防犯カメラを自分で設置するときに気をつけること

盗難やいたずらを防ぐため近年自宅に防犯カメラを設置することも増えてきました。防犯カメラの設置は業者に頼むのが一番なのですが、費用を抑えるためにも自分で設置できればいいですよね。防犯カメラの設置は難しいイメージがあると思いますが、しっかりと工程を知っていれば防犯カメラは自分でも設置することができます。こちらでは防犯カメラを自分で設置するためのポイントをご紹介させていただきます。

おすすめの見守りサービス

本格的な防犯カメラを自分で設置するのに必須なDIY技術とは?

防犯カメラの設置は業者に依頼する方も多いかと思われますが実は防犯カメラ自分で設置することも可能となっています。自分で設置することができるならば業者に依頼するよりも費用を安く抑えることができますし、自分で設置する場合はある程度のDIY技術が必要です。
設置位置を決めたら、実際に設置が可能な場所なのか、カメラから録画機器までの配線のルートはどうするのか、確認作業をしていきましょう。

配線は天井裏を通した方が見栄えもいいですし、設置する面がコンクリートであるのか、鉄やボードであるのかでビスの種類も変わってきます。
カメラを設置する際は取り付け面の材質に注意してビスを打ち込んでいきます。

そして、配線や電源など指し口などを間違えると機器の故障にも繋がりますので、事前に設置予定のカメラと録画機器の接続部などを調べておきましょう。

防犯カメラを自分で設置するには壁への施工に必要な道具を揃えよう

防犯カメラの外壁に設置する場合は外壁の種類によって取り付けるための道具が異なってきます。外壁がサイディング壁やトタン壁、軒天石膏ボードの場合は「中空壁や石膏ボードアンカー」が必要です。 また外壁がコンクリート壁やALC壁の場合は「コンクリートアンカーが必要です。カーボードの支柱に取り付ける場合「薄板用ねじ」を使用します。コンクリートや鋼板に穴をかける場合、「ドリルビット・電動ドリル」などの専用工具が必要です。

防犯カメラを自分で設置するのに必要な外へ配線を引くための配管工程

カメラ設置に一番注意したい点が配線になります。一言で配線と言っても様々な種類がありますが、ここでは大まかにカメラの映像伝達の為の配線とします。設置作業の中で、カメラ配線のルートは重要になります。

まず、配線の注意点です「カメラの種類により配線伝達の距離が決まっているので、どのくらいの距離が可能か」「配線が外にむき出しになってしまうか、天井や壁の中に通せるのか。」「同軸ケーブルを使うか、LANケーブルを使うのか。また同軸ケーブルの種類はどうなるのか」以上が注意点ですが、それ以外に最終的に見栄えも重視されることが多いです。
その為には様々な工事の技術が必要になりますので、防犯カメラ設置の際は、一度プロの防犯カメラ屋さんに現地調査をしてもらうことが無難化もしれません。

そして、防犯カメラは電源が必要です。カメラへの電源供給は付属の AC アダプターを使用します。電源を延長する場合は電源延長コードを使用します。

ケーブルは設置場所が屋外の場合は雨風による劣化を防ぐためしっかりと保護する必要があります。耐候性、耐熱性に優れた屋外用の「PF管・モールダクト」を使うといいでしょう。 PF管は内経Φ22以上のものがおすすめです。固定にはPF管専用サドルを使用。モールダクトは40型/1号以上をおすすめします。

ケーブルを露出配線する場合、風などで動くのを防ぐために「ステップル・方サドル・結束バンド」のようなものでしっかりと固定しましょう。

防犯カメラを自分で設置するにはケーブルや配管が水に塗れないようする技術が必要

屋外に接続する場合はケーブルや配管が水で漏れないようにしなければなりません。市販の自己融着テープでケーブルのコネクタ部分を防水処理するなど、水に触れないようにしましょう。 そしてカメラ設置に一番注意したいのが点が配線になります。一言で配線といっても様々な種類がありますが、ここでは大まかにカメラの映像伝達の為の配線としています。設置作業の中で、カメラ配線のルートも重要になります。

