室内用の防犯カメラを子供の為に使おう!

親としてはできるだけ子供のみでの留守番はさせたくないと思っているとは思うのですが、現実は子供だけで留守番になる時間帯が出来てしまう家庭も多いのではないのでしょうか?学校から子どもが帰宅する時間と、自分自身が帰宅する時間が合わなかったりすることは勿論、長期休暇などでは1日子供だけで過ごす場合もあるでしょう。

子供の様子が気になって仕事が手につかないという方もいるはずですが、そのような時に子供を見守れるような防犯カメラがあると良いですよね。今回はそのような室内用の防犯カメラについてご紹介して行こうと思います。

おすすめの見守りサービス

子供の留守番をしっかり監視する室内用防犯カメラ

子供だけでの留守番にはしっかりとした監視が必要です。監視と聞くと、自由や信頼がないというようなイメージになりますが、決してそういうわけではありません。家庭用防犯カメラを利用することによって、リアルタイムでしたご確認することが出来るものを利用しましょう。それには個人でも簡単に扱える「見守りネットワークカメラ」がおすすめです。

緊急時に自宅を確認することができるということは、子供を保護する立場の人間関係が非常に嬉しいものとなります。監視とはいっても、四六時中行動をチェックするわけではなく、時間によって子供の様子を確認したり、有事の際に子供の様子を確認するのに使うこともできます。約束の時間通りに家に帰宅をしているかどうかという確認にも有効です。

子供にスマホを持たせるのとは違い、電話に気付かない場合などでも確認することが出来るのでとても安心です。自宅に子供がいるということが確認できるだけでも安心することもできますし、自宅内に設置すれば、子供の様子も確認できます。

子供の留守番の防犯対策に

子供の留守番の防犯対策として室内用の防犯カメラは非常に有効的なものだといえます。室内用防犯カメラを玄関に設置することで、子供が帰宅をしているかどうか、周囲に不審な人物はいないかどうかも確認することができます。

また自宅内の部屋に設置することで、家の内外の危険から監視をすることも可能です。留守番のルールを決め、子供自身にも防犯の意識を強く持ってもらうことが大切です。留守番時に犯罪にまきこまれるケースでは、お客を装って室内に上がり込むというものが多いですが、玄関に防犯カメラを設置することで、犯罪の抑止効果も期待できます。

子供の留守番の防犯対策として防犯カメラは室内で利用をすることも、屋外で利用する事も考えられますが、これはお子様の年齢や性格に合わせて行うべきものです。子供のみの留守番に備え、家庭用防犯カメラを設置している家庭は増えつつあります。

一昔前までは防犯カメラのある住宅は珍しくて、防犯カメラを設置していることにより、逆に財産を狙った犯罪が増えるのではないかという懸念されていたこともありますが、現在では室内用の防犯カメラの普及、防犯に対する意識の変化によって、防犯レベルの高い住宅である為犯罪が起こりにくいと言われています。子供の留守番を主な利用にするのであれば、リアルタイムで映像が確認できるモデルがおすすめです。

目が離せない赤ちゃんの安全を守るのに役立つ室内用防犯カメラ

生まれたばかりの赤ちゃんにはまだ判断力はありません。赤ちゃんの判断力が不十分なのは仕方がないことなのですが、危険に対して無防備であるのは問題です。そして、見守る立場である親も人間である以上は赤ちゃんの危険回避には限界がありますので、現実的に赤ちゃんの側から絶対に離れない生活を続ける事は不可能です。しかし最近登場した見守りカメラを使えば、常に監視する態勢に限りなく近づけることが可能です。

室内用防犯カメラで別室にいる赤ちゃんを見守れる

例えば基本的に赤ちゃんのお世話は母親が担当をすることになりますが、母親は夫が仕事へ行っている間に家事を済ませなければなりません。しかし、赤ちゃんを見守りながら家事を行おうとすると大変で効率的に進められないので、赤ちゃんを寝かしつけてから行っているのです。眠っている間の赤ちゃんは危険な行動を起こさないので、母親は安心して家事に勤しめます。問題があるとすれば眠った赤ちゃんが直ぐに起きてしまった場合。

