防犯カメラの死角はドームカメラで解決しよう

皆さんは「死角」という言葉をご存じでしょうか?死角とは、防犯カメラので撮影を行った時に移すことができない範囲のことを指します。せっかく防犯カメラを設置しても死角があるとそこから犯行を受けてしまうのではないかという不安があるかと思います。そのような方のために今回は防犯カメラの死角のことや死角のできない防犯カメラの種類についてご紹介させていただきたいと思います。

おすすめの見守りサービス

防犯カメラの死角について

防犯カメラにはボックスタイプとドーム型があります。名前の通りボックスタイプは四角い箱の中にカメラが仕込まれている防犯カメラになっています。ドーム型の方は半球形の鞄の中にカメラが収められている防犯カメラです。もちろんそれぞれ特徴も異なってまいりますが「死角」という観点から二つの防犯カメラの特徴を見てまいりましょう。

防犯カメラで死角が少ないのはドーム型

防犯カメラの死角をなくしたい方は、天井から広範囲を監視することができるドームタイプの防犯カメラがおすすめです。それは何故かと言いますとボックスタイプの防犯カメラは存在を明示することで、空き巣や万引きを予防する効果がありますが、設置する場所によって不適切な場合もあるのです。例えば落ち着いた雰囲気の飲食店にいやつ的な防犯カメラがあるとお客さんは緊張してしまってリラックスして食事ができないかもしれません 。

超えたところに設置する防犯カメラ目立たないデザインであるドームタイプの防犯カメラの方が適しています。そして「死角が少なくコストも抑えられる点」です。どうしても防犯カメラの真下が四角になってしまうボックスタイプの防犯カメラであると複数台設置しないと死角を無くすことができません。しかしドームタイプの防犯カメラであれば広範囲を監視することができるので少ない台数で死角をなくすことができるんです。

そして「強度が高いものが多い」という点にも注目です。天井との接地面積が広いドームタイプの防犯カメラはボックスタイプの防犯カメラよりも衝撃には強い作りとなっています。 また近頃のドームタイプの防犯カメラは野外に設置されることも考慮されて設計されています。防水性や防塵性に優れたものも数多く出回っているのです。

死角によいドームカメラの注意点とは?

ドームタイプの防犯カメラは「死角ができず耐久力もある」というメリットが魅力的です。しかしデメリットもいくつか存在しておりまして注意点についてご紹介しますと、まず「見た目にインパクトが少ない」ことがあげられます。ドームタイプの防犯カメラは控えめな見た目から場の空気を壊さないメリットがありますが、時にはこのメリットがデメリットになることもあります。例えばドームタイプの防犯カメラを玄関に設置していた場合、空き巣が防犯カメラの存在に気付かずに家に侵入しようとしてしまうことがあります。ドームタイプの防犯カメラだと後に犯人は特定できたとしても犯行を抑止する効果はあまり見込めません。

こういったようにドームタイプの防犯カメラ設置が適さないパターンもあります。玄関に設置する防犯カメラボックスタイプのものかダミーカメラと言われる防犯カメラそっくりの防犯グッズを設置した方が良いかもしれません。 そして「個人での設置は難しい」点にあります。ドームタイプの防犯カメラを設置する時には、天井に穴を開けて配線を引くことが多いため、高所での作業ほとんどです。そのためボックスタイプの防犯カメラと比べると作業が困難で高所から落下などの危険を伴います。

死角を解消防犯カメラの設置はプロに相談

防犯カメラ種類や設置方法によって防犯性能は大きく異なってきます。正しく設置を行わないと写したものがしっかりと撮影できないこともあるのです。 また、防犯カメラの種類や設置場所によって、設置するのに資格が必要な場合もあります。そのため設置に少しでも不安のある方はプロに防犯カメラの設置を依頼した方が良いでしょう。のであればどんなタイプの防犯カメラであっても希望した場所に設置してもらうことが可能です。

死角を作らずに防犯カメラを設置することの重要性

防犯カメラの役割は大きく分けて二つあります。一つは「犯罪が起こった瞬間の記録」映像として記録に残されていれば犯罪が起こった際に警察署に証拠として提出することができます。もう一つは「犯罪の防止」防犯カメラに映像が残るかもしれないというのと、この店舗は防犯意識が高いとアピールすることによる、犯罪を抑止します。