そして注意点ですが「カメラの種類によって配線伝達のの距離が決まっているので、どのくらいの距離が可能か。」「配線が外にむき出しになってしまうか、天井や壁の中に通せるか。」「同軸のケーブルを使うか、LANケーブルを使うのか。また、同軸ケーブルの種類はどうなるのか」といった注意点があります。それ以外にも最終的に見栄えも重視されることが多いです。その為には様々な工事の技術が必要となり、防犯カメラ設置の際は、一度プロの防犯カメラ屋の方に現地調査をしてもらうことが大切だといえるでしょう。

そして、カメラを屋外に設置する場合、配線が露出してしまいます。配線自体がコーディングされているため、雨などに当たっても大丈夫と思われるかもしれませんが、実際には徐々にダメージを受けるものです。防犯カメラの配置で配線作業は一番費用や時間がかかるところでありますが、せっかく引いた配線がすぐにだめになってしまっては労力の無駄なんてこともあります。その為に露出配線は配管処理などで、配線を隠す作業が必要となります。ただ、配線を隠すと言っても、プロの技術員によっても個性がでる作業になります。
そういったことから始めからプロの方にお願いしてしまった方が結果として安上りかもしれません。

防犯カメラを自分で設置するには安価でありながら、性能の良いカメラを選ぶこと

防犯カメラを自分で設置する場合に悩むのが、防犯カメラを選ぶところではないでしょうか。安くて性能の良いカメラを選ぶにはどのようなことに気をつければ良いのでしょうか。

防犯カメラを自分で設置するには防犯したい場所や時間帯を考える

防犯カメラを設置する場合設置場所や防犯したい時間帯を考える必要があります。屋外に設置する場合は屋外用のものを選ばなくてはなりませんし、夜間にカメラを動作させたい場合は、「赤外線LEDカメラ」や「低照度カメラ」を選ぶ必要があります。

完全な暗闇を固定撮影する場合、照射距離は短いですが赤外線LEDカメラを選ぶと良いです。広範囲に撮影したい場合は少しの光があるのであれば低照度カメラが良いでしょう。

防犯カメラを自分で設置するには設置目的。設置場所に合う機能を選ぶ

防犯カメラを設置する目的と設置場所についてなのですが、撮影した時間帯が決まると条件に合う防犯カメラもまず選び、防犯カメラの性能、画素数、白黒かカラーか、録画機能の有無、逆光補正の有無、遠隔監視が可能かどうかなど様々です。これら乗せの考えながら予算に合うものを選んでいきましょう。

防犯カメラを自分で設置する時に気をつけること難しいのは設置位置の見極め方

防犯カメラを自分で設置するときに最も難しいのが設置位置の見極め方です。防犯カメラはもちろん不審者の出入りしやすい場所に設置することが重要なのですがメンテナンスのしやすさや雨風に当たらないかどうかについても考える必要があります。

防犯カメラへのいたずらを防ぐために高い場所へ設置することがほとんどだと思いますが、定期的にメンテナンスをする必要があるため手の届きにくい場所に設置すると故障などの際に対応するのが難しくなってきます。また軒下用の防犯カメラの場合は防水性能であっても、雨風のあたらない場所への設置が必要です。

近隣トラブルを避けるために撮影区域にも注意が必要です。他人の家の様子が映ってしまうといった場合は個人情報保護法に接触してしまう場合がありますので最悪の場合は訴えられてしまうこともあるので、十分に注意して設置しましょう。そして、「防犯カメラを設置しています」ということをステッカーなどで周知させておく必要もあります。

そして防犯カメラの取り付け時に気を付けたい点ですが、モニターの設置場所についてです。モニターの設置場所については大きく3種類がります。「テレビ台などにTVのように置く」「壁面に設置する」「天井から吊下げる」まず「テレビ台などにTVのように置くこと」ですが、こちらが一般的な設置方法になっており、一般的に防犯カメラのレコーダーはHDMI端子かVGA端子でモニターに映し出します。

ご家庭などで使われているテレビなどでも映し出せることが多いので、個人宅の方などはそのままテレビにつなげてしまうことが多いです。次に「壁面に設置」と「「天井から吊下げる」ですが、こちらは外観の綺麗さ、「金具選び」などが必要となります。先ほどお伝えしたように、簡単に端子を繋げるだけなので、ご自身で設置も可能ですが、金具、モニターサイズ、重量によって、壁や天井から落ちてしまうことがあります。

こういった危険性を考えますと、しっかりした工事業者の方に依頼した方が良いかと思います。

防犯カメラを自分で設置するには角度の合わせ方はどうするべきか?