ベビーベッドの位置が家事をしている場所から離れていると、赤ちゃんが危険な行動を起こした時に対処ができません。家事を行いながら赤ちゃんの様子を見守れるのが理想です。
その場合に効果的なのが「見守りカメラ」になります。この見守りカメラをベビーベッドの付近に設置しておくことで、赤ちゃんの様子を別室から見守ることが可能です。なぜなら見守りカメラのレンズを通して映る映像にはスマホで閲覧できるからです。生活における必需品と称されるまでになったスマホは多くの人間が所有しています。そのことも見守りカメラの評価に繋がったといえるのです。

室内用防犯カメラはモーションを検知する機能を活用する

スマホを操作するだけで見守りカメラの映像を見られるのは非常に便利な機能と言われています。しかし、その機能だけでは赤ちゃんの安全が確保できるのか?というとそうとは限りません。母親の中には一つの物事に集中してしまう人種も存在するからです。家事を一生懸命こなしている間に赤ちゃんの存在を忘れてしまうことがあります。そのタイミングで運が悪く、赤ちゃんが危険な行為に及ぼうとしていれば、せっかく見守りカメラを準備したとしても、意味がなくなってしまいます。

このリスクを排除するために、自動的にリスクを察知する機能を用いることが有効です。それには見守りカメラのモーション検知機能が便利です。見守りのカメラのモーションを検知する機能とは、レンズの視界内で動きが発生した時に限りアラームを発報する機能になります。アラームの発報先にはスマホを設定することができます。

つまり、見守りカメラの視界内で動きがあったときだけ、スマホへ通知することが可能です。更にアラーム時の静止画がスマホに送信されます。その為、見守りカメラが動きを検知した理由も知ることが出来ます。見守りカメラを導入するのであれば、使いこなすべきですね。

室内用防犯カメラはペットにも効果的

見守りカメラは赤ちゃんだけでなく、大切にしているペットの動向を見守る上でも役だてられています。最近ではペットを家族の一員として扱う飼い主も珍しくありません。ですが動物は人間と違い言葉を明確に理解しているわけではないので、どれだけ注意をしても危険な行動を起こすことがあります。何よりペットの行動力は赤ちゃんの比ではありません。なので、大切なペットの命を守る為、見守りカメラが導入される事も必然的な結果なのです。

家族やペットの見守りに室内防犯カメラのネットワークカメラ

お子様や高齢者、ペットなどの見守り、あるいは防犯などの目的で、近年は「ネットワークカメラ」への関心が高まっている。市場には画質や機能、価格帯など幅広いラインナップから目的に応じて選べます。設置も簡単なものが揃っています。さて、ネットワークカメラには一体どのような種類があり、選ぶときのポイントや設置の手順、使用感などをこちらで紹介します。

ネットワークカメラの種類

ネットワークカメラの種類には、「防犯用」と「見守り用」が存在します。「見守り用」は留守中の子供やペットを見守る目的、あるいは離れて暮らしている高齢者の家族の安否確認で使用されます。一方「防犯用」は見守り機能に加え、防水・防塵機能が備わっていて、夜間撮影もできたりします。

ネットワークカメラを選ぶポイント

ネットワークカメラを選ぶには3つのポイントがあります。まず、「カメラの機能と性能」そして、「スマホの遠隔操作ができるかどうか」「設置しやすさだったりスマホとの接続のしやすさ」購入前に3つのポイントを確認しましょう。

ネットワークカメラを使う時は子供に説明しよう

ネットワークカメラを使うときは、家族にまず同意を得ることです。子供が物心つくような年齢であると、設置する目的と離れた場所でもカメラで家の様子を見られるようになるということを説明したうえで設置するようにしましょう。実際にネットワークカメラを使用したところ、とても驚かせてしまった場合もあるからです。こういった機能があることは事前にお子様や家族に説明をすることをおすすめします。

ベビーシッターさんにも安心して利用できる

もうひとつネットワークカメラがあると安心なのがベビーシッターさんに子供を預けた時です。例えば子供が病気をしたとき、病児専門のベビーシッターさんに依頼した場合は、カメラがあるおかげで、熱がある時に預ける場合などは様子を映像で確認でき、電話で状況を聞くことに加えて実際の様子を見ることができるので、シッターさん側も安心感があります。
またネットワークカメラによってはスマホから室温と湿度が確認できて、自宅にいる子供が寒すぎたり熱すぎたりしないかがわかるのも便利です。

