見守りスマホで子供の安全管理!キッズ携帯やiPhoneで作り方を解説

スマホを持つ子供が多くなってきてから目立ち始めたのが見守りスマホで、簡単に説明すれば位置情報や機能制限などで子供にとって安全なスマホのことです。
スマホを買ってあげたい気持ちもあるが、インターネットを利用した犯罪が多発していて子供を狙ったものも多いことから、多くの保護者は子供にスマホを買い与えることに対して心配になってしまいます。
そんな人達におすすめなのが見守りスマホをその見守り専用スマホからiPhoneでの作り方を徹底解説していきます! 

見守りスマホとは

見守りスマホとは子供が使うスマホの一つで、位置情報を共有や危険なサイトやアダルトサイトへのアクセス制限、アプリの表示やインストールの制限、課金制限などその内容は子供をインターネットの危険から守るものが多いです。スマホにもともとある制限はウェブサイトのアクセス制限や課金制限などで、他の制限はアプリなどを使うのが一般的です。
見守りスマホはインターネット犯罪から子供の身を守るには最適で、例えばチャット機能やコメント機能が含まれるアプリは表示しない、動画アプリなどの1部に成人向けコンテンツが含まれるもののインストール制限などの細かな設定が可能です。
また、外出時にはスマホに内蔵されているGPSを使って位置情報の把握や、移動ルートを確認することも可能です。
中には振るだけで緊急連絡ができる見守りスマホもあり、インターネット犯罪と外出時の危険の2つに対処できるのが一般的です。

見守りスマホを使うメリット

見守りスマホを使う最大のメリットが犯罪から子供の身を守ることです。スマホ利用に制限をかけることによっていろんな危険を遮断できます。
特にインターネット犯罪では子供の無知と興味を利用した手口の犯罪が多く、通信型ゲームアプリでのチャット機能やSNSでの接触など様々な手口があります。
年頃の男の子の性への興味を使って違法アダルトサイトへ誘導したり、対戦ゲームの勝利景品を贈ると言って住所を聞き出すなど、何も知らない子供たちは簡単に騙されてしまいます。
また気づかないうちにSNSで個人情報をアップしてしまったりと、自ら危ないことをしてしまう危険性も潜んでいます。
そんな危険性をできるだけ取り除くのが見守りスマホです。一部のアプリだけを制限したり時間を決めることによって子供の安全性も確保でき、子供もストレスなく使用できるようになります。

キッズ携帯

キッズ携帯は見守りスマホの中でも最も安全性が高いもので多くの機能が制限されます。カメラ、アプリのダウンロード、ウェブ閲覧、YouTubeなどほどんどの機能が使用できません。またラインなどの無料電話ができない分親が同キャリアのみ無料通話ができるようになります。多くのスマホができる位置情報検索ですが、こちらも親が同キャリアの場合のみ可能となっています。
キッズ携帯は制限が多いため親にとっては安心のサービスといえます。

キッズ携帯のメリット

多くのキッズ携帯には見守り機能の一部として防犯ブザーが搭載されていることがあります。また防水機能や軽量なものが多く、子供が使いやすいスマホとなっています。文字表記も1年生、2年生と各学年に合わせた感じの使用を抑えることができます。一年生の場合は「きんよう日」、これが4年生になると「金曜日」という具合に年齢に応じた表記が可能です。
キッズ携帯は数ある見守りスマホの中でもかなりの制限をかけており、子供に使わせるといった部分では安心して使わせることができます。 

キッズ携帯のデメリット

 
キッズ携帯最大のデメリットは制限に対する子供の不満です。ある程度の年になってくると友達とラインがしたい、今話題になっているユーチューブが見たいといった願望が出てきますがキッズ携帯の場合、そのほとんどが制限されます。親としては安心かもしれませんがそれが子供にとってストレスになる場合も多いです。
また、月額自体は平均1,000円以下と安いですが、スマホとしての機能がほとんど制限されるので激安スマホのほうが機能面で比べたら安いといった声も多数存在します。

子供向けスマホ

子供向けスマホとは通常のスマホと機能面は変わらないが、親が利用制限をかけることが可能で制限をかけないで利用することも可能な子供向けのスマホです。
基本料金は2,000円以下が多く、ラインの無料通話などを使えば月額を抑えることも可能です。
多くの携帯メーカーがこの格安スマホプランを扱っており、子供の見守り携帯として利用する人も増えてきています。また、制限内容はいつでも変更可能なため、小学校から中学校にかけて同じ機種を利用する人も多くなっています。