防犯カメラを自分で設置する際はカメラの角度をしっかりと合わせなければなりません。カメラの角度があっていないとせっかく設置しても撮影したい場所が写っておらず、空き巣などの被害にあった場合に消耗が記録されていないということもあります。設置前にカメラの角度を把握していくことが重要となってきます。また死角をなくすために複数のカメラを設置するのが効果的です。

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか?防犯カメラを自分で設置する方法をご紹介させていただきました。今はご自身で設置可能の防犯カメラセットもありますが、やはり設置に関してはプロの業者さんにお任せする方が良いかもしれません。

見守りの最新記事8件

  • 高齢者や子供の外出をGPSで管理!GPSの居場所検索機能についても徹底解説

    GPSと聞けば映画などで相手の位置情報を探るなどといったイメージがあると思いますが、このGPSの居場所検索機能というのは現実世界にも応用されています。様々な用途で使われてますが、今回はその中でも一般人に向けた用途である高齢者や子供の外出時を見守る見守り機能としてのGPSを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • GPSの居場所検索サービスとは?メリットデメリットを徹底解説!

    GPSの居場所検索サービスというのはGPSを使って特定の人の居場所を検索するというものです。多くの場合は見守りサービスとして高齢者や子供見守り際に使用されますが、最近では待ち合わせや浮気防止などにも使用されるようになってきました。今回はそんなGPSの居場所検索サービスとは一体何なのか、そのメリットやデメリットなどを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 外出時の見守りGPSとは?特徴を徹底解説

    最近では多くの家庭で見守りサービスを利用していますが、そのほとんどが家庭内で行う見守りサービスであり外出中の見守りサービスを利用している家庭はまだまだ少ないです。 しかし見守りGPSを利用すれば外出中であっても見守りを行うことができます。 今回はそんな見守りGPSとはいったい何なのかを徹底的に解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 見守り用GPSとは?その特徴や端末別の価格を徹底比較!

    最近では子供の習い事や高齢者の散歩などにGPSを利用する家庭が増えてきました。GPSを利用することで子供や高齢者がどこにいるのかなどがすぐにわかるため非常に重宝されています。 今回はそんなGPS端末を価格別にメリットデメリットやその特徴などを紹介していきます。 おすすめの見守りサービス

  • GPSで認知症対処?徘徊に使えるサービスとは?

    認知症対策として様々なグッズやアイテム、見守りサービスなどがありますが、GPSを見守りサービスの一覧として使用している方はまだまだ少ないです。しかしGPSは認知症などで夜間徘徊をしてしまう高齢者への対策として非常に有効です。 今回はそんなGPSと認知症の関係、種類いなどを解説していきます。 おすすめの見守りサービス

  • 外出時の見守り?老人用のGPSとは

    老人用のGPSと言うのは、主に外出時に高齢者が危険な目にあっていないか、事故などにあって動けないでいるのではないか、といった状況に対応することができます。 GPSと聞くとあまり一般的ではないイメージがありますが、現在ではほとんどのスマホにGPS機能が取り付けられていたり、高齢者専用のGPSが開発されていたり、見守りによく利用されているアイテムの1つです。 おすすめの見守りサービス

  • キッズケータイで外出時の見守りも?内蔵GPSとは?!

    小学生の子供でもスマートフォンを使用しているのが当たり前の時代になってきました。しかしさすがに小学生にスマホ持たせるのは早すぎると考えている保護者の方も多く、学校で自分だけスマホ持てないという子供も一定数存在します。しかしスマホにはGPSが内蔵されているものがほとんどで、子供が外出時にどこへ行ってるのか、どのようなルートを通っているのかというのが簡単に管理することができます。今回はそんなGPSを内…

  • スマホ一つで私生活が丸わかり?!「行動履歴」とは?

    最近ではコンビニへ行くだけでも、すまほー持ち歩く人が多くなってきました。スマホと言うのはそれだけ私たちの生活に密着して、肌身離さず持つ存在となりましたが、そんなスマホが私たちの生活を全て記録しているといった事実は、多くの人が知りません。 今回は、スマホが行っている行動履歴とは一体何なのかを徹底解説していきます。 おすすめの見守りサービス

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。