以上のことから、防犯カメラは設置しているだけで防犯効果が見込めますが、それでも犯罪発生件数をゼロにできるという保証はないのです。防犯カメラの死角となる場所を把握して映らないところで犯行に及ぼうとする者も存在します。
そのため死角を作らないように防犯カメラを設置することが重要となってきます。
また防犯カメラによって映すことのできる画角も異なります。

画角を把握しておかないと、設置しなければならない防犯カメラの台数が増えて費用がかさんだり見栄えが悪くなったりする原因になるので注意が必要となってきます。

死角をなくす防犯カメラの設置場所

ここでは死角をなくす防犯カメラの設置方法について解説します。多くの防犯カメラは出来るだけ遠くまで見渡すために天井付近に設置され、見下ろす形で映像を記録しています。
しかしこの設置の仕方は明確に死角となる場所が存在しています。それが防犯カメラの真下です。そのような資格をカバーするためには防犯カメラの真下を写すようにもう一台防犯カメラを設置しなければなりません。例えば防犯カメラを店舗の4隅に設置し防犯カメラの真下にも映るようにお互いのカメラを向けると死角が発生しにくくなります。

もちろん店舗の広さやレイアウトにもよりますので設置前の確認はしっかりと行なってください。また防犯カメラの性質上資格以外にもただの陰といった視覚には気を付けなければなりません。特にコンビニなどの人の背丈ほどの店が複数ある店舗は資格が生まれやすくなるので防犯カメラの配置には工夫が必要です。

店舗は死角だらけで防犯カメラの監視が困難である?

店舗には様々な品物があり、そして店もあります。監視カメラの設置をするにしても非常に困難な構造となっております。監視カメラを四角を無くさないように設置しようとすると店内が監視カメラだらけになってしまいます。あまりに容易監視カメラでは普通に買い物をするお客様にとってはいやつ感だらけで入りにくい雰囲気になってしまいます。

このような状況を解決するために一体どうすればいいのでしょうか。そこで登場したのが全方位監視カメラというものです。この前方位監視カメラはまさにその名の通り一台で360°の監視を行うことができるのです。

死角をなくす!全方位監視カメラの威力

監視カメラを複数台設置しなくても一台で360度と監視することができればそれだけ監視カメラの設置台数は少なく済むことでしょう。そして監視カメラの台数を少なくしたからといっても監視機能が劣るわけではないのです。しっかりとした監視部分を全て監視することができるのです。この全方位監視カメラの特徴は魚眼と呼ばれる超広角レンズを搭載しており、全体をくまなく見渡すことができます。もちろんそのままの映像で見づらいので映像を補正してくれる機能があるものも多くあります。この360度監視ができる利点を活かせれば県内の複雑な構造の中でも現状などに設置して全体を広く監視することができるので死角を無くすことができます。このような全方位監視カメラを活用すれば今までは実現が難しかった資格をなくしての監視なども可能になるのではないでしょうか。

死角をなくし、犯罪と戦う防犯カメラ

店舗にとって万引きや従業員の不正などは大きな問題となっております。犯罪を行おうとする者は資格をしっかりと見極めてから犯罪を実行するので固定式の監視カメラだけではなかなか犯罪を抑止できないのが実情です。しかしそうは言っても店舗側は日々営業を行わなければならず犯罪見過ごすこともできません。

そのような時に死角を無くすことができ360度全体を監視することができる全方位監視カメラがあればかなり多くの問題を解決できることは間違いないです。この前方位監視カメラを活用することで店内で行われる様々な犯罪に対してしっかりと監視し、そして抑止していくことができます。残念ながら犯罪被害に遭ってしまった場合にも証拠映像を確実に取ることができるのでまさに万全の備えとなります。

県内で行われる犯罪が万引きが従業員による不正など様々なものがありますがこのような多種多様な犯罪に備えるためには監視カメラもしっかりしたものが必要となってきます。その一つが全方位監視カメラなのです。犯罪が行われやすい資格をなくすことができる全方位監視カメラを導入することによって犯罪抑止につながるだけではなく、 不幸にも被害に遭ってしまった場合にもその被害状況をしっかりと記録しておくことができるんです。

店内の犯罪被害、不正被害に悩まれている方は是非一度全方位監視カメラ導入を検討してみてはいかがでしょうか?死角をなくして犯罪と戦うためにも導入をお勧めしております。

まとめ

さていかがでしたでしょうか?防犯カメラの死角についてご紹介させていただきました。防犯カメラの死角にはそれぞれの対策が必要となってきます。防犯カメラの死角をなくしていくには、ドームカメラ、全方位カメラなどを導入し、死角をなくして、犯罪と戦ってくださいね。