子供用スマホのメリット

見守りスマホは制限のかけ具合を調整できるのが最大のメリットです。インターネットに接続するのは良いけどアダルトサイトは見せたくない、夜更かししないように時間制限をかけるなど、自分の子供に合った制限のかけ方ができます。
また、小学生まではスマホ利用は夜8時までという制限をかけていたが中学になったから10時まで延ばした、アプリの制限を解除したなどと子供の成長に合わせた制限も可能となります。
GPSによる位置検索も可能になっており、子供の外出時には離れていながら安全を見守ることができます。

子供用スマホのデメリット

子供用スマホのデメリットはほぼありませんが、唯一あるとすれば時間制限が勉強の妨げやストレスつながる可能性があることです。勉強する際にわからないことを調べられるからという理由で携帯を使わせていたり、好きなゲームがあるのに時間制限のため途中でできなくなってしまったなどが続けば、結果的に子供に悪影響を与えてしまいます。
しかしこれらの問題は親の監視下のもとでスマホを使わせていた李、子供としっかりと話し合うことによって解決するものがほとんどなので実質的にデメリットはほぼ無いです。

iPhoneで見守りスマホを作る

子供のインターネット接続デバイスの1位はスマートフォンだといわれていますが、この中でも圧倒的に子供に人気のデバイスはiPhoneです。しかし機種代が高かったり、落としたらすぐに壊れてしまう、見守りアプリなどのアップル版が少ないなど子供向きでない部分が目立ちます。
しかしiPhoneもひと工夫するだけで子供用の見守りスマホへと変わります。
そんなiPhoneを 見守りスマホに変える方法やメリット、デメリットすべて紹介します!

iPhoneのメリット

メリットは何といっても子供の満足度が高いという点です。調査の結果も出ているように子供の関心が一番高いのがiPhoneとなっているようで、iPhoneを買い与えれば子供の満足度は一気に満たされます。
また激安スマホは容量が少なかったりOS対応が遅れたりといったことが起こるが、iPhoneはその心配がなく子供も快適に使えます。
もう一つ、iPhoneはバッテーリーの持ちがいいため外出中に見守りスマホのバッテリーが切れたという心配が少なくなります。塾の帰りは毎回連絡してくる子供がバッテリーがなくなったために連絡できず、親に心配をかけるといったことが格段に少なくなります。
アンドロイド端末と比べるといいことも多いです。

iPhoneのデメリット

iPhoneにはメリットがたくさんありますが、同じようにデメリットもたくさん存在します。
まずiPhoneは耐久性が非常に低いです。そのため少し高いところから落としてしまうと簡単に画面が割れてしまいます。そして修理に出すのもアップルに持っていく必要があるため費用も労力もアンドロイドよりもかかります。
最大のデメリットは見守りスマホにしようとしたときにダウンロードできるアプリやサービスが少ないことです。これはアップルが開発しているOSを使用しているためであり、アンドロイドはグーグル社が開発しているOSを利用しているためアンドロイド専用の見守りアプリは多数存在します。
iPhoneに元からついている制限機能しか使えないのは親としてもデメリットとなります。

iPhoneでの作り方

デメリットも存在しますが、それでもiPhoneを使って見守りスマホを作りたいという方はiPhone本体さえあれば簡単に作ることができます。
まずは設定にある「一般」→「機能制限」→「機能制限を設定」で保護者用のパスコードを設定することで機能を制限することができ、機能を制限できるようになります。制限できる機能は以下4つです。
・アプリの表示制限
・アプリのインストール制限
・ウェブサイトへのアクセス制限
・課金制限
アプリの表示設定は年齢制限をすることによって表示の内容が変わり、4歳なら子供用アプリのみ、15歳以上ならアダルト系や過激すぎるシーンがあるアプリは表示されないなど年齢に合った設定ができます。
ウェブ設定では基本的にアダルトサイトへのアクセスが制限されるが、SNS等で過激な写真を見たりする可能性もあります。
設定は非常に簡単で、iPhoneさえあれば無料でできるようになっています。

まとめ

スマホで見守りを行う際には大きく分けてキッズ携帯、子供向け激安スマホ、iPhoneの3つの選択肢がありますがそれぞれにメリットデメリットが存在します。
また子供がiPhoneを欲しがっているのに激安スマホを与えたり、中学生なのにキッズ携帯を使わしていたら子供側もストレスがたまります。
お互いにストレスグリーでスマホを使えるようになるには子供とスマホ利用についてしっかりと話し合う必要がありますし、子供のスマホの使い方によっては制限の仕方も見直す必要があります。
しかし子供をインターネットらの危険から守ることができればスマホはとても有意義なものとなり、外出時にも身を守ってくれます。
子供にスマホを与えようか迷っている、スマホを買ったことを後悔している人はっぜひ見守りスマホを検討してみることをおススメします!

