家族の安全安心を!オススメ見守りシステムの紹介

現在は介護施設だけでなく、自宅で高齢者を見守る家庭も増えてきました。それに伴い様々な見守りシステムを導入し、介護者の負担を減らす家庭も多いです。また見守りシステムと言うのは、自宅介護だけではなく多くの高齢者の面倒を見る介護施設などでも使われています。
また地域全体で子供を見守るシステムや、企業と契約して自分の子供を見守るシステムなども存在するので、今回は自分の両親を介護施設入居させる際に気になる、自分の子供を見守りたいと言う人にオススメな見守りシステムについて徹底解説していきます!

見守りシステムとは?

見守りシステムと言うのは、その通り高齢者や子供を地域や施設、または個人で見守りシステムのことです。その内容は介護施設ならセンサードを使い1つの部屋の中で異常をきたした高齢者がいないかを見守ったり、子供の通学時等の安全を見守るシステムがあります。
センサー型やカメラ型で、家の中での安全確認や、安否確認を行ったり、GPSなどを用いて離れている時でも見守れる仕組みになっています。この見守りシステムは、多くの高齢者の抱える介護施設や、仕事で忙しい子供の親などが利用しています。
高齢者の見守りでは主に安否の確認や、高齢者が危険な状態に陥ってないかなどの確認をするために使用されます。子供の場合は特に通学路での安全確認や、習い事等の行き帰りなど親の目が届かない所で使用されます。

高齢者向け見守りシステム

高齢者向けの見守りシステムは大きく分けて自宅介護で使われる場合と、介護施設で使われる場合の2つがあります。介護施設で使われる場合は多くの高齢者をいちどに見守る必要があるため精度の高い見守りシステムを採用していますが、自宅の場合は多くても2人程度なので月々の契約料金も安く契約することができます。

自宅介護

自宅介護の場合はセンサーが1番よく使われています。センサーと言うのは高齢者が生活する際に必ず利用するトイレや寝室、または各部屋にセンサーを設置し高齢者の動作やドアの開け閉めの状態などから安全を見守るシステムのことです。何か異常があった場合はセンサー会社へ連絡が行きそれを通して家族の元へお知らせが行きます。また防犯も兼ねたセキュリティー会社のシステムも存在し、何か異常があった場合や緊急連絡ボタンが押されて場合はセキュリティー会社の隊員が駆けつけてくれます。家の外の防犯カメラなどで防犯対策もバッチリで、高齢者が1人で住んでいる場合にも安心できます。

介護施設

介護施設使用される見守りシステムは、自宅介護のものと比べると精度が非常に高く人工知能を搭載したロボットなども使用されています。多くの見守りシステムは介護の負担を軽減するものとされていて排泄時にお手伝いをするロボットやコミニケーション型のロボット、就寝時の夜間徘徊や落下防止のためのセンサーなどがあります。他には高齢者の薬の状態から健康状態を判断するロボットなども存在し、介護士が日々の疲労のため健康状態のチェックに誤りがあったなどの事態を防ぐことも可能です。
しかしこれらのを購入見守りシステム導入するには多額の費用がかかるため、簡単な見守りシステムを導入するか、介護士の人数を増やすといった場合もあります。

子供向け見守りシステム

子ども向け見守りシステムは、先ほども記述したように外出時の見守りシステムがほとんどです。多くはGPSを使って子供の居場所を確認したりして安全を確認するものですが、中には地域全体で協力し直接人の目で子供の通学路を見守ったり、不審者が出た際にはパトロールをすると言う地域も存在します。

GPS

GPSを利用した見守りサービスは子供一人ひとりの安全確認をとても正確に行うことができるので、特に夜遅くの習い事などがある子供には非常に便利なシステムとなります。
これにはスマートフォンを利用したタイプとセキュリティー会社に委託する場合があり、スマートフォンを利用するタイプはスマホに内蔵されたGPSから子供の居場所を特定したり、緊急時に振るだけで連絡が行くといったものが存在します。セキュリティー会社が行う見守りシステムは、子供に専用の器具を持たせてGPSで居場所を検索するなど、基本的なサービス内容に変わりはありませんがいざとなった時はセキュリティー会社の隊員が最速で駆けつけてくれるなどのサービスがあります。そのため不審者に声をかけられた、どこかに連れていかれてしまったなどの最悪の自体にもプロが対応してくれます。
セキュリティー会社に勤めている隊員は、特別な訓練を受けているため不審者間にも立ち向かうことができ、元柔道選手やレスリング選手などの格闘家も多く滞在しているため非常に安心なサービスです。