見守りの最新記事8件

  • SIMを利用した防犯カメラが便利!SIMとLTE回線を使った防犯カメラのすすめ

     ショッピングセンターや銀行のATM、駅、美術館、会社、学校、商店街など様々な場所で地域や人々の安全を見守っている防犯カメラ。 防犯カメラは一昔前までは、お金がある人の自宅だけや重要な場所にだけ設置されていたのですが、近年では様々な設置しやすいタイプの防犯カメラが登場しているため、一般家庭でも防犯カメラの設置はより気軽なものになってきました。  SIMとLTE回線を使った防犯カメラというものをご存…

  • 防犯カメラで24時間録画することで24時間安心安全な生活を手に入れよう

     地域の安全や安心を守るためにショッピングセンターや銀行のATM,コンビニエンスストア、ホテル、駅構内、小さな商店、レストラン、美容室、街中いたるところに防犯カメラが設置されています。あちこちに防犯カメラが設置されていることでより安心して生活することが出来ます。  防犯カメラで24時間監視されているからこその安心感と言うものがあるではな開化と思いますが、実は全ての防犯カメラが24時間撮影をして録画…

  • 防犯のために自宅にカメラを設置したい方へ。防犯カメラは導入が手軽になっている?

     ショッピングセンターや銀行のATM、商店街やご家庭、会社、コンビニエンスストアなど、ありとあらゆる場所で犯罪が起きないように見守ってくれいている防犯カメラ。一昔前は、防犯カメラは設置に大きなコストがかかるため、もっと少ない場所で利用されてきましたが、近年はより一般的な防犯アイテムになってきました。  自宅へ防犯カメラを設置したいと思う方はますます多くなっており、その用途も幅広いものになっています…

  • 猫を観察するために自宅にカメラを設置する?おすすめの見守りカメラをご紹介

     猫のみ守りにカメラを使うことができるのです。一昔前までは防犯カメラを設置するというと、経済的に余裕のある家庭がすることだと言うイメージの強い防犯対策ではありましたが、近年は簡易に設置できるタイプの防犯カメラや監視カメラが多く販売されており、設置のハードルはぐんと下りました。  猫は家に置いておいても自分でちゃんとお留守番できることはわかっていても、ちゃんと元気にしているかも気になりますし、自分が…

  • こんなにあるの?今どきの認知症見守りのサービス

      高齢化社会が進む日本において認知症の問題も日本の問題の一つとなっています。65歳以上の高齢者の4人に一人が認知症と認知症予備軍だと言われていて、段階の世代が75歳以上の後期高齢者となる2025年になる65歳以上の人口が約3677万人になると予測されており、認知症患者の数も多くなると言われています。  社会的な負担も増えるため、政府も「認知症対策推進大綱」をとりまめていて、今後の対策を急いでいる…

  • 独居の老人の見守りためのサービスのおすすめはこちら

     高齢化がますます進んでいる現在、高齢の独居老人となってしまった高齢の親の見守りをどうしたらいいだろうという心配をされているご家族も増えているのが現状です。一緒に生活をしていれば安心ですが、どうしても仕事の事情などで近くに住むことすらできないことなども多いのが現実です。しかし、そんな需要が多くあるため独居の老人を見守るためのサービスは多く出ています。 ここではどんなサービスがあるのか見て行きましょ…

  • 店舗に防犯カメラを設置する意味とは

     店舗に設置する防犯カメラと言えば、昔は銀行ぐらいでしたが近年ではコンビニエンスストアやショッピングセンター、飲食店、アパレル店などいたるところに設置されています。防犯カメラを設置することで犯罪などを未然に防ぐ効果もありますが、それ意外にも防犯カメラを設置する理由は多くあります。 おすすめの見守りサービス

  • 置き引きを防止には防犯カメラの設置が効果的

     置き引きというと海外でよく起こる窃盗というイメージはあるのではないでしょうか。しかし、置き引きは日本でもよく発生する犯罪の一つです。置き引きの発生件数を減らすために役に立つのが防犯カメラの設置です。防犯カメラは現在も色々な犯罪が起きてしまうのを未然に防ぐために色々な場所に設置されています。防犯カメラの設置がどのように置き引きを防ぐことにつながるのかについて紹介します。 おすすめの見守りサービス

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。