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?室内用の防犯カメラ、「ネットワークカメラ」についてご紹介させていただきました。ネットワークカメラは設置方法やスマホでの設定方法がとても簡単です。また鮮明な画像で部屋の様子をみることも可能です。そして声のやり取りまでできるというのですから驚きです。大切なお子様の留守番、高齢者の安否確認、長期不在時の防犯用に様々な使い方が可能な「ネットワークカメラ」目的に合わせて使用してみるとよいでしょう。

見守りの最新記事8件

  • 高齢者や子供の外出をGPSで管理!GPSの居場所検索機能についても徹底解説

    GPSと聞けば映画などで相手の位置情報を探るなどといったイメージがあると思いますが、このGPSの居場所検索機能というのは現実世界にも応用されています。様々な用途で使われてますが、今回はその中でも一般人に向けた用途である高齢者や子供の外出時を見守る見守り機能としてのGPSを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • GPSの居場所検索サービスとは?メリットデメリットを徹底解説!

    GPSの居場所検索サービスというのはGPSを使って特定の人の居場所を検索するというものです。多くの場合は見守りサービスとして高齢者や子供見守り際に使用されますが、最近では待ち合わせや浮気防止などにも使用されるようになってきました。今回はそんなGPSの居場所検索サービスとは一体何なのか、そのメリットやデメリットなどを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 外出時の見守りGPSとは?特徴を徹底解説

    最近では多くの家庭で見守りサービスを利用していますが、そのほとんどが家庭内で行う見守りサービスであり外出中の見守りサービスを利用している家庭はまだまだ少ないです。 しかし見守りGPSを利用すれば外出中であっても見守りを行うことができます。 今回はそんな見守りGPSとはいったい何なのかを徹底的に解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 見守り用GPSとは?その特徴や端末別の価格を徹底比較!

    最近では子供の習い事や高齢者の散歩などにGPSを利用する家庭が増えてきました。GPSを利用することで子供や高齢者がどこにいるのかなどがすぐにわかるため非常に重宝されています。 今回はそんなGPS端末を価格別にメリットデメリットやその特徴などを紹介していきます。 おすすめの見守りサービス

  • GPSで認知症対処?徘徊に使えるサービスとは?

    認知症対策として様々なグッズやアイテム、見守りサービスなどがありますが、GPSを見守りサービスの一覧として使用している方はまだまだ少ないです。しかしGPSは認知症などで夜間徘徊をしてしまう高齢者への対策として非常に有効です。 今回はそんなGPSと認知症の関係、種類いなどを解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 外出時の見守り?老人用のGPSとは

    老人用のGPSと言うのは、主に外出時に高齢者が危険な目にあっていないか、事故などにあって動けないでいるのではないか、といった状況に対応することができます。 GPSと聞くとあまり一般的ではないイメージがありますが、現在ではほとんどのスマホにGPS機能が取り付けられていたり、高齢者専用のGPSが開発されていたり、見守りによく利用されているアイテムの1つです。 おすすめの見守りサービス

  • キッズケータイで外出時の見守りも?内蔵GPSとは?!

    小学生の子供でもスマートフォンを使用しているのが当たり前の時代になってきました。しかしさすがに小学生にスマホ持たせるのは早すぎると考えている保護者の方も多く、学校で自分だけスマホ持てないという子供も一定数存在します。しかしスマホにはGPSが内蔵されているものがほとんどで、子供が外出時にどこへ行ってるのか、どのようなルートを通っているのかというのが簡単に管理することができます。今回はそんなGPSを内…

  • スマホ一つで私生活が丸わかり?!「行動履歴」とは?

    最近ではコンビニへ行くだけでも、すまほー持ち歩く人が多くなってきました。スマホと言うのはそれだけ私たちの生活に密着して、肌身離さず持つ存在となりましたが、そんなスマホが私たちの生活を全て記録しているといった事実は、多くの人が知りません。 今回は、スマホが行っている行動履歴とは一体何なのかを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。