見守りの最新記事8件

  • セコムの見積もりに関して。値引くことはできる?

    家電の購入や引っ越しの時には積極的に値引きをトライする方もいるとは思いますが、実はホームセキュリティにも値引きは可能であるということをご存知でしたでしょうか?資料請求をすると装置やセンサーの数によって料金がシステマチックに管理されている印象を受けてしまい、知らないと定額だと思い込んでしまいます。 セコムは見積もり時に値引き交渉を受け付けてくれます。数回電話やメールをするだけで数万円の値引きが期待で…

  • スマートフォンでホームセキュリティができるのか?

    企業におけるワークスタイル変革や、事業継続、生産性向上などの観点から、スマートフォン(スマホ)やタブレットなどのスマートデバイスを業務に活用するシーンが増えています。一方、スマートデバイスはまだ発展段階にあり、解決しなければならない課題も存在します。今回は、このような、「スマートセキュリティ」について一体どのようなものがあるかなどをこちらでご紹介させていただきたいと思います。 目次 1 スマートセ…

  • アルソックホームセキュリティの料金や使い方は?

    アルソックといえば、ユニークなCMが特徴的だというイメージがあるのではないでしょうか?国内のホームセキュリティ業界では第2位だと言われているアルソックですが、料金や利用の仕方などはどのようなものなのでしょうか?こちらはホームセキュリティ会社アルソックについてご紹介をさせていただきます。 目次 1 【アルソックの料金】アルソックとは? 2 【アルソックの料金】 総合警備保証会社について 3 【アルソ…

  • ipカメラとネットワークカメラの違いは?仕組みを解説

    家を開けるとき、自宅の防犯対策が気になるのではないでしょうか?特に長期休暇シーズンなどは空き巣の被害が増える時期です。塀が低かったり、窓が多い戸建て住宅ですと、賃貸マンションや団地に比べると空き巣や泥棒被害などに遭いやすいと言われています。留守の間も安心して旅行を満喫するためには防犯対策が必ず必要になってきます。 WEBカメラやアナログカメラなど数ある中でもお勧めなのは、離れた場所から自宅の様子を…

  • GPS付きみまもりケータイau docomo SoftBankだとどれがおすすめ?

    ママが一人で外出する機会が多くなると安全のためにお子様用携帯を持たせておきたいですよね。万が一のために子供と連絡取れるようにしたい。ですが「そもそも子様用携帯って必要なんだろうか?」「どこの会社のお子様用携帯が安いの?」といった悩みもあるかと思います。 そういった方の為にこちらでは au の見守りケータイはじめ、他社のキッズ携帯の必要性やできることや各キャリアでのキッズ携帯の本体代金や月々の料金の…

  • auのGPS居場所検索「安心ナビ」でみまもり携帯マモリーノを見守る

    小学生のお子様を持つご両親にとって携帯をいつ持たせるべきかは悩ましい問題ですよね。新たに習い事を始めたり学童をやめて留守番をするようになったりと子供が一人で行動する機会が出てくると様々な心配事が頭をよぎるもの。そこで au のみまもりケータイマモリーノはそんな心配を抱えるお母様たちの声を聞いて進化してきた子供向け携帯です。それには安心ナビという GPS で居場所を検索できるサービスがあります。今回…

  • alsok見守りサポート?高齢者でも使いやすいシンプルな機器

    alsokのみまもりサポートは高齢者の生活サポートするためのプランになります。高齢者のみで生活する世帯は年々増え続けており、この20年間で倍近くの数に膨れ上がっているので、もし自宅に65歳以上の人しかいない場合は緊急時にとっさの対応を取れないことが心配になります。実際に高齢者が怪我をするケースの半数以上が自宅内で起こっているというデータもあります。 「alsokのみまもりサポート」は、もしもの時に…

  • 介護は見守りサービスを使えば安心!

    介護において、見守りは高齢者の方の安全を守る重要な役割を担っています。家族はその安全を守るため日々見守りをしていますが、気を抜くことなく見守り介護を続けることは難しいといえます。家族による介護の見守りが手薄になれば、高齢者の方の安全を守ることはできません。しかし、365日休まずに見守り介護を続けることは、家族にとっても簡単なことではなく、場合によっては十分な睡眠をとる時間すら奪ってしまいます。 そ…

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。