地域で見守り

地域で見守りを行う場合は、ボランティアなどを募り特定の帽子や腕章などを
身に付けることによって見守りを行います。買い物のついでや散歩のついでなどに見守りを行うことができ、地域の人々が協力的な場合はより強固な見守りとなります。またこれに関しては地域全体で情報が行き渡るので不審者にとっても犯罪を起こしにくいエリアとなり、地域全体での安全性が高まります。
また地域の子供たちに専用の器具を持たせることによって、学校の門を出た時刻や通学路のチェックポイント通過した時刻などを保護者の携帯にお知らせメールすることも可能です。そのため学校を出ているのにしばらく帰ってこない場合などは居場所の特定にも役立ち、教育にもつながります。またその器具を持っていること自体が子供の非行への抑制にもなります。

見守りシステムのメリット

安心して過ごせる

見守りシステムを利用する最大のメリットは、高齢者に関しても子供に関しても保護者が安心して過ごせるといったメリットです。見守りシステムがない家庭では、自分の目が届かない間に何が起きても不思議ではありません。しかしメモリシステムがあるおかげでもし自分のいない時に古の事故が起きそうになったり、異常が発覚した場合はすぐさま連絡が来るので迅速な対応が可能です。高齢者が転んでしまい自宅で身動きが取れなくなった場合、子供が学校帰りに寄り道をしていた場合などでもすぐに駆けつけけることにより彼らの身を守ることができます。
また何かあれば見守りシステムによって連絡が来るので、仕事中に余計な心配をしたり、集中できなくなったりといったことがなくなるのも大きなメリットの1つです。

高齢者が安心できる

見守りシステムを導入することによって、保護者側が安心するのはもちろんですが高齢者側も安心することができます。子供に関してはここのメリットがあまりありませんが、高齢者はもしもの時に誰にも気づいてもらえず最悪の事態になってしまった、ということを防げるので安心感があります。もし自分が倒れてしまってもすぐに駆けつけてもらえる、常に見守りに来てもらうのは申し訳ないがこのシステムを導入したおかげで家族に対する負担も減る、などといったメリットが高齢者側にもたくさん存在します。

見守りシステムのデメリット

<このように見守っる側にも見守られる側にも様々なメリットがある見守りシステムですが、デメリットも少しですが存在します。もし見守りシステムを導入するか検討してる方はこのデメリットも参考にする必要があります。/h3>

プライバシー問題

見守りシステムの1番の問題はプライバシーについてです。特に自分にはまだ介護は必要ないと思っている高齢者や、ある程度成長した子供にとっては生活の1部を覗かれていると言う感覚はプライバシーの侵害になります。もちろん見守りシステムを導入することによって自分のみが安全になると言うことを理解していても、プライバシーの問題とは別に考える人が多いです。

月額がかかる

見守りシステム上どうしても月額がかかってしまうと言うデメリットがあります。見守りシステムの内容によって月額はかなり変わってきますが、それでも3,000円から5,000円位が相場です。子供に関しては何歳になるまで見守りサービスを契約する、といった目安が出ている安いですが高齢者に関してはその目安が立てにくいです。また見守りシステムのみでは足りなくなる場合もあるので総合的に使う金額の目安がつきにくいといったデメリットが存在します。
それに月々にかかる金額も決して安くはないので、契約する前に見守りシステムが必要なのかどうか、プライバシーの問題などは大丈夫か、などをしっかりと確認する必要があります。

まとめ

見守りシステムは、介護施設から地域といった大きな規模で行われているものから、個々の家庭や子供たちを見守るための小規模なものまでさまざまあります。また見守りサービスには多種多様な種類があり、見守る側と見守られる側をつなぐだけのシステムか何かあったときには企業のスタッフが駆けつけてくれるシステムなのかなど様々です。見守りシステムは各家庭によって合う合わないがあり、使用用途によっても選ぶ内容に大きな変化が出てきます。そのため見守りシステムを利用する目的、見守られる側の気遣い、金額頭をしっかりと検討した上での購入が必要となります。しっかりと自分たちに会う見守りシステムを契約することができれば、見守る側も見守られる側も安心安全な生活を送ることができます。
見守りシステムについて購入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

見守りの最新記事8件

  • セコムの見積もりに関して。値引くことはできる?

