「スマートセキュリティ」について一体どのようなものがあるかなどをこちらでご紹介させていただきたいと思います。 目次 1 スマートセ…

  • アルソックホームセキュリティの料金や使い方は?

    アルソックといえば、ユニークなCMが特徴的だというイメージがあるのではないでしょうか?国内のホームセキュリティ業界では第2位だと言われているアルソックですが、料金や利用の仕方などはどのようなものなのでしょうか?こちらはホームセキュリティ会社アルソックについてご紹介をさせていただきます。 目次 1 【アルソックの料金】アルソックとは? 2 【アルソックの料金】 総合警備保証会社について 3 【アルソ…

  • ipカメラとネットワークカメラの違いは?仕組みを解説

    家を開けるとき、自宅の防犯対策が気になるのではないでしょうか?特に長期休暇シーズンなどは空き巣の被害が増える時期です。塀が低かったり、窓が多い戸建て住宅ですと、賃貸マンションや団地に比べると空き巣や泥棒被害などに遭いやすいと言われています。留守の間も安心して旅行を満喫するためには防犯対策が必ず必要になってきます。 WEBカメラやアナログカメラなど数ある中でもお勧めなのは、離れた場所から自宅の様子を…

  • GPS付きみまもりケータイau docomo SoftBankだとどれがおすすめ?

    ママが一人で外出する機会が多くなると安全のためにお子様用携帯を持たせておきたいですよね。万が一のために子供と連絡取れるようにしたい。ですが「そもそも子様用携帯って必要なんだろうか?」「どこの会社のお子様用携帯が安いの?」といった悩みもあるかと思います。 そういった方の為にこちらでは au の見守りケータイはじめ、他社のキッズ携帯の必要性やできることや各キャリアでのキッズ携帯の本体代金や月々の料金の…

  • auのGPS居場所検索「安心ナビ」でみまもり携帯マモリーノを見守る

    小学生のお子様を持つご両親にとって携帯をいつ持たせるべきかは悩ましい問題ですよね。新たに習い事を始めたり学童をやめて留守番をするようになったりと子供が一人で行動する機会が出てくると様々な心配事が頭をよぎるもの。そこで au のみまもりケータイマモリーノはそんな心配を抱えるお母様たちの声を聞いて進化してきた子供向け携帯です。それには安心ナビという GPS で居場所を検索できるサービスがあります。今回…

  • alsok見守りサポート?高齢者でも使いやすいシンプルな機器

    alsokのみまもりサポートは高齢者の生活サポートするためのプランになります。高齢者のみで生活する世帯は年々増え続けており、この20年間で倍近くの数に膨れ上がっているので、もし自宅に65歳以上の人しかいない場合は緊急時にとっさの対応を取れないことが心配になります。実際に高齢者が怪我をするケースの半数以上が自宅内で起こっているというデータもあります。 「alsokのみまもりサポート」は、もしもの時に…

  • 介護は見守りサービスを使えば安心!

    介護において、見守りは高齢者の方の安全を守る重要な役割を担っています。家族はその安全を守るため日々見守りをしていますが、気を抜くことなく見守り介護を続けることは難しいといえます。家族による介護の見守りが手薄になれば、高齢者の方の安全を守ることはできません。しかし、365日休まずに見守り介護を続けることは、家族にとっても簡単なことではなく、場合によっては十分な睡眠をとる時間すら奪ってしまいます。 そ…

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。