    家電の購入や引っ越しの時には積極的に値引きをトライする方もいるとは思いますが、実はホームセキュリティにも値引きは可能であるということをご存知でしたでしょうか?資料請求をすると装置やセンサーの数によって料金がシステマチックに管理されている印象を受けてしまい、知らないと定額だと思い込んでしまいます。 セコムは見積もり時に値引き交渉を受け付けてくれます。数回電話やメールをするだけで数万円の値引きが期待で…

  • スマートフォンでホームセキュリティができるのか?

    企業におけるワークスタイル変革や、事業継続、生産性向上などの観点から、スマートフォン(スマホ)やタブレットなどのスマートデバイスを業務に活用するシーンが増えています。一方、スマートデバイスはまだ発展段階にあり、解決しなければならない課題も存在します。今回は、このような、「スマートセキュリティ」について一体どのようなものがあるかなどをこちらでご紹介させていただきたいと思います。 目次 1 スマートセ…

  • アルソックホームセキュリティの料金や使い方は?

    アルソックといえば、ユニークなCMが特徴的だというイメージがあるのではないでしょうか?国内のホームセキュリティ業界では第2位だと言われているアルソックですが、料金や利用の仕方などはどのようなものなのでしょうか?こちらはホームセキュリティ会社アルソックについてご紹介をさせていただきます。 目次 1 【アルソックの料金】アルソックとは? 2 【アルソックの料金】 総合警備保証会社について 3 【アルソ…

  • ipカメラとネットワークカメラの違いは?仕組みを解説

    家を開けるとき、自宅の防犯対策が気になるのではないでしょうか?特に長期休暇シーズンなどは空き巣の被害が増える時期です。塀が低かったり、窓が多い戸建て住宅ですと、賃貸マンションや団地に比べると空き巣や泥棒被害などに遭いやすいと言われています。留守の間も安心して旅行を満喫するためには防犯対策が必ず必要になってきます。 WEBカメラやアナログカメラなど数ある中でもお勧めなのは、離れた場所から自宅の様子を…

  • GPS付きみまもりケータイau docomo SoftBankだとどれがおすすめ?

    ママが一人で外出する機会が多くなると安全のためにお子様用携帯を持たせておきたいですよね。万が一のために子供と連絡取れるようにしたい。ですが「そもそも子様用携帯って必要なんだろうか?」「どこの会社のお子様用携帯が安いの?」といった悩みもあるかと思います。 そういった方の為にこちらでは au の見守りケータイはじめ、他社のキッズ携帯の必要性やできることや各キャリアでのキッズ携帯の本体代金や月々の料金の…

  • auのGPS居場所検索「安心ナビ」でみまもり携帯マモリーノを見守る

    小学生のお子様を持つご両親にとって携帯をいつ持たせるべきかは悩ましい問題ですよね。新たに習い事を始めたり学童をやめて留守番をするようになったりと子供が一人で行動する機会が出てくると様々な心配事が頭をよぎるもの。そこで au のみまもりケータイマモリーノはそんな心配を抱えるお母様たちの声を聞いて進化してきた子供向け携帯です。それには安心ナビという GPS で居場所を検索できるサービスがあります。今回…

  • alsok見守りサポート?高齢者でも使いやすいシンプルな機器

    alsokのみまもりサポートは高齢者の生活サポートするためのプランになります。高齢者のみで生活する世帯は年々増え続けており、この20年間で倍近くの数に膨れ上がっているので、もし自宅に65歳以上の人しかいない場合は緊急時にとっさの対応を取れないことが心配になります。実際に高齢者が怪我をするケースの半数以上が自宅内で起こっているというデータもあります。 「alsokのみまもりサポート」は、もしもの時に…

  • 介護は見守りサービスを使えば安心!

    介護において、見守りは高齢者の方の安全を守る重要な役割を担っています。家族はその安全を守るため日々見守りをしていますが、気を抜くことなく見守り介護を続けることは難しいといえます。家族による介護の見守りが手薄になれば、高齢者の方の安全を守ることはできません。しかし、365日休まずに見守り介護を続けることは、家族にとっても簡単なことではなく、場合によっては十分な睡眠をとる時間すら奪ってしまいます。 そ…

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。